Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

   

【プロが教える】レースカーテンだけスタイルをおしゃれに仕上げる方法!参考にしたいオシャレ実例を豊富に紹介

浦辺愛美
著者:浦辺愛美 (インテリアコーディネーター)

大手インテリア販売店で10年勤務。顧客へのコーディネート提案と従業員の家具知識教育に携わる。インテリアコーディネーター・色彩検定1級だけでなく、宅地建物取引主任者を独学で取得。趣味は旅行で、旅先でのインテリアチェックは欠かせません。現在、夫と3歳の娘との3人暮らし。子供がいても散らかりにくい、シンプルで機能的なインテリアを実践。見た目だけでなく、住む人の使いやすさを考えたインテリアを提案します。

カーテンといえばドレープカーテンとレースカーテンのセットで使うのが定番です。しかし、インテリアのおしゃれ度アップに、あえてレースカーテンのみで使用するという方法もあります。しかし、やり方を間違えると貧相になったり、地味になったりと意外と難しいテクニックでもあります。

今回は「レースカーテンだけを使用したコーディネートはありなのか」という疑問にお答えするとともに、よりおしゃれに見せるための手法をお伝えします。他の人とは違うワンランク上の窓周りを実現したい!と考えている方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

レースカーテンだけスタイルをおしゃれに仕上げるポイント

カーテンの仕立てや掛け方にこだわる

https://www.pinterest.jp/pin/819373725940917883/

レースカーテンを単体で使う場合、既製品に多い1.5倍ヒダだとドレープ感があまり感じられず、貧相な印象になりがちです。生地をたっぷりと使った2倍ヒダや細かなタックが多くとれるギャザータイプなどを選ぶとレースカーテンらしい繊細な美しさが際立ちます。

また、裾の部分は折り返ししたものがスタンダードですが、ウエイトテープでスッキリとまとめたものやカットして刺繍を施したものなどを選ぶと、ぐっと垢ぬけた印象になります。

https://www.pinterest.jp/pin/319403798554367920/

仕立てと合わせて、レースカーテンの掛け方にもこだわりましょう。こちらはカーテンが大きく交差したクロスオーバースタイルです。通常の掛け方よりもゆったりとしたドレープ感が感じられ、優雅な印象になります。

カラーレースやトリム・フリンジでおしゃれ度アップ

https://www.pinterest.jp/pin/657173770602476807/

レースカーテン=ホワイトが一般的ですが、色や柄がついたものを選ぶとぐっとおしゃれになります。レースカーテンはドレープカーテンよりも光を通すため、濃い色のカーテンを選んでも浮きにくく、さまざまなインテリアに合わせやすいです。レースカーテン単体で使うのであれば、色や柄を冒険してみてはいかがでしょうか。

https://www.pinterest.jp/pin/772508142325949584/

また、トリムやフリンジ・フリルなどレースカーテンに装飾がついたタイプもおすすめです。カーテンにボリュームが出るため単体で使っても存在感があり、お部屋をエレガントに見せてくれます。耳部分に装飾がついたカーテンはセンタークロスやクロスオーバースタイルにして、装飾をきれいに見せてあげましょう。

後悔したくない!気になる情報も事前に検討しておきましょう。

レースカーテンだけは寒い?

https://www.pinterest.jp/pin/718605684286593531/

窓は壁と比べると格段に外からの冷気や熱気の侵入が起こりやすいですが、カーテンをかけることで温度変化を抑える効果が期待できます。しかし、レースカーテン単体では、ドレープカーテン併用時よりも断熱効果が落ちるため、窓からの冷気の侵入が気になることがあります。断熱効果を高めたい場合は、遮熱効果のあるレースカーテンを選びましょう。空調効率もアップするため節電効果も期待できます。

レースカーテンだけは夜は透ける?

https://www.pinterest.jp/pin/111253053284230612/

レースカーテンを単体で使う場合、やはりどのくらい室内が見えるのかは気になるのではないでしょうか。日中、外からの視線を遮るのであればミラーカーテンで十分ですが、夜もプライバシーをしっかりと守りたい方には遮像タイプのレースカーテンが適しています。遮像カーテンはミラーカーテンよりも厚みがあり、レースカーテンらしい透け感は少なくなりますが、光を乱反射することで昼夜問わず視線をカットしてくれます。

 

おしゃれなレースカーテンだけインテリア実例10選

エンブロイダリーレースで華やかに

https://www.pinterest.jp/pin/655836764486958746/

繊細な刺繍の入ったカーテンは影さえも美しく、お部屋をエレガントに彩ってくれます。エンブロイダリーと呼ばれる光沢のある糸や箔糸を用いた刺繍が施されており、華やかできらびやかな印象になっています。ホワイトとシルバーをベースにしたインテリアにもぴったりです。

