Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

   

【プロが教える】チューリップを使ったおしゃれなガーデンを実現する方法!ガーデン実例を使ってたっぷり解説!

橋本朝子
著者:橋本朝子 (一級建築士)

フィンランド在住。法政大学建築学科卒業。建築設計事務所、ガーデニング設計施工会社を経て独立。現在はフィンランドで個人邸宅の庭をはじめ、学校、店舗、公園など幅広い外部空間の設計を手掛ける。設計のテーマは、「毎日の暮らしがより楽しくなるガーデン」。住まいは築50年の住宅。インテリア、ガーデンともにリノベーションを重ねて家族と住む。趣味はアップサイクル。

春の花といえばチューリップ。子供から大人まで親しみやすい花です。大きくてカラフルな花は、お庭に植えると目を引きます。春を満喫するために、チューリップをお庭に取り入れてみませんか。

春先にガーデンショップの店頭でつぼみのあがってきた苗を求めるのも良いでしょう。たくさんの種類の中から好みの色形の組み合わせを選ぶには、秋植え球根を求めるのも良い方法。どの場合も少し計画してから植栽すると、仕上がりがぐんと素敵になります。

そこでチューリップを使ったお庭づくりのコツを説明します! 実例もたっぷり紹介しますので、ご自宅に取り入れる場合のイメージづくりに役立ててくださいね。

チューリップを取り入れたおしゃれなガーデンを実現する方法

チューリップの特徴とガーデニングデザインのポイント

チューリップの魅力はなんといっても細長い茎の上につける、大きく華やかな花。花の色形だけでなく、花期や花の丈は品種によってすこしずつ違います。チューリップの球根が出回るのは秋、植え付けるのは紅葉の頃です。秋の間、来春にどんなイメージの花壇にしたいのかある程度きめておくのがおすすめです。

チューリップをお庭に取り入れる場合、次のポイントをおさえるとよりスタイリッシュなお庭になりますよ。

花壇の色のテーマを決める

https://www.pinterest.jp/pin/121386152443458481/

鮮やかな花色が魅力のチューリップ。一色増えるごとに花壇が賑やかになります。ただあまりたくさんの花の色が一か所に咲いていると、雑然とした印象にも。同じ色のグラデーションで揃えたりコントラストカラーを組み合わせたり等、色のテーマを決めてからチューリップの球根を選ぶのが得策です。

おすすめはチューリップを含めた花壇の花の色を2~3色に抑える方法。ピンクのグラデーション×アクセントカラー、オレンジを中心に赤と黄色、少しグリーンや黄色の入ったニュアンスのあるホワイトですべてまとめる、逆に青と黄色のコントラストカラーをもってくる等といった具合です。

品種ごとの違いを生かす

https://www.pinterest.jp/pin/415808978091012337/

チューリップには4月上旬に咲く早生、5月上旬に咲く晩生、その中間の中生の品種があります。花壇に花期の違うチューリップを植えておけば、より長い間花壇を華やかに彩ることができます。チューリップの花が咲く高さにも注目しましょう。丈が30センチ程度なら花壇の前方に、40センチなら花壇の後方に植え込むとそれぞれの花が見えやすくなります。

開花後も鑑賞価値の落ちない花壇にする

https://www.pinterest.jp/pin/16607092364345514/

チューリップの花後、花壇は一気に寂しくなってしまうかも知れません。チューリップの近くには、より長い間咲く一年草や、春から夏にかけて茂みを広げる低木や宿根草を植えるのがおすすめ。例えばチューリップとホスタを交互に植え、手前にビオラやスイートアリッサムを植栽するなどです。

地植えでも鉢植えでも!チューリップでおしゃれなガーデンを実現する方法

地植えで見ても、鉢植えで見ても見ごたえ抜群なチューリップ。鉢植えの場合は水やりの管理が必要なので、栽培の難易度はすこしあがります。

チューリップ×地植えの場合

チューリップづくしの花壇にして迫力をだす

https://www.pinterest.jp/pin/517139969707079675/

お庭の目立つ一角をチューリップづくしの花壇にすると、満開に咲いたときのインパクトが大きいです。あちらこちらに球根を植えるよりも、一か所に決めて植えた方が管理も楽。一色で統一しても、花の色合いを考えて数種類をまぜて植えても素敵です。

https://www.pinterest.jp/pin/26247610317509617/

チューリップづくしの花壇のつくりかたには「トレンチ植え」があります。トレンチとは溝のこと。チューリップ花壇にする場所の土をすべて取り除き、球根を配置した後に土をかぶせる方法です。一球ずつ植えるよりも早く簡単に植え付けができ、見事に咲きそろったチューリップ花壇が実現できます。

