Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

      2019/10/21

【プロが教える】西海岸テイストのお部屋をラグでおしゃれにする方法!お部屋別のコーディネート事例も

おおたひろこ
著者:おおたひろこ (インテリアコーディネーター)

大学で建築を学び、建築・インテリア業界で10年以上勤務したのちライターに転身。インテリアコーディネーター資格保有。自宅はモダン+グリーン多め、子どもとペット共存のインテリアです。専門的な視点と生活者の目線で、皆さまのインテリアづくりをお手伝いします。

海に面した温暖な気候のアメリカ西海岸をイメージした解放感のあるインテリアが人気ですね。
家具を西海岸テイストでそろえたけれど、なんだかリラックス感が足りないとか殺風景に感じる場合はラグをプラスしてみはいかがでしょうか。
海が近いことからリラックスして素足で過ごすイメージの西海岸テイストには、足触りのよいラグが必須アイテムです。

この記事では、西海岸テイストをおしゃれにグレードアップするラグのポイントを解説したのちに、西海岸テイストにあうラグをコーディネート写真とともにご紹介します。
西海岸テイストといえば、ブルーをつかったカジュアルなインテリアを思い浮かべる方が多いと思いますが、今回はおとなっぽいコーディネートもご紹介しますのでぜひ参考にしてくださいね。

西海岸スタイルにラグをおしゃれに取り入れるポイント

まずは「西海岸スタイル」についておさらいしましょう

西海岸スタイル イメージ

https://www.pinterest.jp/pin/537195061800406079/

「西海岸スタイル」とは、アメリカ西海岸をイメージしたインテリアで、開放感とリラックス感のあるインテリアです。カリフォルニアスタイルと表現されることもあります。

西海岸スタイルをつくるインテリアは、潮風で色あせたようなカラーリング、海を感じる小物、ヴィンテージ家具、大きめの植物、インダストリアルやミッドセンチュリーテイストのアイアンをつかった家具や照明などがつかわれるのが特徴です。
西海岸スタイルというと、ブルーを入れないといけないような気がするかもしれませんが必ずしもそんなことはありません。(もちろん入れるのもありです!)

また開放感には抜け感が大切ですので、コーディネートはホワイト多めに余白を意識するのがひとつのポイントになります。

どんな素材のラグがいい?

西海岸テイスト イメージ

https://www.pinterest.jp/pin/AaYZiMqhdI9uGMLfRFzXst2O-fK7H2_nC2S_KzsUacl-sQMTPvnnq4E/

海辺のコテージのような自然を意識した西海岸テイストですから、ラグの素材はナチュラルな素材がおすすめです。
具体的には麻やコットン、ウールやシルクを選ぶとよいでしょう。

また、素材だけでなく織りにも注目。毛足が長いラグはエレガントやゴージャス感が出ますので、毛足が短いラグか平織りのラグをコーディネートすると西海岸テイストのイメージにあいます。

ジュートやリネンのラグ、ベニワレン、キリムやペルシャなどが対象になります。

どんな色のラグがいい?

西海岸スタイル イメージ

https://www.pinterest.jp/pin/498703358736099378/?nic=1

素材感や織りについては西海岸のイメージがはっきりしていますが、カラーについては決まりはありません。
お部屋のカラーとのバランスで選んでください。

あわせやすいカラーということでしたら、麻のベージュ、ホワイト、アイボリー、ブルーになります。
キリムやペルシャなどの民族柄もフィットします。

前述のように西海岸テイストには抜け感や余白が大切になりますので、ラグは明るめのカラーがおすすめです。
お部屋のクッションやカーテンなどのファブリックとのコーディネートを意識すると、まとまりやすくなります。

取り入れたい要素がいっぱい!お部屋別、西海岸ラグのコーディネートサンプル20選

リビングの西海岸ラグコーディネート10選

ソファがブルーならラグはホワイト系カラーをコーディネートすれば失敗なし!