スカラップデザインは視線のコントロールも考える

https://www.pinterest.jp/pin/312507661642596644/

スカラップデザインのレースカーテンにリボンがよく合うフェミニンなスタイルです。スカラップデザインはお部屋の外からもおしゃれに見えますが、ダイレクトに視線が通るのが気になるところです。そのため、通路に面した窓ではなく、庭などに面した窓などに採用するのがおすすめです。

グレーの壁紙と合わせて印象的に

https://www.pinterest.jp/pin/545357836124513014/

共布でレースカーテンとバランスを組み合わせています。色合いはシンプルながらも繊細なデザインなので、エレガントで上質な印象になっています。壁は落ち着いたトーンのウォームグレーで、レースカーテンとのコントラストが生まれてお互いに映えます。

柄物はシアーカーテンなら取り入れやすい

https://www.pinterest.jp/pin/851532242046828547/

生地が薄く透け感の強さが特徴のシアーカーテンは、色や柄の入ったものを選ぶと空間がパッと華やかになります。こちらのような大きな柄はドレープカーテンに取り入れると存在感がかなり強くなりますが、シアーカーテンにすることで派手過ぎず空間になじんでいます。反対にインテリアは色数を抑えることで、春のような明るく軽やかなカーテンがよく映えます。

落ち着いたナチュラルテイストには意外性のあるモスグリーンを

https://www.pinterest.jp/pin/792352128182941701/

ざっくりとした風合いのモスグリーンのシアーカーテンは、濃い色味なので光が透ける部分と影になった部分では色の見え方が大きく異なるのが面白い所です。昼間は明るくやさしい色に、夜はシックで落ち着いた色に見える二面性で、時間帯ごとに違った印象になります。ナチュラルインテリアに大人の余裕をプラスしてくれます。

レースカーテンでゆるやかにゾーニングする

https://www.pinterest.jp/pin/76631631150080749/

ピンクのレースカーテンをお部屋の間仕切りに使用しています。ドレープカーテンを間仕切りに使用すると面積によっては圧迫感を感じてしまいますが、レースカーテンであれば適度な透け感で重たくなりません。カーテンを開けておく時間が長い場合はタッセルにもこだわりましょう。ブラック系のロープタッセルは大人フェミニンのアクセントになりますし、ホワイト系のビーズタッセルと選ぶとより甘くてエレガントな雰囲気になります。

バランス・ゆったりした丈感でラグジュアリーに見せる

https://www.pinterest.jp/pin/56787645293932421/

通常のタックタイプのレースカーテンでもバランスをつけて吊元を隠すと、重厚感が出て上品な印象になります。レースカーテンは2倍ヒダを選ぶとさらに優雅な印象になります。通常レースカーテンは床につかない長さにすることが多いですが、こちらのようにあえて引きずる長さにするのも良いでしょう。生地のゆったり感やラグジュアリーさがアップします。

ラフなストリングスカーテンでエスニックに

https://www.pinterest.jp/pin/6192518222300686/

ざっくりと編まれたコードタイプのカーテンは民族調でラフなアンティークインテリアにぴったりです。カーテンロッドにも矢をイメージさせるようなフォルムを選び、世界観が統一されています。

このように糸が並んだカーテンはコードパーテーションやストリングスカーテンの名前で販売されています。こちらはエスニックな雰囲気ですが、デザインによってはエレガントや和モダンに合うものを多くあるので、気になる方は一度調べてみてはいかがでしょうか。

レース×レースで軽やかにまとめる

https://www.pinterest.jp/pin/705376360388912785/

リーフ柄のレースカーテンとパープルのカラーレースを組み合わせています。やわらかな色合いでありながらレース同士の組み合わせは珍しく、オリジナリティを感じられます。テーブルコーディネートも同じくグリーンとパープルをメインにしているため、一体感のある空間になっています。

スパンコールつきレースカーテンできらめく窓辺に

https://www.pinterest.jp/pin/705376360388914391/

パールカラーの幾何学柄とさりげなくちりばめられたスパンコールが、お部屋を華やかにランクアップしてくれます。フェミニンでやさしい印象でありながら、総柄なので存在感もばっちり。エレガントなリビングを格上げしてくれます。

まとめ

レースカーテンだけを使用したコーディネートは、ドレープカーテンとの組み合わせよりもさらに自由で多くの選択肢があります。カラーレースやスタイルカーテンだけではなく、ドレープカーテンだと躊躇するような大きな柄物も取り入れやすいのがレースカーテンのみを使用する利点です。仕立てや形状・トリムやフリンジなどの細部にもこだわって、来客が憧れるようなおしゃれな窓辺を実現しましょう!