Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

   

【プロが教える】カーテンで子供部屋をおしゃれにする方法!男の子・女の子も喜ぶ!性別ごとに徹底解説

浦辺愛美
著者:浦辺愛美 (インテリアコーディネーター)

大手インテリア販売店で10年勤務。顧客へのコーディネート提案と従業員の家具知識教育に携わる。インテリアコーディネーター・色彩検定1級だけでなく、宅地建物取引主任者を独学で取得。趣味は旅行で、旅先でのインテリアチェックは欠かせません。現在、夫と3歳の娘との3人暮らし。子供がいても散らかりにくい、シンプルで機能的なインテリアを実践。見た目だけでなく、住む人の使いやすさを考えたインテリアを提案します。

子供部屋のコーディネートで意外と難しいのがカーテン選びではないでしょうか。子供が好きなキャラクターものはすぐ飽きそうだし、無地も味気ないし…と悩む方が多いと思います。色柄だけでなく、どんな機能が付いたものが適しているのかも迷うところです。

今回は子供部屋のカーテンの選び方を紹介します。色や機能の選び方、注意すべきポイントだけでなく、男女別のインテリア実例も解説していきます。

インテリアにマッチして、子供も親も満足できるカーテンを見つけましょう!

カーテンを工夫しておしゃれな子供部屋を実現する方法

色について

https://www.pinterest.jp/pin/294211788158154575/

子供部屋と一口に言っても、プレイルームや勉強部屋・寝室などさまざまな使用用途があります。この用途を考慮してカーテンの色を選ぶことが重要です。

小さい子供のプレイルームには、赤や黄色などのポップで楽しい雰囲気のものがおすすめです。小さい子供は淡い色よりも赤・黄・緑などはっきりした色が認識しやすいです。さまざまな色に触れることで感性も磨かれていきます。

学生の勉強部屋には、寒色系で落ち着いた色味のものが良いでしょう。青や緑の中でも彩度が低いものは沈静色と呼ばれていて、心を落ち着かせる効果があります。受験生や緊張しやすい子には、緊張をやわらげる効果のあるピンクやオレンジもおすすめです。

寝室として利用するなら、ベージュやブラウンなど安心してリラックスできるものが合います。

カーテンの色を選ぶ際にもう一つ注意したいのが「壁や床の色とのバランス」です。全てダークカラーだと気持ちが沈みやすくなったり、明るい色ばかりだと落ち着かなかったりします。ダークカラーの床・壁には明るいカーテンを、明るい色の床・壁には落ち着いた色のカーテンを選ぶことで、色の印象を中和させましょう。カーテンだけで緩和するのが難しければ、ラグで足りない明るさを取り入れるのも一案です。

機能性について

https://www.pinterest.jp/pin/660621839082897291/

カーテンの機能性は、子供部屋の立地や用途に合わせて選びましょう。

外から見えやすいお部屋や小さな子供のプレイルームには、ミラー機能やUVカット機能がついたレースカーテンがおすすめです。日中レースカーテンだけの状態にしても、外からの視線や紫外線を遮ることができます。ドレープカーテンは自然光を取り入れられる非遮光カーテンが良いでしょう。外の光をやわらかく取り込み、お部屋が明るくなります。

西日が強いお部屋や寝室として利用する場合には、遮光機能がついているドレープカーテンを利用しましょう。太陽のまぶしさや暑さも軽減できますし、外の明るさに影響されずに深く眠ることができます。遮光1級にすると朝日が全く入らず寝坊しやすくなる可能性もあるので、心配な方は遮光2級や3級を選ぶと良いでしょう。まぶしさをおさえつつ、適度に光が入ることで自然と目覚めることができます。

また、どの用途の場合でも自宅で洗えるウォッシャブルタイプを選んでおくと安心です。カーテンには想像以上にホコリや花粉などが付着するので、定期的に洗濯することで子供をアレルゲンから守ることができます。お手入れが苦手な方はホコリがつきにくい天然素材のものや、抗アレルゲン加工のカーテンを選ぶと負担が少なくなります。