西海岸テイスト ラグ コーディネート例

https://www.pinterest.jp/pin/64739313380613635/

大きな面積になるソファのカバーにブルーを選んだら、ラグはホワイト系ですっきりさせるとお部屋に広がりが感じられます。
また、ソファコーナーをゾーニングする大きめのラグにすれば、気心の知れた人で語りあうような親密な空間になりますし、床の色が西海岸テイストにあわないような場合にも見える面積を少なくできておすすめです。

写真のコーディネート例は、ソファやアームチェアに置かれたクッションづかいがとてもオシャレですね!
また、ブランケットとラグのカラーがリンクしているのもポイントです。

ブルーのソファにブルー系ラグもフィット

西海岸スタイル ラグ コーディネート

https://www.pinterest.jp/pin/440930619749148710/

ブルーのソファにブルーのラグを敷くと、ホワイトのときよりもより海を感じる男性的なインテリアになります。
ラグ選びのポイントは、寒色のブルーは冬に寒そうに感じてしまうため、写真のようにレッドなどの暖色系が入ったラグにすることです。そうすることで1年を通じてつかいやすくなりますよ。冬はさらにあたたかそうな起毛タイプやファーのクッションをプラスするとよいでしょう。

ネイティブアメリカン柄のラグもおすすめ

西海岸テイスト ラグ コーディネート例

https://www.pinterest.jp/pin/AYY8Y47sUHBgzWe5HQd25tsjik8acE1amRlt2J9JpqbqqOlvvhlGH_g/

アメリカの先住民族の伝統的な柄のファブリックやラグでそろえるコーディネートも、西海岸テイストらしいインテリアになります。
ネイティブアメリカン柄のラグにはブルーが入ったものも多く、テイストをそろえてコーディネートしやすい点もおすすめです。

ベニワレンラグでトレンドも意識する

西海岸テイスト ラグ コーディネート例

https://www.pinterest.jp/pin/154459462203868183/

人気のベニワレンラグも西海岸テイストにぴったりです。カラーもホワイトメインになりますので、コーディネートするときに悩まずにすみます。トレンドも感じられて、足触りもふわっと気持ちがよいのもうれしいですね。

▼ベニワレンラグって何?という方はこちらもどうぞ

ラグは一枚敷くだけで、お部屋の雰囲気をガラっと変えてくれる便利なインテリアアイテムです。実は、インテリア上級者さん達が続々と取り入れているのが「...

西海岸テイストをカウハイドラグでプリミティブにまとめる

西海岸テイスト ラグ コーディネート例

https://www.pinterest.jp/pin/753297475146070019/

丸太をそのまま切り出したようなセンターテーブルやファーが配されたリビングには、カウハイドラグをコーディネートすると原始的な雰囲気の西海岸テイストに。
色数は少ないですがさまざまな素材感をミックスしてる点がコーディネートのポイントです。
窓辺のたくさんのサボテンもイメージにぴったりですね。

▼カウハイドラグって何?という方はこちらもどうぞ

お部屋にラグを敷くとインテリアがまとまりやすいほか、埃がたちにくいなどの機能面もアップします。 ラグといえば織物をまず思い浮かべますが、もう少...

キリムも西海岸テイストのイメージにぴったり

西海岸テイスト ラグ コーディネート例

https://www.pinterest.jp/pin/435230751473164295/

将来模様替えで別のテイストにする可能性があるのなら、写真のようなコーディネートがおすすめです。
大型家具のソファやアームチェアは、ホワイトやベージュなどの転用できるカラーとデザインで選び、ファブリックで西海岸テイストを演出。キリムのラグはデザイン的に西海岸テイストにピッタリながら、ほかのテイストにもあわせやすいのでおすすめです。

また、写真のような2枚のラグをレイヤー敷きするのも「今」らしいのでトライしてみてはいかがでしょうか。

デザイン違いのキリム2枚敷きで床座も実現

西海岸スタイル ラグ コーディネート例

https://www.pinterest.jp/pin/576038608575139455/

西海岸スタイルはラグの上に直接座るスタイルもあるコーディネートです。
写真のようにキリムなどを複数枚敷いて広いスペースを確保して、床座を取り入れてもいいですね。日本人にはなじみもあって取り入れやすいスタイルですし、空間を確保できて開放感も演出できます。

