Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

   

【プロが教える】サルスベリを使ったおしゃれなお庭を実現する方法!長い間花が咲くシンボルツリーをお探しなら

橋本朝子
著者:橋本朝子 (一級建築士)

フィンランド在住。法政大学建築学科卒業。建築設計事務所、ガーデニング設計施工会社を経て独立。現在はフィンランドで個人邸宅の庭をはじめ、学校、店舗、公園など幅広い外部空間の設計を手掛ける。設計のテーマは、「毎日の暮らしがより楽しくなるガーデン」。住まいは築50年の住宅。インテリア、ガーデンともにリノベーションを重ねて家族と住む。趣味はアップサイクル。

長い間花が咲くシンボルツリーをお探しの方、あまり大きくならずに四季の変化が楽しめる樹木をご希望の方、洋風にも和風にも似合う木、サルスベリはいかがでしょう。

サルスベリは日本で昔から栽培されてきた優れた樹木です。ヨーロッパではクレープマートルと呼ばれ、絶大な人気があります。園芸種も様々あり、ガーデニング初心者からマニアの方まで楽しめます。サルスベリを取り入れてお庭に季節感を演出してみませんか!

サルスベリを取り入れたおしゃれなガーデンを実現する方法

サルスベリの特徴とガーデニングのポイント

https://www.pinterest.jp/pin/4925880832752929/

サルスベリは落葉性の広葉樹で、中高木です。日本でも江戸時代から栽培されています。サルスベリという樹木名の通り、サルでも滑りそうなつるつるの幹が特徴です。ヨーロッパで人気がある理由の一つは、夏の華やかさと花の時期が長いこと。初夏から初秋にかけて、3~4か月もの間花を楽しむことができます。

すっと伸びた枝先に小さな花が房状にまとまって咲き、目を引きます。花自体もよく見ると花弁の縁にフリルのはいった可愛らしいもの。花色は様々な色合いのピンクが中心で、赤や白もあります。花後には種のつまった丸い実がつきます。秋の紅葉、冬の枝ぶりにも観賞価値があり、一年を通じて季節を感じることのできる樹木です。

https://www.pinterest.jp/pin/755338168758966812/

サルスベリの樹形は、まとまったパラソル型。夏に緑陰を楽しむのにぴったりです。長くのびる新梢は花の時期には先端の重みできれいなアーチを描きます。サルスベリはヒコバエが出やすく、株立ちになりやすい樹木。単幹のものも手に入りますので、お庭のデザインによって選びましょう。

サルスベリの樹高は、高く育つ品種だと最高で7メートル程度。実はサルスベリには様々な品種があり、高木性のものに加えて低木状のものまでさまざま。葉の色がダークがかった品種もあります。ただ総じてサルスベリは寒さに弱く、寒冷地には不向き。東北以南での植栽がおすすめです。

地植えでも鉢植えでも!サルスベリでおしゃれなガーデンを実現する方法

サルスベリ×地植えの場合

https://www.pinterest.jp/pin/502432902181997967/

サルスベリの樹冠は横にひろがります。シンボルツリーとして利用したい場合は、ある程度広い場所に植えるのがおすすめです。サルスベリの魅力を生かすには自然樹形に仕立てるのが一番ですが、剪定で広がらない形を保つことも可能です。

https://www.pinterest.jp/pin/524880531571268248/

複数のサルスベリを植えれば、夏のお庭が華やかに見えます。品種によって花の色合いが違うので、数種類をまぜても良いでしょう。逆に落ち着いた雰囲気の庭にしたいなら薄いピンクや白の花がおすすめです。

単幹のサルスベリを列植すれば、リズミカルな植栽に。株立ちのサルスベリならボリューム感がでて冬の枝ぶりも楽しめます。

https://www.pinterest.jp/pin/38421403061543526/

樹冠の下の地面は、夏の暑い日にも木漏れ日がさす心地よい空間。ベンチをおいて花と緑陰を楽しむのもよし、木漏れ日が気持ち良い通路や小道にしてもよし。サルスベリの木の足元は半日陰を好む多年草にも理想的な場所なので、下草を植えて楽しむのも良い方法です。

https://www.pinterest.jp/pin/345932815140178603/

矮性のサルスベリなら、花壇の中にまぜて植えたり低い生垣として利用できます。

サルスベリ×鉢植えの場合

https://www.pinterest.jp/pin/498844096203790988/

サルスベリは鉢植えでも楽しむことができます。鉢植えなら玄関ポーチやテラス、またはマンションのベランダでも美しい樹形と花を楽しめます。高木性のサルスベリなら、しばし鉢で楽しんだ後は地植えにするのがおすすめです。サルスベリを大きくしないで、長く鉢植えで楽しみたいなら小型~矮性のサルスベリを選びましょう。

