Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

   

【プロが教える】憧れの地中海ガーデンを実現する方法!自宅にいながらリゾート気分を味わおう!

橋本朝子
著者:橋本朝子 (一級建築士)

フィンランド在住。法政大学建築学科卒業。建築設計事務所、ガーデニング設計施工会社を経て独立。現在はフィンランドで個人邸宅の庭をはじめ、学校、店舗、公園など幅広い外部空間の設計を手掛ける。設計のテーマは、「毎日の暮らしがより楽しくなるガーデン」。住まいは築50年の住宅。インテリア、ガーデンともにリノベーションを重ねて家族と住む。趣味はアップサイクル。

毎年楽しみにしているリゾートでのバケーション。今年はどうしようかな、と考えている方!自宅に地中海ガーデンがあったら、毎日リゾートにいるような気分が味わえますよ。お庭を地中海風にリノベーションして、自宅でリラックスしてみませんか。

今回は、地中海ガーデンとは何かに始まり、その実現方法を説明します。大きなお庭からマンションのバルコニーまで様々な実例も紹介します。きっと我が家にあった地中海ガーデンが見つかりますよ!

プロが教える!憧れの地中海ガーデンを実現するポイント

地中海はご存じ、ヨーロッパとアフリカの間にある細長い海のこと。早くから文明が栄え、大陸間の文化の交流も盛んだった地域です。地中海に面したヨーロッパの国々では建築や庭園にアフリカや中近東の影響が見て取れます。豊かな文化の蓄積があり風光明媚な景色も楽しめる地中海沿岸は、中央・北ヨーロッパの国々の人たちにとっては、憧れのリゾート地。

地中海ガーデンとは?

https://www.pinterest.jp/pin/345932815137195193/

ヨーロッパでも地中海風の庭はメディタラニアン ・ガーデンと呼ばれ、人気のあるスタイルです。野外のテーブルを囲んで親しい人々とワインと食事を楽しみ、おしゃべりをして楽しく過ごす庭、地中海ガーデンにするには、リラックスした明るい雰囲気を出すのが大事。地中海性気候の植物を植え、鮮やかな色の花で彩るのが特徴。

地中海ガーデンは日本でももちろん実現可能です。次のポイントをおさえましょう。

日本のお庭に地中海ガーデンのエッセンスを取り入れるポイント

https://www.pinterest.jp/pin/35465915806873807/

日本のお庭で地中海ガーデンを実現するには、まず空間づくりから。プライバシーを保てリラックスできる囲われた中庭空間、パティオをつくりましょう。マットな白いウォールは地中海ガーデンのよい背景になってくれます。

地中海の気候に比べたら湿度の高い日本。地中海風を表現するには、少ない種類の植物でで大きなインパクトを与えるのが得策。日当たり・水はけ・風通しのよい場所を選び、からっとドライで明るい雰囲気の植栽をこころがけましょう。玄関回りは色鮮やかな花で彩りを。

さらに詳しく!地中海ガーデンをつくるポイントをパーツごとに解説

パティオ

https://www.pinterest.jp/pin/547468898460333457/

地中海ガーデンにはプライベートな時間をのんびりすごせる中庭、パティオがつきもの。地中海沿いの街では、通りからは建物の壁ばかりが見えますが、建物の中央には楽園的な庭が設けられていることが多いのです。一般の日本の住宅では中庭がない場合が多いですが、ウォールや生垣などで空間を囲ってパティオ風にすることも可能。

パティオの床材はベージュ系の自然石乱貼りやテラコッタ調・石目調タイルなどが似合います。スモールスペースならベージュ系の砂利敷きでもOK。バルコニーならテラコッタ色かベージュ色の専用タイルを敷きましょう。

ウォール

https://www.pinterest.jp/pin/345932815137203552/

地中海ガーデンのイメージにぴったりのウォールや花壇の立ち上がりの色はマットな白。ただし日本の夏の照り返しが気になる場合はクリーム色やベージュ色でも。ウッドフェンスがある場合は鮮やかな地中海ブルー、ラスティックブルーなどに塗装してアクセントカラーとしても。

ファニチャー

https://www.pinterest.jp/pin/345932815137195156/

地中海ガーデンのくつろぎスペースにはファニチャーが欠かせません。木製、金属製がよく似合います。ウォールや花壇の立ち上がりの一部をベンチに作り付けても地中海風が演出できます。ファニチャーにはクッション類をおいて、座り心地を良くしてくださいね。その他ハンモック、寝椅子などもおすすめです。

どんな植物を選ぶべき?