また、写真にクッションやプフをコーディネートすれば、さらにリラックスできる空間にすることができますよ。

麻のラグでナチュラル感をアップ

西海岸テイスト ラグ コーディネート例

https://www.pinterest.jp/pin/449515606553473256/

よりナチュラルな雰囲気を演出したい場合には、ジュートなどの麻のラグがピッタリです。
写真のお部屋は、家具にラタンをつかい明るいカラーでそろえて軽やかなインテリアでまとめています。

よく見るとセンターテーブルは金属脚ですが、ラインが細くカラーが―ホワイトなのでなじんでいますね。
トーンをそろえたブルーやオレンジのクッションがよいアクセントになっています。優しい雰囲気でまとめたいときに参考にしたいコーディネートです。

オールドペルシャもイメージにフィットします

西海岸テイスト ラグ コーディネート例

https://www.pinterest.jp/pin/629589222878238638/

西海岸テイストには使い込まれた色あせたカラーが似合うことから、オールドペルシャもイメージにぴったりです。
ざっくりした麻やコットンなどのラグに比べて、ペルシャは高級感のあるシックな空間をつくることができます。カジュアルになりすぎない西海岸テイストをお望みならぜひ検討してみてくださいね。

アイボリーのフリンジでブラックラグもフィット

西海岸テイスト ラグ コーディネート例

https://www.pinterest.jp/pin/366902700870900977/

通常は西海岸テイストにあわないのでは?というブラックのラグも、フリンジがナチュラルなアイボリーならフィットするということを発見できるコーディネートです。
ブラックのラグが空間を引き締めてとてもシックに仕上がっています。ラグづかいも奥が深いと思わせてくれる1枚です。

ダイニングの西海岸ラグコーディネート5選

機能面でもイメージでも麻のラグがGOOD

西海岸テイスト ラグ コーディネート例

https://www.pinterest.jp/pin/148759593929231001/

色数をしぼったナチュラルな西海岸テイストには、サラッとした足触りのジュートのラグがぴったり。
さらにダイニングチェアの脚が引っ掛かることのない目のつまったラグを選ぶといいですね。

写真のようなインテリアはこれで完成もしますが、カラーを入れるか迷っているときのベースづくりの参考になります。
フローリングや家具などの木質カラーを統一してほかはホワイトで仕上げておけば、あとからカラーを入れるのも簡単です。
たとえば、観葉植物などのグリーンの量を増やすだけでイメージを変化させることができますね。

ナチュラルなコーディネートにキリムで色を入れる

西海岸テイスト ラグ コーディネート例

https://www.pinterest.jp/pin/32088216082376993/?nic=1

色数をおさえたナチュラルなコーディネートに、キリムで色をプラスする方法もおすすめです。
キリムは西海岸テイストにとてもあわせやすいデザインとカラーがそろいますので、お好きなものを選定してOK。
上級者コーディネートを目指すなら、同室のリビングのソファやクッション、カーテンなどのテキスタイル全体のカラーを一緒にプランニングしましょう。

シックな西海岸テイストのコーディネート

西海岸テイスト ラグ コーディネート例

https://www.pinterest.jp/pin/507217976768121785/?nic=1

こちらは今まで見てきたスタイルとは少し異なるコーディネート例です。
家具はチェリー材でしょうか。ブラウンでシックにまとめているのですが、ホワイトの比率がとても多いのと立てかけられたサーフボードで西海岸テイストをつくっています。(もちろん海が見える景色も大切!写真でも代用できますよ)

こちらのように落ち着いたカラーでまとめても、ホワイトの比率を増やせば西海岸テイストをつくれるということがわかりますね。

ラグはホワイトでもあいますが軽いイメージになるのとダイニングセットのブラウンが唐突に見えてしまうので、家具と同色のラグを選ぶことでそれらを解決しています。

ブルーグレーにベニワレンがおしゃれ!

