Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

      2021/07/17

HUKLA / フクラ の人気の秘密を探る!ウレタンフォームのパイオニアがつくるソファの座り心地とは?

ソファの内部に使われるクッション材の一つ「ウレタンフォーム」は、今やほとんどのソファの内部構造に使用されているメジャーなクッション材となっています。日本で初めてウレタンフォームの生産が始まったのは1954年のことで、化学素材製品を扱う「イノアックコーポレーション」によって製造がされました。

そんなイノアックコーポレーションとドイツの老舗家具ブランド「ドイツフクラ」の合弁によって設立された「日本フクラ」は、快適な座り心地を追求したソファを多く扱うブランドとして有名です。人間工学に基づいた快適な座り心地設計と、ウレタンフォームのパイオニアであるイノアックの豊富なクッション材により、フクラならではの座り心地で多くのファンを魅了してきました。

今回はそんな日本フクラの快適なソファを中心に、ブランドの魅力に迫っていきたいと思います。今お使いのソファの座り心地が気になる方や、ソファをそろそろ買い換えようと考えている方など、ぜひソファ選びの参考にしてみてください。

フクラ が何故支持されるのか?インテリアのプロがその人気の秘密を紐解く

フクラとは?

日本フクラ株式会社は1973年に、ドイツフクラと日本のイノアックコーポレーションによる合弁会社として日本に設立されました。「合弁」とは異なる国の企業が共同で出資して起こした事業のことで、ドイツフクラの家具製造のノウハウと、イノアックコーポレーションの素材の技術を融合させることで、快適で座り心地の良いソファを作り出すことに成功します。

イノアックコーポレーションは、1926年創業の化学製品を扱うメーカーで、日本で初めてウレタンフォームの生産を始めたことでも有名なリーディングカンパニーであり、ウレタン素材の他、ゴム・プラスチック・複合材・新素材などを扱っている会社です。対してドイツフクラは、1936年創業のドイツの老舗ブランドで、ソファやリクライングチェア、ベッドなどの快適性が求められる家具を得意としていました。

そんな二つの企業の得意分野を融合して作られた日本フクラは、日本のライフスタイルと日本に根ざしたモノ作りのため、ドイツ流の製造ラインを備えた生産体制を整えることからスタートしました。設立の翌年、1974年国内自社工場である「南濃工場」が完成すると、翌年ドイツフクラより輸入したモールド型を利用して、日本フクラの製品第一号「エムデン」の製造が始まります。ちなみに日本第一号製品となったエムデンは、現在でもフクラのロングセラーアイテムとして安定した人気を得ています。

創業から現在に至るまで、そのウレタン素材における豊富な知識やバリエーション、扱いの技術によって、数多くの快適な座り心地のソファを生み出し続けてきた日本フクラ。現在ではソファ以外のプロダクトも扱っており、特殊技術を使った素材によるアイテムや、高品質でモダンなデザインのアイテムなど、インテリアをトータルでコーディネートできるようになっています。

参考:HUKLA HP「HISTORY」
https://www.hukla.co.jp/about/history/

フクラのスタイル

フクラの最大の特徴は快適な座り心地のソファです。豊富な座り心地やデザインのソファを数多く扱っており、中には創業当時から売れ続けているロングセラーアイテムも存在します。創業から1990年代にデザインされた「HUKLA Classic」のコレクションは、普遍的な人気と高いクオリティと品質、クラシックモダンな落ち着いたデザインが魅力です。また、特殊技術を用いた素材を使用して作られる「フクラ プレミアム」は、最新技術と最高水準の品質によって作られた特別なコレクションです。

フクラの魅力的なアイテム作りを構成する、重要な要素の一つはマテリアルでしょう。100種類以上もの豊富なファブリックは、1983年から始まった全ソファ「ファブリックオーダーシステム」によって、幅広い好みのテイストにソファをカスタマイズできます。また、柄物のファブリックも扱っているので、オリジナリティ溢れるソファスタイルを楽しむこともできます。このファブリックはフクラのクッションでも選択できるので、ソファに合わせてクッションのコーディネートも楽しめます。

