Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

      2019/09/25

【おすすめの切り株椅子5選】悩みがちなコーデを実例交えて徹底解説!

玄関で靴を履くときに腰掛けたい時や、リビングのちょっとしたスペースにインテリアとして飾りたい時にオシャレで便利なのがスツールです。また、単なる椅子の形状をしたスツールではちょっと味気なく感じてしまいます。

切り株のザラザラとしたテクスチャ、重たいシルエットの野暮ったさをあえて残したインテリアが個性的なギャップを生んでモダンアイテムへと変化しています。

インテリアアクセントとしてだけでなく実用面では消臭効果も期待できるほか、木が呼吸して空気を綺麗にしてくれるリフレッシュ効果もあるとか。取り入れやすいアイテムなので、参考までにぜひ見てみてください。

切り株椅子を選ぶときの注意点とは?

①目的に合わせた配置とボリュームを調整する

引用:https://casacook.com/casa-cook-rhodes/gallery
切り株の椅子はそれ程大きくない家具なので商品による大きなサイズの差も少ないですが、レイアウトなバランスは重要です。

視線を通すためにスツールタイプを選んでも床の見えないくらい沢山並べると勿体無いですよね。

床の見える面積を出来るだけ確保しながら、切り株椅子が引き立つような距離感覚を空けて配置すると洗練されたイメージが増してきます。

②他の家具との高さを意識する

引用:https://casacook.com/casa-cook-rhodes/gallery
他の家具と合わせて使う場合は、それらの使い勝手に合わせて高さを設定しましょう。

ダイニングテーブルではテーブル高さとのギャップを300mmで設定しておけば、食事もしやすくベストな関係になります。

③部屋の家具とのコーディネートを合わせる

引用:https://casacook.com/casa-cook-kos/rooms
ここでは単に部屋のデザインスタイルを合わせるのではなく、フロアランプを組み合わせてベッドサイドの照明としたり、植栽とアロマディフューザーを部屋の隅に配置したインテリアになど、今現在持っている家具やアイテムとの相性を考えて形、サイズ、ボリュームを選ぶといいかもしれません。

やってしまいがち!切り株椅子のNGコーデ例3選

①ただランダムにならべるだけはNG

引用:https://www.tokkoya-kagu.com/?p=21699
無造作に飾るインテリアのコーディネートも人気ではありますが、視界の確保は大切です。高さを出すときは適度に細くシルエットをまとめること、乱雑に並べたい場合は高さを抑えるといった、縦横での強弱は注意しましょう。

②大き過ぎる家具は大きさも重さも実用面ではNG

引用:https://www.pinterest.jp/pin/254805291395798887/

無垢材のソファともなると大きさと重さがとても大きな問題となります。重すぎて搬入が出来なかったり、普段の掃除の際にも容易に動かせない状況になりかねません。美術館や博物館で無ければ無垢材の家具ではコンパクトで実用的な大きさを優先に考えましょう。

③素材が剥き出しはNG

引用:https://news.livedoor.com/article/detail/9866835/

切り株は、その名の通り1本の大きな丸太から材料を切り出しています。素材は本物の一本木であるため個性が強いです。

素材感を残したラスティックな仕上がりもハードで男らしさの強調でもありますが、デザインとしてのメンテナンス性を考えるとささくれが大切な洋服や部屋を傷つける事にもなりかねないので注意しましょう。

荒々しいスタイルがお好みの方はサンダー(表皮を削る工具)のかけ具合など細かいニュアンスを実例写真を交えて伝えると良いです。

コーデ実例つき!プロが考えるおすすめの切り株椅子5選

① HIBA WOOD STOOL【L.E.S online shop】

引用:http://les-web.jp/
木曾ヒノキ、秋田スギに並んで日本の三大美林に数えられる青森ヒバは明るく優しい表情の年輪と香りの高さが特徴的な木種です。

木肌の色も皮をむくと優しい赤みを帯びていて、存在感は主張しすぎないシンプルなシルエットです。

<スペック>

価格:小/¥27,000(税込) , 大/¥30,240(税込)

