Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

   

【プロが教える】モルタルを使ったおしゃれな花壇を実現する方法。立ち上がりや地面に使いこなす

橋本朝子
著者:橋本朝子 (一級建築士)

フィンランド在住。法政大学建築学科卒業。建築設計事務所、ガーデニング設計施工会社を経て独立。現在はフィンランドで個人邸宅の庭をはじめ、学校、店舗、公園など幅広い外部空間の設計を手掛ける。設計のテーマは、「毎日の暮らしがより楽しくなるガーデン」。住まいは築50年の住宅。インテリア、ガーデンともにリノベーションを重ねて家族と住む。趣味はアップサイクル。

お庭に花壇を取り入れたい方、必見です!せっかく美しい花で庭を彩るなら、花壇まわりの素材にもこだわりたいものです。花壇の立ち上がりに使う素材といったらレンガや枕木などを思い浮かべる方が多いかもしれませんが、今回はモルタルの可能性に注目します!

モルタルはレンガや木材に比べたら地味な存在かもしれませんが、実は庭づくりに大活躍する素材。モルタルを使って、庭にいろいろな表情がだすことができます。モダンでスタイリッシュな庭も、ヨーロピアンカントリー風も、モルタルを使うからこそ可能になる花壇があります。

今回は花壇や植栽まわりでのモルタル使いについて解説します。モルタルを使いこなせば何倍もおしゃれな花壇が実現できますよ!

モルタルを取り入れたおしゃれな花壇を実現する方法

https://www.pinterest.jp/pin/379569074854737905/

モルタルはセメント、砂、水を配合したうえペースト状にした建材。乾燥するとコンクリートのように固くなります。モルタルを接着剤にして仕上げ材を下地に貼り付けたり、組積する建材どうしの隙間を埋めるのに使われます。モルタル自体を下地の上に塗布して、平滑な表面にするのにも役立ちます。

ウォールや花壇の立ち上がりをモルタル仕上げにしよう

https://www.pinterest.jp/pin/505810601909067285/

花壇の縁の下地がコンクリートやコンクリートブロックの場合、コンクリートむき出しだと工業的で殺風景なイメージになりがちですが、モルタルを塗り込めることでずっと洗練された印象に。型枠の跡やブロックの目地が消えて表面が滑らかになり、優しい雰囲気になります。

https://www.pinterest.jp/pin/2322237297964728/

モルタルの表面は、金ゴテ仕上げにするとより滑らかに、ハケ引き仕上げにすると線のはいったざらざらな表面になります。また、モルタル仕上げのウォールの角が鋭角に近いほどシャープでモダンな印象、鈍角になるほど素朴でカントリー調の印象になります。お庭のイメージに合わせて使い分けたいですね。

https://www.pinterest.jp/pin/57420963976880191/

モルタルというと灰色を思い浮かべますが、普通のモルタルを塗ったうえに色塗装したり、カラーモルタルを使って色味のある仕上げにすることも可能。白くすればモダン~地中海風、ダークカラーにすればモダン~和風、ベージュにすればヨーロッパ風の演出もできます。

https://www.pinterest.jp/pin/345932815139399228/

複雑な形の下地も、表面にモルタルを塗れば一体的な造形になります。例えばコンクリートブロックを組み合わせた段々、カーブ、曲線、穴などもモルタルを塗り込めばつなぎ目がなくなり、一つの形になります。ベンチ一体型の花壇や、アーティスティックなオリジナルの花壇・ウォールもモルタルを使えば実現可能!

モルタルをつなぎに使って自由な形の花壇にしよう

https://www.pinterest.jp/pin/185351340905823244/

レンガや石材を積み上げる際つなぎに使われるのがモルタル。規格の素材を積んで直線的、または緩やかなカーブの花壇にする場合、表面に見えるモルタルは目地部分のみ。こだわるならカラー目地を選ぶともっとおしゃれです。規則正しく並ぶレンガに淡い色の目地を合わせれば、整然とした印象を強調できます。

https://www.pinterest.jp/pin/140806230122358/

モルタルが威力をさらに発揮するのは、より不定形な形の石材や異素材を合わせて積み上げる場合です。組積しにくい丸みのある石や大きさの不揃いな石も、モルタルを使用してきれいに積むことができます。写真のように天端を一直線にそろえるように仕上げればきちんと見え、不揃いにすればワイルドな印象になります。

立ち上がりのない花壇も、モルタル仕上げの床と組み合わせよう

https://www.pinterest.jp/pin/211174962849264/

モルタルは垂直面のみに使うとは限りません。地面にモルタルを使って、面白いガーデンデザインにチャレンジしてみませんか!モルタルのうえに敷石や大小の小石を固定して模様にしたり、モルタル仕上げのコンクリートテラスが幾何学的な形にくりぬかれたような形の植栽にしたり。

 

プロが教える!モルタルを取り入れたおしゃれな花壇実例10選

我が家のガーデンデザインの創作意欲が高まりそうな、素敵な実例をご紹介します。

モルタル仕上げのおしゃれな花壇の実例4選

モルタルグレーを生かした直線花壇ならモダンでスタイリッシュ

https://www.pinterest.jp/pin/14918242507148660/

日本の都市型住宅によく似合う、モダンな仕上がりの花壇にしたいならモルタルのグレーを生かした直線的な花壇にしてみましょう。コンクリートブロックの擁壁も、モルタル仕上げなら殺風景になることがありません。モルタルの自然な色を生かす場合も、耐久性を高めるために表面保護剤を施しましょう。