化学素材技術のリーディングカンパニーであるイノアックグループと共同できることもフクラの強みであり、豊富なウレタン素材のバリエーションによって、多種多様な座り心地のソファを実現できます。固めの座り心地が好きな方や、包み込まれるような座り心地、反発力のあるしっかりとした座り心地など、自身の身体とライフスタイルに合った座り心地を探し求めることができます。

フクラの評判

実際に座ってみないとわからないのがソファに座り心地です。フクラのソファの多くには様々な固さや形状のウレタンフォームを使用しています。フカフカというよりは、しっかりとした座り心地のものが多いのですが、中材の組み合わせや素材によって、反発力が合ったり、ホールド力が合ったり、包み込まれるような座り心地であったりと、様々な座り心地になっています。フクラの最大の魅力であるソファについて、実際にフクラのソファを使用している方の感想をもとに検証してみましょう。

特にソファは悩んだけど、フクラにしかない
座った直後に感じる硬さ、そしてそのあとに感じる、優しいホールド感…これが決め手でしょう。あと座面の奥への深さ…これは座り心地を
決めるのに大切だと思いました。

https://ameblo.jp/gaim124/entry-11908034824.html

 

カウチソファーの方はフクラのカストール。

シンプルで脚のデザインも気に入ってます。(掃除機も入るので嬉しい)

背もたれに置いてあるフェザークッションの沈み込むような感覚が主人は気に入ったらしいです。

でも座クッションの方は、硬めで私好みです♪

https://ameblo.jp/simple-french-interior/entry-12576252517.html

フクラについての口コミを見てみると、圧倒的にソファの座り心地を気に入ったという声が多くありました。特に人気が高かった「カストール」は、そのしっかりした座り心地と、奥行きのある座面、スッキリとした見た目を気に入った愛用者が多くいらっしゃいました。他の人と同じものを持ちたくないと思ってしまう人も、100種類を超える豊富な張地のラインナップを持つフクラなら、自分だけのお気に入りのソファを選ぶことができますので、ぜひフクラのソファを体験してみてはいかがでしょう。

フクラ が好きな方におすすめブランド

ROLF BENZ(ロルフベンツ)

ドイツブランドのソファといえば真っ先に名前が上がるであろうブランド「ロルフベンツ」。シンプルかつ高級感のあるモダンな佇まいと、人間工学に基づいた快適な座り心地はフクラのモノづくりに通じるものがあります。海外ブランドのため、やや大きめのソファが多い印象で、日本のライフスタイルに合わせたフクラのソファとは違い、空間を大胆に使う大きめの存在感が特徴的です。

テイストはフクラと近いドイツモダンらしい無駄のないクールな印象。リビングテーブルなども扱っているので、フクラのソファと合わせてのコーディネートも馴染みます。ソファのファブリックのバリエーションは、フクラのような大胆な柄物の扱いは少ないですが、色のバリエーションは豊富。レザーの張地も、日本フクラは日本人好みの落ち着いたアースカラーが多いですが、ロルフベンツは、海外ブランドらしくカラフルなバリエーションとなっています。ドイツのモダンデザインの持つ、落ち着いた機能的なモダンデザインが好きな方は、フクラと合わせて検討してみてはいかがでしょう。

参考:ROLF BENZ TOKYO HP
https://www.rolf-benz-tokyo.jp/

eilersen(アイラーセン)

快適な座り心地のソファを探している人なら誰でも聞いたことのあるブランド「アイラーセン」は、北欧デンマークの老舗ブランドです。そのブランドの特徴は、創業当時の馬車製造の時代から培ってきた職人技と、現代のテクノロジーを組み合わせたモノづくりにあります。ガタガタの道を走る不安定な馬車を快適な乗り心地にするために研鑽された技術は、ソファという動かないシートにも生かされています。

