Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

   

【プロが選ぶ】ウィリアム・モリスのカーテン10選!人気のデザインを上手にお部屋に取り入れる方法も教えます!

浦辺愛美
著者:浦辺愛美 (インテリアコーディネーター)

大手インテリア販売店で10年勤務。顧客へのコーディネート提案と従業員の家具知識教育に携わる。インテリアコーディネーター・色彩検定1級だけでなく、宅地建物取引主任者を独学で取得。趣味は旅行で、旅先でのインテリアチェックは欠かせません。現在、夫と3歳の娘との3人暮らし。子供がいても散らかりにくい、シンプルで機能的なインテリアを実践。見た目だけでなく、住む人の使いやすさを考えたインテリアを提案します。

19世紀最高のテキスタイルデザイナーと名高いウィリアム・モリス。「美しいと思わないものを家においてはならない」という信念のもとで作られた彼の作品は、今なお新鮮な輝きを放っています。

その反面、緻密で重厚感があるためコーディネートが難しそうと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

今回は、ウィリアム・モリスのカーテンをおしゃれに取り入れるポイントと、おすすめのカーテン・コーディネート例10選を紹介します。これを見れば「柄物カーテンはコーディネートが難しそう」「クラシック以外には合わないのではないか」という不安も解消できると思います。

ポイントをおさえて、お部屋に合ったウィリアム・モリスのカーテンを見つけましょう。

ウィリアムモリスのカーテンをおしゃれに取り入れるポイント

ウィリアムモリスとは?ウィリアムモリスのデザインの特徴

https://www.pinterest.jp/pin/835628905852608244/

「モダンデザインの父」と称されるウィリアム・モリスは、19世紀イギリスのテキスタイルデザイナーです。産業革命による粗悪な大量生産品へのアンチテーゼとして、アーツアンドクラフツ運動を先導したことでも有名です。手工業によって生まれる美しいプロダクトに囲まれた生活を理想として「生活の芸術化」を目指しました。

そんなウィリアム・モリスのデザインは、樹木や草花・動物などがモチーフとなっています。アカンサスの葉やぶどうなど、中世に使われた古典的なデザインを多く採用しています。決してシンプルではなく、緻密で複雑なデザインはさながら図鑑のようで、没後120年以上経った今でも世界中で愛されています。

また、美しい色使いもウィリアム・モリスのデザインの魅力です。19世紀当時に一般的だったタールによる染色ではなく、草木や昆虫を利用した昔ながらのナチュラルな染料を使用し、職人が手作業で染め上げています。熟練した技術が必要ですが、その分仕上がりは格別です。

ウィリアムモリスのカーテンを取り入れるときに考えるポイント① カラーリングと柄の密度で選ぶ

https://www.pinterest.jp/pin/85357355426913851/

ウィリアム・モリスのカーテンを取り入れる場合に、まず注目したいのは「カラーリングと柄の密度」です。

ウィリアム・モリスといえば「総柄・重厚感・クラシック」などのイメージが強い方が多いのではないでしょうか。そのため、モリスのカーテンには格調高い家具を合わせないといけないのでは?と不安になるかもしれません。

しかし、お部屋のテイストに合ったカラーリング・柄の密度を選べば、シンプルやカジュアルなお部屋にもウィリアム・モリスのカーテンを合わせることができます。基本的には、カジュアルやシンプルな印象にしたいお部屋には明るく・柄の密度が低いもの、クラシックな印象にしたいお部屋には濃く・柄の密度が高いものを選びます。

写真はケルムスコットツリーという柄で、アイボリーのべースに鳥や花に囲まれた木のデザインがかわいらしい印象です。明るい色味で、柄の密度も低いのでカジュアルやナチュラルテイストのお部屋にも合わせやすいでしょう。

ウィリアムモリスのカーテンを取り入れるときに考えるポイント② お部屋のフォーカルポイントから考える

https://www.manas.co.jp/interiorlibrary/products/detail/20020041

次に着目したいポイントは「お部屋のフォーカルポイントをどこにするのか」ということです。フォーカルポイントとは焦点のことで、お部屋に入った時に最初に目が行く場所・人の視線がもっとも集まる場所を差します。

