Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

   

【かっこいいカーテンのお部屋集】プロがおしゃれインテリアを実現する方法を教えます

浦辺愛美
著者:浦辺愛美 (インテリアコーディネーター)

大手インテリア販売店で10年勤務。顧客へのコーディネート提案と従業員の家具知識教育に携わる。インテリアコーディネーター・色彩検定1級だけでなく、宅地建物取引主任者を独学で取得。趣味は旅行で、旅先でのインテリアチェックは欠かせません。現在、夫と3歳の娘との3人暮らし。子供がいても散らかりにくい、シンプルで機能的なインテリアを実践。見た目だけでなく、住む人の使いやすさを考えたインテリアを提案します。

「このお部屋かっこいいな」と思ったとき、実はカーテンが大きな影響を与えていることは結構多いです。カーテンはインテリアの中でも面積が大きく、視界の高さにあることが多いため、お部屋の雰囲気を決定づける重要なアイテムといえます。特に、スタイリッシュ・マニッシュ・ヴィンテージなど、かっこいい雰囲気のコーディネートにはかっこいいカーテンが欠かせません。

今回は、カーテンでかっこいいお部屋を実現する方法を解説します。色やデザイン・素材などカーテンを選ぶ際のポイントや、かっこいいお部屋の実例を写真をふんだんに使ってご紹介しますので、お部屋づくりの参考になると思います。

お部屋をぐっと格上げするかっこいいカーテン選びを身につけましょう!

Hello Interior 編集部が自信を持ってお薦めする オーダーカーテンの「パーフェクトスペースカーテン」

インターネットでカーテンを注文することが一般的になってきた昨今、画面上では判断できない品質に届いてがっかりされたご経験をお持ちの方も多いかと思います。弊社 Hello Interior では1,000件近くのインテリアコーディネートを提供してきましたが、よくご提案に使用していたのがこちらの「パーフェクトスペースカーテン」。コスパ良し、届いた後のお客さまの評価も高く、カーテンを選ばれる際にはおすすめしたいショップ様です。

かっこいいカーテンでお部屋を格上げする!おしゃれに決める3つのコーディネートポイント

明度や彩度を抑えた色を選ぶ

Pinterest

カーテンがかっこいい印象になるかどうかは「色の明度・彩度」に大きく左右されます。一般的に色は明るくて鮮やかなほどカジュアルで軽快・暗くて低彩度なほどクラシックで重厚な印象があります。かっこよさを求める場合は、明るさや彩度を抑えた色の方が適しています。

Pinterest

明度・彩度に気をつければ赤や黄色など、あまり「かっこいい」イメージがない色でもかっこよくてスタイリッシュなインテリアを実現できます。お部屋のテイストに合わせてあたたかみが欲しい場合は赤・オレンジ・黄色などの暖色、クールに決めたい場合は青・紫などの寒色、やわらかい印象を目指すなら緑やベージュを選びましょう。

Pinterest

また、無彩色(彩度がゼロ)であるモノトーンはかっこいいお部屋づくりにぴったりの色といえます。シンプルインテリアやモダン・アーバンコーディネートによく合い、スマートな印象になります。

素材にこだわりワンランク上の仕上がりに

Pinterest

かっこよさを感じるカーテンには、色柄だけではなく生地の質感も重要です。シンプルなデザインのカーテンこそ素材にこだわって選んでみましょう。重厚感や高級感を出したい場合は、ベルベットやベロアなどのカーテンがおすすめです。起毛性の生地であたたかみや重厚さが感じられ、独特の光沢ある質感が特徴です。

Pinterest

ナチュラルでラフなかっこよさを目指すのであれば、リネンやコットンなど自然素材のカーテンがおすすめです。目が粗いほどラフで砕けた印象に、目が細かいほど素材特有のハリやコシが強調されてあたたかみが感じられます。

直線的なデザインを選ぶ

Pinterest

窓周りをかっこよく見せるには、スマートな印象が感じられる直線的なデザインのアイテムを取り入れると効果的です。ブラインドやバーチカルブラインドなど、シャープなラインがある製品を選ぶとスタイリッシュな印象が高まります。シンプルインテリアやモダン・マニッシュ・アーバンなど、クールに見せたいコーディネートには特におすすめです。

Pinterest

ドレープカーテンやレースカーテンの場合は、カーテンボックスや天井掘り込みでレールを設置することで、カーテンの吊元を隠して縦のラインを強調すると、かっこよさがアップします。装飾性のアップだけではなく、遮光性・遮熱性の向上も期待できますので、大きな窓や寝室などにもおすすめです。

かっこいいカーテン特集!人を招きたくなるおしゃれコーディネート実例10選

パリッとしたハトメカーテンでシャープに

Pinterest

モノトーンのスタイリッシュなインテリアには、プリーツがしっかりと出ているハトメカーテンを合わせています。タックをとらないハトメカーテンは縦のラインが強調されて、よりスッキリした見た目になり、とてもスタイリッシュです。さらに形状記憶加工を施すとカーテンがパリッとした質感になり、とてもシャープな印象になります。あえてモノトーンではなく濃い緑色にすることで固い雰囲気が和らぎ、リラックス感がプラスされます。

デニムの質感によって印象を変える

Pinterest

ヴィンテージ感のある男前インテリアに、デニム地カーテンを合わせたかっこいいコーディネートです。デニム=アメリカ・カジュアルなイメージがありますが、実はフランス生まれの生地で17・18世紀にはイタリアでも使用されていました。

デニムは生地の仕上げによって印象が変わります。キレイ目でスタイリッシュに見せたい場合は生デニムや濃い色のデニムを、ワイルドなかっこよさを出したい場合はウォッシュ加工やダメージ加工されたものを選びましょう。経年変化で変わっていく生地の風合いを楽しめるのもデニムカーテンの大きな魅力ですので、長く愛用してオンリーワンのカーテンに育ててみましょう。