ソファの座り心地を左右する内部構造にも強いこだわりを持っており、厳選した末に行き着いたドイツ製のスプリングや金具、長年使用し続けられるような強固なフレーム、シートに使われるウレタンフォームの組み合わせなど随所にこだわりが感じられます。デザインは北欧ブランドらしく、シンプルで温かみがありながらも何年経っても飽きのこない普遍的なデザインとなっており、フクラ同様長い期間使うことを考えられた、快適で丈夫なソファとなっています。一生使っていけるような快適なソファをお探しの方は、フクラと一緒にチェックしておきたいブランドの一つです。

参考:eilersen HP(海外サイト)
https://eilersen.eu/

参考:eilersen 日本総代理店ACTUS
https://www.actus-interior.com/brand/eilersen/

▼eilersen について詳しくはこちらもご覧ください!

リビングの主役と言えばソファですが、皆さんはソファを買うときにどんなことに注目して購入を検討しますか?見た目?ブランド?値段?それともやはり、座...

 

プロが選ぶ!フクラ の代表的なおすすめアイテムを5選

フクラ のおすすめソファ

座り心地×コスパ良しのロングセラーソファ:EMDEN(エムデン)

日本フクラの製品第一号として販売された「エムデン」は、発売から40年以上のロングセラーアイテムです。その最大の魅力は、包み込まれるような快適な座り心地と、高い耐久性です。モールドウレタンを使用したベースフレームと、ボタンタフティングが施されたクッション部分のパーツで構成されており、アームパーツやソファパーツを組み合わせることによって、一人掛け〜数人掛けの大型のソファを作ることができます。

クラシックモダンなエレガントなデザインとコンパクトなサイズ感が特徴的で、スペースの限られた空間や、一人暮らしの方にもおすすめです。お値段も比較的控えめであり、同レベルの座り心地のソファと比べてもお安くなっており、その耐久性も相まってコスパも大変良いソファとなっています。

参考:HUKLA 「EMDEN」
https://www.hukla.co.jp/products/sofa/emden.html

可動式ヘッドレストの快適ソファ:EDINA(エディナ)

可動式ヘッドレストが特徴的な「エディナ」は、座り心地の硬さの選べる、奥行きが深めで、身体を包み込むような快適さのあるソファです。頭までしっかりとサポートしてくれるヘッドレストは、使わない時は畳んでおける可動式となっているので、お部屋に圧迫感は出したくないが、頭まで支えてくれるハイバックソファが欲しいと感じている方や、ソファをリビングの中央に配置したい方などにおすすめです。

ヘッドレスト部分はフレーム以外は羽毛とウレタンによってフカフカと柔らかいクッションとなっているので、好きな姿勢で座ってもしっかり首をサポートしてくれ、またアームレストも羽毛とウレタンを組み合わせたフカフカ仕様となっているので、枕代わりにしてソファに寝転んだ姿勢も快適となっています。張地は100種類以上の中からオーダーが可能であり、フルカバーリング仕様のため取り外しが容易となっています。

参考:HUKLA「EDINA」
https://www.hukla.co.jp/products/sofa/edina.html

スッキリとしたスタイリッシュな見た目と安定した座り心地:KASTOR(カストール)

「カストール」はフクラのソファの中でも人気のアイテムの一つで、宙に浮いてるような軽快でスッキリとした見た目のソファです。深めの奥行きのある座面は、硬めの安定した座り心地が特徴で、4種類のウレタンフォームとフェザーパットを組み合わせたこだわりのクッション構造となっています。

