Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

   

【プロが教える】おしゃれなオレンジ色キッチンを実現する方法!ビタミンカラーが毎日楽しい雰囲気に♪

浦辺愛美
著者:浦辺愛美 (インテリアコーディネーター)

大手インテリア販売店で10年勤務。顧客へのコーディネート提案と従業員の家具知識教育に携わる。インテリアコーディネーター・色彩検定1級だけでなく、宅地建物取引主任者を独学で取得。趣味は旅行で、旅先でのインテリアチェックは欠かせません。現在、夫と3歳の娘との3人暮らし。子供がいても散らかりにくい、シンプルで機能的なインテリアを実践。見た目だけでなく、住む人の使いやすさを考えたインテリアを提案します。

見るだけで心がパッと明るくなるオレンジ色は、キッチンでの時間を楽しみたい方におすすめのカラーです。しかし、インパクトが大きく存在感が出やすい色なのでコーディネートには注意が必要です。

今回はオレンジ色のキッチンをおしゃれに格上げするポイントをご紹介します。アイテム選びのポイントや扉柄や壁・シンクなど部位別のオレンジ色キッチンの実例をたっぷりの画像と共に紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

コーディネートのポイントをおさえて、おしゃれで家事が楽しくなるオレンジ色のキッチンを実現しましょう!

来客が憧れる!おしゃれなオレンジ色キッチンを実現するポイント

おしゃれなオレンジ色キッチンの選び方

https://www.pinterest.jp/pin/762304674429976469/

オレンジは食欲を増進させる色といわれていて、キッチンに採用するのに適した色といえます。また、ビタミンカラーでもあるので毎日楽しい気分でキッチンに立てるのも嬉しいポイントです。基本的には同じくビタミンカラーである黄色や緑色との相性が良く、カジュアルでわくわくするようなコーディネートが得意です。

https://www.pinterest.jp/pin/37999190595131366/

オレンジ色のキッチンをおしゃれに仕上げるポイントは、オレンジの色選びにあります。鮮やかで明るいオレンジはポップやレトロな雰囲気によく合います。存在感のある色なのでアクセントクロスにしたり、小物に取り入れるなど面積をしぼってあげると良いアクセントになります。

https://www.pinterest.jp/pin/371687775503362123/

レンガ色など彩度が低く落ち着いた色合いのオレンジは、大人っぽい雰囲気やナチュラルなコーディネートによく合います。タイルやホーローとの相性も良いので、異素材と組み合わせて変化のあるコーディネートを楽しみましょう。

オレンジ色キッチンに合うアイテムを選ぶ

オレンジ色キッチンに合うダイニングテーブル

https://www.pinterest.jp/pin/715861303262884254/

オレンジ色のキッチンをスタイリッシュに仕上げたい方には、シルバーやガラスのダイニングテーブルがおすすめです。シルバーにする場合はシンクやレンジフード・オーブンなどの設備機器もシルバーで揃えるとよりスマートになります。

https://www.pinterest.jp/pin/56787645279104050/

シックに決めたい場合はブラックのダイニングテーブルはいかがでしょうか。オレンジ色はモノトーンとの相性が良く、オレンジがもつ華やかで目立ちやすいという印象を適度にやわらげてコーディネートになじませてくれます。さわやかさを増したいならホワイト、洗練された印象にしたい方はグレーもおすすめです。ダイニングテーブルの脚だけ・天板だけなどポイントでモノトーンを取り入れても良いでしょう。

オレンジ色キッチンに合う冷蔵庫

https://www.pinterest.jp/pin/20969954499625152/

シルバーの冷蔵庫はオレンジと相性が良く、クールでスタイリッシュな印象になります。レトロやミッドセンチュリーからモダンまで合うので冷蔵庫の色選びに迷ったらシルバーがおすすめです。デザインはシンプルでシャープなラインのものを選ぶと合わせやすいです。

https://www.pinterest.jp/pin/279504720612718819/

キッチンのアクセントにしたい場合は、オレンジの反対色であるブルー系の冷蔵庫がおすすめです。原色同士だとインパクトが大きくて合わせるのが難しいですが、淡い色同士だと馴染ませながらも印象的に見せられます。ブルー系の冷蔵庫を合わせる場合は、小物やラグ・壁紙の柄などにもブルー系の色を入れてあげると一体感がアップします。

