Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

      2021/03/04

【プロが教える】ストライプ柄のカーテンでおしゃれなインテリアを実現する方法!ストライプの太さにこだわる

浦辺愛美
著者:浦辺愛美 (インテリアコーディネーター)

大手インテリア販売店で10年勤務。顧客へのコーディネート提案と従業員の家具知識教育に携わる。インテリアコーディネーター・色彩検定1級だけでなく、宅地建物取引主任者を独学で取得。趣味は旅行で、旅先でのインテリアチェックは欠かせません。現在、夫と3歳の娘との3人暮らし。子供がいても散らかりにくい、シンプルで機能的なインテリアを実践。見た目だけでなく、住む人の使いやすさを考えたインテリアを提案します。

シンプルでインテリアのアクセントしても取り入れやすいストライプ柄のカーテンは、老若男女問わず人気の定番アイテムです。また、ストライプには縦のラインを強調して天井を高く見せてくれる効果があります。ストライプの視覚効果によって圧迫感が減るため、コンパクトなお部屋や背の高い家具が多いお部屋にもおすすめです。

今回はストライプ柄のカーテンでお部屋をおしゃれにする方法をご紹介します。さらに、柄の太さや色の組み合わせ・カーテンの形状など、ストライプ柄のカーテンを選ぶ時に知っておきたいポイントも解説します。

この記事を参考に、ストライプ柄のカーテンを使ったおしゃれなお部屋づくりを実現しましょう!

Hello Interior 編集部が自信を持ってお薦めする オーダーカーテンの「パーフェクトスペースカーテン」

インターネットでカーテンを注文することが一般的になってきた昨今、画面上では判断できない品質に届いてがっかりされたご経験をお持ちの方も多いかと思います。弊社 Hello Interior では1,000件近くのインテリアコーディネートを提供してきましたが、よくご提案に使用していたのがこちらの「パーフェクトスペースカーテン」。コスパ良し、届いた後のお客さまの評価も高く、カーテンを選ばれる際にはおすすめしたいショップ様です。

おしゃれなストライプ柄のカーテンで上級者インテリアを実現するポイント

ストライプの太さにこだわる

https://www.pinterest.jp/pin/68961438039436442/

一口にストライプ柄のカーテンと言っても、柄の太さによって印象は大きく異なります。スタンダードな太目のストライプ柄はトラディショナルでカジュアルな雰囲気になります。肩ひじ張らないラフな印象で、クラシックからモダンまで幅広いスタイルに合わせることができます。

https://www.pinterest.jp/pin/592575263464810640/

ストライプ柄が細いものはシンプルでスッキリとした雰囲気になります。太めのストライプ柄と比べるときっちりとしていてスタイリッシュな印象です。白ベースでシンプルコーディネートに合わせる、黒ベースでアーバンやホテルライクインテリアに合わせるなど、インテリアに合った色を選ぶことでさまざまなコーディネートにフィットします。

ベースと柄の色の組み合わせに注目する

https://www.pinterest.jp/pin/783767141393290258/

カーテンのベースの色とストライプ柄の色の組み合わせも、カーテンの印象を決める大事なポイントです。ベースと柄のコントラストが強い場合は、ストライプのインパクトが大きくなり視線を集めやすいためお部屋のフォーカルポイントに適しています。柄のインパクトが大きいため、組み合わせるカーテンは無地などシンプルなものを選ぶとスマートにまとまります。

https://www.wardrobe-sangetsu.jp/shop/g/gEE0053-000/

反対に、ベースと柄の色の差が少ないストライプ柄のカーテンは、スマートで洗練されたさりげないおしゃれ感が出ます。あまり柄が目立たないデザインでも、無地にはない縦のラインが空間を広く感じさせてくれて、ありきたりなコーディネートを脱することができます。レースカーテンにも取り入れやすく、これまで柄物カーテンを選んだことがない方でも試しやすいデザインです。

カーテンの形状にこだわる

https://www.pinterest.jp/pin/175007135508787912/

通常のカーテンはタックを取るため、どうしても吊元の部分のストライプ柄はきれいに見えません。しかし、タックを取らないハトメカーテンや平面で柄を見せられるシェードなどを選ぶと、全面でストライプ柄をきれいに見せることができます。

こういった細部へのこだわりがお部屋のおしゃれさにつながるので、他の人と差をつけたい方は注目してみてはいかがでしょうか。

アイディア満載!色別おしゃれなストライプ柄のカーテンインテリア実例12選

グレー・ベージュのストライプ柄カーテンインテリア実例 3選

縦のラインを強調してよりシャープに

https://www.pinterest.jp/pin/735986764097604358/

ベージュとブラウンのストライプの中に、植物のデザインが入っている高級感のあるカーテンです。壁紙のボーダーに負けない存在感で、重厚感を出しつつもお部屋を広く見せています。ハリがある生地によって縦のラインが際立ち、モダンなお部屋をシャープさを足しています。

ハトメカーテンでスッキリした印象に

https://www.pinterest.jp/pin/175007135508758269/

ハトメカーテンがスッキリとしたストライプ柄をよりスマートに見せています。ホワイトとグレーのストライプはクセがなく、柄物のコーディネートが苦手な方でも取り入れやすいデザインです。不規則に並んだストライプ柄が単調になりやすいモノトーンコーディネートに変化を与えてくれます。