性別別子供部屋のカーテンの選び方

https://www.pinterest.jp/pin/68961438039894808/

男の子の部屋の場合の子供部屋カーテンの選び方

男の子のお部屋は、戦隊もののおもちゃや趣味のグッズなどいろいろなテイストのものがあふれやすいです。そのためカーテンはできるだけシンプルにしておくと、ごちゃごちゃ感が軽減されます。

電車やキャラクターなどの柄物を選ぶのであれば、モノトーンやシルエットのものを選ぶと飽きにくくなり、インテリアにも馴染ませやすくなります。ですが、長く使ってもらいたいのであれば無地やストライプなどベーシックなものがおすすめです。

カーテンはシンプルにするかわりに、ウォールシールや小物などで子供が好きなものを取り入れてあげるとお互いに満足度が高いコーディネートを作ることができます。

女の子の部屋の場合の子供部屋カーテンの選び方

かわいいものが大好きな女の子のお部屋は、男の子のお部屋と比べるとデコラティブになりやすいです。レースカーテンはかわいらしい柄物を選ぶ代わりにドレープは無地にするなど、メリハリをつけると良いでしょう。その場合、レースをお部屋側に設置するフロントレーススタイルにして、一日中レースカーテンの柄を楽しむのも面白いです。

また、タッセルにこだわるとおしゃれ度がぐっと上がります。ロープタッセルやビーズタッセル・リボンのようなタッセルもあるので、子供と一緒に選ぶと楽しいですよ。

こんなケースに気をつけろ!失敗しがちなパターン紹介

https://www.pinterest.jp/pin/615233999082907355/

かわいいカーテンを選んだのにすぐに飽きてしまった

子どもの好みを尊重してかわいいカーテンを選んでも、すぐに飽きてしまうことがあります。長く使ってもらいたい場合は、かわいすぎるものよりも無地やストライプ・チェックなど飽きがこないベーシックなものが無難です。

また、年齢によって子供の好みやお部屋の使い方が変わることを考えると、リーズナブルなものを定期的に買い替えるのも賢いかもしれません。買い替え前提であれば、その時期に好みの色や柄を楽しみながら、いろいろなインテリアに挑戦することができます。その過程で子供の好みの変化や成長を知ることができますし、子供はインテリアを選ぶ楽しさを味わうことができます。

親が選んだカーテンを子供が気に入らなかった

子供が小さいときは親の一存でインテリアを決めることが多いですが、大きくなってくるとなかなか難しいもの。せっかくおしゃれなカーテンを選んでも、子供が気に入らないと無駄になってしまいます。カーテン選びに子供の意見を取り入れてあげることで、自分の部屋やカーテンへの愛着が湧いて大事に使ってもらえます。

そうは言っても、一から選ばせると時間がかかったり、他のインテリアとのバランスが取れなかったりします。なので、親はインテリアとのバランスを考えて2~3種類まで絞り、最後は子供に選んでもらうと時間もかからず、お互いに満足できるカーテン選びになるでしょう。

おしゃれな子供部屋カーテンインテリア実例サンプル16選

男の子の子供部屋カーテンインテリア実例 4選

差し色が効いたおしゃれキッズルーム

https://www.pinterest.jp/pin/1759287343040081/

ブルーのバイカラーカーテンに入った差し色のオレンジが印象的です。インテリアにもオレンジを取り入れてポップにしつつ、他はホワイト・ブラウンでシンプルにしています。壁には大小さまざまなフレームを設置していますが、全て同じ色でそろえているためごちゃごちゃ感が少ないです。中に子供の作品を飾ってもおしゃれにまとまると思います。