ベルベット生地+2倍ヒダで高級感アップ

Pinterest

シンプルな無地のカーテンもベルベット生地を選ぶと重厚感が出て、お部屋の雰囲気が格上げされます。色選びはお部屋の雰囲気に合わせて行いますが、ベルベットの質感をしっかりと楽しみたい方には独特の光沢感を感じやすい濃い色・暗めの色がおすすめです。生地をたっぷりと使った2倍ヒダでの仕立てにすると、よりラグジュアリーに仕上がります。

長めの丈でゆとりのある窓辺に

Pinterest

シャビーシックなインテリアには、色むらのあるアンティーク加工のカーテンがマッチします。丈はあえて長めにして生地が床にたまるようにすると、ゆとりが感じられて豪華な印象になります。反対に、カーテン自体はタックを取らずにフラットは形状のハトメカーテンにしているため、スッキリした雰囲気を残しつつ、生地の質感をしっかりと感じられます。

カラーレースで豊かなドレープ感と明るさを両立させる

Pinterest

黒のシアーレースをクロスオーバースタイルで設置しています。シックなインテリアには濃い色の厚地カーテンを合わせることが多いですが、あえてシースルーのカラーレース生地を使用することで明るさを確保しつつ、お部屋の世界観に合った豊かなドレープ感をしっかり感じられます。

薄地のレースカーテンを選ぶ際は、裾の仕立てにも注目しましょう。折り返しだと裾が重たい印象になったりヒダ感が美しく出づらいので、刺繍などが施されたカットタイプや裾の納まりがきれいなウェイトロック仕様のものがおすすめです。

天井掘り込みレールでスタイリッシュに見せる

Pinterest

天井に掘り込みを作ってカーテンの吊元を隠すと、カーテンが天井まであるためお部屋を高さを強調することができ、空間をより広く見せることができます。設計段階から計画する必要はありますが、シンプルなカーテンでもスタイリッシュになり、ラグジュアリー感がぐっとアップするため、ワンランク上のかっこいいお部屋にしたい方におすすめです。カーテンの色は壁と近いものにすると一体感が出て、より空間の広がりを感じられます。

スマートなシャープシェードでスッキリと

Pinterest

窓周りをスマートに見せたい場合は、シルエットがスッキリとするシャープシェードがよく合います。シャープシェードは生地の裏側にバーがついているため、プレーンシェードよりもヒダの出方がスマートに見えます。また、生地を平面で見せることができるので、自然素材など豊かな風合いを見せたい生地や柄物生地には特におすすめです。

バーチカルブラインドで上質な和モダンスタイルに

Pinterest

バーチカルブラインドは、カーテンとは違った直線的なデザインがお部屋にシャープな雰囲気をプラスしてくれます。直線的なシルエットは和の建具やインテリアとの相性が良く、和モダンスタイルにもぴったりです。自然を連想させるナチュラルカラーにすると、お部屋に明るさや上質感を与えてくれます。天井やカーテンボックスへの取付にすると、よりスマートになり、かっこいい印象がアップします。

ウッドブラインドなら重厚感・上質感アップ

Pinterest

ブラウンを基調にした男前インテリアに、ミドルブラウンのウッドブラインドが重厚感と高級感を足してくれます。濃い色をメインにしたコーディネートにはダークブラウンのブラインドを合わせたくなりますが、大きな窓の場合は思った以上に重さや暗さが出やすいので注意が必要です。心配な方は、できるだけ実物大に近いサイズのサンプルを確認しておきましょう。

ウッドブラインドはスラットに厚みがあるため、アルミブラインドと比較して、たたんだ時にできるたたみ代が大きくなりやすいです。掃き出し窓など丈が長いウッドブラインドを作る場合は取り付け位置を上にする・天井に掘り込みを作って設置するなど、一工夫しておくと思った以上に窓がふさがれてしまうのを回避できます。

シェード・モールディングの合わせ技で絵画のように

Pinterest

シェードカーテンとドレープカーテンを組み合わせた海外ホテル風のコーディネートです。窓枠内付けのシェードはどうしても隙間からの光漏れや冷気の侵入が発生するので、一般的に寝室に合わせるのは難しいですが、窓枠外付けのドレープカーテンをプラスすれば遮光性や保温性が保たれます。

また、窓枠にモールディングをつけることで窓枠がまるで額縁のようになり、外の景色を一枚の絵のように美しく演出できます。カーテンレールは窓枠の幅よりも大きめにつけて、カーテンを開けた際にモールディングやシェードの柄がしっかりと見えるようにすると、より印象的な窓周りになります。

Hello Interior 編集部が自信を持ってお薦めする オーダーカーテンの「パーフェクトスペースカーテン」

インターネットでカーテンを注文することが一般的になってきた昨今、画面上では判断できない品質に届いてがっかりされたご経験をお持ちの方も多いかと思います。弊社 Hello Interior では1,000件近くのインテリアコーディネートを提供してきましたが、よくご提案に使用していたのがこちらの「パーフェクトスペースカーテン」。コスパ良し、届いた後のお客さまの評価も高く、カーテンを選ばれる際にはおすすめしたいショップ様です。

まとめ

「かっこいい」の基準は人によって違いますが、色のトーンやデザイン・素材などにこだわることで多くの人が「かっこいい」と思えるイメージを実現することは可能です。カーテンがかっこよくなれば、お部屋のイメージは大きく変わります。

お部屋のテイストに合ったかっこいいカーテンを採用して、ワンランク上のスタイリッシュなお部屋を作りましょう!

Hello Interior LETTER

インテリアのヒントがメールで届く!!