Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

   

【プロが教える】白いカーテンで上級者インテリアを実現する方法!白をとことん極める

浦辺愛美
著者:浦辺愛美 (インテリアコーディネーター)

大手インテリア販売店で10年勤務。顧客へのコーディネート提案と従業員の家具知識教育に携わる。インテリアコーディネーター・色彩検定1級だけでなく、宅地建物取引主任者を独学で取得。趣味は旅行で、旅先でのインテリアチェックは欠かせません。現在、夫と3歳の娘との3人暮らし。子供がいても散らかりにくい、シンプルで機能的なインテリアを実践。見た目だけでなく、住む人の使いやすさを考えたインテリアを提案します。

白は最も光を反射する明るい色で、一般的には爽やか・清らかなイメージが持たれています。また、無彩色でもあり色味のある色を引き立てる効果も高いため、インテリアに上手く取り入れるとより印象的でおしゃれなお部屋を演出できます。これだけインテリアに良い影響を与えてくれる白をカーテンに取り入れてみてはいかがでしょうか。

今回はレースやドレープなど白いカーテンを使った上級コーディネートの作り方をご紹介します。白いカーテンは、その色味や壁の色との組み合わせによって印象が大きく変わります。この記事を参考に、白いカーテンを使ったワンランク上のコーディネートにチャレンジしてみましょう!

白いカーテンで上級者インテリアを実現するポイント

壁の色にこだわる

https://www.pinterest.jp/pin/819936675904966519/

白のカーテンをどのような壁の色に合わせるかによって、見る人に与える印象が変わります。白い壁に白のカーテンを合わせると、光を良く反射して明るい印象になり開放感が出ます。実際よりも広く感じられるため、せまいお部屋や天井が低いお部屋に最適です。

https://www.pinterest.jp/pin/58054282686591858/

明るい色の壁紙と組み合わせると、白いカーテンがレフ板のような働きをしてさらに明るさが増します。白と同じ無彩色であるグレーとの組み合わせはもちろん相性抜群ですが、その他の色ともよく合います。ブルーなどの寒色系と組み合わせるとよりクールに、レッドなどの暖色系と組み合わせるとより暖かい印象になります。グリーン・パープルなどの中性色と合わせるとやわらかな印象が強くなります。

https://www.pinterest.jp/pin/49680402130524603/

暗い色の壁紙と合わせるとコントラストが強調され、お互いの存在感が引き立ちます。格調高い雰囲気を与えるためシックやホテルライクインテリアにぴったりです。色調の差によって見る人の目を引くため、お部屋のフォーカルポイントにも良いでしょう。

白の色味にこだわる

https://www.pinterest.jp/pin/422281204978878/

白の中にも色味があるのをご存じですか?何色にでも合うイメージのある白ですが、色味が合わないものと組み合わせてしまうとどこかちぐはぐな印象になってしまいます。白色のカーテンを選ぶ際に、あたたかみを感じる黄みのある白・爽やかさを感じる青みのある白のどちらなのかを意識して選ぶと、ワンランク上のコーディネートに近づけます。

黄みのある白はナチュラルや北欧インテリアによく合います。また、あたたかさを感じられる色味なので暖色系をメインとしたインテリアへのなじみが良いです。

https://www.pinterest.jp/pin/526147168966601682/

反対に、さわやかでスッキリとした印象の青みのある白は、モダンやシンプルインテリアとよく合います。寒色系や黒を取り入れたインテリアとの相性がよく、洗練されたクールな雰囲気が得意です。

寝室にも使える!白い遮光カーテンは加工方法で選ぶ

https://www.pinterest.jp/pin/723390758893035895/

光を通すイメージのある白いカーテンですが、遮光機能が付いたものもあります。どういった方法で遮光機能をつけるかによって見た目や風合いが左右されるので、加工方法にこだわって選びましょう。

https://www.inns.jp/c/curtain/0114724ma3000-p2

軽やかでシンプルなカーテンが良い方には、横糸に黒糸を使って織りあげた遮光生地を使ったカーテンがおすすめです。昔は隙間から見える黒糸によってグレーがかった色味になりやすくきれいな白を出すのが難しかったですが、近年の織り技術の向上により暗さを感じにくい自然な白色のカーテンが増えてきています。デザインのバリエーションが多く、さまざまなインテリアに合わせられます。

https://www.inns.jp/c/curtain/1117724anne-p2

生地の風合いを大事にしたい場合は、遮光裏地をつけたタイプがおすすめです。生地表面の美しさを損なわずに遮光機能を追加でき、生地が二重になることで遮熱・保温効果も発揮します。ナチュラル・カントリーをはじめとしたあらゆるインテリアスタイルに合わせることができます。

https://www.inns.jp/c/curtain/1506724lux-p1

より高機能なカーテンを求める方には、アクリル樹脂コーティングの遮光カーテンがおすすめです。コーティングによって生地の目が埋まるため、かなり高い遮光効果に加えて冷暖房効率のアップ・遮音効果なども期待できます。しかし、コーティングすることで生地が固くなりやすく、人工的な雰囲気が強くなる傾向があります。アーバンなどシャープな印象のインテリアによく合います。