オレンジ色キッチンに合う壁紙

https://www.pinterest.jp/pin/839288080536638005/

オレンジ色の扉柄のキッチンにはホワイト系の壁紙がよく合います。 真っ白のシンプルな壁紙でもよいですが、柄の入ったものやタイルや石壁風など、デザインに凝ったものにするとさらにおしゃれな印象になります。

https://www.pinterest.jp/pin/300756081357995426/

壁にオレンジ色を取り入れる場合は、アクセントウォールにするなど一部分に取り入れると良いでしょう。特に彩度の高いオレンジ色は存在感が強くなりやすいので、面積をしぼって印象的に仕上げましょう。腰壁に取り入れる・他の色とバイカラーにするなどもおすすめです。

後悔したくない!ネガティブな情報も事前に検討しておきましょう。

オレンジ色キッチンのデメリット

https://www.pinterest.jp/pin/3166662213747033/

オレンジ色は色のインパクトが強く、イメージよりも派手になったり落ち着かない空間になる可能性があります。特にダイニングとつながっている場合は、色の鮮やかさやカラーコーディネートに注意が必要です。

https://www.pinterest.jp/pin/4644405853280264/

オレンジ色を選ぶ際には原色よりもトーンをおさえた色にする・オレンジ色の面積を絞るなどの対策をしましょう。色は面積が大きくなるほど濃く・鮮やかに見える傾向があるため、壁紙や扉などのサンプルを確認する際はできるだけ実寸に近いものを見るようにしましょう。

こんなケースに気をつけろ!失敗しがちなパターン紹介

https://www.pinterest.jp/pin/39195459235499547/

存在感の強いオレンジ色のキッチンは、デザインをシンプルにしてスッキリと見せましょう。色の主張が強いのでデザインも複雑にしてしまうとごちゃごちゃして見えてしまいます。扉柄や取っ手もできるだけシンプルものが良いでしょう。

https://www.pinterest.jp/pin/18014467249729606/

オレンジ色を壁に取り入れる場合、全面をオレンジ色にすると派手になりやすいです。アクセントクロスとして一部分に取り入れる・柄物にするなど、オレンジ色の面積をおさえると周りのインテリアと馴染ませやすくなります。ダイニングとの間の腰壁に取り入れたり、ラック裏のアクセントにするのも良いでしょう。

パーツ別おしゃれなオレンジ色キッチンインテリア実例サンプル10選

扉柄がオレンジ色のキッチンインテリア実例 3選

ブラウンと組み合わせて落ち着いた雰囲気に

https://www.pinterest.jp/pin/4785143345244952/

オレンジのキッチンには同系色であるブラウンがよく合います。こちらでは框扉でクラシックな印象のキッチンにブラウン系のタイルやカウンターを合わせています。濃い色が多くなりすぎないように、シンクや壁には明るいホワイトを入れることで明るさも十分に感じられます。

ビタミンカラーでレトロに仕上げる

https://www.pinterest.jp

オレンジ・グリーン・ホワイトを組み合わせたレトロな雰囲気のキッチンです。フロアキャビネットは色が映えるフラットな扉柄でシンプルに、ウォールキャビネットは色の部分をオープンタイプにしてデザイン性をアップしています。カジュアルな印象でありながら、見せる・隠すのメリハリが効いたおしゃれキッチンです。

色をリンクさせて雑多感を軽減

https://www.pinterest.jp/pin/468796642466462643/

カラフルでにぎやかタッキースタイルですが、色に統一性を持たせることで一体感を損ないません。メインカラーはオレンジ、壁は反対色となるブルーグリーンにして、ラグやタイルにもオレンジ・ブルーグリーンを取り入れています。色が多い代わりにキッチンのデザイン自体はシンプルにしてメリハリを生み出しています。

