Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

   

【プロが教える】オリーブを使ったおしゃれなガーデンを実現する方法!育て方・剪定のコツも!

橋本朝子
著者:橋本朝子 (一級建築士)

フィンランド在住。法政大学建築学科卒業。建築設計事務所、ガーデニング設計施工会社を経て独立。現在はフィンランドで個人邸宅の庭をはじめ、学校、店舗、公園など幅広い外部空間の設計を手掛ける。設計のテーマは、「毎日の暮らしがより楽しくなるガーデン」。住まいは築50年の住宅。インテリア、ガーデンともにリノベーションを重ねて家族と住む。趣味はアップサイクル。

我が家のシンボルになる素敵な樹木を植えたい。明るい洋風かモダンな雰囲気が良い。日当たりが良く、乾燥気味の庭にはどんな植栽が合うのだろう…。そんなとき、オリーブの木はいかがでしょう。地中海のイメージのあるオリーブの木は、おしゃれなシンボルツリーとしてもとても人気があります。

オリーブはいろいろな品種があり、植栽場所や目的によって品種を選んだほうがベター。どの場所にどう取り入れるか知っていると計画しやすいですよね。そこでオリーブのお庭への上手な取り入れ方を解説、実例もたくさんご紹介していきます。オリーブの木を植栽する前に、ぜひご一読を!!

オリーブを取り入れたおしゃれなガーデンを実現する方法

https://www.pinterest.jp/pin/454300681167780784/

オリーブは白みがかった小さな葉、こんもり茂る樹形や幹肌が美しく、お庭のシンボルツリーとしても人気です。ヨーロッパ風、地中海風のイメージのお庭にぴったりの木です。モダン住宅にもよく似合います。

オリーブの特徴とガーデニングのポイント

オリーブは常緑高木。大きくなっても良い場所に植える

https://www.pinterest.jp/pin/62980094778219083/

オリーブは一年中緑が楽しめる常緑広葉樹。明るい葉色のおかげで、たくさん茂っても重たい印象になりません。最終的には10メートル以上に育つこともある高木です。地植えする場合は広めのスペースに。小さなスペースなら鉢植えにする、地植えでも定期的に剪定するなどの方法で小さく保つことができます。

オリーブは日あたりよく乾燥気味の場所が好き

https://www.pinterest.jp/pin/352828952063103073/

オリーブの植栽は関東以南がおすすめです。関東以北で育っている実績はあったとしても、少数派。寒い地域では鉢植えにして、冬は室内で管理する等の工夫が必要です。オリーブは日あたり、風通しのよい場所で育てましょう。水はけがよくやや乾燥気味の場所を好みます。

地植えでも鉢植えでも!オリーブでおしゃれなガーデンを実現する方法

オリーブの木の雰囲気や葉の色合いに合わせて鉢や下草類を合わせましょう。

オリーブ×地植えの場合

https://www.pinterest.jp/pin/29273466317926856/

地中海風ガーデンにピッタリのオリーブ。地中海風を盛り上げる他の植栽と組み合わせましょう。背景にするなら深い緑で細長い樹形のニオイヒバ、足元に植えるならラベンダーやローズマリー、シルバーリーフの下草類が似合います。ウォール・舗装の表面材の色合いは、地中海世界のしっくい壁や石灰岩の床を思わせる白やベージュ系を選択。

オリーブ×鉢植えの場合

https://www.pinterest.jp/pin/180214422574609434/

オリーブは鉢植えにもぴったりです。大きめの鉢に植えて玄関前に置けば素敵なアクセントになります。鉢植えにする場合は自然な樹形も良いですが、あらかじめ整った形に剪定してある苗を選ぶとよりコンパクトな一鉢に。例えばまっすぐの幹の上に丸みのある茂みをつくったスタンダード仕立てのものがおすすめです。

オリーブと合わせて使いたい!相性が良い植物・マテリアル

下草類なら低めの種類を

https://www.pinterest.jp/pin/68737357664/

オリーブの根元には虫害を避けるために下草を植えない方が良いとされています。しかし根元から十分離して植栽したり、害虫チェックや対策がしっかりできれば下草類を植栽して楽しむことができます。

オリーブの葉のシルバー色に近い草類や白や青い花類を植えると柔らかい雰囲気にまとまります。ラベンダーやロベリアなどを植えれば南ヨーロッパ風に。サントリナ、ディコンドラなど同系色の葉色の植物とも相性が良くモダンにまとまります。

