Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

   

ポラダ/porada の人気の秘密を探る!世界一美しい木製家具を扱うイタリアブランドを味わい尽くす

みなさんはグレタ・ガルボというハリウッド女優の方をご存知ですか?サイレント映画後期からトーキー映画の初期に活躍した伝説的女優と言われている人物で、ミステリアスな目元とクルリとした巻毛が印象的なスウェーデン出身の女優さんでした。冷たくも感じる美しい顔と、色気のある目元が印象的で、男女問わず多くのファンを魅了しました。

「ガルボチェア」は、そんな伝説の女優グレタ・ガルボの、彼女のトレードマークの巻き毛イメージしてデザインされたチェアで、クルリと巻かれたアームがなんとも優雅で美しい佇まいをしており、発表以来男女問わず多くの人に愛されてきた名作の一つとして知られています。

今回ご紹介するのは、そんなガルボチェアを手掛けているイタリアの家具ブランド「ポラダ」。「世界一美しい木製家具」を扱うブランドとしても知られており、ガルボチェアのような人の心を惹きつける優雅な佇まいの木製家具を数多く取り扱っているイタリアの老舗ブランドの一つです。美しい家具がお好きな方や、質の良い木製家具をお探しの方、大人の上品なインテリア作りをしたい方など、ポラダの魅力をご紹介していきますので、ぜひインテリアづくりの参考にしてみてください。

ポラダ が何故支持されるのか?インテリアのプロがその人気の秘密を紐解く

ポラダとは?

ポラダの歴史の出発点は、1948年、イタリア・ブリアンツァに開かれた一つの家具工房から始まります。創業者「ルイジ・アリエヴィ」は、木工の街の職人の一人として、木製椅子作りをメインに行う家具職人でありました。創業当時、大規模な設備のない小さな工房では、ガラスや金属の加工などが行えず、手に入れやすい木材を加工するしかなかった環境は、木工職人の腕を磨き上げる土壌となりました。卓越した木工技術により、1964年、イタリアの家具見本市ミラノ・サローネに初参加します。その後、50年以上に渡り連続出展を成功させ、2014年には連続出展50周年を記念し、運営協会よりポスターを贈呈されました。ポラダのブランド名になったのは1969年のこと。創業者ルイジ氏と彼の4人の息子たちの協力の元、家具ブランド「ポラダ」が創設されました。

1990年代の初め頃には、ケルン国際家具見本市へ参加。その後もパリやモスクワ、ドバイなどの家具見本市へも積極的に参加を行うことで、イタリア国内だけではなく、国外へと市場を拡大します。この試みはポラダを成功へと導き、現在ではポラダの輸出売上高はブランド全体の9割を占める、重要な市場ととなっています。イギリスの「カナリー・リバーサイド・プラザ ・ホテル」やフランスの「メルキュール パリ オペラ ガルニエ」などや、南アフリカやロシアなど多くの国々でホテルやレストラン、個人邸宅などのプロジェクトも手がけており、世界的に人気のブランドの一つとなっています。2013年には、イギリス・ロンドンのチェルシーハーバーデザインセンターにブランドストアをオープン。ショールームはイタリアとイギリスの2つのみですが、世界の多くの国で販売は行っており、日本では日本総代理店であるACTUSから、ポラダの製品を購入することができます。

2000年にはフランス・ブルゴーニュ地方の森林を購入。「ポラダの森」と名付けられた、220ヘクタール以上の広大な森林には、ポラダ製品に使用されるオーク材とアッシュ材が植えられ、その森林の管理から伐採や乾燥、製材に至るまでをポラダは一貫して行っています。上質な木材の調達、卓越した木工の加工技術と製造ライン、ポラダらしい曲線表現の美しいデザインによって作られるポラダの木製家具は「世界一、美しい木製家具」と言われ、世界のファンを魅了し続けています。

参考:porada HP「COMPANY」(海外サイト)
https://www.porada.it/en-us/company

参考:ACTUS HP「PORADA」
https://www.actus-interior.com/brand_porada/

ポラダのスタイル

ポラダのアイテムは、「自然界にも人体にも直線はない」という考えから、曲線を取り入れたデザインが多く、卓越した木工技術によって、滑らかな曲線を描く優雅な家具を多く取り扱っています。デザインのスタイルは、イタリアンモダンの洗練された佇まいで、優雅さや品の良さの感じられるものが多く、他では見ないような独特なデザインも特徴的です。エマニュエル・ガリーナやパトリック・ジュアン、ジーノ・カローロなど、多くのデザイナーとの共同を行っていますが、「ポラダらしいスタイル」を大切にした、ウッド素材を生かしたデザインが特徴の一つとも言えます。