人気カラーの白いカーテンを使ったコーディネート実例10選

白のカーテン×北欧スタイルのお部屋 2選

アアルトのデザインで上質感をプラス

https://www.pinterest.jp/pin/642959284277700278/

アルテックのシエナというカーテンです。手書きによるあたたかさを感じられるシンプルで洗練されたデザインが北欧インテリアによく合います。白地にグレーという控えめなカラーリングが他のインテリアを引き立て、さりげない存在感ながらも空間に上質感を生み出します。

フロントレースで白同士のコーデを格上げ

https://www.dowdow.co.jp/SHOP/D-RX-8253-h.html

マットな質感の遮光カーテンの手前にオーバルプリントのレースを合わせています。レースを室内側に配置することで常にレースのデザインを楽しめます。同じ白のカーテン同士でも微妙な色の違いや光の透過具合の差によって奥行きのあるコーディネートになっています。

白のカーテン×ナチュラルスタイルのお部屋 2選

異素材の切り替えしでさりげなくおしゃれに

https://www.pinterest.jp/pin/353814114479317059/

裾にリネンの切り替えしを入れ、継ぎ目部分にさりげなくデザインされたボーダーがアクセントになっています。上部は透け感のある生地なので間仕切りにしても圧迫感がありません。アンティークとナチュラルのミックススタイルによく合う個性派カーテンです。

シームレス・チェーンウェイトで細部まで美しく

https://www.pinterest.jp/pin/615233999086306923/

シルバーとホワイトの並木道の刺繍がスタイリッシュです。継ぎ目が出ないシームレスタイプなら幅広の窓でも安心です。また、裾は定番の折り返しではなくチェーンウェイトを採用しています。こういった細かなこだわりによってレースの美しい透け感を隅々まで味わえます。

白のカーテン×エレガントなお部屋 2選

豊かなドレープ感でラグジュアリーに

https://www.pinterest.jp/pin/703756177940944/

カーテンポールに通すタイプのカーテンは好みのヒダ感を楽しめるのがメリットです。生地をふんだんに使ってギャザーを寄せることで豊かなドレープ感・高級感を表現しています。生地の重なり具合によって生み出される陰影が無機質になりがちなホワイトインテリアに表情をプラスします。

バーティカルブラインドで空間に広がりを

https://www.pinterest.jp/pin/13933080084842898/

比較的コンパクトな掃き出し窓ですが、白いバーティカルブラインドを壁と同化させることで開放感がアップします。周囲になじむ色で他のインテリアを引き立たせながらも、ルーバーだからこそ表現できる絶妙な陰影でスマートに空間の広がりを感じさせます。小窓のブラインドや直線的なインテリアとの相性もばっちりです。

白のカーテン×かわいい・姫系のお部屋 2選

繊細なデザインが引き立つワントーンコーディネート

https://www.pinterest.jp/pin/106256872445573946/

カーテンと合わせたバランスが窓周りの印象を格上げしています。白一色でまとめたインテリアですが無機質感がないのは、カーテンやファブリックの繊細な柄や素材の凹凸感にあたたかみを感じられるため。間接照明を多数使用して、豊かな質感をより鮮明に見せています。

黒が際立つ上質なフェミニンスタイル

https://www.pinterest.jp/pin/462041243010361047/

ブラックのラインが姫系インテリアにシャープさを足しています。ブラックのアイアンレールやシャープシェードのスマートさも良いアクセントになっている、甘いだけではない大人のフェミニンスタイルです。

白のカーテン×レトロなお部屋 2選

繊細なレースカーテンをお部屋の主役に

https://myhome.nifty.com/column/rent/191117285335/

繊細な花柄のレースカーテンがシャビーな雰囲気のお部屋に柔らかな光を届けます。このようにお部屋の主役になるようなこだわりのレースカーテンは単独での使用がおすすめです。スッキリと見せたい場合は短めのカーテン丈でもよいですが、エレガントさをアップさせたい場合は床にするくらいの長めの丈にするとさらに雰囲気が良くなります。

刺繍ならではの風合いを存分に活かす

https://www.wardrobe-sangetsu.jp/blog/detail/b61/

白のコットン生地にレトロな色合いの花柄が刺繍されています。プリントには出せない生地の立体感がインテリアを上品に見せてくれます。レースカーテンには淡い色味の無地を合わせることで、ドレープカーテンの白さや細やかなデザインが際立ちます。

まとめ

白いカーテンは身近な存在ですが、実はとても奥が深いです。生地の色味や加工方法によって印象は変わりますし、合わせる壁の色によってお部屋の雰囲気にも大きな影響を与えます。ポイントをおさえてお部屋を格上げしてくれる白いカーテンを見つけ出しましょう!