Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

   

【プロが教える】コニファーを使ったおしゃれなガーデンを実現する方法!常緑の針葉樹は和風にも洋風にもマッチ

橋本朝子
著者:橋本朝子 (一級建築士)

フィンランド在住。法政大学建築学科卒業。建築設計事務所、ガーデニング設計施工会社を経て独立。現在はフィンランドで個人邸宅の庭をはじめ、学校、店舗、公園など幅広い外部空間の設計を手掛ける。設計のテーマは、「毎日の暮らしがより楽しくなるガーデン」。住まいは築50年の住宅。インテリア、ガーデンともにリノベーションを重ねて家族と住む。趣味はアップサイクル。

ヨーロッパの庭も日本の庭も、コニファーなしでは語れません。存在感抜群の常緑のコニファーを庭に取り入れてみたい人も多いと思います。どっしりとした緑は年間を通じて楽しむことができますが、季節による変化が少ない樹木とも言えます。常に見えている分、どの場所にコニファーを取り入れるかが重要になります。

今回は日本のお庭でのコニファーのおしゃれな取り入れかたについてです。植栽デザインのポイント、地植えや鉢植えでの見せ方を解説、素敵な実例をたくさんご紹介します!

コニファーを取り入れたおしゃれなガーデンを実現する方法

コニファーの特徴とガーデニングデザインのポイント

https://www.pinterest.jp/pin/261842165827369776/

コニファーとは、針葉樹のこと。日本庭園で美しく手入れされた赤松や黒松を見たことのある人も多いはず。その一方、西洋庭園によく似合う魅力的なコニファーも流通しています。日本庭園のコニファーが風格ある自然樹形の古木として表現されるのに対し、西洋庭園では幾何学的な形や色合いを生かしてデザインに取り入れられることが多いといえます。

コニファーには10メートル以上にも育つ高木から、30センチ程度の高さしかない低木まであります。円錐状や球形、柱状や地面を覆うマット状に育つものなど形状も様々。葉の色も、品種によって青みや黄色みがかかった美しい色合いが見られます。これらのコニファーの特徴を生かして庭にとりいれましょう。

https://www.pinterest.jp/pin/79868593382143805/

コニファーを取り入れる際、まずはシンボルツリー、生垣、目隠し、アクセントなどとして植えたい場所を決めてください。例えば整った円錐形に育つ高木のコニファーならシンボルツリーに。成長が早く刈り込みできる種類は生垣に。低木なら大きさに応じて花壇の縁や中央~後方に。

背景、アクセント、縁などに取り入れて、庭全体の骨格をなすように計画するのがポイントです。常緑の植物はどちらかというと重厚な雰囲気。植栽がコニファーだけだと重い印象になりがちです。そこで全体の植栽計画の中で重要になる部分にところどころ配置し、コニファーの間には季節ごとの魅力のある草花や花木、落葉樹を見せるようにすると良いですよ!

地植えでも鉢植えでも!コニファーでおしゃれなガーデンを実現する方法

コニファー×地植えの場合

https://www.pinterest.jp/pin/56787645277065909/

高木のコニファーをお庭の植栽に取り入れるなら、シンボル、アクセント、または背景として取り入れるのがおすすめです。円錐形や柱状に育つコニファーなら目立つ場所に単独で植栽、またはフェンスぞいに列植。コニファーを花や紅葉の美しい落葉樹のシンボルツリーの後方に植えれば花や紅葉の色を引き立てます。

https://www.pinterest.jp/pin/484911084871143517/

高木のコニファーの中でも、ニオイヒバやレイランドヒノキ、コノテガシワのように成長が早く刈り込みに堪える品種があります。定期的な手入れをすることによりきれいにそろった緑の壁をつくることができ、目隠しや生垣として利用価値があります。

https://www.pinterest.jp/pin/298715387793128707/

低い円錐状や球状に育つコニファーなら花壇の中央から後方に取り入れれば、花の色がより鮮やかに見えます。匍匐性のコニファーは花壇の前方に植えましょう。花壇のところどころにコニファーを取り入れることで花壇全体が常に整った印象になります。

コニファー×鉢植えの場合

https://www.pinterest.jp/pin/517562182152502627/

コニファーは鉢植えでも育てることができます。はっきりした樹木の形や葉の色合いを生かして、寄せ鉢にしたり、リズミカルに並べればお庭の良いアクセントになります。またコニファーをメインに一年草やカラーリーフ類を合わせると豪華に仕上がり、玄関先を飾るのにぴったりです。