基本は無垢のウォールナット材やオーク材、アッシュ材などのウッド素材をメインとした家具が多く、そこにガラスや金属、大理石、プラスチックなどの異素材を組み合わせたモダンスタイルを得意としており、特にウッド素材の加工に関しては、非常に卓越した技術力と製造力を備えていることが容易に伺えます。自然の木を思わせるような生き生きとした曲線を描くデザインと、それを再現し得る高い技術力の双方がなくては作ることのできないようなアイテムも多く、「世界一、美しい木製家具」と呼ばれるのも納得してしまいます。

ポラダの評判

世界一美しい木製家具のブランドとして人気のポラダですが、見た目だけではなくその使い心地はどうでしょうか。実際に使用している方の感想を参考に、その魅力をもう少し探ってみましょう。

ポラダ社ガルボチェアーです。

10年位前にアクタスで買いました。

買って数年でコーヒーをこぼしてしまってあせる背もたれの真ん中に染みが付いてますあせる

アクタスで生地の張替えもしてもらえるらしいけどずっとそのまま…

10年以上経つけど、どっしりとしてて座り心地良いです。

https://ameblo.jp/kaoringo123456/entry-11992911119.html

ポラダの人気のアイテムの一つガルボチェアは、見た目がエレガントで品の良い佇まいをしていますが、実は木製のフレームがしっかりと丈夫で、座り心地が良いのも人気の理由の一つです。こちらの方は、10年以上使用していらしても、しっかりとした状態を保っており、品質の良さが伺えます。おしゃれな見た目だけではなく、品質が良いのも、ポラダの魅力です。

先日、ダイニングテーブルがやっと届きました。

注文してから半年近くかかったポラダのインフニティです。

清水の舞台から飛び降りて購入した品です。

主人がずっと憧れていた家具で、これ以外のダイニングテーブルならいらない、ってくらいだったので、我が家にとってはかなり高価でしたが思い切りました。チェアもポラダのエスターです。

座面は色が選べるのですがライトグレーにしました。

緑や紫も候補に上がっていたのですが部屋の雰囲気とソファの色を考えてこれになりました。

座り心地もすごく良いです。

https://ameblo.jp/yummiefeb9/entry-12193115417.html

見た目の良さや品質の良さなど、一流の木工家具ブランドらしい上質さが伺えるポラダのアイテムですが、実際に購入されている方の間でよく言われていたことに、納期の時間がありました。というのも、メイド・イン・イタリアで、職人の手によって丁寧に製造されているポラダのアイテムは、日本国内ではアクタスが代理店となっているため、決まったカスタムのアイテムのみ在庫されているようです。ポラダのアイテムは、オーダーによるカスタムが可能となっていますが、その場合が納期が長くなり、数ヶ月〜半年など注文してから届くまでの時間が掛かるケース多くあります。引越しや新居への入居のタイミングで家具を揃えようと考えている方などは、時間に余裕を持った注文がおすすめです。

ポラダ が好きな方におすすめブランド

Cattelan Italia(カッテラン イタリア)

1979年創立のイタリアの家具ブランド「カッテランイタリア」は、「まるで彫刻のように美しい」と言われるような印象的なアイテムなどを扱うブランドです。ガラスや金属、大理石などモダンな素材の他、ウッド素材を使用した印象的なテーブルなども取り扱っており、ポラダのアイテムと組み合わせても違和感のない、品の良さを感じさせるブランドとしておすすめです。

ポラダとカッテランイタリアのどちらも、独特のフォルムを持つ印象的なイタリアンモダンスタイルであり、ポラダのアイテムは、ウッド素材をベースに金属やガラス・大理石などの硬質な素材を組み合わせているのに対し、カッテランイタリアは硬質な素材にウッドの柔らかな印象を取り入れているアイテムが多いため、合わせてコーディネートがしやすく、空間の演出の幅が広がります。

参考:Cattelan Italia HP(海外サイト)
https://www.cattelanitalia.com/en/

Ritzwell(リッツウェル)