西海岸テイスト ラグ コーディネート例

こちらも落ち着いたカラーのコーディネートです。明るいブルーではカジュアルになりすぎると感じる方におすすめのブルーグレーとピッタリのベニワレンの組み合わせ。
西海岸テイストを増やしたければ、グレーよりブルーの量を増やす、またはナチュラル素材を増やすというように調整するとよいでしょう。

ベニワレンは、どんな西海岸テイストにもあわせることができ、トレンド感もある使いやすいラグです。

ペルシャももちろんフィット

西海岸テイスト ラグ コーディネート例

https://www.pinterest.jp/pin/425942077258286269/

ホワイトメインのシンプルなお部屋に、ペルシャの複雑な織り模様はおしゃれなアクセントになることから根強い人気です。
また、ミニマムなインテリアにもぬくもりを与えてくれる貴重な存在。シンプル過ぎて殺風景に感じるようなときにも検討してみてくださいね。

寝室の西海岸ラグコーディネート5選

寝室には優しい雰囲気をプラスするラグを

西海岸テイスト ラグ コーディネート例

https://www.pinterest.jp/pin/416723771768344666/

寝室はおやすみ前のリラックススペースですから、見た目も足触りも優しいラグがおすすめです。
写真のような毛足は短めで目のつまったカットタイプのウールのラグが条件にあいますよ。

またホワイト系のラグを選べば、ベッドリネンにどんなカラーを選んでもコーディネートしやすいでしょう。

ブルーでそろえて男前コーディネート

西海岸テイスト ラグ コーディネート例

https://www.pinterest.jp/pin/849210073469173645/?nic=1

ソファもベッドリネンもラグもすべてブルーでコーディネートすると、男前なインテリアにすることができます。写真のように壁もグレーにして空間を引き締めて格好良くまとめましょう。
ブルーだけでなく、イエローやオレンジを差し色にすれば単調になることを防ぐことができます。

1色グラデーションも落ち着ける寝室がつくれます

西海岸テイスト ラグ コーディネート例

https://www.pinterest.jp/pin/296463587967030455/

写真のように1色でさまざまな濃さを組み合わせたグラデーションコーディネートもおすすめです。
西海岸テイストなら、ブルーやグリーン、イエローがよいでしょう。

色が多すぎると感じたら、写真のようにホワイトのラグを重ね敷きする方法がGOOD。
ほかにも、一番表面にくるベッドリネンをホワイトにする方法があります。
色の量を好みに調節して心地よい空間をつくりましょう。

1カラーのキリムがシック

西海岸テイスト ラグ コーディネート例

https://www.pinterest.jp/pin/636203884834708783/

ブラウンなどのシックなカラー1色のキリムはおとなっぽい寝室が演出できます。
オリーブ色の壁面と細長いピローカバーとのコーディネートがまたステキですね。

試してみたいベッド・ラグの斜め配置

西海岸テイスト ラグ コーディネート例

https://www.pinterest.jp/pin/421790321342534170/

お部屋に対して、ベッドも斜めに、ラグはさらに斜めに置かれたコーディネート!ある程度寝室の広さが必要になりますが、インテリア雑誌の1ページのようにスタイリッシュで真似してみたいコーディネートです。
同じブルーを無地やチェック、ボーダーで組み合わせる方法も参考にしたいですね。

まとめ

西海岸テイストにあうラグを多く確認するとパターンが見えてきたのではないでしょうか。
敷く場所にあまり左右されずに、ナチュラル素材のサラッとしたラグを探す、あとはカラーコーディネートを意識すればOKです♪ ホワイト系以外のカラーを選ぶなら、ファブリックのほか、サンプルのほとんどのお部屋に飾られている写真やアートのカラーにあわせてもまとまりますよ。
ぜひラグを敷いて西海岸テイストのお部屋を心地よく完成させてくださいね。

▼色別のラグ特集(定番カラー)

