Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

   

モルテーニ / Molteni&C の人気の秘密を探る!ミラノサローネの創設メンバーでもイタリアンモダンブランドの代表格

1961年に創設された「サローネ・デル・モービレ・ミラノ」。通称・ミラノサローネは、元々イタリア家具の販売促進を目的として創設されました。その後イタリア以外の国からも参加者が集まり、1967年には国際家具見本市となりました。現在ではイタリアの企業を中心に、世界各国の企業が参加する世界最大の家具の見本市となっており、インテリアなどのデザイン分野におけるデザインの最先端トレンドを知ることのできるイベントとして毎年大盛況となっています。

今回ご紹介するのは、そんなミラノサローネの創設メンバーでもあったイタリアの家具ブランド「モルテーニ」。イタリアを代表するモダン家具の高級ブランドの一つであり、高い技術力と有名デザイナーとのコラボによるおしゃれで質の高いアイテムが人気のブランドです。今回はそんなモルテーニの魅力をご紹介していきますので、イタリアンモダンデザインの洗練された雰囲気がお好きな方や、お部屋をもっとおしゃれにランクアップさせたい方など、ぜひインテリア作りの参考にしてみてください。

モルテーニ が何故支持されるのか?インテリアのプロがその人気の秘密を紐解く

モルテーニとは?

モルテーニの創業者である「アンジェロ・モルテーニ」は、指物師の叔父の影響から幼い頃から木材に慣れ親しみ、1934年に職人たちを集めた工房を家具の産地として知られるイタリアのブリアンツァ・ジュッサーノに開きました。腕の良い職人の集まった工房では高品質なものづくりが行われ、瞬く間にその評判は高まり、1947年頃には60人以上の従業員を抱える工場へと成長します。

1955年モルテーニは、フィンランドの巨匠アルヴァ・アアルトの弟子であり、ミース・ファン・デル・ローエの助手を務めたスイスの建築家「ヴェルナー・ブラザー」に箪笥のデザインを依頼します。デザインされた箪笥は、モルテーニで初めてモダンなデザインを取り入れたスタイルであり、カントゥで開催された国際家具コンクールで最優秀賞を受賞します。この時デザインされた箪笥「MHC.1」は、2016年に限定再版されました。(下画像参照)

1960年代は、モルテーニの大きな躍進の時期と言えます。フラッドベッドプレスや乾燥機などの製造用の機械を取り入れ、より高品質で生産性を高めることに成功した、製造面での成長。これまでのクラシカルなデザインの家具から、モダンなデザインの家具をメインとしたスタイルの変更。そして1961年に創立した、ミラノサローネの初期創設メンバーへの参加など、60年代のモルテーニの動きは現在のモルテーニを形作る進化の時期のように感じられます。

1960年代後半以降、モルテーニはデザイナーとのコラボレーションをより活発に行い、モダンで洗練されたアイテムを数多く発表していくことになります。創業当時から変わらぬ高品質な製品を作り出す高い技術力に加え、生産力の向上、戦略的なマーケティング、そして洗練されたデザインによって世界中に多くのファンを獲得したモルテーニは、2008年頃には世界中に600店ものショップを展開し、旗艦店も40店と、世界中に愛されるブランドへと成長しました。現在日本では、アルフレックスでの取り扱いのほか、東京・南青山に旗艦店を構えており、地下1階から2階までの3フロアにモルテーニの洗練されたインテリア空間が展開されているので、ぜひとも足を運んで、その目でモルテーニの作り出すイタリアンモダンインテリアを感じてみてはいかがでしょう。

参考:Molteni&C HP「IDENTITÀ」(海外サイト)
https://www.molteni.it/it/identity

モルテーニのスタイル

モルテーニの得意とするスタイルは、シンプルで洗練されたイタリアンモダンスタイルです。パトリシア・ウルキオラやロドルフォ・ドルドーニをはじめとした現代の著名なデザイナーのアイテムや、巨匠ジオ・ポンティの復刻コレクション、トビア・スカルパやルカ・メダなどのイタリアを代表するデザイナーなど、世界中のデザイナーのモダンなデザインのアイテムを扱っており、アイテム一つ一つがシンプルなデザインながら洗練された美しさと目を惹きつけるオーラを持っています。

