Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

      2021/03/04

【ピンク色カーテンのお部屋集】プロがおしゃれインテリアを実現する方法を教えます。ガーリーだけじゃない

浦辺愛美
著者:浦辺愛美 (インテリアコーディネーター)

大手インテリア販売店で10年勤務。顧客へのコーディネート提案と従業員の家具知識教育に携わる。インテリアコーディネーター・色彩検定1級だけでなく、宅地建物取引主任者を独学で取得。趣味は旅行で、旅先でのインテリアチェックは欠かせません。現在、夫と3歳の娘との3人暮らし。子供がいても散らかりにくい、シンプルで機能的なインテリアを実践。見た目だけでなく、住む人の使いやすさを考えたインテリアを提案します。

「ピンクのカーテンはガーリーになりそう」と避けてはいませんか?

ピンクのカーテンと一口に言っても赤みが強いものや青みが強いもの、色の濃淡や明暗はさまざまです。カーテンの色の選び方や他のインテリアとのバランスによって、いろいろなテイストに合わせることができます。

今回はピンクのカーテンをおしゃれに取り入れる方法を解説します。ポイントをおさえて、ピンク色のカーテンのおしゃれなコーディネートを実現しましょう!

Hello Interior 編集部が自信を持ってお薦めする オーダーカーテンの「パーフェクトスペースカーテン」

インターネットでカーテンを注文することが一般的になってきた昨今、画面上では判断できない品質に届いてがっかりされたご経験をお持ちの方も多いかと思います。弊社 Hello Interior では1,000件近くのインテリアコーディネートを提供してきましたが、よくご提案に使用していたのがこちらの「パーフェクトスペースカーテン」。コスパ良し、届いた後のお客さまの評価も高く、カーテンを選ばれる際にはおすすめしたいショップ様です。

ピンク色カーテンをおしゃれに取り入れるポイント

ピンク色カーテンは遮光性が高い?ピンク色が持つ視覚効果とは?

https://www.pinterest.jp/pin/145593000443052323/

「しっかりと遮光してお部屋を暗くしたいけどピンク色でも大丈夫?」と不安に思う方は多いのではないでしょうか。基本的にピンクなどの淡い色や暖色のカーテンは、寒色よりも遮光性が下がります。しかし、遮光性能が高いものを選べばピンク色のカーテンでも十分な遮光が可能です。

遮光性能には遮光率99.9%以上の1級から3級まであり、数字が小さいほど遮光性能が高くなります。寝室やシアタールームなどを真っ暗にしたい場合は遮光1級、朝日や西日の緩和には遮光2級・3級がおすすめです。

遮光カーテンには裏地つきやコーティングなどがありますが、暗さにこだわる方やスタイリッシュさを求める方にはアクリルコーティング加工されたものが良いでしょう。アクリルコーティング加工では、繊維の隙間を埋めるため光だけでなく熱や音も遮ります。また、加工後の独特のパリッとした固さのある生地は、ドレープがしっかりと出てシャープな見た目になります。

https://www.pinterest.jp/pin/265360603022201199/

ピンク色には緊張をほぐして心を落ち着かせてくれる効果があります。リラックスしたいリビングや寝室・ベビールームなどにおすすめです。淡いピンク色はクセがないためどんなテイストにも合わせやすく、くすみ感のあるピンク色はフェミニンな雰囲気が和らぎますので、男女と問わず取り入れやすいです。

https://www.pinterest.jp/pin/436567757636964340/

反対にビビッドなピンク色には興奮作用があり、存在感も強いです。お部屋のアクセントとして柄の一部に使用したり、小窓に取り入れたりするなど使用する分量に注意しましょう。

ピンク色カーテンの場合、床や壁紙、ラグの色はどうすべき?

https://www.pinterest.jp/pin/102597697750347204/

淡いピンク色のカーテンは、同じく淡い色の床や壁と合わせると、明るさのある上品なインテリアを実現できます。床はホワイトやアイボリー・ナチュラルカラーの木目、壁はホワイトや薄いブルーやグレーなどと好相性です。内装が濃い色の場合は、ラグに明るい色を取り入れて調整しましょう。

https://www.pinterest.jp/pin/678425131358492580/

落ち着いた印象にしたい場合は、くすみ感のあるピンク色のカーテンにダークトーンやグレイッシュな色の床・壁を合わせましょう。クラシックならダークブラウン、モダンならブラック・ダークグレーなどがよく合います。重さが気になる場合は、ラグやモールディングなどにアイボリー系を取り入れると良いでしょう。

https://www.pinterest.jp/pin/276127020892596555/

アクセントクロスを取り入れておしゃれ度をアップさせたい場合は、グリーンの壁紙がおすすめです。ピンクとグリーンは反対色の関係になるため、お互いの色味を引き立てあって、より印象的なインテリアにできます。甘さを中和してスタイリッシュに見せるグレーの壁紙もおすすめです。

ピンク色カーテンの場合、家具の色で気をつける点は?

https://www.pinterest.jp/pin/42432421476376183/

ピンク色のカーテンに合わせる家具を淡い色でまとめると、やさしい雰囲気が強調されてフェミニンな雰囲気になります。しかし、それだけでは締まりがなくなってしまうため、アクセントとして濃い色を少量入れたり、シルバーやゴールドなど異なった質感を取り入れたりすると、ワンランク上のコーディネートになります。

https://www.pinterest.jp/pin/201113939598462575/

ダークブラウンやブラックなど暗めの色の家具を合わせると、適度な重厚感が出て、落ち着いた雰囲気になります。クラシックやアンティークテイスト、モダンによく合います。他のインテリアの色数は3色程度にまとめると、スッキリとしたまとまりのあるコーディネートになります。

