Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

   

【プロが教える】ローズマリーを使ったおしゃれなガーデンを実現する方法!幾何学形に仕立てたトピアリーも人気

橋本朝子
著者:橋本朝子 (一級建築士)

フィンランド在住。法政大学建築学科卒業。建築設計事務所、ガーデニング設計施工会社を経て独立。現在はフィンランドで個人邸宅の庭をはじめ、学校、店舗、公園など幅広い外部空間の設計を手掛ける。設計のテーマは、「毎日の暮らしがより楽しくなるガーデン」。住まいは築50年の住宅。インテリア、ガーデンともにリノベーションを重ねて家族と住む。趣味はアップサイクル。

普段の生活を一段とおしゃれに楽しくしてくれる植物があります。それはローズマリーです。お庭がある方も、マンションにお住まいの方も育てられるローズマリーは、実に多目的に楽しむことができるんです。常緑で花が咲き目で見て楽しめ、触れるとすっとした香りが楽しめ、スパイスとしてお料理にも使えます。

今回はお庭でのローズマリーの上手な取り入れ方、お庭でのおしゃれな利用方法を説明。ローズマリーと合わせて植えると素敵に見える植物や、ローズマリーに似合うマテリアルについて解説します。素敵な実例もたくさんご紹介しますので、最後までご覧くださいね!

ローズマリーを取り入れたおしゃれなガーデンを実現する方法

ローズマリーの特徴とガーデニングのポイント

https://www.pinterest.jp/pin/486881409723123670/

ヨーロッパの地中海沿岸が原産のローズマリーは常緑低木です。葉や茎には芳香成分が含まれるためハーブとして古くから栽培され、活用されてきました。庭に植えれば季節を通じて観賞用として、葉を乾燥させたものをスパイスとして料理に使えばすっとした風味を楽しむことができます。

地中海性気候に育つローズマリーは、地中海風、南ヨーロッパ風のお庭にベストマッチします。ハーブ類の中では枝葉がしっかりとしていて乾燥に強く、初心者でも育てやすい植物です。自然樹形でも楽しめますが、剪定にもよく耐えるため好きな形に仕立てることも可能。ローズマリーのトピアリーにも人気があります。

ローズマリーには様々な品種があります。品種によって、上にのびる立性、地面を這うように伸びる匍匐性、這いながら上にものびる中間タイプものがあります。花は秋から春の間に咲くものが多く、花色は青や紫系を中心にピンクや白もあります。

地植えでも鉢植えでも!ローズマリーでおしゃれなガーデンを実現する方法

ローズマリー×地植えの場合

https://www.pinterest.jp/pin/181410691230402996/

ローズマリーを地植えにすれば、お庭で一年中緑のボリュームを楽しむことができます。立性のローズマリーなら、花壇の中にまぜても良いですし単独で植えて植栽のアクセントとしても。好きな位置で剪定や刈込をすることにより常に同じ大きさに保つこともできます。花壇の縁取りや生垣としても使えます。

https://www.pinterest.jp/pin/345932815137100022/

匍匐性のローズマリーなら、緑地一面に群植すればグラウンドカバーになります。花壇の縁や擁壁から垂らせば緑の壁に。常緑のローズマリーはハーブガーデンやキッチンガーデンの中で、一年中緑を絶やさない貴重な存在。例えばローズマリーで菜園を縁取れば、常に整って見えます。

ローズマリー×鉢植えの場合

https://www.pinterest.jp/pin/163325923983145923/

ローズマリーは鉢植えでもその魅力を発揮します。コンテナガーデンで花と寄せ植えれば緑の背景として活躍。他のハーブと寄せ植えや寄せ鉢にすれば、スモールスペースでもハーブガーデンが実現できます。ローズマリーの鉢植えをテラスやベランダに置けばいつでも収穫したり、香りを楽しむことができます。

https://www.pinterest.jp/pin/811492426618593915/

球状、円錐形、スパイラル形などいろいろな形に仕立てたローズマリーのトピアリーを鉢植えにすれば、お庭の様々な場所にアクセントをつけることができます。玄関先に花と合わせて飾れば目を引くコーナーになります。小さなトピアリーなら、室内のデコレーションの中に加えても素敵です。

ローズマリーと合わせて使いたい!相性が良い植物・マテリアル

地中海性の沿岸に自生しているローズマリーは、南ヨーロッパの田舎風のイメージを出すのにぴったり。そこで、合わせる植物や鉢も南ヨーロッパの雰囲気のあるものがおすすめです。