いずれの場合も植栽したオリーブの下枝より上に伸びない、背の低い下草類を選ぶのがすっきりきれいに見せるポイントです。オリーブの幹や根ばりにも観賞価値があるので、下草を植えすぎずに幹や根元を積極的に見せるのもおすすめです。

害虫対策の参考として、オリーブ農家・山田オリーブ園さんのページをご紹介します。(虫大量出演注意!)「オリーブの有機栽培農家が教えるオリーブを無農薬で育てる方」

https://organic-olive.com/blog/cultivation/1609/

オリーブと相性が良い鉢

https://www.pinterest.jp/pin/270075308893749313/

テラコッタポットならオリーブの雰囲気そのままの地中海風。白い釉薬がかかった鉢やコンクリートポットならモダンな雰囲気に仕上がります。鉢の中には下草類を植えて緑をボリュームアップしても良いですが、白やベージュの砂利を敷くだけでもスタイリッシュに見えますよ。

オリーブは育てやすい?育て方と剪定のコツをおさえておこう

https://www.pinterest.jp/pin/114349278028176279/

オリーブは関東以南では育てやすい樹種です。元気に育ったオリーブは、徐々に枝が込み合ってきて樹形も乱れてきますので、適宜剪定しましょう。剪定時期は早春。枝の密集している箇所をすかすように剪定するのがポイント。形を整えつつ、すべての枝に風が通り日光があたるように剪定しましょう。

詳しい剪定の手順はこちらをご覧ください。GARDEN STORY様「オリーブの正しい剪定方法と時期やコツ! 初心者が注意したいポイントとは?」

https://bit.ly/3et9lgc

プロがおすすめする定番オリーブの品種3選

順応性が高く地植えにおすすめ:レッチーノLeccino

https://www.pinterest.jp/pin/345932815137030111/

イタリアでオリーブオイル生産のために栽培されるオリーブの木の代表品種レッチーノ。世界各地の比較的涼しい気候でも栽培されます。日本では関東以南で植栽ができます。成長が早くどっしりとした幹からボリューム感のある枝葉が茂り、シンボルツリーにおすすめ。オリーブの木、と聞いてイメージする樹形そのもの。病気や虫害に強く、栽培も容易です。

コンパクトに育ち鉢植えにもおすすめ:アルベキナArbequina

https://www.pinterest.jp/pin/24347654225035779/

アルベキナはスペインを中心に世界で栽培されている小型オリーブ。より密集された条件で効率よく実が収穫できるためポピュラーとなった品種です。コンパクトに育つタイプのオリーブなら、鉢植えで育てやすいですね。日当たりの良い室内で観葉植物として育てられることのあるのもこの品種です。

実付きの良いオリーブ:ルッカLucca

https://www.pinterest.jp/pin/49258189647850244/

アメリカで品種改良されたルッカは、油分を多く含む実がなるためオリーブオイル用に栽培される品種。日本での栽培実績も豊富です。実を見たい場合に最適な品種。ルッカは一本でもある程度実がなりますが、より多く結実を期待するならオリーブの別品種を複数植えた方がベターです。

プロが教える!オリーブを取り入れたおしゃれなガーデン実例12選

オリーブのお庭への様々な取り入れ方、楽しみ方を実例で見ていきましょう!

オリーブ×お庭編 6選

ナチュラルモダンな庭のシンボルツリーに

https://www.pinterest.jp/pin/526428643937218661/

白いウォールにシャープなウッドフェンス。ナチュラルモダンな背景には、オリーブのどこか乾いた雰囲気がぴったりです。オリーブのどっしりとした幹にも観賞価値があるので、あまり下草を植えこみすぎずすっきりさせるのがポイントです。匍匐性の低い下草や丸く刈り込んだツゲがお似合いです。

オリーブの木を連続で植えれば目隠し効果も

https://www.pinterest.jp/pin/35395547059076225/

オリーブは刈り込みにも耐えるので、生垣に仕立てることもできます。矮星のオリーブ「リトルオリー」はこんもりした低い生垣にするのに最適。普通のオリーブの場合は風通しよく剪定して、柔らかいイメージの生垣にしましょう。

オリーブを主役にしたシリーズポットを並べるとスタイリッシュ

https://www.pinterest.jp/pin/750201250422962264/

大きさの違うシリーズポットのメインにオリーブを植栽。小さめのポットには多肉植物やシルバーリーフのつる性植物を。植栽は盛りすぎずコンパクトにミニマルに仕上げるとスタイリッシュな印象のコーナーができます。テラス・玄関脇にもバルコニーにもおすすめのスタイル。

暗い色調の外壁やフェンスの前で葉の色を引き立てる

https://www.pinterest.jp/pin/13088655158045015/

ダークカラーの外壁やフェンスの前にオリーブを植栽すれば、シルバーリーフを美しく引き立てて見せることができます。ダークグリーンのコニファーの生垣の前でも同様の効果が期待できますよ!