シンクがオレンジ色のキッチンインテリア実例 2選

個性的なキッチンを引き立てるシンプルデザイン

https://www.pinterest.jp/pin/45739752449822554/

シンクだけではなくフロアキャビネットや水栓までオレンジでまとめたオリジナリティの高いキッチンです。色のインパクトがかなり強いため、キッチン本体も周辺のインテリアも極力シンプルなデザインにしてバランスをとっています。色もオレンジ・黒・シルバーにまとめているため、モダンでスタイリッシュな印象になっています。

オレンジ色のシンクをワンポイントに

https://www.pinterest.jp/pin/233272455685015308/

シックなモノトーンキッチンにオレンジのシンクが際立つ個性的なキッチンです。一部分にだけオレンジを取り入れる場合は、周りの小物やラグなどにも少しオレンジを入れてあげると違和感なくコーディネートできます。キッチン全体は落ち着いた印象でありながら、調理中はシンクのオレンジ色が目に入りやすいためポジティブな気持ちで家事に取り組めそうです。

壁がオレンジ色のキッチンインテリア実例 3選

オレンジ×ブラックでシックに決める

https://www.pinterest.jp/pin/369576713178335651/

オレンジ×ブラックの組み合わせは、シックでクラシカルな印象が得意です。ブラックの面積が増えるほど重い印象になりやすいので、窓から光を取り込んだり、間接照明を複数使用したりして明るさを確保しましょう。こちらの吊戸棚のようにガラス扉を採用して視線の抜けを作るのも効果的です。

シルバーを足してスマートな印象に

https://www.pinterest.jp/pin/94012710941198810/

オレンジとホワイトの組み合わせは、レトロでポップな印象になります。この組み合わせにはシルバーの相性が良く、レンジフードや冷蔵庫に取り入れるとクールに仕上がります。スマートな印象のキッチンを作りたい場合におすすめのカラーコーディネートです。

大人の雰囲気漂う洗練キッチン

https://www.pinterest.jp/pin/280912095486942665/

落ち着いたオレンジの壁にはグレーを合わせると大人っぽい洗練されたコーディネートになります。どちらもトーンをおさえた色味にする場合は、ホワイトやナチュラルカラーなど明るめの色をプラスすると空間に明るさ・軽さが出てバランスが良くなります。

キッチン全体がオレンジ色のキッチンインテリア実例 2選

ワンカラーコーデには+反対色でメリハリを

https://www.pinterest.jp/pin/412783122098366510/

全体をオレンジにしても落ち着いたトーンにすると派手にはなりません。扉柄は暗めのオレンジ、壁は明るくクリーミーなオレンジにすることで変化が出て、ワンランク上のコーディネートになります。ラグには反対色であるブルーを取り入れることでコーディネートを引き締めています。

全面タイルでオンリーワンのキッチンに

https://www.pinterest.jp/pin/479070479115794532/

壁もキャビネットも全てタイルで仕上げたオリジナリティ溢れるキッチンです。カウンターもスタンダードな四角形ではなくカーヴィーに仕上げているため個性が際立ちます。こちらでもポイントで反対色のブルーを取り入れることでメリハリが生まれています。

まとめ

カジュアルで元気なイメージのオレンジ色ですが、明度や彩度にこだわることでシックにもエレガントにも見せられます。まずはどのような印象のキッチンにしたいかを考えてプランをつくっていきましょう。

カラーコーディネートに迷う場合は相性のよいモノトーンやビタミンカラー、反対色であるブルーとの組み合わせがおすすめです。おしゃれなオレンジ色のキッチンを実現して、素敵なキッチンで毎日の家事を楽しみましょう!

Hello Interior LETTER

インテリアのヒントがメールで届く!!