遊び心ある小物が楽しい子供部屋

https://www.pinterest.jp/pin/142918988161491962/

勉強部屋を兼ねた寝室でです。カーテンは無地でシンプルにして、壁やベッドカバーに柄を入れています。布物は長く使えるデザインですが、ライトやぬいぐるみに子供が好きなものをバランスよく取り入れています。

壁を活用した見せるインテリア

https://www.pinterest.jp/pin/1688918595077013/

ストライプのカーテンが縦のラインを強調しているので、お部屋の高さ・開放感を感じられます。コントラストの強いストライプで存在感も抜群です。おもちゃは背の低いラックに、飾りたいものは子供の手が届かないウォールシェルフにわけて置いています。収納の高さを変えることで、誤飲の恐れやお部屋の乱れを防ぐことができ、ストレスなくきれいな空間を保てます。

ロフトベッドでメリハリのある暮らし

https://www.pinterest.jp/pin/758012181024813367/

中央に置いたロフトベッドで隠れ家気分を味わえるお部屋です。カーテンとソファの色を統一して、子供が大きくなっても使える落ち着いた空間になっています。日中過ごす空間と睡眠スペースを上下に分けているので、メリハリのある生活が送れるのではないでしょうか。

女の子の子供部屋カーテンインテリア実例 4選

シックでかわいいベビースペース

https://www.pinterest.jp/pin/484137028695588544/

カーテンレールを天井近くに設置して床までの長い丈にすることで、縦の空間を広く感じます。赤ちゃんが休むスペースには天蓋を設置してまぶしすぎず、安心できる空間にしています。

スモーキートーンでまとめたお部屋には、うさぎモチーフの小物を散りばめてかわいらしさを出しています。甘すぎず、大人も一緒にくつろげるお部屋です。

シンデレラ気分になれるスタイリッシュな寝室

https://www.pinterest.jp/pin/621848661038289463/

シンデレラを連想させるライトブルーのカーテンは、星形の透かしがキラキラと輝くようなデザインです。星柄も透かしにすることで子供っぽさがなくなります。フロントレースをタッセルで束ねると雰囲気が変わるのも面白いです。

インテリアも白とライトブルーでまとめて、明るくさわやかな雰囲気になっています。プリンセス気分をアップさせるゴールドのシャンデリアがとても上品で、大きくなっても飽きずに使えるお部屋です。

人魚姫の夢が見れそうなベッドルーム

https://www.pinterest.jp/pin/712483603542689494/

ポップでカラフルなシャンデリアが目を引くお部屋です。イメージは人魚姫のアリエルでしょうか。貝殻のようなヘッドボードがとてもかわいらしいです。ピンクを基調としていますが、壁にはライトグレー・カーテンには淡いブルーを取り入れて、甘さを中和しています。

長く使える北欧風のお部屋

https://www.pinterest.jp/pin/20969954502889912/

やわらかな雰囲気を感じる女の子らしいお部屋です。カーテン・ラグはデスクと同じアイボリーにすることで存在感を弱め、壁のやさしいブルーが引き立っています。壁に足したガーランドや鳥のオーナメントがおしゃれさを足して、北欧の風を感じさせます。

男の子も女の子も喜ぶ!子供部屋カーテンインテリア実例 4選

動物がたくさん!元気になれるお部屋

https://www.pinterest.jp/pin/356065914294032686/

男の子も女の子も好きな動物がいっぱいのカーテンです。布団のカバーリングも同じ柄にして、至る所に動物があふれています。布団の裏地とカーテンのタッセルをそろえているのがさりげなくおしゃれです。

カーテン・布団の柄の主張が強いため、他のインテリアはヴィンテージ調の木目でまとめてスッキリとさせています。大きくなったらカバーリングをシンプルなものにするなど柄の量を減らすことで、カーテンを長く愛用できそうです。

テーマカラーを決めてエリア分けする

https://www.pinterest.jp/pin/28710516363821244/

きょうだいで同じお部屋を使う場合は、それぞれにテーマカラーを決めてインテリアを統一すると良いでしょう。ゆるくエリア分けできますし、それぞれが自分のものを管理する練習にもなります。