コニファーと合わせて使いたい!相性が良い植物・マテリアル

コニファーと寄植えして相性が良い植物

https://www.pinterest.jp/pin/25403185388938319/

コニファーをメインにした寄せ植えで、最も簡単に美しくまとまるのはコニファー+つる性植物の組み合わせです。円錐状や球状のコニファーを鉢の中央に植え、周りにヘデラやツルニチニチソウを植え込みましょう。さらにそれらの間に季節ごとの花がさく一年草類を植えると豪華です。

https://www.pinterest.jp/pin/835769643354609623/

写真のようにコニファーづくしにしても良いですが、コニファーは実にいろいろな植物と組み合わせができます。例えば、コニファーの黄金色の葉色とコントラストをなすようなブロンズ色のヒューケラなどのカラーリーフプランツを組み合わせれば、花が少ない季節でも鮮やかな植栽となります。

コニファーと相性が良い鉢

https://www.pinterest.jp/pin/79516749660979276/

どんな鉢でもコニファーによく似合います。建物や庭のイメージに似合った鉢を選びましょう。和風なら焼き物の鉢に。洋風ならカップ状の石鉢、テラコッタポットなど。モダンなら幾何学形状のコンクリートポット、金属製のプランター。カントリー風、ナチュラル風なら木製プランター、バスケットの鉢カバーなど。

https://www.pinterest.jp/pin/15340454968518098/

円錐状、柱状に育つコニファーなら根が地中深く伸びるので、深い鉢がおすすめです。逆に浅く根が育つ匍匐性のコニファーならボウル状の鉢がよく似合います。

コニファーは育てやすい?育て方と植える時期をおさえておこう

https://www.pinterest.jp/pin/550635491949919641/

コニファーは品種にもよりますが、比較的育てやすい植物です。コニファーはどちらかというと涼しい気候が好きなので、照り返しの強い場所、暑いうえ乾燥がちな場所は避けたほうが無難です。水切れに弱い品種もありますので、土の乾燥具合を定期的にチェックして水やりしましょう。植栽の適期は早春か晩秋。

プロがおすすめする初心者にもおすすめの定番コニファー3選

洋風住宅のシンボルツリーにぴったりな、プンゲンストウヒ

https://www.pinterest.jp/pin/308989224441291643/

青緑色の葉が美しいプンゲンストウヒは、洋風住宅のシンボルツリーにおすすめです。成長が遅いので、軽い剪定や水やり以外は手入れが少なく済むのもプラスポイント。花壇の後方に植えれば草花類を引き立ててお庭の魅力が倍増します!

生垣、列植、単独でも観賞価値のあるニオイヒバ

https://www.pinterest.jp/pin/1266706135458451/

洋風庭園のきれいにそろった生垣にあこがれるなら、ニオイヒバがおすすめです。成長はやや早く、刈り込むことでつまった緑をつくることができます。葉にはすっとする芳香があります。明るい緑の「エメラルド」「グリーンコーン」、黄金色系の「ヨーロッパゴールド」などの品種があります。

ふわっとかぶさるような形が魅力のゴールドモップ

https://www.pinterest.jp/pin/421297740133660152/

黄金色の細い葉が枝垂れる姿がかわいらしいゴールデンモップは小型のイトヒバ。単独で地植え・鉢植えにしても観賞できる美しさのあるコニファーです。ふわりと広がる樹形なので、色と形を生かして草花類を組合わせたりグラウンドカバーに使ったり多目的に使えるコニファー。

プロが教える!コニファーを取り入れたおしゃれなガーデン実例12選

コニファー×庭園実例 6選

コニファーの寄せ植えなら、最小限の植え替えで楽しめる

https://www.pinterest.jp/pin/31173422413341714/

ニオイヒバ・ダニカを鉢植えにし、ハボタンやヒューケラなどのカラーリーフプランツと組み合わせましょう。花がなくても華やかで見ごたえのある一鉢になります。季節が変わってハボタンに見ごたえがなくなったら別の花に取り換えるだけで鉢をアップデートできます。

色合いの美しいコニファーなら花壇の引き立て役に

https://www.pinterest.jp/pin/303359724884138594/

花壇の中央に黄金色が美しいゴールデンモップやフィリフェラオーレアなどのふわっとした形のコニファーを配置し、周りに花類や色合いの美しい葉を植えましょう。コニファーを中心に青緑、シルバー、ブロンズ色などの植物を合わせると葉だけでも色鮮やかな花壇になります。

細長いコニファーなら狭い場所でも緑化できる

https://www.pinterest.jp/pin/438256607496668816/

コニファーにはスカイロケットやブルーエンジェルのように柱状に育つ品種もあります。葉貼りが少なく根はまっすぐのびるため、建物脇の細い緑地にも植えられます。殺風景になりがちな壁の前にもおすすめです。