ローズマリーと寄植えして相性が良い植物

https://www.pinterest.jp/pin/54535845477914505/

地中海沿岸のガーデンに植えられる植物は、ローズマリーと生育条件も近くイメージ的にも相性が良いです。例えばオリーブ、ラベンダー、オレンジやレモンの柑橘類の木などを合わせると、地中海ガーデンの雰囲気を上手に演出することができます。

https://www.pinterest.jp/pin/543739355021081715/

ローズマリーは他のハーブ類や野菜類と相性抜群です。ハーブガーデンやキッチンガーデンのレギュラーメンバーに加えれば、一年中緑を提供してくれます。

https://www.pinterest.jp/pin/672232681880070992/

強い日照や乾燥に強く、生育環境が似通っている多肉植物は、意外とローズマリーと相性の良い植物です。ローズマリーの細かい葉と対照的な、大きな葉をもつ多肉植物と合わせるとお互いの良さを引き立てあえます。

ローズマリーと相性が良い鉢

https://www.pinterest.jp/pin/172192385732573223/

南フランスの農家やイタリアの街並みをイメージさせるような鉢がおすすめです。地中海沿岸の国々でよく使われるテラコッタポットは、ローズマリーに最もよく似合う鉢です。そのほか金属製ポット、ウッドプランターもローズマリーの雰囲気によく似合います。藤のバスケットや木箱を鉢カバーに使っても良いですね。

ローズマリーは育てやすい?育て方と剪定のコツをおさえておこう

https://www.pinterest.jp/pin/180636635044092108/

ローズマリーは日当たり、水はけのよい場所を好みます。やせ地でも育つローズマリーですが日本の酸性土は苦手です。酸度調整してあるハーブの土がおすすめです。植え付け時期は真冬、真夏を除いた時期に。地植えなら乾燥状態が続く場合には水やりしましょう。鉢植えの場合は土が乾燥したらたっぷり水やりしましょう。

https://www.pinterest.jp/pin/173107179405941289/

枝先ならほぼ一年中剪定(収穫)可能です。あまり大きくしたくない場合は伸びすぎた枝を適宜カットしましょう。樹形全体を見て込みすぎている部分やバランスの悪い枝、茂みの中で枯れこんでいる枝などもをカットし、通気性を保てるようにしましょう。

プロがおすすめする定番ローズマリーの品種3選

ローズマリーには立性と匍匐性、その中間の性質のものがあります。ここでは庭木として人気のある立性と、ユニークな使い方のできる匍匐性を紹介します。

立性で大きく育ち、美しい花が咲くローズマリー・トスカーナブルー

https://www.pinterest.jp/pin/121667627424930207/

立性ローズマリーのトスカーナブルー。濃い紫がかった花はローズマリーの中では大きめで目立つため、花を観賞したい場合におすすめです。成長すると高さ180センチにもなります。剪定にも強いので、好きな大きさを保つことも可能。刈り込んで生垣にすることもできます。

擁壁から垂らしたりグラウンドカバーにしたりできる、プロストラタス

https://www.pinterest.jp/pin/131730357843201762/

地面を緑でカバーしたり、擁壁の上から緑を垂らしたいなら匍匐性のローズマリーをチョイスしましょう。ローズマリー・プロストラタスは濃い緑の葉と淡いラベンダーブルーの花が楽しめます。背の高い鉢に植えて縁からたらしたり、ハンギングバスケットにして吊るしたりしても素敵ですよ!

寒い地方なら、ローズマリー・アープをチョイス

https://www.pinterest.jp/pin/155303887580706052/

ローズマリーの種類の中で、最も耐寒性の優れたローズマリー・アープ。-10度まで耐えられますので、冬に氷点下になる地方でも植栽できます。立性で、大きく育つと高さ・幅ともに1メートルを超します。冬の間にブルーの花を咲かせます。

プロが教える!ローズマリーを取り入れたおしゃれなガーデン実例12選

ローズマリー×お庭・花壇編 4選

ボーダーガーデンの手前や奥に植えれば、一年中グリーンを見せることができる

https://www.pinterest.jp/pin/345932815140046482

ボーダーガーデンの中にローズマリーを加えれば、季節ごとに移ろう景色の中で常に緑を見ることができます。立性ならボーダーの後方に、匍匐性なら手前に配置しましょう。

緑地の縁に植えれば、低い生垣や柵として活躍する

https://www.pinterest.jp/pin/633387430986826/

立性のローズマリーをフェンス沿いや緑地の縁に列植して刈り込めば、ちょっとした生垣の代わりになります。香りのする生垣なんて、おしゃれですね!もっと低く刈り込んで花壇の縁としても。

