Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

   

【プロが教える】おしゃれな緑色キッチンを実現する方法!コーディネートの幅の広さをご堪能ください

浦辺愛美
著者:浦辺愛美 (インテリアコーディネーター)

大手インテリア販売店で10年勤務。顧客へのコーディネート提案と従業員の家具知識教育に携わる。インテリアコーディネーター・色彩検定1級だけでなく、宅地建物取引主任者を独学で取得。趣味は旅行で、旅先でのインテリアチェックは欠かせません。現在、夫と3歳の娘との3人暮らし。子供がいても散らかりにくい、シンプルで機能的なインテリアを実践。見た目だけでなく、住む人の使いやすさを考えたインテリアを提案します。

心を落ち着ける効果のある緑色は、キッチンに取り入れると穏やかな気持ちで毎日の家事に取り組めます。緑色は中間色で他の色とバランスをとりやすいため、カラーコーディネートが比較的自由なのも嬉しいポイントです。

今回はおしゃれな緑色のキッチンを実現するポイントをご紹介します。ダイニングテーブルや冷蔵庫など合わせるアイテムの選び方や扉柄や壁・シンクなど部位別の緑色のキッチンの実例などをたっぷりの画像と共に解説していきます。

おしゃれに見せるポイントをしっかりとおさえて、ワンランク上の緑色のキッチンを実現しましょう!

来客が憧れる!おしゃれな緑色キッチンを実現するポイント

おしゃれな緑色キッチンの選び方

https://www.pinterest.jp/pin/1829656088369073/

緑色をメインカラーとしたキッチンを作る場合、おしゃれに仕上げるには緑色の色味にこだわることが大切です。一口に「緑色」といっても黄味がかったものや青みがかったもの、色の明暗などによってさまざまな緑色があります。色味によって雰囲気や似合う色が変わってくるので、それを見極めてカラーコーディネートをしていきましょう。

https://www.pinterest.jp/pin/19069998411811627/

黄緑色やミントグリーンを中心にする場合は、ホワイトやライトブラウンなどの明るい色がよく合います。黄緑色がもつフレッシュさが際立ち、明るく爽やかな印象になります。また、同じくビタミンカラーであるイエロー・オレンジとも好相性です。アクセントに濃い色を少しプラスすると、メリハリが出て印象が引き締まります。

https://www.pinterest.jp/pin/2040762322214610/

原色に近い緑色や青みが強い緑色・濃い緑色の場合は、同じく濃い色との組み合わせがおすすめです。フローリングであればミドルブラウンならクラシカルに、ダークブラウンならシックな印象になります。濃い色ばかりでは重い雰囲気になってしまうので、カウンタートップや壁などに明るい色を組み合わせましょう。開口部を大きくとったり、ガラス扉にして視線の抜けをつくるのも効果的です。

緑色キッチンに合うアイテムを選ぶ

緑色キッチンに合うダイニングテーブル

https://www.pinterest.jp/pin/184999497184202696/

緑色のキッチンには同じくナチュラルな印象のある木製のダイニングテーブルがよく合います。カジュアルやシャビーな雰囲気には木目や節が目立つものを、シックに見せたい場合はウォールナットなど色の濃いものを合わせましょう。

https://www.pinterest.jp/pin/44191640083867757/

レトロやポップ・個性的なダイニングキッチンを作りたい方には、緑色の反対色となる赤色のダイニングテーブルがおすすめです。違和感なくなじませるには色のトーンをそろえることが重要です。原色同士だと派手になるので、少し落ち着いた色合いを選びましょう。

緑色キッチンに合う冷蔵庫

https://www.pinterest.jp/pin/2040762321552031/

ナチュラルやトラッドな雰囲気の緑色のキッチンにはホワイトの冷蔵庫がおすすめです。あまり冷蔵庫の存在感を出したくない場合は壁と色をそろえたり、パントリーや家電収納の中にしまってしまうのも良いでしょう。

https://www.pinterest.jp/pin/2533343510986586/

シンプルやモダンな雰囲気のキッチンにしたい場合は、シルバーの冷蔵庫がおすすめです。あまり装飾のないシンプルなデザインを選ぶとさらにスマートな印象になります。また、シンクやレンジフードなどの設備機器もシルバーでそろえると一体感が生まれます。