カーテンをフォーカルポイントにしたい場合は、柄の印象が強いウィリアム・モリスのカーテンが適任です。世界観がはっきりとしているので、空間のイメージを確立させる・お部屋の印象を決定づけるのにとても役立ちます。コントラストのある配色や大胆な総柄はお部屋の主役にぴったりです。

カーテンではなく別の場所をフォーカルポイントにしたい場合は、柄や色のインパクトが少ないものを選びましょう。淡い色合いや空間になじむ配色のものが良いでしょう。ドレープは無地にして、レースにウィリアム・モリスのカーテンを取り入れるのもおすすめです。さりげなくおしゃれに仕上がります。

写真はブレアラビットというファブリックです。総柄カーテンですが、単色で染められているため主張が強すぎません。周りのインテリアに馴染む色合いで悪目立ちしないので、他の場所にフォーカルポイントを作っても邪魔をしません。

こんなケースに気をつけろ!失敗しがちなパターン紹介

https://www.pinterest.jp/pin/467389267568983906/

圧迫感がある・お部屋が暗くなった

ウィリアム・モリスのカーテンには濃い色のものが多いので、全体のバランスを考えないと重い雰囲気になってしまうことがあります。濃い色のカーテンを取り入れる場合は、壁やラグ・ソファなど大きさのある家具にホワイトやアイボリーなどの明るい色を取り入れて、お部屋全体が暗くなり過ぎないようにしましょう。

また、カーテンの面積自体を減らすのも効果的です。写真のように連なった窓の場合、大きく1つのカーテンをつけるのではなく3つに分割して設置することで、重さが軽減されて圧迫感がなくなります。さらに、クラシックデザインのウォールランプを間に設置して明るさを足しています。

柄が思ったよりも大きかった・小さかった

柄物のカーテンを選ぶ際に必ず確認したいのが「柄の大きさと窓・お部屋のバランス」です。基本的には小さな窓・せまいお部屋には小さめの柄、大きな窓・広いお部屋には中くらい~大きめの柄が良いでしょう。

しかし、慎重に選んだつもりでもカタログやお店で見た柄のサイズのイメージと、お部屋に設置した際の実際の柄の大きさが思っていたものと違うということは意外とよく起こります。可能であれば生地サンプルを入手して、実際に取り付けたい窓に合わせてみてください。お店によっては大きめの生地サンプルを持ってきてもらい、ご自宅で実際に合わせてみることもできますので、心配な方は相談してみましょう。

ウィリアムモリスのカーテンおすすめ10選

息をのむほどの緻密なデザイン:いちご泥棒

https://www.kawashimaselkon.co.jp/ja/MorrisDesignStudio/collection/collection_004.html

ウィリアム・モリスの別荘「ケルムスコット・マナー」で見た、いちごをついばむツグミをモチーフにしたデザインです。計算された緻密なデザインで、ウィリアム・モリスの代名詞を言っても過言ではありません。クラシックに合わせるのが王道ですが、和室やシンプルスタイルにあわせて、フォーカルポイントにしても面白いです。

カーテンで全体を、クッションで細部のデザインを楽しむ

https://www.pinterest.jp/pin/341007003037627967/

先ほどの写真と色違いのグリーンは柔らかな色彩で、ナチュラルカラーの室内によく合います。クッションにも同じ生地を使用していますが、カーテンよりも柄が見やすいため緻密なデザインを細部まで楽しめます。

差し色になっている赤のクッションは、カーテンのいちごの色に合わせているため浮くことなく、空間のアクセントになっています。

かわいい兄弟ウサギがかくれんぼ:ブレアラビット

https://www.pinterest.jp/pin/428967933258874263/

向かい合う2匹の兄弟ウサギが描かれたブレアラビット。ウィリアム・モリスのデザインでは珍しく色数が少なくスッキリとしていて、落ち着きや高級感が感じられます。ホワイトインテリアやエレガントなイメージのお部屋にぴったりです。

