Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

   

【プロが教える】おしゃれなグレーインテリアを実現する方法!コーディネート実例と合わせてたっぷり解説

浦辺愛美
著者:浦辺愛美 (インテリアコーディネーター)

大手インテリア販売店で10年勤務。顧客へのコーディネート提案と従業員の家具知識教育に携わる。インテリアコーディネーター・色彩検定1級だけでなく、宅地建物取引主任者を独学で取得。趣味は旅行で、旅先でのインテリアチェックは欠かせません。現在、夫と3歳の娘との3人暮らし。子供がいても散らかりにくい、シンプルで機能的なインテリアを実践。見た目だけでなく、住む人の使いやすさを考えたインテリアを提案します。

どんな色ともあわせやすく汎用性の高いグレー。あらゆるテイストに合わせられて、初心者でも大きく外すことはありません。しかし、華やかな色ではないため地味であか抜けない印象になりやすく、おしゃれに仕上げようとすると意外と難しい色なんです。

今回は、ワンランク上のグレーインテリアを実現する方法を解説します。相性の良い色や陥りやすい失敗例、コーディネートの実例を紹介しますので、この記事を参考におしゃれで洗練されたグレーインテリアを楽しみましょう!

来客が憧れる!おしゃれなグレーインテリアを実現するポイント

改めてグレーを知り、インテリアをおしゃれに仕上げる方法をおさえよう

グレーを知る

Pinterest

派手さはなくシンプルで上品な印象のあるグレーは、大人っぽく洗練されたインテリアを好む方にピッタリの色です。また、シンプルで飽きのこない色であること、暖色でも寒色でもないためオールシーズン使えることもグレーの大きなメリットです。

また、グレーは白と黒で構成される無彩色の仲間なので、彩度がありません。赤や青など有彩色と呼ばれる色には彩度・明度・色相があり、コーディネートの時にはこの3つを考慮して組み合わせるため、初心者には難しくなりがちです。

しかし、グレーには彩度がないためコーディネートの難易度が下がり、大きな失敗は起こりにくいです。その分、ありきたりで無難なコーディネートになりやすい・色合いが地味でつまらないなどのデメリットがあるので、おしゃれに仕上げるにはポイントを押さえてコーディネートしましょう。

まずは、グレーの種類と特徴を知っておきましょう。グレーは大きく分けるとライトグレー・ミドルグレー・ダークグレーの3つがあり、それぞれ色の持つ印象が異なります。


https://www.pinterest.jp/pin/12384967718496310/

ライトグレーは爽やか・やわらかで開放感があります。お部屋に明るさや軽さを感じさせてくれるので、せまいお部屋や日が入りにくい暗いお部屋にもおすすめです。特に、ナチュラルや北欧・フェミニンなどのコーディネートによく合います。

https://www.pinterest.jp/pin/15973773666671403/

ミドルグレーは、明るすぎず暗すぎず、グレーが持つシンプルで落ち着いた印象が1番強く感じられる色です。シンプルインテリアを中心に、どんなコーディネートにも合わせやすいです。

https://www.pinterest.jp/pin/2955555997798410/

ダークグレーは、スタイリッシュで重厚感のある印象です。ブラックほど色が強くないので空間を引き締めつつ、リラックス感も残したい時におすすめです。モダンやクラシック・男前インテリアなど、かっこよく決めたいコーディネートによく合います。

https://www.pinterest.jp/pin/3166662228432612/

また、グレーには白と黒で構成された純粋なグレー以外にも、ベージュのようなやわらかさのあるグレージュ・赤みや青みがかったグレーなど、いろいろなニュアンスのグレーがあります。グレージュはよりやさしい雰囲気となり、北欧風やフェミニンなコーディネートにぴったりです。赤みがかったグレーは温かさが感じられ、ナチュラルやシンプルなコーディネートに合います。青みがかったグレーはクールで高級感のある印象なので、モダンやスタイリッシュなコーディネートによく合います。

