Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

   

【プロが教える】コンテナを使ったおしゃれなガーデンを実現する方法!お庭やベランダで最も気軽に楽しめる

橋本朝子
著者:橋本朝子 (一級建築士)

フィンランド在住。法政大学建築学科卒業。建築設計事務所、ガーデニング設計施工会社を経て独立。現在はフィンランドで個人邸宅の庭をはじめ、学校、店舗、公園など幅広い外部空間の設計を手掛ける。設計のテーマは、「毎日の暮らしがより楽しくなるガーデン」。住まいは築50年の住宅。インテリア、ガーデンともにリノベーションを重ねて家族と住む。趣味はアップサイクル。

これからガーデニングを始めてみたい人にも、ガーデニングが大好きでつい植物が増えてしまう人にもぜひおすすめしたいコンテナガーデン。鉢や素敵な入れ物に植物を合わせて楽しむのがコンテナガーデンです。気軽に始められ、小さなスペースでも楽しめ、季節ごとに雰囲気を変えるのが簡単とメリットがたくさん!

買ってきた鉢をただ置くだけでも立派なコンテナガーデンですが、無計画に鉢を並べたのでは単なる雑多な庭になってしまう恐れも。今回はどのように演出したらよりおしゃれなガーデンになるのかを豊富な実例を交えながら詳しく解説します!

コンテナを取り入れたおしゃれなガーデンを実現する方法

https://www.pinterest.jp/pin/572942383855804508/

コンテナガーデンは容器に植えられた植物、つまり鉢植えを庭そのものとして、または庭のアクセントとして楽しむものです。一鉢に一本の苗を植えても、複数の植物を寄せ植えしてもOK。鉢と植物の組み合わせや配置次第で様々なイメージに演出することができます。

コンテナを取り入れておしゃれなガーデンを実現するポイント

https://www.pinterest.jp/pin/345932815135270780/

一戸建ての庭、マンションのベランダ、どんなお庭でもコンテナガーデンを取り入れることで素敵にすることができます。コンテナガーデンでお庭全体をおしゃれに見せるポイントは、1,建物やお庭のイメージ・テーマに合った鉢や植物選びをすること。2,鉢の大きさや数、それらの配置も計画して、意図的に置くこと。

https://www.pinterest.jp/pin/345932815139047907/

大きくて印象的なコンテナガーデンを1つだけ置けば、シンプルモダンかつ力強いイメージです。例えば大型のコンクリート製ポットにシンボルツリーやはっきりした形の多肉植物を一つだけ植えれば、玄関前やお庭の中で特に目を引くコーナーを作れます。

https://www.pinterest.jp/pin/345932815137782940/

同じ鉢を複数置くのもおしゃれです。例えば玄関ドアの左右に同じ鉢を置くと、玄関回りがより象徴的に見えます。平凡な壁の前でも同じ鉢を均等の間隔で配置すれば、リズミカルで面白い空間になります。

https://www.pinterest.jp/pin/345932815135886865/

大中小の鉢を組み合わせれば変化のあるコンテナガーデンコーナーに。鉢は同じ色や風合いのものも良いですし、あえて違うイメージのものを合わせても。ただしイメージの違う鉢や植物が増えれば増えるほど雑然とした印象になってしまいます。鉢が3~5個程度までならすっきり&バランス良く見せることが可能。

https://www.pinterest.jp/pin/345932815137028018/

花が美しい植物、葉を楽しむ植物、ハーブや果樹などなど、たくさんの植物や鉢を置きたい場合はテーマを決めることによって統一感を出すと、雑多な印象になるのを防げます。写真の例なら「マットな質感のあるモノトーンの鉢とシルバーリーフプランツを集めた都会的なナチュラルガーデン」。

コンテナを使っておしゃれな寄植えを実現するポイント

https://www.pinterest.jp/pin/345932815135842489/

様々な植物を寄せ植えすれば一つの鉢で花壇のようなボリューム感をだすことができます。この場合も、テーマを決めるのがおしゃれにする近道。テーマは色、季節に加えて、洋風、和風、田舎風、都会風、ナチュラル、エレガント、シック、シンプルなどの好きなキーワードを組み合わせてみましょう。