白の空間に爽やかさをプラスするインディゴブルー

https://www.pinterest.jp/pin/440156563585831929/

ロマンチックな雰囲気のベッドルームに、カーテンのインディゴブルーが爽やかさと高級感を足しています。壁紙にも柄が入っていますが、柄の密度が違うためごちゃごちゃした印象はありません。

室内には凝ったデザインの家具を多く置いていますが、色数を絞っているためくどくありません。欧州の高級ホテルのようなエレガントで非日常感のあるコーディネートです。

レトロなかわいらしさが魅力:フルーツ

https://www.kawashimaselkon.co.jp/ja/MorrisDesignStudio/collection/collection_007.html

数あるウィリアム・モリスのデザインの中でも、特に有名なのがこのフルーツという柄です。ななめに配置された桃やレモン・ざくろなどの果実と葉が絡み合ったデザインとなっています。レトロでどこかかわいらしい雰囲気が感じられ、クラシックやフェミニンなコーディネートによく合います。

適度な明るさで会話の弾むリビングに

https://www.decorador.co.jp/weblog/curtains/william-morris_fruit/

イエローベースのフルーツのカーテンと相性の良いダークブラウンのバランスは、窓周りに高級感と落ち着きを足しています。反対色となるブルーをのチェアは、パッと目を引いて空間を引き締める効果があります。明るい色合いと適度に取り込まれた光によって、カーテンを閉めていても明るい雰囲気となっています。思わず家族の会話も弾みそうです。

色彩豊かな小花がお部屋を格上げ:ブラックトーン

https://teriteri.jp/curtain/order/TDQM025G.php

ブラックトーンやすみれなど、色とりどりの小さな花が咲き乱れる様子を表現しています。当時は23枚もの木版を使用してハンドプリントしていたというから驚きです。シックなお部屋には文句なく合いますが、シンプルなお部屋のアクセントとして取り入れてお部屋の高級感をアップさせるのも良いでしょう。

柄物同士はトーンや大きさを変えて合わせる

https://www.pinterest.jp/pin/362328732518991016/

ブラックトーンを柄物の壁紙にあわせています。同じ植物柄でもトーンや柄の大きさを変えることで、コーディネートに変化をつけています。暗めのインテリアでまとめていますが、幅木のホワイトが暗さを中和しています。パイナップルモチーフのインテリアは存在感があり、非日常を感じる一風変わったコーディネーションです。

アジアンとも好相性のシンプルデザイン:ウイローボウ

https://teriteri.jp/curtain/order/TDQM021G.php

風に揺れる柳の木々に着想を得たもので、ウィリアム・モリスの代表的なデザインの一つです。青々としげる葉が植物の生命力を感じさせます。装飾が少なくシンプルなデザインなので、ナチュラルやアジアンテイストのインテリアとの相性が良いです。

ワントーンコーデにさりげないおしゃれさをプラスする

https://www.kawashimaselkon.co.jp/ja/MorrisDesignStudio/collection/collection_015.html

ベージュのウイローボウをアジアンテイストに合わせています。ベージュ系のワントーンコーディネートに、あえて柄のあるカーテンを用いることでさりげないおしゃれさを感じられます。無駄なくスッキリとした空間に、意匠をこらせたテーブルの脚が印象的です。

インパクトのある花柄が美しい:コンプトン

https://teriteri.jp/curtain/order/TDQM023G.php

大きな花柄が特徴のコンプトンは、赤茶系はあたたかみのある雰囲気・紺色系はスタイリッシュな雰囲気など色によってイメージが大きく変わります。かなり目を引く柄なので、お部屋のフォーカルポイントとして取り入れましょう。

和の雰囲気を醸し出すあたたかな色合い

https://www.pinterest.jp/pin/602215781394096595/

オレンジのソファに合わせて、赤茶系のコンプトンを使用しています。カーテンに含まれる色を使ったインテリアにすることで世界観がぶれず、簡単に上級者の仕上がりにすることができます。テーブルランナー・クッションにも同じ柄を取り入れていて、どこか和の雰囲気がある仕上がりになっています。