緑色キッチンに合う壁紙

https://www.pinterest.jp/pin/56787645290649022/

濃い緑色のキッチンにはホワイトや淡い色合いの壁紙を合わせると、明るさが感じられてメリハリのあるコーディネートになります。色を入れる場合は暖色・寒色どちらでも合いますがおすすめはピンクです。緑色の補色となるレッドにホワイトを混ぜたピンクは緑色と相性が良く、お互いを引き立てあってくれます。

https://www.pinterest.jp/pin/369787819411072070/

緑色のキッチンに緑色の壁紙を合わせると、より色のイメージが強くなります。同じトーンでそろえてしまうと平坦な印象になって面白みがないので、キッチンの色とは明るさや濃さを変えてあげましょう。全面同じ緑色ではなくアクセントウォールにする・各壁で色のトーンを変えるなど変化をつけると、メリハリができてさらにおしゃれになります。

後悔したくない!ネガティブな情報も事前に検討しておきましょう。

緑色キッチンのデメリット

https://www.pinterest.jp/pin/19914423322683529/

基本的にはクセがなくキッチンのメインカラーとして取り入れやすい緑色ですが、ビビッドな緑色の場合はインパクトが大きいため、あまり大きな面積に取り入れてしまうと圧迫感が出ます。扉柄だけ・壁だけなど一部分にアクセントとして取り入れると良いでしょう。他の部分は引き算のコーディネートを意識して、ホワイトやアイボリーなどのニュートラルカラーを合わせましょう。

https://www.pinterest.jp/pin/217720963220956669/

中間色である緑色は暖色・寒色・モノトーン問わず合わせやすいので、カラーコーディネートは比較的自由です。しかし、どんな系統の色を合わせるかを考えてコーディネートを組み立てないと、まとまりのない空間になってしまうので気をつけましょう。

https://www.pinterest.jp/pin/23925441760856838/

上の写真では緑色のキッチンに暖色系の色を合わせています。赤・茶色・ゴールドなどすべてあたたかみを感じる色なので違和感なくコーディネートできています。色は多くても3~4色でまとめると良いでしょう。ダイニングと一続きになっている場合は、ダイニングも同じ色合いでそろえるとより洗練された雰囲気になります。

こんなケースに気をつけろ!失敗しがちなパターン紹介

https://www.pinterest.jp/pin/583216220486185244/

濃い緑色のキッチンは重い印象になりやすいので、組み合わせる色や光の取り入れ方に注意が必要です。ワークトップや壁にホワイト系の明るい色を入れたり、開口部を大きくとって光を取り込んだりしましょう。高級感を出したい場合は大理石や石目模様を取り入れるとラグジュアリーに仕上がります。

パーツ別おしゃれな緑色キッチンインテリア実例サンプル10選

扉柄が緑色のキッチンインテリア実例 3選

框扉でナチュラルキッチンにトラッド感を

https://www.pinterest.jp/pin/101894010307226030/

落ち着いたトーンの緑色の扉は、大人ナチュラルなキッチンによく合います。ホワイトやナチュラルカラーを組み合わせることで暗さを感じさせず、リラックスできる雰囲気になります。さらに框扉にすることでトラッド感出て少し懐かしさが感じられる空間になります。

光沢のあるアイテムをプラスしてラグジュアリーに

https://www.pinterest.jp/pin/338966309447541149/

ダークグリーンの扉はフラットなデザインにすることで、モダンでスッキリとした印象になります。取っ手は高級感のあるゴールドで無駄のないシンプルなデザインが世界観にぴったりです。濃い色が多い中で取っ手や照明・ワークトップには光沢感のある素材を用いることで、明るさを感じさせて重さが中和されラグジュアリーな印象が感じられます。

タイル床でオリジナリティアップ

https://www.pinterest.jp/pin/339529259410200579/

ミントグリーンは明るくカジュアルな雰囲気にぴったりです。床のタイルは相性の良い赤茶にすることで重すぎず軽すぎない落ち着いた雰囲気になっています。タイル床は耐久性・耐水性が高くて掃除しやすく、色やデザインも豊富です。個性を出したい方にはおすすめです。