ボーダー花壇の春の主役にする

https://www.pinterest.jp/pin/AcdZ6qV9RSh4FrdI9U8REZiSKgKmZ4Y5y9X3ODnOu3yUCvD12qUGu3o/

ボーダー花壇にチューリップを加えれば、4~5月の主役に。ボーダー花壇のテーマカラーにそったチューリップを選びましょう。紫とライムカラーの配色の中に白と濃紫のチューリップを合わせれば、シックな雰囲気になります。赤・オレンジ系なら明るく華やかな雰囲気に。

高木・低木の植栽にまぜる

https://www.pinterest.jp/pin/345932815137165396/

高木と低木の植栽の中にチューリップを仕込みましょう。秋に低木の間にチューリップの球根を植えつければ、春の新緑を背景に鮮やかな花色を楽しむことができます。

チューリップ×鉢植えの場合

単独で楽しむ

https://www.pinterest.jp/pin/395964992243474747/

チューリップのみを大きな鉢に植えれば、チューリップづくし花壇の鉢植えバージョンに。一種類のみのチューリップなら、同じ高さに鮮やかな花が咲きそろい、迫力満点な一鉢になります。

寄せ鉢で楽しむ

https://www.pinterest.jp/pin/345932815137170988/

たくさんの種類のチューリップや他の植物を寄せ鉢すると、花壇なしでも鮮やかな花のコーナーが実現できます。玄関前のアプローチ、テラスなど目立つ場所を飾り付けるのにぴったりです。チューリップの花が終わったら次の季節の花をディスプレイしましょう。

寄せ植えで楽しむ

https://www.pinterest.jp/pin/42713896456830483/

チューリップと他の草花を組み合わせればとびきり春らしい、華やかなコンテナガーデンになります。色のテーマを決めて、同系色の花や葉の色で揃えるのが最もまとめやすい方法。写真の鉢は濃赤紫をベースにオレンジとピンクをアクセントにした大人っぽい色合わせ。

https://www.pinterest.jp/pin/638103840952167072/

一つの鉢にたくさんの球根植物を咲かせる方法に、ダブルデッカー、トリプルデッカー植えがあります。クロッカス、ムスカリなど小さな球根は上のほうに、チューリップ、スイセンなどの大きい球根は下のほうに植え付けます。同じ時期に咲く花を組みあわせればとびきり豪華に。少しずつ花の時期をずらして長い間花を楽しむことも。

チューリップと合わせて使いたい!相性が良い植物・マテリアル

チューリップと寄植えして相性が良い植物

球根植物

https://www.pinterest.jp/pin/637751997232438792/

ムスカリ、ヒヤシンス、クロッカスなど小さめ球根をチューリップの間に植えこんでおけば、小花がチューリップを引き立ててくれます。スイセンも同様に一緒に植え付けができ、一足早く春の花壇を彩ってくれます。秋の植え付け時期にチューリップとあわせて花壇のデザインができるのが球根植物のメリット。

一年草・多年草

https://www.pinterest.jp/pin/599330662924647363/

ビオラ、スイートアリッサム、プリムラ・ジュリアンなど背の低い一年草をチューリップの手前に植えるとよい引き立て役に。青や白のワスレナグサがチューリップの株間に咲いているのも見ごたえがありますよ!

チューリップの花後に成長する植物

https://www.pinterest.jp/pin/473863192037194210/

ヒューケラやホスタなど夏に向けてどんどん葉を広げて地面をカバーするタイプの植物を脇に植えておけば、チューリップの花後も素敵な花壇を保てます。

チューリップと相性が良い鉢

テラコッタポット

https://www.pinterest.jp/pin/345932815137170978/

チューリップの明るい洋風のイメージにはテラコッタポットがぴったり。洋風だけでなく、どんなお庭にもすんなりなじむのもテラコッタポットです。

金属製ポット

https://www.pinterest.jp/pin/191121577915297887/

亜鉛メッキのされたバケツのような金属性ポットもチューリップなど華やかな洋風の花と相性が良い素材。よりシャビーシックでカジュアルな雰囲気になります。プラスチック鉢のカバーとして使っても。