人気カラーのピンク色カーテンを使ったコーディネートサンプル10選

濃いピンク色カーテンのお部屋コーディネート 4選

存在感のあるビビットピンクを主役に

https://www.pinterest.jp/pin/175007135508279792/

シンプルモダンコーディネートに、ビビッドなピンクのカーテンがよく映えます。存在感の大きい全面ピンクのカーテンですが、フラットなハトメカーテンにすることでスッキリと見せています。他のインテリアはモノトーンに絞り、随所に光沢のあるシルバーを取り入れているのもポイントです。スタイリッシュな雰囲気になり、ビビットピンクのくどさが緩和されます。

柄×無地のミックスで上級者コーディネート

https://www.pinterest.jp/pin/4574037093893751/

カーテンはひと窓に1種類という固定概念を壊して、無地と柄のカーテンをミックスさせています。青みがかったホワイトが基調の柄物カーテンのみでは冷たさが、ビビットなピンクのカーテンのみではくどさが出てしまいますが、組み合わせることで色のバランスが良くなっています。カーテンの存在感を引き立てるため丈を長くしたのもポイントで、空間広がりを生み出しています。

裾のみフリルで大人ガーリーに

https://www.pinterest.jp/pin/376050637642655942/

ガーリーになりがちなフリルですが、裾部分のみに入れると甘くなりすぎません。また、重心が下がるため圧迫感も少なくなり、くすみ感のある落ち着いた色が大人っぽさとかわいさを両立してくれます。他のインテリアはシンプルなものを選ぶとバランスよく仕上がるでしょう。

ブラックと合わせてゴシック調に

https://www.pinterest.jp/pin/563018673320191/

濃いピンクの花柄にブラックの葉を組み合わせて、ゴシックな雰囲気を醸しています。パープルよりの青みがかったピンクなので、甘さを抑えたかっこいいコーディネートによく合います。インテリアにおけるピンクの分量は少ないですが、シェードやペンダントライト・フラワーに効果的に取り入れて、存在感を感じさせています。

薄いピンク色のカーテンのお部屋コーディネート 3選

生地をふんだんに使ってラグジュアリーに

https://www.pinterest.jp/pin/140806228825633/

あえて幅広に仕立てたフラットカーテンが生み出す自然なドレープ感が、ラグジュアリーな空気感を生み出します。カーテンはホワイトでもキレイめに仕上がりますが、ピンクにすることでより柔らかであたたかみのある光が感じられ、シャビーなガーリースタイルに優しさを感じさせています。

耳につけたトリムがアクセントに

https://www.pinterest.jp/pin/272538214941686750/

プレーンな無地のカーテンに見えますが、縁についたトリムがさりげなくおしゃれ度をアップさせる「常に開けておきたくなるカーテン」です。このままでもかわいいですが、スタイルカーテンのようにタッセルでまとめると、さらにトリムの存在感がアップして、シンプルエレガントスタイルのアクセントになります。

シアーカーテンで適度に目隠しする

https://www.pinterest.jp/pin/99079260537899832/

ピンクで満たされたお部屋の間仕切りに、ピンクのシアーカーテンを使用しています。視線が適度に抜けることで閉塞感を感じさせません。目に入るものはほぼすべてピンクですが、それぞれの素材感の違いによって単調に感じません。また、部分的に取り入れたブラックがコーディネートのスパイスとして機能しています。

スモーキーピンクのカーテンのお部屋コーディネート 3選

ダスティカラー×シワ加工でやわからさをプラス

https://www.pinterest.jp/pin/84161086765829785/

こういったモノトーンコーディネートには同じくモノトーンのカーテンを合わせがちですが、スモーキーピンクのカーテンを合わせることで、やわらかく華のある空間にランクアップします。シワ加工された透け感があるカーテンは、日中は光をしっかりと取り込み、見た目以上にお部屋に明るさをもたらします。低彩度なのでスタイリッシュさは損なわずに、あたたかみのある雰囲気を演出します。

ベルベットカーテンで高級感をプラス

https://www.pinterest.jp/pin/25051341665948958/

ベルベットのカーテンがヴィンテージコーディネートの高級感をアップさせています。カーテンポールに直接通しすことで生じる細かなヒダ感がとても優雅です。上部の中央だけくっつけたセンタークロススタイルにすることで縁についたトリムの存在感が際立ち、おしゃれ感がアップします。

長め丈でゆとりのある大人フェミニンに

https://www.pinterest.jp/pin/56224695337911461/

スモーキーピンクのベルベットカーテンの丈を、あえて引きずる長さにすることでゆとりが出て、ラグジュアリー感がアップします。落ち着いたカラーなのでガーリー感がおさえられ、大人の女性にぴったりの高級感あるスタイルになります。

Hello Interior 編集部が自信を持ってお薦めする オーダーカーテンの「パーフェクトスペースカーテン」

インターネットでカーテンを注文することが一般的になってきた昨今、画面上では判断できない品質に届いてがっかりされたご経験をお持ちの方も多いかと思います。弊社 Hello Interior では1,000件近くのインテリアコーディネートを提供してきましたが、よくご提案に使用していたのがこちらの「パーフェクトスペースカーテン」。コスパ良し、届いた後のお客さまの評価も高く、カーテンを選ばれる際にはおすすめしたいショップ様です。

まとめ

ピンク=かわいいイメージが強いですが、選び方次第で大人っぽさやスタイリッシュさを出すこともできます。

カーテン自体のトーンや組み合わせるインテリアの色・素材感によって甘めにもシックにも見せることができるので、コツをおさえてコーディネートを楽しみましょう。

お部屋に合うピンク色のカーテンを見つけて、心安らぐお部屋を実現しましょう!

Hello Interior LETTER

インテリアのヒントがメールで届く!!