コニファーでモダン和風を演出すれば、スタイリッシュな印象に

https://www.pinterest.jp/pin/39265827992635802/

ミニマルなデザインのテラスの中に設けた植栽エリアなら、松を植栽してモダン和風のテイストにしてみてはいかがでしょう。足元にも丸く刈り込んだサツキやコクリュウなど常緑の下草を加えると、シンプルな白い空間の中の緑のオアシスが引き立ちます。

砂利とコニファーなら、スタイリッシュ&ローメンテナンス

https://www.pinterest.jp/pin/505951339395543620/

ローメンテナンスな庭にしたい場合、成長の遅い様々な小さめコニファーの組み合わせにする方法があります。重たい印象を避けるために、苗の間に十分空間をとりましょう。地面には白い砂利を敷き、コニファーをまるで白いキャンバスの上の模様のように見立てるのがコツです。

匍匐性のコニファーなら、ロックガーデンを雄大に見せられる

https://www.pinterest.jp/pin/48061921173648125/

庭に石垣や石組み、ロックガーデンを計画するなら匍匐性のコニファーを取り入れましょう。常緑の葉が地面を這って石の間から垂れてくる様子は雄大です。ロックガーデンの後方にも背の低いコニファーを配置してその間のスペースには宿根草類、グラス類、セダム類などを植えるとバランスのよい植栽になります。

コニファー×生け垣・目隠し実例 6選

高木のコニファーなら、シンボルツリーと目隠しの両方のメリットがある

https://www.pinterest.jp/pin/29906785014898807/

奥行きのあるフロントガーデンなら、玄関ドアや窓の前に高木のコニファーを植えれば効果的に目隠しができます。写真のように複数の種類のコニファーを植えて変化をつけても良いですね。

テラスにニオイヒバの生垣を取り入れれば、美しい緑の目隠しに

https://www.pinterest.jp/pin/89016530124530458/

お庭に広いテラスがあるなら、ニオイヒバの生垣をもうけて目隠ししましょう。写真の例では生垣とテラスの間に低木を植えていますが、ボーダー花壇にして華やかにテラスを彩ることもできますよ。淡いパステルカラーの花を植えれば緑の背景に映えて見えます。

大小のコニファーを規則正しく列植すると、リズム感のある生垣に

https://www.pinterest.jp/pin/1477812366886350/

フェンス前に常緑の緑を植えたいなら、大小のコニファーの組み合わせにする方法があります。ヨーロッパゴールドやエレガンティシマを2~3列植し、間にグリーングローブやダニカなどの球状のコニファーを植えればリズム感が生まれます。

ウォールの間にコニファーを植えれば、圧迫感を和らげられる

https://www.pinterest.jp/pin/116530709098224657/

敷地まわりに高いウォールやフェンスがある場合、短いウォールにわけて設置し間にコニファーを植えるとずっと優しい印象です。通風と目隠しを両立できるうえウォールやフェンスの圧迫感を和らげて、変化のある立面をつくることができますよ。

ウィンドウボックスにコニファーを列植すれば、窓前を目隠しできる

https://www.pinterest.jp/pin/661325526537879130/

ウィンドウボックスにコニファーを植えこむと窓前を目隠しできるうえ、室内からも緑を観賞することができます。写真のように円錐型の小さめのコニファーを列植、間には草花やつる性植物を植え込めば季節ごとの変化のある魅力的な窓になります。

タギョウショウを鉢植えにすれば、ピンポイントの目隠しに

https://www.pinterest.jp/pin/199284352248283426/

窓と道路が近くて植栽スペースがあまりとれないという場合は、鉢植えでコニファーを取り入れる方法があります。円錐型に育つニオイヒバのほか、丸い形に剪定されたトピアリーなら目の高さだけを隠すことも可能。写真は自然に幹の先端に傘状に葉をひろげるタギョウショウの鉢植え。

まとめ

松、杉、ヒバなどは日本庭園の代表的な樹木。針葉樹は日本庭園に欠かせない樹木ですが、洋風庭園にも多用されます。整った円錐状に育つ高木のコニファーならシンボルツリーに。成長が早く刈り込みに強いコニファーなら生垣に。背の低いコニファーなら花壇の中に取り入れると整った印象に。

コニファーは常緑で、明るい緑から濃い緑、青みがかった緑や黄金色など葉の色もさまざま。はっきりした樹形はお庭のアクセントに欠かせません。洋風の花壇とも相性の良いコニファー、ぜひ使いこなして素敵なお庭にしてくださいね。

Hello Interior LETTER

インテリアのヒントがメールで届く!!