ポラダのアイテムのような、落ち着いた印象のモダンスタイルの木製家具がお好きな方におすすめのブランド「リッツウェル」。1992年設立の日本の家具ブランドで、企画開発から製造までを日本国内で一貫して行っており、上質な素材使いのメイドインジャパンの職人技の光るアイテムを取り扱っています。イタリア・ミラノにオフィスを構えるなど、海外での活動も活発に行っています。

深みのあるウッド素材使いと、質の良い皮革素材使いなど、日本のブランドらしい高いクオリティーが魅力のリッツウェルは、落ち着きのあるモダンスタイルのアイテムを扱っているので、ポラダの印象的なアイテムをメインにコーディネートする際に、合わせてコーディネートしやすいアイテムが多くあります。質の良い木製家具がお好きな方は、ポラダと日本の木製家具メーカーの組み合わせもぜひ楽しんでみてください。

参考:Ritzwell HP
https://ritzwell.com/

▼Ritzwell(リッツウェル)についてさらに詳しく

モダンファニチャーとひとことに言っても、様々なモダンデザインの家具が世の中にはあります。例えば、洗練されたデザインが魅力的なイタリアンモダンの家...

 

プロが選ぶ!ポラダ の代表的なおすすめアイテムを5選

エレガントな佇まいのチェア:Garbo

1994年にタルジオ・コルツァーニによってデザインされたガルボチェアは、ポラダを代表する人気のチェアの一つです。その優雅で品のある佇まいは、伝説の女優グレタ・ガルボのトレードマークの巻き毛をイメージしてデザインされており、クルリと巻き込んだ独特のアームが特徴的です。可憐なフォルムに反し、ウォールナット材を用いいた丈夫なフレームをしており、グレタ・ガルボの大理石の彫刻のような冷たい美貌を思わせる、凛とした美しさと丈夫さが表現された傑作です。

クルリと内側に巻き込んだ曲線を描くアームは腕を置くのに最適の高さとなっており、座面は奥行きがありしっかりと腰掛けることのできる座り心地の良いチェアでもあります。見た目の良さ、使いやすさ、丈夫さを持ち合わせているので、ダイニングにはもちろん、リビングや玄関・廊下などのアクセントにも使用できる一生モノの家具となること間違いなしの一脚と言えます。また、豊富な張地のバリエーションと、フレームは2種類の木種12色のカラーの豊富なバリエーションがあるため、静かに見つめるだけで感情を表す演技ができた女優グレタ・ガルボのように、色の変化で雰囲気を変化させることができるので、インテリアの和洋、シーンを問わず、取り入れやすいアイテムとなっています。

参考:porada HP「Garbo」(海外サイト)
https://www.porada.it/en-us/products/chairs/garbo

滑らかな曲線が美しいチェア:Ester

ステファノ・ジビによってデザインされたエスターチェアは、ポラダの人気のテーブル、インフィニティテーブルと同じ意匠でデザインされた、ポラダらしいデザインのチェアです。無垢の木材を削り出し、職人の手によって丁寧に継ぎ合わせた流れるような曲線を描くフォルムは、木目の美しさや、流れるような弧を描くデザインの気持ち良さなど、熟練した木製家具職人を有するポラダだからこそできるデザインと言えます。

デザイン自体はミニマルでスッキリとした印象ですが、木の美しさや流れるような柔らかさを表現したフォルムなど、シンプルでありながら上品で洗練された美しさを持ったアイテムとなっており、モダンスタイルや北欧スタイルのインテリアとの相性も抜群です。見た目がスッキリとしいて、丸い背もたれが柔らかな印象のため、椅子をたくさん配置しなければいけない大人数のためのダイニングでも圧迫感なく使用できるので、ダイニングを広く見せたい方や、椅子をたくさん置かなくてはいけない大家族のダイニングにもおすすめのアイテムです。

参考:porada HP「Ester」(海外サイト)
https://www.porada.it/en-us/products/chairs/ester

ポラダを代表するテーブル:Infinity

ポラダを象徴するテーブルインフィニティは、名前の通り「インフィニティ=無限」を意味する記号をモチーフしたベースが特徴的なテーブルです。無垢材を削り出した12個のパーツを継ぎ合わせることで作り出されたベース部分は、ポラダの熟練の職人の中でも3名にしか許されていない繊細な作業であり、その仕上げは複雑な形状のため、手作業で研磨と塗装を繰り返し滑らかな表面仕上げとなっています。2009年の発表以来、ポラダを象徴するテーブルとして、人気のテーブルシリーズとなっており、ダイニング・リビングにと多くのサイズを取り揃えています。