カーテンや寝具は同じデザインの色違いを選ぶことで、違う色でも浮きません。中央のガーランドはどちらの色も入ったものを選ぶことで、それぞれの色の橋渡しをしてくれています。

ビーチを感じる明るい寝室

https://www.pinterest.jp/pin/536280268124111479/

白でスッキリとまとめたお部屋に、ミントグリーンのバランスカーテンが爽やかさを足しています。ベッドサイドのランプのシルバーとも相性が良いです。浮き輪やロープ・ヨットなど海に関するものを取り入れたインテリアは、夏休みの楽しさを思い起こさせます。宙に浮いたベッドも非日常感を出していて、お部屋で過ごす時間が楽しくなります。

さわやかな印象の北欧風プレイルーム

https://www.pinterest.jp/pin/29554941290116362/

青系でシンプルにまとめたお部屋は寒さを感じさせてしまいがちですが、中央に配置した円形のラグがあたたかな印象を与えます。床に座って遊んでも底冷えせず、気になる子供の足音なども多少やわらげてくれます。

カーテンはシンプルなアイボリーですが、周りに飾ったコットンボールランプが子供心をくすぐります。シンプルにする部分と飾る部分のメリハリが効いたおしゃれなプレイルームです。

独自のスタイルを突き進む海外子供部屋カーテンインテリア実例 4選

お部屋でもアウトドア気分が味わえる非日常空間

https://www.pinterest.jp/pin/56295064077340986/

キャンプが好きな子供にはたまらないアウトドア風キッズルームです。壁に飾られたガーランドやタペストリーがワクワク感を底上げしてくれます。一際目を引く赤のカーテンはノルディック感のある柄がとてもおしゃれです。一つ一つのアイテムは個性的ですが、全体の色のトーンをおさえているため浮くことなく馴染んでいます。

子供のあこがれ!秘密基地があるお部屋

https://www.pinterest.jp/pin/10344274124049291/

お部屋の中にログハウスを建てた驚きのインテリアです。秘密基地のようになっているのは二段ベッド!滑り台もついていて、睡眠だけでなく遊びにも大活躍します。木のウォールステッカーやハンモックチェアなど、秘密基地気分を盛り上げるアイテムを取り入れていて楽しく過ごせるお部屋になっています。

カーテンは無地のアイボリーでシンプルですが、赤のテープでロール状にまとめているのがアクセントになっています。ネイビー・白・赤でまとめたインテリアは、ゆったりと過ごす時間も楽しめそうです。

大好きなサッカーにどっぷり浸かれるスペース

https://www.pinterest.jp/pin/476889048029157081/

サッカーへの愛があふれたお部屋です。応援するチームのカラーであるホワイト・ブルーをふんだんに使っています。これだけ個性的ですが、小物はまとめて飾ることでごちゃごちゃした印象はありません。

中でも面白いのが窓周りです。バイカラーの窓枠はゴールポストに、格子柄のカーテンはゴールネットに見立てていて、お部屋の世界観をさらに際立たせています。

やさしい色使いでサーカスのワクワク感を

https://www.pinterest.jp/pin/621919029778240237/

窓際に飾ったガーランドや空中ブランコのように吊り下げたハンガーポールが、サーカスを思わせます。カーテンは非遮光のアイボリーのもので、やさしく光を取り入れてくれます。天蓋についた星やラグの柄がかわいらしいですが、色数を絞っているのである程度大きくなっても使えそうです。

まとめ

感性がはぐくまれる子供時代に長い時間を過ごす子供部屋が与える影響は大きいと考えられます。その中でも多くの面積を占めるカーテンの役割はとても重要です。

使用シーンに合ったカーテン選びで、親も子供も満足できる・快適に過ごせるお部屋を作りましょう。