特に収納ユニットをはじめとしたストレージ家具に定評がありますが、その他の家具も含めて使い勝手の良さや高い品質など、技術力などの部分でも評価が高く、価格もミノッティなどの高級イタリア家具ブランドと比べると手が出しやすい値段設定となっていることから、カッシーナやB&Bイタリアなどの同じイタリアの高級家具ブランドの2倍近くの売り上げを誇るなど、世界でも高い人気のブランドとなっています。

モルテーニの評判

イタリアのモダン家具ブランドの中でも高い人気を誇るモルテーニですが、その魅力はどういった部分にあるのでしょう。実際に使っている方の感想を元に、その魅力について探っていきましょう。

昨年12月に届いた、molteniの「clip」というベッドフレームです。 低床でヘッドボードの角度を自由に調整できる機能性の高さが決め手になりました。 デザイナーはパトリシア・ウルキオラで、フレームの側面がクリップの様なデザインとなっていることからclipという名前となったようです。 張地はベルベット調のものを選びました。 とても気に入っています。

https://roomclip.jp/photo/4XdP

シンプルでシャープなフォルムながら特徴的なデザインと、角度調整のできる機能的なヘッドボードが特徴のクリップベッド(上画像参照)。独特な形状や可動部分を持ちながらも、布張りのベッドフレームの表面が綺麗に仕上がっています。こういったディテールの仕上げを見ると、モルテーニの高い技術力と品質が感じやすいですね。また、機能性とデザイン性の両方が総じて高い部分も、モルテーニのアイテムが人気の理由のようです。

みなさんのように立派な家に住んでいませんが、狭い家ながら

MOLTENI PASS SYTEM UNIT
ウォールラック
(PASS壁掛けユニット)

を取り付けました。
4つドアで1ユニット。
それを4セットです。

横浜ららぽーとで現品処分モノを約80%オフで11月に購入したのですが、ようやく壁補強工事が終わり壁にぶら下げることができました。

やはりモルテーニは美しい。
こんな家でも美しく見えてしまう。

https://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=3786770&comment_count=0&id=36681372

モルテーニのアイテムの中でも特に定評のある収納ユニットは、洗練されたデザインと、なんといっても使い勝手の良さが人気の理由です。壁に直接設置する壁掛けタイプの収納の場合、壁の補強工事が必要になることもあるようなので、購入の際にはその部分も確認しておいたほうが良いでしょう。壁面を彩るおしゃれな収納は、部屋の雰囲気を格上げしてくれるので、壁面が殺風景でなんとかしたいと考えている方や、空間をもっと豊かに彩りたいと考えている方にもおすすめです。(上画像:PASSシリーズの壁掛けユニット)

また、モルテーニの収納ユニットはコーディネートの自由度が高く、機能性・見た目・使いやすさのどれもが評価が高いので、壁面収納を利用したおしゃれなホームオフィス空間を作り出したり、リビングルームをドラマチックに演出したりと、インテリアコーディネートがさらに楽しく、空間をランクアップさせるアイテムとしても非常におすすめのアイテムです。

モルテーニ が好きな方におすすめブランド

Porro(ポロ)

1925年創業のポロは、モルテーニ同様高級家具の名産地イタリアのブリアンツァに誕生した高級家具ブランドです。昔からの伝統工芸に現代の最先端技術と情報技術に落とし込み、より高度で優れたクオリティーを生み出しており、元々ミラノの富裕層向けに象嵌や彫刻などの技術を用いるクラシック家具を作っていた会社であったため、木材加工に対して強みのあるブランドです。ポロのアイテムには、木材を使用したモダンなアイテムも数多く、多様な樹種を用いた木目の表情豊かなアイテムは、インタリアンモダンスタイルのインテリアにより深みのある演出を加えるのにおすすめです。

モルテーニ同様、収納ユニットやブックシェルフなどといったストレージ家具に強いブランドで、モルテーニと比べ重厚感のあるアイテムが特徴的。イタリアデザイン界の巨匠ピエロ。リッソーニやジャン・マリー・マッソーといった大物デザイナーとのコラボレーションを行い、収納家具以外のアイテムも充実しています。深みのある木材をインテリアに多く取り入れたい方や、モルテーニと合わせてのコーディネートしたい方など、一度覗いてみて損のないブランドの一つです。