立ち上がりの花壇の縁に植えれば緑がボリュームアップする

https://www.pinterest.jp/pin/431993789235804689/

立ち上がりのある花壇には、匍匐性か半匍匐性のローズマリーが似合います。半匍匐性ならある程度高さも出るので、一年中緑のボリュームを楽しむことができます。

アクセントに使えば、雑然としがちなキッチンガーデンがすっきり見える

https://www.pinterest.jp/pin/345932815136644653/

菜園にハーブや野菜類をたくさん植えこむと、雑然と見えてしまうこともあります。そこでキッチンガーデンに規則性やアクセントを与えてあげるとすっきり見ます。例えばローズマリーのトピアリーを中心に配置すると良いアクセントになり、デザインされたキッチンガーデンになります。

ローズマリー×玄関・アプローチ編 4選

半匍匐性をアプローチ脇に植えれば、歩くたびに香りが楽しめる

https://www.pinterest.jp/pin/51298883230079564/

玄関アプローチ通路のわきに植栽すれば、歩くたびに香りがたちます。半匍匐性のローズマリーなら通路にふわりとかかりながらも上に伸びてボリュームのある緑になりますよ。

スタンダード仕立てのトピアリーなら、玄関前にインパクトをだせる

https://www.pinterest.jp/pin/68820700546950010/

玄関先を印象的なコンテナガーデンで飾りたいなら、ローズマリーのスタンダード仕立てはいかがでしょう。長い幹の先に球状に枝葉を整えた形のローズマリーはきっと注目を浴びることでしょう。

https://www.pinterest.jp/pin/345932815140046422

玄関アプローチが階段になっていて、立ち上がりのある花壇が周りについているなら匍匐性のローズマリーが合います。 立ち上がりの縁から垂れるようにローズマリーを植栽し、アカベ、アロエなどインパクトのある多肉系の植物を合わせるとエキゾチックな魅力を出すことができます。

シンボルツリーの下草に植えれば、ふわっとやさしい表情を生かせる

https://www.pinterest.jp/pin/13510867611283652/

玄関先のシンボルツリーの下に常緑の下草を植えて柔らかい表情を出したいなら、立性のローズマリーをご検討ください。シルバーリーフのラベンダーやカレープラントと合わせれば緑の濃淡が目に美しく映ります。

ローズマリー×ベランダ編 4選

ベランダのハーブガーデンの一員に加えれば、いつでも収穫できる

https://www.pinterest.jp/pin/193443746484939615/

マンションのベランダなどのスモールスペースでも実現できる鉢植えのハーブガーデン。他のハーブと合わせてローズマリーを育てれば、いつでもお料理に新鮮なハーブを使うことができますよ。

円錐状のトピアリーならクリスマスの飾りつけにも活躍する

https://www.pinterest.jp/pin/2955555991181930/

立性のローズマリーなら、きれいな円錐状に仕立てることも可能。冬でも緑なので、クリスマスツリーの代用としても使えますね。

ガーデンラックやガーデンテーブルの上で、デコレーションして楽しめる

https://www.pinterest.jp/pin/289637819771404327/

マンションのベランダやテラスにガーデンラックやテーブルがあるなら、小さなローズマリーのトピアリーを飾って楽しみましょう。オーナメントやキャンドルホルダー、ガーデンツールと一緒にデコレーションするとおしゃれなコーナーになりますよ。

オリーブ+下草ローズマリーなら、ベランダをフランス風に演出できる

https://www.pinterest.jp/pin/452259987556973220/

大きな鉢にオリーブを植えて、下草に匍匐性や半匍匐性のローズマリーをあしらいましょう。ベランダでのティータイムの際に、南フランスのアパートメントのベランダにいる気分を味わえますよ。

まとめ

常緑で花も香りも楽しめるローズマリー。お庭に一つあれば生活が楽しくなります。玄関アプローチや小道の脇に植えれば、通るたびにさわやかな香りがたちます。花壇に植えれば、華やかな季節の花々の良いバックグラウンドに。雑然としがちな菜園を整然とさせすっきりと見せる効果もあります。

ローズマリーは鉢植えにしても観賞価値があります。しっかりした幹や常緑の枝葉を生かして幾何学形に仕立てたトピアリーなら、印象に残る一鉢ができますよ。ぜひローズマリーを生活空間の近くに植えて、緑とともに香りや味を堪能してくださいね。

Hello Interior LETTER

"こだわりのある大人" のための
インテリアのヒントをメールでお届け