サルスベリと合わせて使いたい!相性が良い植物・マテリアル

サルスベリと寄植えして相性が良い植物

https://www.pinterest.jp/pin/345932815140173343/

サルスベリの樹冠の下は、半日陰の空間。半日陰に向く植物がおすすめです。サルスベリのピンクの花と合わせるなら、インパチェンス、ニチニチソウ、アスチルベ、シュウカイドウなどを。白花サルスベリなら、アジサイやホタルブクロなどブルー系やクリームイエローの花をあわせるとしっくりまとまります。

半日陰に合う低木、グラウンドカバープランツや、葉に観賞価値のある草類もおすすめです。低木ならアセビ、セイヨウイワナンテン、サルココッカなどが、草類ならヤブラン、ヒューケラ、ホスタなどがあります。

サルスベリと相性が良い鉢

https://www.pinterest.jp/pin/345932815140173515/

のびのびとした樹形を楽しみたい場合は、葉ばりに見合う大きな鉢がおすすめです。ウッドプランターなら大きめサイズをオーダーすることも可能。大型のテラコッタポットやコンクリートポットでも良いですね。

https://www.pinterest.jp/pin/AbLwT7PtQaqJPlWGZH5oSGyTtKFypYt5pLF074QZKG26uwMAnbv75T0/

極矮性なら様々な鉢がサルスベリに似合います。お庭のイメージに合わせて選びましょう。洋風ならテラコッタポット、和風なら陶器の鉢や盆栽鉢に植えて楽しんでも。

サルスベリは育てやすい?育て方と剪定のコツをおさえておこう

https://www.pinterest.jp/pin/408138784975865898/

サルスベリは生育が旺盛で乾燥に強く、初心者向けの庭木です。

日当たり、水はけのよい場所に植えましょう。植え付けは初春が適期。庭木用の培養土で植えましょう。植え付け後は水切れしないように注意しますが、根付いてからは極度の乾燥時以外は水やりは不要です。枝がこんでくると病害、虫害が発生しやすくなりますので、風通しをよくするためにも剪定作業を行いましょう。

 

https://www.pinterest.jp/pin/32158584828350182/

剪定作業は主に年に2回行いましょう。開花中、花が終わった枝先から早めに切除しましょう。秋の落葉後には思い切った剪定が可能です。樹形をさっぱりと整えたい場合もこのタイミングで。春から伸びた枝、細かい枝、樹形を乱す不要枝を切り落としましょう。

https://www.pinterest.jp/pin/527202700138068540/

サルスベリを小さく保つために、毎年決まった位置ですべて切り落とす方法があります。すると切った場所から新芽がたくさんでて、毎年同様のパラソル樹形を保てます。ただしその部分はやがてコブ状に発達し、冬の美観を損ねてしまいます。自然樹形を目指す場合は、同じ場所できりおとさず、透かし剪定をしましょう。

プロがおすすめする定番サルスベリの品種3選

庭木として人気のある3種をご紹介します。

小型でもインパクトがあり、シンボルツリーになるダイナマイト

https://www.pinterest.jp/pin/16325617387872872/

スモールスペースでも植えられて目立つ花を咲かせるシンボルツリーをお探しなら、サルスベリ・ダイナマイトはいかがでしょう。ダイナマイトは最高樹高3メートル程度で、単幹になりやすくコンパクトに育ちます。深紅の花を枝先いっぱいに咲かせる姿は、人々の注目を集めること間違いなしです。

堂々としたパラソル型、夏に涼をよぶ白い小花が咲くナチェ

https://www.pinterest.jp/pin/3870349669365021/

美しいパラソル型の緑陰は、夏に恋しいもの。日本の暑い夏で涼しげに見える、白花の高木サルスベリは魅力的です。特に庭のカラーテーマがピンクや赤以外なら、落ち着いた印象の白花サルスベリ、ナチェが良い選択です。和風の庭にもよく似合います。樹高5~7メートル程度。

スモールスペースで育てられる矮性サルスベリ、ポコモック

https://www.pinterest.jp/pin/388224430385907798/

ポコモックは矮性のサルスベリ。1メートルほどのこんもり丸くまとまった樹形に育ちます。伸びた枝先に花を咲かせる性質は一般のサルスベリと同じです。開花時にはピンクの玉のようです。花壇の中に取り入れたり、低い生垣としての利用ができます。鉢植えにむいているのはこのような矮性種です。

プロが教える!サルスベリを取り入れたおしゃれなガーデン実例12選

サルスベリ×お庭・花壇編 4選

テラスにサルスベリを植えれば、夏の間だけ木陰をつくってくれる

https://www.pinterest.jp/pin/44402746297499068/

お庭にテラスやウッドデッキがあるなら、高木性のサルスベリを植えればガーデンパラソルの代わりになります。夏は花が楽しめるうえ木漏れ日が、冬は美しい枝ぶりと日光浴が楽しめます。