薄めの座面クッションでありながら、安定した座り心地はウレタン素材を得意とするフクラだからこそでき、通常のソファに使われるようなテープやバネを使わず板材のベースフレームに使用しているため、薄くスッキリとしたデザインとなっています。スチール製の足元は、お掃除ロボットが通れる高さになっていますが、低めの背もたれとアームと、薄めのクッションによって、お部屋に圧迫感を与えない軽快な印象で、お部屋を広く見せたい方に特におすすめのソファです。

参考:HUKLA「KASTOR」
https://www.hukla.co.jp/products/sofa/kastor.html

最上級の素材が作り出すオリジナルの座り心地:VALIANT(ヴァリアント)

特殊な素材で作られる「フクラ プレミアム」コレクションの「ヴァリアント」ソファは、贅沢に使用されたモールドウレタンのフレームと、座クッション内部に用いられた「デュラブルフォーム」という特殊なウレタン素材が特徴のソファです。デュラブルフォームは、橋や高速道路の継ぎ目や支柱などに使用されるイノアックコーポレーションが特許を取得した特殊素材で、ほとんどヘタることのない高い耐久性と、復元力を持っており、これまでにない座り心地のソファとなっています。

座った瞬間に感じるのはまず硬めの座面。そしてゆっくりと沈む込み安定感のある、長時間座っても疲れの感じない快適な座り心地となっています。座面の奥行きが深く、フカフカの羽毛クッションを背もたれに使用することで、座りは安定しながらも羽毛の柔らかな感触が包み込みます。デザインはスッキリと洗練されたシャープな印象で、薄めのフレームや細いスチールの足元が洗練された佇まいとなっています。フレームと座クッション部分で違う張地を使用するコンビネーション張にも対応しており、また一人掛け〜4人掛け、カウチタイプなど多彩なラインナップがあるので、丈夫で座り心地が良く自分好みにカスタマイズできるソファをお探しの方はぜひ一度お試しください。

参考:HIKLA「VALIANT」
https://www.hukla.co.jp/products/sofa/valiant.html

フクラ のおすすめテーブル

天然石のモダンなテーブル:ELT001

天然石の天板とスチールの華奢な脚を持つ、スタイリッシュでモダンなリビングテーブルシリーズ。天板には四角い窪みが設けられており、植物やキャンドル、小物などを置くことができるようになっており、リビングのコーディネートにちょっとしたこだわりポイントを作ることもできます。人工素材のような艶艶感がない天然石の素材感と落ち着いたグレーが、空間に馴染み、インテリアをワンランク上の空間へと格上げする役割を果たします。

フクラのリビングテーブルの中でも人気のシリーズで、よくある大理石やコンクリート素材とは違い、汚れや水分を吸収しにくく、お手入れが簡単なのも魅力の一つ。天然石を切り出し板状にしたものを組み合わせているので、見かけ程重量がないので持ち上げて移動することもできます。スチール製の華奢な脚が一見重そうな石材を支えているような絶妙なバランスは、ル・コルビジェのサヴォア邸のようなモダン建築の計算された美しさを感じ、上質なモダンインテリアやラグジュアリーなインテリアスタイルにおすすめです。

参考:HUKLA「LIVING TABLE」
https://www.hukla.co.jp/products/table/living/

まとめ

フクラの最大の魅力はやはり座り心地の良いソファと言えるでしょう。親会社であるイノアックの強みを生かした、ウレタンフォーム素材の扱いは他のブランドにはない最大の強みであり、フクラの特徴です。「快適な座り心地」は人それぞれ感じ方が違いますが、豊富な座り心地のバリエーションによって多くの人を満足させてきました。

ドイツのクラフトマンシップと、日本のモノづくりへのこだわりの二つの遺伝子を合わせ持ち、特殊素材の扱いや、強度・耐久性・安全性を高めた設計から堅実で高い品質のアイテムを生み出すフクラ。実生活において一番重要である快適さをどこまでも追求したフクラのソファで、快適なインテリアライフを過ごしてみてはいかがでしょう。

Hello Interior LETTER

インテリアのヒントがメールで届く!!