グレーと相性の良い色を知る

https://www.pinterest.jp/pin/16607092367897296/

グレーと同じ無彩色であるホワイト・ブラックは相性バッチリ。グラデーションを意識してコーディネートに取り入れましょう。ライトグレーやホワイトをベースにするとシンプルで上品な印象、ダークグレーやブラックをベースにするとクールでかっこいい印象になります。

https://www.pinterest.jp/pin/493425702929795526/

インパクトが強くインテリアに取り入れづらいと思われがちなイエローもグレーとの相性が良い色です。グレーと同程度の明るさのイエローを選ぶと適度な存在感が良いアクセントとなり、コーディネートを格上げしてくれます。

ポイント① 広い面積にグレーを取り入れて洗練された雰囲気に

 

https://www.pinterest.jp/pin/3518505949904585/

グレーは色としてのインパクトはあまりなく、せまい部分に使っても印象に残りにくいです。基本的には壁紙やカーテン・ラグ・ベッドリネンなど、大きな面積で取り入れてあげましょう。

中でもおしゃれに決まるのが壁紙をグレーにすることです。中でも入室時に目に入りやすい壁の色は、お部屋の印象を大きく左右します。ここをグレーにしてあげるとフォーカルポイントとなり、おしゃれな雰囲気が感じられます。賃貸などで壁の色を変えるのが難しい場合は、簡単にDIYできるはがせる壁紙を使うのもおすすめです。1面のみをグレーのアクセントクロスにするだけでもお部屋の印象がぐっと洗練されます。

ポイント② 素材や柄にこだわれば上級コーディネートに

https://www.pinterest.jp/pin/9148005509353084/

大人っぽくて落ち着いた印象のグレーですが、裏を返すと地味でつまらない印象になってしまうことも。それを打開して、コーディネートを格上げするポイントが「素材や柄にこだわる」ことです。

例えばファブリックなら、ざっくりした風合いや起毛素材にするとリラックス感が生まれラフな印象になります。ベロア調の光沢のある生地なら高級感や上品さが感じられます。ファーならラグジュアリーで非日常な雰囲気が出ます。

https://www.pinterest.jp/pin/530932243578631941/

素材と並んで、柄選びも重要です。コーディネート初心者は無難な無地のアイテムを選びがちですが、1点柄物があるだけでもコーディネートに変化が生まれて、おしゃれ度がアップします。難易度が高そうな複数の柄物の組み合わせも、色を統一するだけで簡単に調和が取れます。まずはクッションなどの小物で取り入れてみましょう。

後悔したくない!失敗しがちなパターン紹介

https://www.pinterest.jp/pin/323837029456085003/

アクセントにおすすめのグレーの壁ですが、あまり色の暗いものを選ぶとお部屋の雰囲気が重くなってしまいます。また、暗い色は白などの明るい色よりも光を反射しにくいので、実際の見え方はさらに暗い印象になります。圧迫感が出てお部屋をせまく見せてしまうので、特にコンパクトなお部屋で取り入れるには注意が必要です。

https://www.pinterest.jp/pin/38632509295113764/

色の濃いグレーを壁に取り入れたい場合は、その他のアイテムを「抜け感」を意識して選びましょう。合わせる家具は背の低いものを選ぶと、視線が抜けて圧迫感が軽減されます。さらに、ラグやフローリングの色を明るいものにすると軽さが出て、全体のバランスが良くなります。間接照明で明るさを補うのもおすすめです。

インテリアのプロは知っている。グレーインテリアを実現するインテリアアイテムを探すときにまず見るショップ

songdream

https://www.songdream-blog.jp/vespa_sofa/

songdreamは、1953年創業の老舗家具店 富士家具が手掛けるインテリアブランドです。家具インテリア業界のオスカー賞といわれるレッド・ドットデザイン賞を受賞するなど、優れたデザイン性が魅力です。ヨーロピアンモダンテイストを中心に、シンプルながらもこだわりの感じられるハイセンスなアイテムを取り揃えています。

http://songdream.jp/

人気のソファはアームレス1人掛けで8万円程度からと、決して安くはありませんが優れたデザイン性と長期間きれいに使える耐久性からベストセラーとなっています。

songdreamは、名古屋・神戸・横浜などのショップの他にオンラインショップもあります。ワンランク上のグレーインテリアづくりの参考になるので、ぜひ一度チェックしてみて下さい。