シンクが緑色のキッチンインテリア実例 2選

緑色のシンクをキッチンのアクセントに

https://www.pinterest.jp/pin/651262796111011568/

パナソニックのラクシーナであればシンクに緑色を取り入れることも可能です。緑色のシンクは珍しく、キッチンの良いアクセントになります。写真ではわかりにくいですがワークトップも薄い緑色なので変に浮いたりもしません。

緑一色で個性的に攻める

https://www.pinterest.jp/pin/168814686022890761/

個性的なキッチンを目指す方は、キッチンカウンター全体を緑色にするのはいかがでしょうか。ポップな色合いでレトロに、暗めの色合いでシックになど色によって印象を変えられます。デザインはシンプルに、他の色は極力減らしてスッキリとまとめましょう。

壁が緑色のキッチンインテリア実例 3選

トーン違い・質感違いをミックスして上級コーディネートに

https://www.pinterest.jp/pin/53058101839501968/

タイルの緑と壁紙の緑のトーンを変えてメリハリのある空間にしています。色合いや質感を変えることで、同じ緑色でも平坦な印象にはなりません。カウンターチェアにも同じテクニックが使われていますが、デザインはそろえて色だけ変えることで初心者でも真似しやすく、簡単にワンランク上のコーディネートが作れます。

壁をバイカラーにして印象的に

https://www.pinterest.jp/pin/334603447303822947/

くすんだ緑色を壁に取り入れると、シャビーな雰囲気にぴったりの柔らかな印象になります。こちらは明度が高めなので爽やかで明るい印象ですが、落ち着いた雰囲気が好きな方は、明度が低くてよりくすみ感のある色を選ぶと良いでしょう。

また、壁全面を緑色にするのではなくバイカラーにすることでおしゃれ度がアップします。基本は上部に明るい色・下部に暗い色を配置するとバランスがとりやすいです。

腰壁なら小さい面積でもインパクト大

https://www.pinterest.jp/pin/19351473389670301/

キッチンとダイニングとの間の腰壁は面積は小さいですが視界に入りやすい部分なので、ここに色を入れるととても印象的になります。濃い緑色の壁はホワイトやミドルブラウンとの相性が良く、トラッドで落ち着いた雰囲気になります。シンプルなデザインのキッチン・ダイニングなので柄物ラグが良いアクセントになっています。

キッチン全体が緑色のキッチンインテリア実例 2選

白ベースの壁と開口部で明るさを確保

https://www.pinterest.jp/pin/44191640083867868/

濃い緑色をメインカラーにする場合は「抜け」となる部分を作ることが重要です。こちらでは全体を無地の緑でまとめているため、壁紙に採用したホワイトベースのボタニカル柄が抜けとなり、お互いをとてもよく引き立てあっています。

ダイニングスペースは大きな開口部と複数のライトで明るさを確保できているので、キッチン側も棚下灯やブラケットライトをつけて暗さを解消すると見た目の印象がよくなり、作業性もアップします。

凹凸感や視線の抜けを意識してワンランクアップ

https://www.pinterest.jp/pin/56787645293630811/

キッチン全体を一色でまとめる場合は、ガラスやステンレスなどの異素材を合わせて変化を出しましょう。こちらでは食器棚のデザインガラスや鈍い光沢のレンジフードによって、緑一色でものっぺりとした印象になっていません。また、框扉やモールディングによる凹凸感も平坦な印象を回避する大きなポイントになっています。

まとめ

緑色は老若男女問わず人気の色なのでキッチンに取り入れても良い印象を持たれやすいです。暖色・寒色どちらにも合わせやすいのでコーディネートの幅も広いですが、ワンランク上のおしゃれなキッチンに見せるには軸を決めてプランニングする必要があります。

テイストに合わせた緑色を選び、カラーコーディネートすることでまとまりのある洗練されたキッチンが実現しますので、この記事を参考に理想のイメージを形にしていきましょう!

Hello Interior LETTER

インテリアのヒントがメールで届く!!