チューリップは育てやすい?育て方と植える時期をおさえておこう

チューリップを咲かせるもっとも簡単な方法は、早春に出回る芽出し苗を求めて植えること。秋植えの球根から育てて開花させるのも比較的簡単です。ただし、一回咲いた球根をまた秋に植え付けて次の年も花を咲かせるためには、花後から秋の間の管理が必要です。

ガーデニング初心者なら難しく考えず、毎年新しい球根から育てたり芽出し苗を求めたりする方法がおすすめです。

球根の植え付けから開花まで

チューリップの球根の植え付けは、気温が下がった後の10月後半~11月の間が適しています。培養土が10センチくらい球根の上にかぶるように植え付けましょう。植え付け後の球根の根は芽がでない時期でも成長をはじめていますので、土が乾いたらたっぷりの水を与えましょう。

チューリップは一定期間寒さにあたった後に気温が上昇することで芽の生長が始まります。冬は鉢植えの場合も野外で管理して、十分寒さにあてましょう。

花後から秋の植え付けまでの間

花が咲きおさったらすぐに、花を取り除きます。葉はそのまま残して、自然に枯れてくるまで球根を育てます。葉が変色したら根を傷めないように球根をほりあげ、風通しのよい日陰で次の植え付け時期まで保管します。

チューリップの管理方法は、富山県花卉球根農業協同組合さんのページに詳しく記載されていますので、ぜひこちらをご参考ください!

プロが教えるチューリップの育て方と楽しみ方・総集編(TULIP HANDBOOK)

http://www.tba.or.jp/staffblog/?p=1348

プロがおすすめする初心者にもおすすめのチューリップの品種3選

これからチューリップを取り入れてみたい人に、ぜひ試してもらいたい素敵な品種3選です。

春真っ先に咲くチューリップ、プライスタンス将軍

https://www.pinterest.jp/pin/324118504437576856/

春真っ先にチューリップの花が見たい、という場合は早生のチューリップを選びましょう。プライスタンス将軍のオレンジの花の見ごろは4月上旬。草丈が35センチ程度で花も小ぶりですが、一つの茎に複数の花をつけるためインパクト抜群です。地植えでも鉢植えでもOK。強健で半日陰でも咲きます。

花壇を引き締める効果のあるダークカラーが魅力、クリーンオブナイト

https://www.pinterest.jp/pin/463448617912322024/

黒いチューリップとして知られるクイーンオブナイト。一見難しい色に思えますが、様々な色合いと組み合わることができます。黒ずんだ赤紫色の花が花壇の中の引き締め役となり、シックで大人っぽい雰囲気になります。晩生タイプで、高さは40~60センチ程度と高いので花壇の後方に向いています。

放置しても来年も咲く、原種系チューリップ

https://www.pinterest.jp/pin/146789269091074859/

ワイルドチューリップとも呼ばれる原種系チューリップは、一回植えると数年はそのまま放置しても咲くチューリップ。咲かなくなってきたら植え足していく方法がおすすめです。写真の原種系チューリップ・タルダは10センチ程度の草丈と目玉焼きのような配色がユニーク。植え付け時期は他の種類のチューリップと同じ、開花時期は4月中旬です。

プロが教える!チューリップを取り入れたおしゃれなガーデン実例12選

チューリップ×花壇レイアウト特集 6選

チューリップは色によってさまざまな印象の花壇になります。ここでは色をテーマに花壇のレイアウトの実例を集めてみました。

黄色×赤×オレンジで春らしさを凝縮

https://www.pinterest.jp/pin/587438345148664770/

クリームイエロー、赤、オレンジを組み合わせると、チューリップの元気で明るいイメージを前面にだした花壇になります。イエローは原色よりはクリームイエロー、赤もオレンジがかった赤やイエローの縁取りが入ったものを選ぶときれいにまとまります。

紫ピンク×白×黒で甘さを抑えたシックなチューリップ花壇に

https://www.pinterest.jp/pin/345932815137166251/

ピンクから紫のグラデーションの中に、白と黒を上手に組み合わせたシックなチューリップ花壇。手前を薄い色、奥になるにつれて暗めの色合いにしてグラデーションをつけると、点描画のような美しい花壇に。