参考:Porro HP(海外サイト)
https://www.porro.com/en

B&B Italia(ビー・アンド・ビー・イタリア)

1966年創立のB&Bイタリアは、イタリアを代表するモダン家具ブランドの一つです。モルテーニ・カッシーナ同様、高級家具ブランドであり、洗練されたイタリアンモダンスタイルのアイテムを取り扱っています。自社に研究開発センターを持っており、年間の売り上げの3%を投資して技術開発・研究を行い、常に技術研鑽を怠らぬ姿勢を持っており、また品質管理においても高い水準を保つなど企業努力を怠らぬトップメーカーとしても有名です。パトリシア・ウルキオラや深澤直人、アントニオ・チッテリオなどの著名なデザイナーや若手のデザイナーとのコラボレーションを積極的に行っており、イタリアンモダンらしい洗練されたスタイルが特徴的なブランドです。

B&Bイタリアのアイテムの中でも特に人気なのはソファで、技術開発による快適な座り心地の追求とイタリアンモダンな洗練されたデザインが特徴的。また、アウトドア家具なども豊富なので、庭先や玄関前までイタリアンモダンの洗練されたスタイルにまとめたい方におすすめのブランドです。モルテーニのアイテムと合わせてコーディネートしても相性が良いので、家全体を洗練されたモダンスタイルにしたい時にも合わせてチェックしておきたいブランドです。

参考:B&B Italia HP
https://bebitalia.co.jp/

プロが選ぶ!モルテーニ の代表的なおすすめアイテムを5選

開放的でスッキリとしたモジュール収納:GRID

2018年に発表された「ヴィンセント・ヴァン・ドゥイセン」デザインによる収納ユニットであるグリッドは、固定されたバックパネルにシェルフやドロワー・ピクチャーフレームなどのハンギングユニットを掛けて、自由にカスタマイズすることのできる収納ユニットです。バックパネルには上下2本のLED照明が仕込まれており、壁面をドラマチックに演出するのに効果的な役割を果たしています。

バッグパネルにユニットを自由に組み合わせて作り上げる収納のため、オープンな収納による開放的な壁際を作ったり、ガラス製の飾り棚ユニットやピクチャーフレームを使用したコレクションアイテムの飾るための収納づくりなど、壁面の収納に自由と開放の風が吹き込んだような気持ちの良い現代風な収納システムと言えます。テレビを壁掛けにしたり、リビングの壁面を演出したり、または寝室のベッド壁際に使用するなど、使用シーンの幅も広く、お部屋の壁際のコーディネートに悩んでいる人に特におすすめのアイテムです。

参考:Molteni&C HP「GRID」(海外サイト)
https://www.molteni.it/it/product/grid

壁掛けで見せる収納美:GRADO

「ロン・ジラッド」によってデザインされた壁掛けのブックシェルフ、グラード。フレームには45°の角度がついており、角のない表情がガラスと金属の無骨な素材感を柔らかく演出しています。細部に至るまで丁寧に仕上げるモルテーニの高い技術力を感じる仕上げとともに、シンプルなデザインながら高い機能性と使い勝手の良さが特徴的な壁面収納になります。デザイン性とシンプルさが絶妙に融合されたミニマルモダンなデザインは、シンプルな無地の壁面などにアクセントとして最適です。

グラードの魅力は斜めやサイドからの眺めにあり、透明なガラスによる見せる収納による演出性や、箱型の収納でありながらスッキリとした見た目により空間への圧迫感を軽減することができます。最小限のフレームの存在感しか感じさせないので、画像のように複数個並べての仕様でも視覚的に邪魔に感じることはなく、本や置物、フィギュアやフォトフレームなど壁面を彩るのにおすすめです。

参考:Molteni&C HP「GRADO」(海外サイト)
https://www.molteni.it/it/product/grado%C2%B0-bookshelf