ACTUS

https://www.actus-interior.com/media/200811dramaset/

ACTUSはイタリアや北欧のブランドを中心に、家具から雑貨まで幅広いアイテムを扱っているインテリアショップです。ドラマや映画などの美術協力を多く手掛けていることでも有名です。ラグやカーテンなどのインテリアテキスタイルも充実していて、ACTUSだけでもトータルコーディネートが可能です。

https://www.actus-interior.com/product/gimle/

ACTUSの中でも特におすすめなのがラグです。繊細で洗練されたデザインが多く、お部屋に高級感をプラスしてくれます。こちらのGIMLEというラグはニュージーランド産ウールを使用した味のある質感と優れた耐久性で人気を集めています。お値段は140cm×200cmで5万円台後半と安くはありませんが、お金をかけるだけの価値があります。

オンラインショップもありますが、実店舗も北海道から九州まで広い地域で展開しています。素材感が垢ぬけの重要ポイントになるグレーインテリアは、やはり実物を直接見るのがとても大事です。ぜひ一度足を運んでみて下さい。

▼ACTUSについて詳しく知りたい方はこちら

モダンインテリアを中心とした家具や雑貨を販売するアクタスは、全国に30店舗以上の直営ショップをもちます。大型商業施設にお店があることも多く、雑貨...

 

スタイル別おしゃれなグレーインテリア実例サンプル15選

モダンスタイルのグレーインテリア実例 4選

グレーの濃淡でバランスよく

https://www.pinterest.jp/pin/622270873521446285/

ダークグレーの壁が存在感抜群なリビングです。重くなりがちな色ですが、間接照明を仕込むことでメリハリを作っています。壁と天井の色が濃い分、フローリングやラグの色は明るいものを選ぶことで、バランスが良くなっています。

光沢感のある素材と合わせて上品に

https://www.pinterest.jp/pin/366199013463478806/

ライトグレーとホワイトを基調にした上品なダイニングです。大理石調のキッチンパネルやくすみ感のあるゴールドを合わせることで、堅苦しくないラグジュアリー感がプラスされています。

スマートなデザインで女性らしさをプラス

https://www.pinterest.jp/pin/10625749111957026/

トーンの違うグレーを中心に、複数のグレーの組み合わせでメリハリを出したフェミニンコーディネートです。ソファはクールな印象になりやすいダークグレーですが、線の細いデザインを選ぶことで女性らしい繊細な雰囲気が出ています。インテリア小物には丸みのあるデザインを合わせて、やわらかくて優しい印象を感じさせます。

ホワイトを効かせた大人ベッドルーム

https://www.pinterest.jp/pin/985231159914975/

ダークグレーとモスグリーンでまとめた落ち着いた雰囲気のベッドルームです。観葉植物の鉢やクッション・サイドテーブルに取り入れたホワイトがお部屋に明るさと抜け感をプラスします。

北欧・ナチュラルスタイルのグレーインテリア実例 4選

ブルーグレーの壁紙で一体感アップ

https://www.pinterest.jp/pin/522769469255996847/

ライトブルーとグレーはもともと相性が良いですが、壁にブルーグレーをあわせることでしっかりと調和が取れます。くすんだ色合いだけでまとめると単調になりがちですが、光沢のある床材や天井の間接照明によってメリハリが生まれ、コーディネートが引き締まります。

柄物合わせでモノトーンコーディネートをランクアップ

https://www.pinterest.jp/pin/844493671151139/

ファブリックや自然素材を組み合わせたナチュラルリビングもグレーやブラックの比率を上げるとかっこよく決まります。色をシンプルにまとめる代わりに柄ものを組み合わせてワンランク上のおしゃれを実現します。三角やひし形を組み合わせたオルテガ柄はエスニックな雰囲気があり、空間のアクセントになっています。

×ベージュは素材感を際立たせて

https://www.pinterest.jp/pin/109353097193791408/

光があふれるアウトドアリビングには明るさのあるライトグレーがよく合います。グレーとベージュはどちらも主張が少ない色なので、素材で遊び心を加えるとコーディネートの完成度がぐっと上がります。