ピンク×ピンクで可愛らしさを前面に

https://www.pinterest.jp/pin/345932815137165376/

ピンク一色の花壇なら、チューリップと同色のワスレナグサを組み合わせるととびきり可愛らしいブーケのような印象に。ワスレナグサの代わりにチューリップの間にピンクのヒヤシンスの球根を植えても。

オレンジ×青でコントラストを効かせるとおしゃれに

https://www.pinterest.jp/pin/345932815137165295/

オレンジ色の早生チューリップなら青いムスカリを組み合わせると、コントラストの効いたおしゃれな花壇になります。写真ではブロンズ色のカレックスの枯れ色が早春のイメージを引き立てています。

白×青ならさわやかなイメージの花壇に

https://www.pinterest.jp/pin/365706432233505123/

青い花の花壇がお好きなら、チューリップは白を選ぶのがいいかも知れません。白いチューリップなら、青のワスレナグサやムスカリと好相性。さわやかなイメージの花壇に仕立ててくれます。

クリームホワイト×ライムイエローなら明るい雰囲気に

https://www.pinterest.jp/pin/337770040785405115/

同じホワイトのチューリップでも、クリームがかっていたりグリーンが入るものなら、ライムイエローの葉や花とよく似合います。アルケミラモリス、ユーフォルビア、ヒューケラのライム色の葉などと組み合わせると素敵です。

チューリップ×お庭全体デザイン特集 6選

玄関まわりに季節の花壇をとりいれよう

https://www.pinterest.jp/pin/345932815137180391/

玄関前に日当たりの良い緑地があるなら、一部を季節のアピールができる花壇にしてみませんか!4~5月の主役はもちろんチューリップ。1×0.5メートルもあれば、インパクトのあるチューリップ花壇になります。チューリップの花後は初夏から秋まで咲く一年草を植えこみましょう。

玄関前を彩る鉢植えで取り入れよう

https://www.pinterest.jp/pin/262897696987310107/

玄関前に緑地がなくても、鉢植えなら季節のアピールコーナーができます。写真のように大小の藤のバスケットの鉢カバーを使って花材を季節ごとに次々と取り換えていけば、常に玄関前を美しく見せることができますよ。

シンボルツリーの下に植えよう

https://www.pinterest.jp/pin/345932815137163830/

季節感を出すシンボルツリーがあるなら、その足元にチューリップを植えるのもよいアイディア。新緑の株立ちの幹にかかるようにチューリップが咲けば、春の雰囲気を盛り上げてくれること間違いなしです。

インパクトのある大鉢に植えて、お庭のアクセントにしよう

https://www.pinterest.jp/pin/552465079267707878/

古い鉄製の大鍋、使わなくなったバスタブ、手押しの台車、思いがけないものが素敵な鉢に変身することがあります。お庭の目立つ場所において、チューリップをこぼれんばかりに咲かせてみませんか。

低木と地被植物の境目にチューリップを植えよう

https://www.pinterest.jp/pin/345932815137191580/

お庭に低木と地被植物がはっきり分かれている植栽エリアがあったら、その境目にチューリップを植えましょう。花が咲けば、低木のラインにそって美しい花の帯ができます。花が終わったころには地被植物が大きく育ってきて、葉だけになったチューリップをカバーしてくれます。

室内で楽しもう

https://i.pinimg.com/564x/f0/a4/5a/f0a45a5aa74dfcaeab3adbbe41fa6a7f.jpg

素敵なデザインの鉢やプランターがあったら、満開になったチューリップを持ち込んで室内でも楽しんでみましょう。玄関の棚やコーヒーテーブルの上に飾って室内でも春を満喫してみませんか。

まとめ

チューリップは春らしくお庭を彩ってくれる花。球根を求める場合は、花の色や形、花のさく時期、草丈をチェックして、花壇のどの場所に取り入れるのか計画しましょう。地植えの場合は紅葉のころ植え付けたら、春を待つのみ。鉢植えの場合は地上部分がなくても根が成長するため、土が乾燥したら水やりが必要。

秋までの間に我が家のお庭を観察して、何色のチューリップが似合うか考えるのも楽しいですね。この記事を参考に、スタイリッシュなチューリップのあるお庭を実現してくださいね。

Hello Interior LETTER

インテリアのヒントがメールで届く!!