大きな鉢植えのオリーブを置いて、乾いたテラスの環境改善

https://www.pinterest.jp/pin/3940718414593753/

乾いた雰囲気のコートヤードに大きな鉢に植えこんだオリーブを飾れば、見た目も居心地も良い空間に。さわやかな明るい緑と木陰を両方楽しむことができますよ。夏にまぶしすぎる白いウォール前や、照り返しの激しい南側のテラスの環境改善にもおすすめです。

オリーブはライトアップするとシルバーリーフが輝いて美しい

https://www.pinterest.jp/pin/619526492473867203/

オリーブのごつごつした幹、そして柔らかいシルバーの葉を夜も楽しんでみませんか!オリーブの葉の裏側が特に白みが強いので、下からのライトアップが効果的です。オリーブの足元にスポットライトやアッパーライトを仕込めば簡単に実現できますよ!

オリーブ×アプローチ編 3選

南ヨーロッパ風の外観にぴったりのオリーブ

https://www.pinterest.jp/pin/242772236138238102/

どことなくヨーロッパ風の、ベージュ色の吹き付けやブラウン系の石貼り仕上げは、日本の住宅地でも人気のある外観スタイル。そんな外観にシンボルツリーとして最適なのがオリーブです。常緑なので冬でもフロントガーデンで緑が楽しめます。

玄関ポーチ脇や窓の前に植えて目隠しに

https://www.pinterest.jp/pin/345932815137032805/

玄関脇やリビングルームの窓の前に植えれば、お庭を明るく彩ることができるうえ、かなりの目隠し効果が期待できます。西日がきつい窓前に植えれば窓からの景色がよくなり、室内環境も改善。

スタンダード仕立てのオリーブで玄関前の印象をアップ

https://www.pinterest.jp/pin/345932815137032740/

玄関脇にオリーブの木を植えたい。でもスペースがない!という場合は鉢植えを利用しましょう。スタンダード仕立てのコンパクトな樹形のオリーブなら、門まわりや玄関ポーチのスモールスペースを飾るのに最適です。

オリーブ×ベランダ編 3選

オリーブを中心にバルコニーを南フランス風に

https://www.pinterest.jp/pin/157063105745638590/

夏は照り返しがきつく、乾燥しがちなバルコニーこそオリーブにぴったりの生育環境です。樹形のきれいな苗を選び、テラコッタポットに植えましょう。大きく育っても剪定を繰り返せばコンパクトに保てます。ラベンダーやローズマリー、一年草類を寄せ鉢にすれば、華やかさを演出することもできます。

広めのルーフバルコニーでオリーブ畑を実現

https://www.pinterest.jp/pin/242279654929590691/

開放的なベランダや広いルーフバルコニーにもオリーブをメインとしたプランターの植え込みがおすすめです。3×6メートルのスペースがあれば写真のようなオリーブ畑も可能です。オーナメンタルグラスを植えこんだプランターを合わせて野趣を演出しましょう。

オリーブを室内でも鑑賞

https://www.pinterest.jp/pin/345932815137027880/

日当たりの良い窓辺なら、オリーブを室内で楽しむことも可能です。大きく育ちすぎない品種や小さめの苗を選びましょう。寿命の長いオリーブですが、室内で育てた場合短命になるのは覚悟しなくてはなりません。苗の小さいうちはしばらく室内で楽しみ、その後徐々に外にならして地植えにするという方法も。

まとめ

地植えでも鉢植えでも楽しめるオリーブ。細かいシルバーリーフの葉、ごつごつした幹、木全体の独特の雰囲気にも他の樹木にはない魅力があります。地中海スタイル、ナチュラルモダンの住宅のシンボルツリーにぴったり。鉢植えでスモールスペースでも楽しむことができます。

お庭に日あたり・水はけのよい場所があるなら、オリーブを植えるチャンス!西日の強い場所にも植えられます。一年中明るい緑が楽しめて、目隠しにもなりますよ。この記事を参考にお庭にオリーブを取り入れて、おしゃれにイメージアップしてみませんか!