色をまとめてスッキリと見せる

https://www.pinterest.jp/pin/772719248576591691/

グレー×ベージュでスマートにまとめたリビングはあたたかくも洗練された印象になります。ポイントでブラックを入れることで印象が引き締まります。比較的ものが多くてもグレーでまとめるとスッキリとみえるので、リビングのごちゃごちゃ感が気になる人にこそおすすめしたいコーディネートです。

西海岸・インダストリアルスタイルのグレーインテリア実例 4選

馴染ませカラーで主役を引き立てる

https://www.pinterest.jp/pin/498773727473318039/

コンクリート打ちっぱなしの天井や存在感のあるダクトが目を引くインダストリアルテイストのLDKです。ソファは空間に馴染むミドルグレーを取り入れていて、レンガ調の壁やモダンデザインの暖炉など、見せたいアイテムを引き立てます。

柄の方向を合わせれば初心者でも上級コーディネートに

https://www.pinterest.jp/pin/120189883794570241/

グレーの柄物ラグがアクセントになっているリビングスペースです。ラグにもソファカバーにも柄が入っていますが、直線の向きを合わせることで違和感なくマッチしています。クッションはモノトーンでまとめることで、柄や生地感が異なるアイテムでも一体感が生まれます。

凹凸感のある素材であたたかみのあるモノトーンコーデ

https://www.pinterest.jp/pin/6825836925864559/

ライトグレーのリネンにブラックのベッドフレームやシーリングファンが映えるリラックス感のあるベッドルームです。モノトーンのみでまとめると温度感がなく冷たさや無機質さが出ますが、クッションにベージュを入れたり、シワ感のあるファブリックを合わせることであたたかさが感じられます。

グレーソファで無骨さをやわらげる

https://www.pinterest.jp/pin/528891549997989294/

ゴツゴツした印象のアイテムが多くなりがちなインダストリアルテイストですが、グレーを取り入れると少しマイルドになります。グレーのファブリックソファは、くすみ感のある色合いと鋲打ちされたアンティークなデザインが、ヴィンテージ感のあるコーディネートにしっくりと馴染みます。

独自のスタイルを突き進むグレーインテリア実例 3選

重厚感のあるダークグレーの壁でおこもり感を

https://www.pinterest.jp/pin/41517627805504976/

コンパクトなシアタールームにダークグレーの壁を採用しています。通常であれば圧迫感が出やすいの避けたいところですが、あえて暗い色の壁を取り入れることでおこもり感が出て、画面に集中しやすくなります。重さを軽減してくれるダウンライトや赤のクッションがグレー基調のお部屋に変化を与えています。

反対色をマイルドにまとめる

https://www.pinterest.jp/pin/303289356162953075/

反対色であるパープルとイエローを組み合わせた個性の光るリビングです。お互いの色を引き立てあって鮮やかに見せる反対色ですが、グレーと一緒に使うことで派手になりすぎず、取り入れやすくなります。

ビビッドカラーをなじませてオンリーワンの仕上がりに

https://www.pinterest.jp/pin/46795283618790825/

単体で見ると色鮮やか過ぎてコーディネートに悩むビビッドピンクも、グレーと合わせればマイルドになります。モノトーンの中にワンアイテムだけピンクだと浮きやすいですが、カーテンの柄にもピンクを入れることで一体感が生まれます。

まとめ

おしゃれなグレーインテリアのポイントは「グレーを取り入れる面積の大きさ」と「素材感と柄」の2つです。グレーは色自体のインパクトが小さいので、小物に少しだけ取り入れても印象に残らず、洗練された雰囲気を感じられません。また、ベーシックな色だからこそ細部にこだわって選ぶことで、インテリアの印象がぐっと格上げされます。

グレーはどんな色とも合わせやすく、彩度がない分だけ有彩色よりもコーディネートがしやすいです。初心者にこそおすすめしたい色なので、この記事を参考におしゃれなグレーインテリアを実現しましょう!

Hello Interior LETTER

"こだわりのある大人" のための
インテリアのヒントをメールでお届け

インテリアのプロが毎月2通配信♪