例えば「明るいイエローの春の素朴な田舎風コンテナガーデン」と決めれば、鉢は藤のバスケット、植物は黄色のパンジーや明るい緑色の葉ものなどチョイスも簡単です。

コンテナを使えば四季への対応がかんたん?四季の変化に対応するポイント

https://www.pinterest.jp/pin/345932815136682710/

置き場所の変更が自由なのはコンテナガーデンの大きなメリットです。コンテナガーデンなら、花の観賞時期が終わったら新しい季節の鉢と交換、または新しい花苗に植え替えすることができます。また常緑の植物と寄せ植えや寄せ鉢にして、季節を表現する花材だけを交換していく方法もあります。

https://www.pinterest.jp/pin/345932815136363208/

ツゲやコニファーと花の寄せ植え・寄せ鉢なら緑を絶やさず簡単に季節ごとのチェンジができます。晩秋から冬までコニファーに加えてカルーナ、ハボタン、クッションブッシュを合わせます。この時点でスイセンやチューリップ、ムスカリなどの球根類を仕込んでおいても良いですね!春が近づいてきたら、パンジーやアリッサムを追加して初夏まで楽しみましょう。

https://www.pinterest.jp/pin/434597432799178942/

初夏から晩秋までは色鮮やかな花に加え、長期間楽しめるカラーリーフプランツやオーナメンタルグラスを効果的に使った寄せ植えや寄せ鉢がおすすめです。写真のように、ペチュニアの背景や手前のカラーリーフプランツは初夏から晩秋までそのまま楽しみ、秋からはペチュニアをポットマムにチェンジしましょう。

さらに詳しく!コンテナの素材・大きさ別の取り入れ方を解説

植木鉢はテラコッタポットや陶器、コンクリートの他にもさまざまな素材のものがあります。

木製のコンテナガーデニング

https://www.pinterest.jp/pin/56787645282655765/

長方形のウッドプランターを壁沿いやベランダに並べれば限られた空間により多くの植栽ができます。常緑低木を列植すれば目隠しとして、花類を植えればボーダー花壇として機能。ウッドデッキと塗装の色合いを合わせたりトレリスを取り付けて高さに変化を出したり、より空間に変化を出すような演出をしても良いですね。

金属のコンテナガーデニング

https://www.pinterest.jp/pin/281543714814711/

金属製のポットは気軽に取り入れられてフラワーショップの店先のような雰囲気を出すことができます。金属性のポットで統一すれば、雑多な植物を置いても統一感が保てるのもうれしいところ。ガーデンラックにたくさん並べたり、同素材のジョウロやミルク缶などと合わせてディスプレイすればシックな雰囲気に。

大型のコンテナガーデニング

https://www.pinterest.jp/pin/108367934773723761/

植木鉢が大きくなるほど利用方法の幅が広く、より存在感のあるコンテナガーデンにすることができます。土があまりないお庭ならシンボルツリー、低木、花やグラウンドカバープランツを寄せ植えして、小さな庭のような表現にしても。大型の鉢は移動が困難になりますので、設置場所を厳選しましょう。

プロが教える!コンテナを取り入れたおしゃれなガーデン実例10選

次に、場所別にコンテナガーデンの取り入れ方をご紹介します。

コンテナ×お庭編 3選

コンテナガーデンなら、インパクトのあるコーナーができる

https://www.pinterest.jp/pin/2744449764233346/

平凡な植え込み、砂利を敷くしかない軒下など、お庭の様々な場所がコンテナガーデンで素敵なコーナーになります。例えばちょっとした壁面を背景につぼ型の鉢を置き、背の高い観葉植物や多肉植物を植えましょう。鉢の周りにグラウンドカバーを植栽すれば、高低差のある面白いコーナーになります。

テラスならコンテナガーデンで花や香りのある植物を身近に楽しめる

https://www.pinterest.jp/pin/345932815137043566/

お庭でのんびり過ごすテラスなら、五感で楽しめる植物を飾りましょう。ふわふわと触感の良い植物、香りのよいハーブ類、野菜類、好みの色の花など。写真のような藤のバスケットを鉢カバーで統一すればよりリラックスした表情を出すことができますよ。

キャスター付きにすれば、可動式のコンテナガーデンも可能

https://www.pinterest.jp/pin/350436414763557186/

大型のプランターに常緑樹を植えて通路を目隠ししたいけれど、通路を広く使える可能性も残したい。そんなときは長さ、奥行きともに余裕があるプランターにキャスターをつければOK。地面はタイル貼り、コンクリートなどの平滑な面が理想的です。

植木鉢以外のものを鉢として利用すれば、より楽しい庭になる

https://www.pinterest.jp/pin/1196337393224554/

お庭をより自分らしく演出したい。遊び心のある庭にしたい。そんな希望もコンテナガーデンがかなえてくれます。植木鉢以外のものを鉢として利用してみましょう。バケツ、ミルク缶はもちろん、やかん、台車、椅子、たんす、スーツケース、自転車のかごなどに花を植えて、ご近所をびっくりさせましょう!

