Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

   

【ブラウンカーテンのお部屋集】プロが教える、無難を脱却しておしゃれにまとめる方法

浦辺愛美
著者:浦辺愛美 (インテリアコーディネーター)

大手インテリア販売店で10年勤務。顧客へのコーディネート提案と従業員の家具知識教育に携わる。インテリアコーディネーター・色彩検定1級だけでなく、宅地建物取引主任者を独学で取得。趣味は旅行で、旅先でのインテリアチェックは欠かせません。現在、夫と3歳の娘との3人暮らし。子供がいても散らかりにくい、シンプルで機能的なインテリアを実践。見た目だけでなく、住む人の使いやすさを考えたインテリアを提案します。

ブラウンのカーテンは暖色・寒色どちらとも合わせやすく、コーディネートの幅も広いので定番のアイテムとなっています。どんなスタイルと合わせてもコーディネートが崩れにくいですが、その分無難な組み合わせにになりやすくてつまらないと思っている方もいるのではないでしょうか。実はベーシックだと思われているブラウンのカーテンこそ、こだわって選ぶことでワンランク上のおしゃれなインテリアにすることができます。

今回はブラウンのカーテンをおしゃれに取り入れるポイントをご紹介します。カラーコーディネートのコツやさまざまなインテリアテイストとの相性などを解説しますので、お部屋づくりの参考にしてください。

ブラウンのカーテンをおしゃれに取り入れて、スタイリッシュなお部屋を作りましょう!

無難にまとまりがちなブラウンカーテンをおしゃれに取り入れるポイント

ブラウンが持つ視覚効果とは?お部屋の雰囲気をこう変える

https://www.pinterest.jp/pin/675469644108875627/

ブラウンは一般的に「大人っぽい」「重厚」「ぬくもり」といったイメージが持たれています。色が濃いブラウンほどこのような印象が強くなり、淡いブラウンでは「やさしい」「素朴」といったイメージが出てきます。若い世代の方には「地味」「退屈」な印象も持たれがちですが、言い換えれば空間によく溶け込んで飽きにくい色・安心感のある色ともいえます。

ブラウンは色調が幅広く、色の明るさによって印象が異なります。明るいブラウンはナチュラルやアンティーク調のインテリアによく合います。アースカラーなので木製家具との相性が良く、空間にぬくもりを加えてくれます。オレンジやレッドなどと合わせてレトロスタイルにしても素敵です。暗いブラウンはシックやモダンなコーディネートにおすすめです。ブラックの代わりにブラウンを取り入れると、クールな雰囲気が和らぎ洗練された印象にブラッシュアップされます。

また、赤みのあるブラウンや青みのあるブラウンなど色味によっても雰囲気が変わります。他のインテリアの色とそろえて統一感を出すように意識しましょう。

コツ①素材にこだわり理想のイメージを実現する

https://www.pinterest.jp/pin/65091157103116866/

ブラウンのカーテンは、生地の素材や質感によって雰囲気が大きく変わります。特に無地のカーテンは素材や質感の違いによる見た目の変化が大きいので、よく注目して選びましょう。

上の写真のようなベルベットのカーテンは重厚感がありゴージャスな印象になります。そのためクラシックなインテリアに格式のある雰囲気を足してくれます。他にもサテンであればツヤがあり上質なイメージに、リネンであれば軽やかでナチュラルな仕上がりに、ウールであればあたたかくてほっとするような印象を与えます。

このように素材によって異なる重量感や光沢の有無・光の透過具合が印象を左右します。とても重要なポイントなので、妥協せずにお部屋のイメージに合った素材を見つけましょう。

コツ②レースカーテンにブラウンを取り入れる

https://www.pinterest.jp/pin/609956343262967046/

一味違ったコーディネートを楽しみたい方は、ドレープではなくレースにブラウンのカーテンを取り入れるのも面白いです。ドレープカーテンとしては定番のブラウンですがレースカーテンでは珍しく、意外性のあるコーディネートになります。総柄や大きな柄のカーテンでも、レースであれば存在感が強すぎず取り入れやすいのも嬉しいポイントです。