一目見ただけで印象に残る見た目と、卓越した木工技術、ポラダの真髄である「自然界にも人体にも直線は存在しない」という言葉を体現するにふさわしい有機的な曲線表現が見事なテーブルで、ポラダらしいデザインをまさに体現したテーブルと言えます。ウッド素材のベースは金属ディスクとガラス天板に固定されているため安定しており、透明なガラス天板によって絡み合う木の根のようなベース部分をあらゆる角度から見ることができます。アイコニックなアイテムとして、インテリアのメインにおすすめのテーブルです。

参考:porada HP「Infinity」(海外サイト)
https://www.porada.it/en-us/products/tables/infinity

印象的な木の球体のテーブル:Gheo-K

エマヌエーレ・ミッサーリアによってデザインされた「ゲオ」テーブルシリーズ。「Gheo-K」はベースの球体が天板の真ん中に配置されたタイプで、他に「Gheo OFF」という天板の中心からベースをずらしたタイプが存在します。無垢の木材を球体状に組み合わせたインパクト抜群のベースに、透明な丸いガラス天板を乗せた美術館に置いてありそうな印象的なテーブルです。

ベースのウッド素材は、アッシュ材とウォールナット材の2種類の木材から選ぶことができ、木目を生かした寄木細工のような表面の表情が豊かな球体は無機質になりがちなモダンインテリアに木の生き生きとした表情を加えてくれます。上質な木材を使用し、木目の美しさや、木の特性を愛するポラダだからこそ作れる大きな木の球体は、インパクトのある見た目でありながら、ウッド素材特有の素朴さも併せ持っており、金属とガラス素材の硬質な印象を和らげてくれています。ダイニングのアイコニックなテーブルとして、モダンインテリアから和モダンスタイルなどにもおすすめのアイテムとなっています。

参考:porada HP「Gheo-k」(海外サイト)
https://www.porada.it/en-us/products/tables/gheo-k

動きを感じるネジれテーブル:Spin

ジーノ・カローロによってデザインされたスピンテーブルは、木の板をねじったような特徴的なベースがチャームポイントのテーブルです。ベース部分は、もちろん木の板をねじって作ったわけではなく、無垢の木材を削り出すことによって形を作り出しており、ポラダの技術の高さが伺えます。カローロ氏は似たデザインで、「Elika」というテーブルシリーズもデザインしており、同じように木の板をねじったような特徴的なベースですが、そちらはスピンよりも太めのベースとなっており、スピンテーブルよりもテーブルサイズも大きく、サイズが豊富となっています。

スピンテーブルは小さめの1〜2人用のサイズのテーブルなので、スペースに限りのある空間におすすめで、エリカテーブルはベースの木目が横向きで空間に広がりを感じるのに対し、スピンテーブルのベースは木目が縦向きになっているため、圧迫感がなくスッキリとした印象となっています。一人暮らし用の小さなダイニングテーブルとしてや、窓際にカフェスペースを作りたい時などにもおすすめのテーブルです。

参考:porada HP「Spin」(海外サイト)
https://www.porada.it/en-us/products/tables/spin

まとめ

ポラダのアイテムは、独特の有機的な形状を無垢材によって表現しており、そのフォルムを作り出す技術は「さすが」の一言に尽きます。そしてどのアイテムでも木目の美しさが際立っており、それは木材の扱いを熟知していなくてはできない加工と、素材にまで拘った木製家具への深い愛があるからこそできるのではないでしょうか。

素材にこだわり、丁寧に作られた木製家具は、一生モノの家具として長く付き合っていくことができます。そしてポラダの家具もまた、どの時代でも飽きの来ない、ポラダならではの品の良い上質なデザインと、一生モノになる丁寧で丈夫な作りによって、親から子へと受け継いで行けるような上質な木製家具となっています。皆さんもぜひ、ポラダのアイテムを手に入れて、一生モノの世界一美しい木製家具を近くで感じてみてはいかがでしょう。

参考:porada HP(海外サイト)
https://www.porada.it/

参考:ACTUS HP porada
https://www.actus-interior.com/brand/porada

Hello Interior LETTER

インテリアのヒントがメールで届く!!