カラフルな塗装なら、南米風のカラッと明るい雰囲気も作れる

https://www.pinterest.jp/pin/20969954502769465/

モルタル仕上げのウォールにサーモンピンクやオレンジ、黄色系の塗装を施せば、メキシコの街角のような雰囲気に。モルタルの表面はあえてざらざらな仕上がりに、角は丸くするとより素朴な表現になります。花壇の中にサボテンや多肉植物類を植えるとカラッとした明るい雰囲気がでます。

モルタルならカーブした表現も自由自在

https://www.pinterest.jp/pin/128282289377177718/

コンクリートブロックの下地が思い出せないくらい角を丸めたホワイトモルタル仕上げの花壇は、シンプルだけど目を奪われるユニークさ。流れるような緩やかなカーブを描く花壇にして、芝生の緑との対比を楽しんでみませんか!

黒い塗装なら大人っぽいスタイリッシュな花壇に

https://www.pinterest.jp/pin/56646907804454577/

モルタル仕上げのうえダークカラーの塗装をかければモダンでスタイリッシュです。トロピカルな雰囲気の花壇やモダン和風にも似合います。写真のように、内側に防水を施してウォーターガーデンにするのも良いアイディアです。

モルタルをつなぎにつかったおしゃれな組積造花壇の実例4選

レンガの色に合わせたカラーモルタルなら、よりおしゃれな雰囲気に

https://www.pinterest.jp/pin/107945722308927226/

レンガ花壇の目地は普通のモルタルで仕上げることも多いのですが、カラーモルタルや色付きの目地材を使うと一味違った仕上がりになります。レンガと同系色にすれば、全体が均一に見えて優しい表情に。あえてレンガとは違う色合いの白やダークグレーを使って目地を際立たせる方法もあります。

丸い自然石×モルタルの花壇ならナチュラルな雰囲気に

https://www.pinterest.jp/pin/134685845083813528/

丸みのある自然石も、モルタルを使えばある程度の高さまで積んで花壇にすることができます。粒のそろった石をきれいに並べて積んでいけば、ナチュラルかつきちんとした印象です。レンガの舗装と合わせればヨーロッパの田舎風に。株立ちの雑木などと合わせればナチュラルガーデンや和風の庭にも似合います。

角ばった自然石×モルタルならワイルドな雰囲気に

https://www.pinterest.jp/pin/424112489910699253/

ごつごつした角張った石もモルタルを使って素敵な花壇の縁にすることができます。平らな面が表に出るように組み合わせ、大きめの目地にするときれいに仕上がります。ややワイルドな印象の花壇には、ハーブやワイルドフラワー、オーナメンタルグラスの他、多肉植物類なども似合います。

アイディア次第で、様々な素材を使ってアートな花壇にできる

https://www.pinterest.jp/pin/254523816432207394/

モルタルは石やレンガを縦に積む際の接着剤としての役割があります。そこで様々な異素材をモルタルを使って自由な形に固定して花壇の立ち上がりやウォールにすることも可能。他のプロジェクトで余ってしまった素材などを使ってアートな庭に挑戦してみませんか!

モルタルを使ったおしゃれなアイディア花壇2選

ガラス瓶の底をモルタルの中に埋め込んでエッジにするとユニーク

https://www.pinterest.jp/pin/20547742037629810/

オリジナリティのある庭を目指すなら、花壇と舗装の見切りに、モルタルを使ってガラス瓶を埋め込んでみましょう。ガラスの色と艶が庭の中でよいアクセントに。

ドライモルタル×大小の石で花壇の中に余白を作るとスタイリッシュ

https://www.pinterest.jp/pin/345932815128272811/

余白を生かした洋風の禅ガーデンは、ドライモルタルと大小の小石で実現可能。形のきれいな石を選んで、地面にパズルのように埋め込みましょう。水を加える前の、セメントと砂の配合のみの資材がドライモルタルです。ドライモルタルで細かい石材を地面に固定すれば、少々の衝撃でも小石が取れることがありません。

まとめ

モルタルの見せ方・使い方を知っていれば、希望する庭の雰囲気に効果的に近づけることができます。花壇の立ち上がりの仕上げ材そのものをモルタルにする場合、シャープな角を生かせば、モダンなアーバンデザインに。丸まった角にすれば素朴なカントリー風に。色や形にも自由度があります。

モルタルは石材やレンガを積む際のつなぎにも使われます。モルタル面が見える目地が小さければ洗練された表情、大きければ田舎風に。あえてラフに積むのも、モルタルの「のり」があるからこそ可能。地面に建材を固定できるのもモルタルです。敷石と植栽を組み合わせて地面に模様を描くこともできます。

モルタルを使いこなして、ぜひデザイン性の高い自分ならではの花壇や植栽を実現してくださいね!

Hello Interior LETTER

インテリアのヒントがメールで届く!!