ブラウンのレースカーテンを使用する場合、組み合わせるドレープの色柄にもこだわりましょう。無地のブラウンやダークグリーンと合わせてラグジュアリーに、明るいブルーの柄物と合わせて北欧風に、シンプルなアイボリーと合わせてナチュラルになど、お部屋に合った組み合わせを考えるのも楽しいです。もちろんレース単体で使用するのも良いでしょう。スッキリとシンプルな印象になります。

ブラウンカーテンの場合、床や壁紙、ラグの色、家具の色はどうすべき?

https://www.pinterest.jp/pin/236157574191478303/

ブラウンのカーテンは、ビビットやディープなトーンの壁に合わせると大人っぽく洗練された印象になります。ホテルライクやアーバンスタイルにおすすめです。この組み合わせはスタイリッシュですが重い印象になりがちなので、床やラグに比較的明るい色を足して抜け感を出してあげましょう。上の写真のようにベッドリネンなどにライトカラーを入れるのも効果的です。

https://www.pinterest.jp/pin/698761698429019200/

反対に、ホワイトなど明るい色の壁と合わせてコントラストを強調するのも印象的に仕上がります。クラシックやシンプル、ナチュラルインテリアによく合います。床はミドル~ダークブラウンなど落ち着いた色が好相性で落ち着いた仕上がりになります。ヘリンボーンやヴィンテージ調にするのもおすすめです。

ブラウンはどんな色とも合わせやすいですが、特に補色となるダークブルーやブラウンと同じアースカラーであるグリーンとの相性が良いです。これらの色を家具やアクセントウォールとして取り入れると、空間が引き締まりおしゃれ度がアップします。

暖色系であればレッドやオレンジが良いでしょう。もともとブラウンはレッドやオレンジに黒を混ぜた色なのでとてもよく合います。レトロやミッドセンチュリーコーディネートにぴったりです。

【無難からの脱却】ブラウンカーテンを使った特徴的なコーディネートサンプル8選

無地のブラウンカーテンのお部屋コーディネート 4選

さりげないツヤ感で一味違う仕上がりに

https://www.pinterest.jp/pin/864409722198888182/

光沢が美しいブラウンのレースカーテンが、ワントーンコーディネートに変化をつけています。光の加減によってゴールドにもシルバーにも見える絶妙な色合いが、高級感や大人っぽい印象を感じさせます。

コーディネートのポイントとなっているのは「質感」です。カーテンだけでなくクッションにもマットなものとツヤのあるものを取り入れて、メリハリのあるインテリアとなっています。ブラウンだけでまとめながら異なる質感を掛け合わせることで、星付きホテルのロビーのような洗練された空間に仕上がっています。

クロコダイル生地で高級感アップ

https://www.pinterest.jp/pin/275212227219599354/

上部にクロコダイル柄を使用したエキゾチックなカーテンです。クロコダイルらしい光沢感が空間に高級感を加えてくれます。タックを取らずにフラットカーテンにすることで、生地の凹凸感や独特の質感が一目で伝わります。ブラウンと相性の良いゴールドのラインがカーテンをさらにラグジュアリーに見せています。

ホワイトの壁と合わせることでコントラストがはっきりとしてお互いが引き立ちます。色の派手さはないですが、質感とコントラストのよって見事にお部屋のフォーカルポイントにしています。

ストリングスカーテンで空間を軽やかに仕切る

google.com/search

風に揺れる軽やかさが特徴のストリングスカーテンでゆるやかに視線を遮ります。ストリングスカーテンは適度に目隠しをしつつも閉塞感がないので、狭いスペースにも取り入れやすいアイテムです。ブラウンであればカジュアルすぎず、さまざまなスタイルに合わせやすいです。

モダンフレンチな手前の空間とアンティーク調の奥の空間をストリングスカーテンでゆるやかに分けることで、開放感は維持しつつスペースごとに異なるインテリアスタイルを楽しめます。