地平線のような静かな美しさ持つチェスト:HORIZONS

アルゼンチン出身のデザイナー「ダンテ・ボヌッチェリ」によってデザインされた飾り棚ホライゾンズ。LEDライトを内蔵しており、内部をより美しく演出することができます。一見美しいだけの飾り棚に見えますが、その扉の開閉方法は国際特許を得た折りたたみ式オープニングドアシステム採用しており、フルオープンにした時に扉の存在感が邪魔にならない高い演出性と機能性を備えています。

扉のタイプは、朝日の登る水平線のようなスッキリとした印象のトランスペアレントSTOP SOLガラスと、夕陽の光が滲む情緒的な水平線のような水平ルーバーが付いた2タイプから選ぶことができます。ルーバーは、下部に行くほど間隔が狭まるデザインとなっており、下段の棚に収納したものが見えにくくなっています。リビングはもちろん、おしゃれなダイニングやホームバーなどにも取り入れたい、演出性の高いキャビネットなので、空間をドラマチックに彩りたい方などにおすすめのアイテムとなっています。

参考:Molteni&C HP「HORIZONS」(海外サイト)
https://www.molteni.it/it/product/horizons

イタリア建築界の巨匠が自宅用にデザインしたテーブル:D.555.1

イタリア建築界の巨匠として知られる「ジオ・ポンティ」が私邸のためにデザインされたコーヒーテーブルです。モルテーニは、2012年からジオ・ポンティのコレクションの復刻を行っており、こちらのテーブルもまたモルテーニの技術力によって現代に蘇った名作の一つになります。スチールのフレームに透明なガラス天板を用いた円形のコーヒーテーブルで、細い脚がスッキリとした印象となっており、上から見ると格子状に配置され手描きで色付けされた幾何学的な構造がなんともキュートでクールな印象のテーブルとなっています。

一目でデザイナーによるハイセンスな家具であることがわかるスタイリッシュな見た目は、リビング空間をより上質なインテリアへと演出することでしょう。特徴的なシルエットは光を受けると印象的な陰影を床に表現し、夜の寛ぎの時間、淡い間接照明を利用して、より美しく空間を演出することができます。印象的な格子模様とカラーは、モノトーンインテリアへの差し色としても取り入れやすく、モダンなインテリアスタイルにおすすめのアイテムです。

参考:Molteni&C HP「D.555.1」(海外サイト)
https://www.molteni.it/it/product/d5551

有機的なフォルムが印象的なテーブル:ARC

まるで近未来を描いたSF映画に登場しそうな特徴的なフォルムが印象的なアークテーブル。デザインしたのは、「フォスター+パートナー」という設計会社です。彼らは都市計画や公共インフラ、空港などの公共物、オフィスや個人邸宅、製品設計など幅広い分野で活躍しており、このアークテーブルも現代建築の構造からインスピレーションを得てデザインされました。強度のある軽量セメントを使用したベースは、その素材の特性を生かし自由で軽快な独特のフォルムを実現しました。

アークテーブルはサイズが豊富にあり、またベースのカラーがホワイト・グレー・ブロンズ・ブリックレッド・ブラックと5色から選ぶことができるので、スペースエイジスタイルのインテリアからコンテンポラリースタイルのインテリアなど、自由な印象のインテリアにおすすめです。非常に印象的なデザインのテーブルなので、ダイニングをアイコニックに演出したい方など、是非取り入れてみてはいかがでしょう。

参考:Molteni&C HP「ARC」(海外サイト)
https://www.molteni.it/it/product/arc

まとめ

モルテーニのアイテムはとにかく見た目がおしゃれで、インテリアに取り入れるだけで高い演出性があるのが魅力の一つです。また、そんな見た目の良さに加え、モルテーニなら安心と思わせてくれる品質の良さや、「実はこんな機能が」と驚きを感じる機能性を実現する技術力など、内に秘めた力も侮れません。

おしゃれで機能的、そしてハイクオリティーなモルテーニにアイテムで、お部屋をよりクールで上質な空間へとランクアップさせてみてはいかがでしょう。

参考:Molteni&C HP
https://www.molteni.it/jp/

Hello Interior LETTER

インテリアのヒントがメールで届く!!