ドライで明るい雰囲気の地中海ガーデンには、インパクトのある植物を少しだけ植栽するのがポイント。

高木・低木

https://www.pinterest.jp/pin/216735800812836012/

地中海スタイルに似合う植物は、日光が大好きで乾燥に強い植物。樹木ならごつごつした幹のオリーブ、鮮やかな花の咲くキョウチクトウ、レモンなどのかんきつ類など。ヤシノキ類も地中海の海岸沿いの雰囲気をだせます。ローズマリーやラベンダーなど、枝に触っただけで芳香が楽しめる小低木もおすすめです。

多肉植物

https://www.pinterest.jp/pin/345932815137195160/

トリトマ、アロエ、アガベなどの多肉植物、サボテン類など乾燥に強い植物は、地中海ガーデンにアクセント的に使えます。関東以南なら地植えでも。関東以北なら鉢植えで冬期は暖かい場所で保管しましょう。

花類

https://www.pinterest.jp/pin/289778557257587398/

白いウォールに映える、鮮やかな色の花も欠かせません。暖地、もしくは夏の間だけ楽しむならブーゲンビリアがぴったりです。鉢植えのゼラニウム、ぺラルゴニウムも地中海ぞいの国々でお庭を彩る花の代表。

どんなマテリアル・雑貨を取り入れるべき?

テラコッタポット

https://www.pinterest.jp/pin/231302130836119509/

鉢植えを取り入れるならテラコッタポットがおすすめです。壁かけのポットにはペラルゴニウムがぴったり。大きなつぼ型ポットなら、なにも植わっていなくてもテラスの片隅や花壇の中に置くだけで地中海ガーデンの素敵なオーナメントに。

金属製の照明器具やキャンドルホルダー

https://www.pinterest.jp/pin/345932815137203567/

地中海ガーデンの白いウォールには黒い金属製のウォールランプがぴったり似合います。同じような形のキャンドルホルダー・ランタンを床やテーブルに置いてもよい雰囲気に。

ファウンテン

https://hellointerior.jp/note/wp-admin/post.php?post=21046&action=edit

地中海ガーデンに合うオーナメントはなんといってもファウンテン。写真のように装飾タイルや大理石風タイルを使って作り付けにしても良いし、置き式の小さなファウンテンをウォールぞいにおいても素敵です。

オリエンタルなアクセント

https://www.pinterest.jp/pin/111393790757239293/

大陸間の文化の交流地点であった地中海世界の雰囲気を出すために、オリエンタルな、またはヨーロッパから見た異国風アクセントをほんの少しだけ風味付けに使ってみませんか。例えばイスラム世界から影響を受けた装飾タイル。幾何学模様の入った照明器具、青い絵づけがされた植木鉢などです。

こんなケースに気をつけろ!失敗しがちなパターン紹介

https://www.pinterest.jp/pin/257971884895712303/

日本で人気のある株立ちの樹木は、どちらかとしっとりと落ち着いた雰囲気。地中海沿岸諸国の建築・庭園はドライで明るい雰囲気なうえ、幾何学の美が尊重されます。樹木はどっしりとした単幹ものを使い、左右対称に配置されることも多いのです。新築のお庭で地中海ガーデンにしたい場合は、株立ちの樹木は選択肢外に。

おしゃれ地中海ガーデン実例12選

さまざまな地中海ガーデンの例をご覧ください。地中海に実際に存在する地中海ガーデンを見るのも良いですし、地中海性気候ではない中央ヨーロッパあたりで「地中海風」につくられた例も参考になりますよ。

地中海ガーデン実例 6選

表面の仕上げを地中海風に変えてみる

https://www.pinterest.jp/pin/15833036178161556/

イングリッシュガーデンを、明るい地中海風にリノベーションした例。テラスの舗装は石灰岩などの自然石タイルに。花壇立ち上がりの側面はマットな白の仕上げ、トップに自然石の天板をつけてベンチにも利用。レンガのウォールも白く塗装し、フォーカルポイントに壁づけのファウンテンを設置。

ブーゲンビリアの咲くパーゴラの下でのんびりしよう

https://www.pinterest.jp/pin/259871840983098199/

住宅の外壁沿いに木製のパーゴラを設け、ブーゲンビリアなどのつる性植物の緑陰をつくりましょう。パーゴラの下には、ダイニングセットやベンチなどのんびり時間を過ごせるファニチャーを。日中の日差しが強い夏、植物のつくる木陰は快適なスペースになります。

白×黒の背景でモダンな地中海ガーデンにする

https://www.pinterest.jp/pin/5066618320801762/

床に装飾タイルを貼った小さなパティオ。白い壁で囲われたスペースには、シンプルに白い鉢のオリーブ、黒い鉢のアガベが置かれているだけです。日本でも実現しやすいアイディア。雨の多い日本でタイルの床を実現する場合、滑り止め加工がしてあるものを選びましょう。