織りにもこだわるとワンランク上のコーディネートに

https://www.pinterest.jp/pin/703756181608760/

ベーシックな麻混カーテンですが、上下で色や織り方の違うバイカラーを選ぶことでとてもおしゃれな印象になります。目の細かい上部の生地とざっくりした風合いが楽しめる下部の生地で光の透過具合も変わります。色と質感がお部屋に変化を与えながら、ナチュラルでやさしい雰囲気をアップさせています。

柄物のブラウンカーテンのお部屋コーディネート 4選

繊細なデザインは平面で見せる

https://www.pinterest.jp/pin/774196992179438187/

クラシックなデザインのロールスクリーンがシャビーなインテリアに花を添えます。ブラウン単色だと重い印象になりがちですが、アイボリー地にブラウンの柄なので明るさが感じられやさしい雰囲気になっています。緻密なブラウンの柄はフラットにすることで、隅々までよく見ることができて繊細なデザインを楽しめます。

ロールスクリーンは、バーや本体の色もコーディネートの重要なポイントになります。一般的なホワイトではなくブラウンにすることで適度な重厚感が出て、アンティークな雰囲気の空間にしっくりとなじみます。

レース×アクセサリーでラグジュアリーに

https://www.pinterest.jp/pin/852728510666034073/

柄物のレースカーテンを単体で使用しています。インパクトが強くなりがちな総柄のカーテンですが、レースカーテンであれば存在感がおさえられて空間になじませやすくなります。タックのないフラットカーテンにして単体で使うことで、ごちゃごちゃせずスッキリとした印象になっています。やさしいブラウンの色味は、壁に合わせたアンティーク調のホワイトのポールとの相性もばっちりです。

また、レールに取り付けたアクセサリーが窓周りをラグジュアリーにドレスアップしています。ウィンドーアクセサリーはサイズは小さいものですが、窓周りの印象を変える効果はとても大きいので上手に取り入れたいものです。例えば、タッセルにもロープやビーズなどデザイン性のあるものを使用すると、さらにスタイリッシュで高級感のある窓辺が演出できます。

ストライプで空間に広がりを感じさせる

https://www.pinterest.jp/pin/801077852453183931/

ブラウン×オレンジのヴィンテージストライプが、トラディショナルな雰囲気を感じさせます。ストライプは縦のラインが強調されるデザインなので、天井が高く感じられる効果があります。せまいお部屋にはぜひ取り入れたい柄の一つです。

生地のラフな質感とレトロな色合いはブルックリンインテリアに好相性です。ダークブラウンの壁ともよく合っていて、あたたかさとかっこよさが共存するマニッシュなコーディネートになっています。

大胆なテキスタイルこそ定番のブラウンで

https://www.pinterest.jp/pin/91127592443567825/

北欧風の大胆なデザインのカーテンがお部屋のアクセントになっています。このように、柄で冒険したい方にこそ、定番色であるブラウンのカーテンがおすすめです。奇抜なデザインでも色はおとなしくまとめることで悪目立ちせず、他のインテリアとのバランスが崩れません。

上の写真のようにカーテンに柄を取り入れた分、他はシンプルなデザインにするとお部屋がスッキリとします。ブラウンを引き立てる華やかなミントブルーの壁が印象的な北欧モダンコーディネートとなっています。

まとめ

カーテンはお部屋に占める面積が大きいので、インテリアに与える影響もとても大きいです。その世界観を引き立てることができるのか、それとも壊してしまうのかはカーテン選びにかかっていると言っても過言ではありません。失敗を恐れて、無難なデザインで妥協してしまうのはとてももったいないことです。

ポピュラーなブラウンのカーテンだからこそ、素材や柄などにこだわって選ぶことでお部屋は一気に洗練された印象になります。定番のドレープカーテンではなくレースカーテンとして取り入れたり、シェードやロールスクリーンにするのもお部屋のポイントになって良いでしょう。

ご紹介したアイデアを参考に、お部屋のイメージにぴったりと合ったあなただけのブラウンのカーテンを見つけましょう!