コンテナ×玄関・アプローチ編 4選

常緑低木のトピアリーと一年草の組み合わせなら、玄関先が常にエレガント

https://www.pinterest.jp/pin/345932815137491672/

玄関前を常にエレガントに見せることができる定番コンテナガーデンなら、常緑低木と次々に花が咲く一年草の組み合わせ。細い一本幹の上に丸く枝葉を整えたスタンダード仕立てのトピアリーは、それだけで存在感が抜群。高さ1.2メートルの木とバランスが良いのは直径と高さが40~50センチの大きめポットです。

カラーリーフプランツのコンテナガーデンなら、日陰の玄関ポーチが明るくなる

https://www.pinterest.jp/pin/345932815136293326/

印象的な色形の観葉植物やカラーリーフプランツなら、日光が少ない玄関ポーチでも育てられ鮮やかな色合いを楽しむことができます。鉢もパステルカラーや鮮やかで明るい色を選べば玄関先が華やぎます。花なら半日陰でも比較的よく咲くニチニチソウやニューギニアインパチェンスがおすすめです。

玄関前の階段を利用して寄せ鉢すれば、花と緑のボリュームをだせる

https://www.pinterest.jp/pin/816418238708054794/

植え込みスペースが少ない玄関アプローチの階段はコンテナガーデンを利用すればよりボリューム感のある花と緑の演出ができます。それぞれの段に全く同じ鉢にはいった低木や多肉植物をおけばモダンに。写真のように季節の花が植えられた大小のテラコッタポットを無造作におけば、ヨーロッパの郊外風に。

コンテナ×ベランダ編 3選

ガーデンラックを利用すれば、高低差のあるグリーンを効率よく見せられる

https://www.pinterest.jp/pin/345932815137523359/

面積の限られたベランダなら、ガーデンラックなどを利用して省スペースかつ立体的なガーデンにしましょう。はしごを利用したラックならどことなくヨーロッパの田舎風。テラコッタポット、金属製ポット、バスケットポットや木箱などがよく似合います。

大型の鉢を利用すればマンションでもシンボルツリーのある生活ができる

https://www.pinterest.jp/pin/501799583487059514/

常緑のシルバーリーフが美しいオリーブは、人気のシンボルツリー。大型の鉢に植えればマンションのベランダで実現可能です。木の足元にはビオラやペチュニアなどの一年草などを植えればよりお庭らしくなります。写真のようにスポットライトを組み込めば夜景も楽しめます。

ウッドプランターに常緑樹を列植すればバルコニーでも生垣ができる

https://www.pinterest.jp/pin/345932815136682660/

長方形のウッドプランターを連続しておけば、ベランダでも生垣ができます。向かいのマンションの視線が気にならなくなれば、快適に昼寝を楽しめるスペースになりますね!

まとめ

お庭やベランダで最も気軽にガーデニングを楽しめるコンテナガーデン。季節ごとの演出がしやすく、植え替え、撤去や移動も簡単。住宅や庭のイメージに合った鉢を適切な場所に飾れば、ぱっと目を引くアクセントにもなりお庭が一気におしゃれな印象に。

植物が好きなら、ついたくさん買って庭が雑多になってしまうこともあります。コンテナガーデンを複数置くなら、ちょっとした計画をしましょう。全く同じ鉢をドアや窓に左右対称に置けばシンボリックに。等間隔で置けばリズミカル。様々な鉢をたくさん置くなら、鉢の色や質感に統一感を持たせるとすっきり見えます。

次にコンテナガーデンを取り入れる際に、ぜひご参考にしてくださいね!

Hello Interior LETTER

"こだわりのある大人" のための
インテリアのヒントをメールでお届け