花壇の中に小型のサルスベリを植えれば、立体的に華やかさを出すことができる

https://www.pinterest.jp/pin/13299761390606481/

ウッドフェンスやウォールの脇に花壇を作るなら、小型のサルスベリもぜひ加えてください。主に足元を華やかにする花壇に加え、目の高さでも花を観賞できます。花壇の色合いを立体的に楽しむ良い方法です。

花色の違うサルスベリを植えれば、庭をカラフルに彩ることができる

https://www.pinterest.jp/pin/275141858476408842/

花壇や植栽コーナーに余裕があれば、複数の色合いのサルスベリを植えるのも良いでしょう。夏中庭をカラフルに彩ることができますよ。ピンクのグラデーションでまとめてもよいし、紅白で植えても素敵ですね!

サルスベリ×シェードガーデンで、さわやかな林の小道を演出できる

https://www.pinterest.jp/pin/44332377571956659/

夏の間は暑くて庭にでたくない!でも我が家にサルスベリの林があったら環境が一変します。白花で株立ちのサルスベリが数本あれば、そこは気持ちのよい木漏れ日がさす庭。砂利敷きの小道の周囲にアスチルベやアルケミラモリスなどを群植させれば、我が家で林の小道を散歩することも可能。

サルスベリ×アプローチ編 5選

小型のサルスベリでも十分アプローチ空間のシンボルツリーになれる

https://www.pinterest.jp/pin/321725967139813728/

ヨーロッパでは玄関先を飾ることも多いサルスベリ。低木やグラウンドカバープランツの植えられた緑地の中に、一本植えるだけでも玄関先を素敵に見せてくれます。小型のサルスベリでも立派なシンボルツリーとして機能します。

玄関ドアに対して左右対称に植えれば、高級感のあるエントランス空間になる

https://www.pinterest.jp/pin/516506651022961873/

住宅のデザインが左右対称になっているなら、ぜひ試してもらいたいテクニック。左右対称に同じサルスベリを配置するだけで、家全体を高級に見せてくれます。

ポストまわりにサルスベリと花壇を組みあわせれば、ウェルカムガーデンに

https://www.pinterest.jp/pin/840132505498729161/

玄関前に赤い花壇コーナーをつくって我が家をアピールしてみませんか!サルスベリは、先ほどご紹介したダイナマイトをチョイス。足元にはオタフクナンテン、コリウス、ベゴニアなど赤の際立つ植物を植栽。独立ポストや門柱のまわりにデザインするとまとまった空間になりますよ。

玄関前シンメトリーは鉢植えでも可能。エントランスが特別な空間に!

https://www.pinterest.jp/pin/345932815140173225/

玄関ポーチが階段になっているなら、それぞれの段にひとつずつ鉢植えの矮性サルスベリを並べてみましょう。左右対称に置けば、それだけで花いっぱいの祝祭空間に!

玄関アプローチ入口に高木サルスベリを植えれば、花と緑のアーチに

https://www.pinterest.jp/pin/502432902148258212/

玄関アプローチの入り口にガーデンアーチをつけようか迷っているなら、サルスベリもご検討ください。サルスベリの枝はアーチ状に垂れ下がる性質があるので、出入りするたびに花と緑のトンネルをくぐっている気分になれますよ。

サルスベリ×ベランダ編 3選

鉢植えの矮性サルスベリならどんな場所でも花いっぱいを楽しめる

https://www.pinterest.jp/pin/531072981046568916/

マンションのベランダでサルスベリを取り入れるなら、まずは矮性がおすすめです。春の新緑、夏の花、秋の紅葉、冬の枝ぶりがすべてよく見えるように、ガーデンラックや背の高い鉢を利用しましょう。

大きめウッドプランターを利用すれば、ベランダでもシンボルツリーを楽しめる

https://www.pinterest.jp/pin/238690848972911615/

日当たりさえあれば、マンションでもサルスベリのある暮らしができますよ。最高樹高が3メートル程度のサルスベリなら、マンションのベランダでも育てられます。根の成長スペースを確保するため、高さや幅が50センチはある大きめのプランターに植えましょう。

盆栽なら和の空間を飾れる

https://www.pinterest.jp/pin/155303887550795999/

サルスベリは盆栽に仕立てることも可能。これならどんな小さい場所でも飾れます。

まとめ

夏中花が楽しめ、秋は紅葉、冬は美しい幹肌も観賞できるサルスベリ。古くから花木として楽しまれてきたのも納得ですね。お庭に一本あれば、季節を思う存分楽しむことができます。サルスベリには高木性、小型、さらに矮性の種類があります。花色も合わせて、我が家の庭に合った選択をしてくださいね。

Hello Interior LETTER

"こだわりのある大人" のための
インテリアのヒントをメールでお届け

インテリアのプロが毎月2通配信♪
1,000名以上の方が購読中♪