柔らかな曲線で上質感をプラス

https://www.pinterest.jp/pin/347410558750492298/

ストライプ柄は直線だけではありません。刺繍やプリントではなく織りで表現されたさりげない波型ストライプは無地のカーテンにはない動きを感じさせます。決して主張が強いデザインではないですが、インテリアの印象をぐっと格上げしてくれます。

ブルー・ネイビーのストライプ柄カーテンインテリア実例 3選

色・柄をクッションにリンクさせる

https://www.pinterest.jp/pin/353814114478056108/

ストライプに入っているエスニックな民族柄が西海岸インテリアにぴったりです。ストライプの間隔が広くホワイトの分量が多いため爽やかさが感じられ、周囲とよくなじんでいます。また、柄のブルーをクッションとリンクさせることでインテリアにまとまりが出ています。

濃淡が美しい個性派ストライプ

https://www.traffa-traffa.com/curtains/detail/folkdrakter-21001-01-ct/

筆のような濃淡で味のある個性的なストライプカーテンです。素朴なデザインは和風にも北欧風にも合うナチュラルさを感じます。シンプルにまとめたインテリアに少しオリジナリティを出したい時にぴったりです。

マルチカラーのレースカーテンを主役に

https://www.pinterest.jp/pin/766245324091755839/

寒色系ストライプのレースカーテンがヴィンテージナチュラルなインテリアに爽やかな風を運び、印象的な窓辺を演出しています。インテリアのテーマカラーであるブルーを中心とした色合いのレースカーテンなので、テイストミックスしても違和感がありません。反対に、ドレープカーテンはシンプルなものにしてレースカーテンを引き立てることでバランスの良いコーディネートになっています。

赤・ピンクのストライプ柄カーテンインテリア実例 3選

ピンストライプで空間になじませる

https://www.pinterest.jp/pin/506795764323985748/

アイボリー~ベージュのやさしい色合いのインテリアの中に、レッド×ホワイトのストライプ柄が良く映えます。同じ色の組み合わせでも幅の太いストライプ柄だとこんなになじませることはできません。幅が狭いピンストライプなので悪目立ちせず、空間の良いアクセントになっています。

共布バランスでデコラティブに

https://www.pinterest.jp/pin/203858320619758333/

他のインテリアをシンプルにする代わりに、窓周りは思いっきりデコラティブにしたメリハリのあるコーディネートです。ボリュームたっぷりで存在感のあるストライプ柄のカーテンに、共布のギャザーバランスがさらなる重厚感を足しています。圧倒的な存在感でお部屋のフォーカルポイントとなっています。

チェーンウェイトでスッキリした印象に

https://curtain-value.jp/shop/g/gBE2956-100-140/

色も幅もさまざまなマルチストライプのレースカーテンですが、くすみ感のある色合いがアンティーク風の内装とマッチしています。ブルーを中心としたインテリアに入ったレッドのストライプが印象的で良いアクセントになっています。裾部分は折り返しなしのチェーンウェイトでスッキリとしていて納まりもよく、隅々までデザインを楽しめます。

こんな色もあり!ストライプ柄カーテンインテリア実例 3選

モノトーン×曲線デザインでシックに

https://www.pinterest.jp/pin/495958977719210537/

カジュアルが得意なストライプですが、モノトーンを選べばシックな印象にすることもできます。ベーシックな直線ではなく曲線デザインのユニークなストライプが個性的な壁紙にも負けない存在感を放っています。

イエローを忍ばせた洗練デザイン

https://www.pinterest.jp/pin/175007135508785669/

ハトメカーテンの山側にグレー・谷側にイエローとなるように仕立てられているため、グレーの印象が強く落ち着いた雰囲気に感じられます。カーテンの開閉によって色の見え方が変わるのも面白く、シンプルコーディネートのアクセントになっています。

ベースカラーをそろえて一体感を出す

https://www.pinterest.jp/pin/324611085618719486/

レインボーカラーでとびきりポップに仕上げています。色が多くても一体感があるのは、お部屋のテーマカラーであるブルーの色味が入ったものを選んでいるのがポイントです。カーテンもクッションもベースカラーが青みがかっているため、浮くことなく空間にマッチしています。

Hello Interior 編集部が自信を持ってお薦めする オーダーカーテンの「パーフェクトスペースカーテン」

インターネットでカーテンを注文することが一般的になってきた昨今、画面上では判断できない品質に届いてがっかりされたご経験をお持ちの方も多いかと思います。弊社 Hello Interior では1,000件近くのインテリアコーディネートを提供してきましたが、よくご提案に使用していたのがこちらの「パーフェクトスペースカーテン」。コスパ良し、届いた後のお客さまの評価も高く、カーテンを選ばれる際にはおすすめしたいショップ様です。

まとめ

ストライプ柄のカーテンはカジュアルにもトラディショナルにも合わせられる懐の深さがあります。ストライプの太さや色だけでなく、カーテンの形状にもこだわることでワンランク上のカーテン選びが叶います。お部屋に合ったストライプ柄のカーテンを見つけて、洗練された上質空間を作り出しましょう!

Hello Interior LETTER

インテリアのヒントがメールで届く!!