ベージュのラグは、ベースカラーやアソートカラーに向き、あらゆる場面で使いやすい万能のカラーラグですよね。しかし、いざ選ぶとなると「ナチュラルで穏...
お部屋にラグをプラスするとインテリアをグレードアップさせることができることから取り入れる人が増えてきましたね。 ですが面積の大きなラグはお部屋...
ネイビーのラグと聞いて、デニムのようなカジュアルなイメージを浮かべる方もいれば、クラシカルで上品な雰囲気をイメージを浮かべる方もいると思います。...
グレーのラグは、海外インテリアのように洗練された雰囲気が出せることと、どんなインテリアにも馴染むので、誰にでも使いやすい定番のカラーラグですよね...
ラグを選ぶ時に、人気があって取り入れやすいのがグリーンのラグ。木のフローリングとも相性がよく、男女関係なく使いやすい爽やかな印象がありますよね。...
ブラウンのラグと聞くと、「ナチュラルな雰囲気になりそう…」「無難なインテリアになりそう…」と、感じたことはありませんか?ブラウンと一口に言っても...

▼色別のラグ特集(ぜひチャレンジしたいカラー)

ラグはインテリアをグレードアップしてくれます。 ラグの色は白やベージュがよく選ばれますが、なんだか物足りないとか、もう少し温かみや遊びが欲しい...
オレンジ色のラグは、健康的な色合いで明るい雰囲気にしてくれます。インテリアとして取り入れたいけど、子供っぽい・カジュアルになりすぎないかな?とい...
ピンクのラグと聞くと、「ガーリー、ロマンチックになりそう…」「取り入れるのに勇気がいる…」など、感じたことはありませんか?実はトーンの使い分けを...
水色のラグと聞くと、「他の家具と合わせにくそう…」「取り入れるのに勇気がいる…」など、なんとなくモヤモヤを感じたことはありませんか?実は水色のラ...
黒色のラグと聞くと、「圧迫感があるような…」「殺風景な空間になるのでは…」と、感じたことはありませんか?実は素材感や柄を意識すると黒色のラグをお...
色数少なくまとめたミニマムなインテリアもおしゃれですが、ユニークな配色のカラフルなコーディネートもステキですよね。でも上級者コーディネートで難し...

▼柄別のラグ特集

チェックのラグと聞くと、「可愛い子供部屋みたいになりそう…」「取り入れるの難しそう…」など、感じたことはありませんか?チェック柄は、ギンガムチェ...
柄デザインのラグはアクセントラグにおすすめです。その中でも、ストライプ柄のラグはおしゃれで人気があるデザインです。人気がある一方でデザインが豊富...

▼形状別のラグ特集

長方形のラグではなんだかつまらなく感じるときに、円形ラグにすると雰囲気がアップして効果的な場合があります。 お部屋も家具も長方形のものが多くな...
ラグの良さを感じてインテリアに取り入れようと決めたけれど、一般的な長方形のラグだとなんだかきっちりとおさまりすぎると感じることがあります。そんな...
住まいが変わっても、暮らし方がかわっても、いろいろな使い方ができるラグは、1枚ずつお気に入りを買い足していきたいアイテムです。しかし取り入れよう...

▼敷く場所別のラグ特集

ダイニングにラグがコーディネートされているとおしゃれな雰囲気になり、グッと親密感が感じられる空間になります。さらにラグは埃がたつことをおさえたり...
近年のマンションでは和室がないことも増えてきましたが、やはり日本人にとって畳はリラックスできるスペースです。昔ながらの和室とまではいかなくて、和...
玄関のラグは家に帰ってまず目に入るものですし、靴を脱いで最初に足をのせる場所になりますね。 また来客者には家の印象をつくる重要な役割を担うこと...

▼インテリアテイスト別のラグ特集

モダンテイストのインテリアがすっきりしすぎてなにか物足りなく感じることはありませんか。 そんなときラグをプラスすると、インテリアをワンランクア...
ナチュラルな素材と明るいカラーが基本の北欧インテリアは、日本人の感性にもあう心地よい空間が魅力ですね。ですが、北欧インテリアを目指してチェアやテ...
海に面した温暖な気候のアメリカ西海岸をイメージした解放感のあるインテリアが人気ですね。 家具を西海岸テイストでそろえたけれど、なんだかリラック...
ラグは一枚敷くだけで、お部屋の雰囲気をガラっと変えてくれる便利なインテリアアイテムです。実は、インテリア上級者さん達が続々と取り入れているのが「...