白い壁を背景にファニチャーーコーナーをつくる

https://www.pinterest.jp/pin/289778557258742381/

白いウォールの背景があれば、木製のがっちりした家具でも、黒や白の金属製家具でも地中海風に。あとはグッズで地中海風を表現できます。壁かけのテラコッタポット、きれいな青色に塗装された木製スクリーン、青や白のクッション、自然素材のマットなどを組み合わせましょう。

スモールスペースなら鉢植えだけで地中海風に

https://www.pinterest.jp/pin/345932815137236841/

パティオやテラスと呼べる場所がなくても、ガーデンラックやテーブルが置けるスペースがあれば植物で地中海ガーデンに。丸く刈り込んだトピアリーをテラコッタポッタに植えて、並べてみましょう。植物はオリーブ、ラベンダー、ローズマリーの組み合わせならシックに。ぺラルゴニウムを加えると華やかに。

装飾的な鉢で、室内のよせ鉢ガーデンにする

https://www.pinterest.jp/pin/345932815137195283/

真っ白な背景に青い絵付けの入った植木鉢を並べて地中海風にしてみましょう。白いフローリングがなくてもカーペットでも。窓越しの日光があたる場所がベターです。同じ組み合わせでバルコニーで育てれば尚良いです。

玄関まわりの地中海ガーデン実例 4選

自然石舗装×白いウォール×オリーブの鉢植え

https://www.pinterest.jp/pin/345932815137195201/

玄関アプローチは床をベージュ系自然石の乱貼り、ウォールをマットな白で表現。植栽は少ないほうがむしろ地中海風です。印象的な大きなテラコッタポットにオリーブの木を一本植えるだけでも地中海ガーデンの雰囲気がでます。

少しトーンを抑えれば大人っぽい地中海ガーデンに

https://www.pinterest.jp/pin/345932815137241348/

きれいな色をたくさん使うと華やかなイメージですが、色数をおさえればぐっとシックに。写真はモノトーンのモダンな外観が好まれる北欧で地中海風を表現した例。植物はレモンやオリーブなどですが、鉢は白や黒、塗装されたテラコッタポットなど。鮮やかな色合いがなくても地中海ガーデンは可能。

エントランス空間に大きなつぼ型テラコッタポットを設置する

https://www.pinterest.jp/pin/297870962854410986/

英国風レンガの外観の建物のエントランスを、地中海風にした例。エントランスまわりのみクリーム色の外観に塗装。床はテラコッタ風タイルを貼り、シンボルツリーとしてオリーブを植栽。テラコッタポットは大きなつぼ型をチョイスして、植栽なしのオーナメントとして飾っています。

キョウチクトウの鉢植えで玄関回りを彩る

https://www.pinterest.jp/pin/3588874692730386/

地中海ガーデンのエントランスまわりは鮮やかなピンクの花で彩りましょう。キョウチクトウは鮮やかなピンクの花をたくさん咲かせます。育つと横幅がでますので、地植えにする場合はスペースにゆとりが必要。鉢植えなら小さく管理できます。※キョウチクトウは毒性があるので、誤食しないよう注意が必要です。

ベランダの地中海ガーデン実例 2選

レモンの木をシンボルツリーにする

https://www.pinterest.jp/pin/5981411994401456/

地中海風を表現できる植物は、いずれも乾燥に強いものが多いので照り返しの強い南むきのバルコニーにぴったりです。レモン、オリーブなどがおすすめです。日陰がちのバルコニーなら、サンセベリアなどの観葉植物で夏だけのエキゾチックなドライガーデンに。

ディスプレイで地中海風を実現しよう

https://www.pinterest.jp/pin/693765517576563455/

少々殺風景なマンションのバルコニーでも、ディスプレイで楽しい地中海風を表現することができます。アンティーク風に塗装した木製スクリーンが、雰囲気づくりに一役買ってくれます。ぺラルゴニウムやハーブ類、トピアリー仕立てのローズマリーやラベンダーと一緒に飾りつけましょう。

まとめ

からっとさわやかな雰囲気の地中海ガーデン。淡い色調の背景に、はっきりした形や鮮やかな色あいの植物を合わせるのがポイント。たくさんの要素を詰め込みすぎず、シンプルにまとめると素敵に仕上がります。リラックスするためのお庭なので、お気に入りのファニチャーを置いて居心地よいスペースにしましょう。

どんどん気温のあがる日本の夏、日中の日照りですぐに乾燥してしまうスペースなら、地中海ガーデンがぴったりです。この記事を参考に、素敵な地中海ガーデンを取り入れて自宅でリゾート気分を味わってみてはいかがでしょう!

Hello Interior LETTER

インテリアのヒントがメールで届く!!