カジュアルにも使える汎用性の高いデザイン:ケルムスコットツリー

https://www.curtains.jp/cart/item_detail.php?mode=_ITEM_DETAIL&i_xid=1956

大きな木の柄ですが周りの草花となじんでパターン化されているので、窓の大きさに関わらず意外とどこにでも用いることができます。柄の密度が濃くないため、カジュアルなコーディネートとも相性が良いデザインです。

切り取り方と窓のサイズで印象を変える

https://www.kawashimaselkon.co.jp/ja/MorrisDesignStudio/collection/collection_001.html

カーテンとシェードに同じ生地を使用していますが、サイズや切り取り方の違いで全く別のデザインに見えるのが面白いところです。他のインテリアはアイボリーをベースにシンプルにまとめていて、主役になるカーテンを見事に引き立てています。

大きな花が印象的な総柄カーテン:ハニーサックル

https://www.curtains.jp/cart/item_detail.php?mode=_ITEM_DETAIL&i_xid=1997

ウィリアム・モリスの次女メイがデザインしました。堂々と咲き誇るスイカヅラと葉が絡み合うデザインが植物の力強さを感じさせます。ナチュラルインテリアやカントリー風のお部屋にラフに合わせると良いでしょう。

タブスタイルでカジュアルに合わせる

https://www.curtains.jp/cart/item_detail.php?mode=_ITEM_DETAIL&i_xid=1997

タブスタイルカーテンにすることでよりカジュアルな印象となり、カントリーな雰囲気によく合っています。タブスタイルは開閉しづらくなるのがデメリットですが、天蓋として使用するのであればあまり気になりません。深い緑の壁紙と華やかなハニーサックルのカーテンが、お互いの良さを引き立てあう見事なコーディネートです。

ヨーロッパの風を感じるクラシックデザイン:ヴァイン

https://www.curtains.jp/cart/item_detail.php?mode=_ITEM_DETAIL&i_xid=1970

風に揺れるぶどうとのびのびとしたツルが生命力を感じさせます。古典的なデザインとアンティーク感のある色合いで、クラシックなど落ち着きのあるインテリアによく合います。

やさしい色合いにトリムで変化を与える

https://curtain-ver.com/2017/03/05/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%83%A2%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%80%80%E3%80%8C%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E2%91%A0%E3%80%8D/

デスクの奥行きが短いためチェアとカーテンの距離が近いですが、優しい色合いなので圧迫感を感じさせません。縁につけたトリムによって変化が感じられ、印象的な窓周りになっています。合わせたデスクランプはツタのような曲線が美しく、カーテンの世界観によくマッチしています。

タイルから生まれた清潔感のあるデザイン:ローズヒップ

https://teriteri.jp/curtain/order/TDQM016G.php

バラの実をモチーフにした規則的な図柄は、もともとタイルのデザインとして誕生しました。単色なのでどんなテイストにも合わせやすく、色によって雰囲気が変わるので選び甲斐があります。落ち着きを感じさせるブラウンは寝室やリビングに、明るさや清潔感のあるブルーやグリーンは水回りやダイニングによく合います。

空間にクリーンな印象を与えるシェード

https://www.pinterest.jp/pin/290974825930886844/

シャビーフレンチのインテリアにタイルのような清潔感を感じられるシェードがぴったりと合っています。見せる収納にしている食器を際立たせるため、家具には色を多用せずスッキリとさせたメリハリのあるコーディネートです。

まとめ

モダンデザインの父であるウィリアム・モリスのカーテンをご紹介しました。

モリスのカーテンは計算された緻密なデザインで、見るたびにさまざまな発見があります。飽きることなく、人生のパートナーのように長い時間を共に過ごせるでしょう。

「柄の密度とカラーリング」「フォーカルポイント」の2つに注目して、お部屋に合った最高の1枚を見つけてください。