寸法:小/φ300〜360 x H300-mm , 大/φ300〜360 x H400-mm

素材:青森ヒバ

写真付きコーディネート実例

引用:http://les-web.jp/product/wood-stool.html
白い床と壁、ナチュラルな白木の木の色がベストマッチしています。ソファの差し色が優しい空の青を表現しているようで温かい気持ちに包まれます。コンクリート打ちっ放しなどの淡いグレーなどともコンビネーションのバランスが良いです。

② チークウッドとロープの丸太スツール【Asia-kobo】

引用:https://asia-kobo.com/fs/rkplanning/0000000104/13725
Asia-koboでは東アジアの雑貨・家具を輸入販売していますのでチークウッドなどのアジアで取れる木材を使っています。こちらのスツールはバリリゾートで有名なインドネシアが原産国でハンドメイド品のため一つ一つが少しずつ違った表情をしています。

持ち運びもされやすいように指掛けの加工と内部をくり抜いて軽量化されています。ですがシルエットは無垢の丸太からの削り出しで作られているので本物の質感を楽しめます。

<スペック>

価格:¥16,092(税込)

寸法:φ350 x H430-mm

素材:チークウッド,ロープ(ポリオレフィン)

写真付きコーディネート実例

引用:https://asia-kobo.com/fs/rkplanning/0000000104/13725
国産の丸太椅子で使われる木種よりも木目の表情が強く荒々しいのでこのようなラスティックなフローリングとも相性が良いです。木の色も赤みを帯びているのでオーソドックスな一般家具の茶色に馴染みやすい色が使いやすいです。

③ STUMP Stool / side table【CIBONE】

引用:https://www.alcarol.com/products/typologies/side-tables/stump-stool/

イタリアのベニス本拠地を構えるデザインデュオのalcaro alcarolは自然の物をプロダクトデザインに上手く取り入れ、自然の美しさとデザインを融合させた表現に重点を置いて作品作りを行なっています。

レジンとの組み合わせによって氷で呼吸を止められたような何かを訴えかけるようなデザインは見るひとの目を奪います。

<スペック>

価格:¥410,400(税込)

寸法:W300 x D300 x H450

素材:天然木,レジン

写真付きコーディネート実例

引用:https://www.alcarol.com/products/bricola-collection/anchor-stool-venice-wood-and-resin/

シャープなソリッド感と木質の荒々しいテクスチャのギャップがコンテンポラリーデザインを象徴しています。素材の生命を表現した作品なだけに無機質でシンプルなコーディネートに相まって洗練されたイメージに纏まっています。

④ Stump【KALON】

引用:https://kalonstudios.com/materialsmethods/
Michaele SimmeringとJohannes pauwenの二人によってアメリカで作られたKALONという家具ブランドは
自然環境の保護の観点から限りある資源を有効化しながら守っていくプロダクトの元製作されています。

ナチュラルな素材とエッジの柔らかなフォルム、現代的なフィルターがこちらのブランドの特徴で”汎用性”と”持続可能”がキーワードとしてデザインされているので偏ったスタイルでは無く中立的な姿をしています。インテリアのコーディネートに左右されない使いやすさがメリットではないでしょうか。

<スペック>

価格:$85〜$350

寸法:Small/W203 x D203 x H305-mm , Large/W305 x D305 x H432-mm

素材:ホワイトアッシュ,メープル

写真付きコーディネート実例

引用:https://kalonstudios.com/shop/stump/
ホワイトアッシュの綺麗な木目は日本のヒバやヒノキの表情にもどことなく近しい印象があります。素材のもつ素朴な美しさは日本の家具のテイストにも合わせやすくシンプルなコーディネートにベストマッチです。主張性がそれほど強くないシルエットなので複数個組み合わせもいいかもしれません。

⑤ GSL320 Cone Stump Stool【SATARA】

引用:https://www.satara.com.au/furniture-1/indoor-furniture/low-stools-and-benches/gbs320-cone-stump-stool

このデザインを特徴付けるシャープに絞られたウエスト形状が現代的でもあり少し古風な印象を持ちます。荒々しい表情は無いものの強い主張性はそのままにエッジの効いた金物とディテールが光ります。削りだされた肌はまっすぐに通っているのでサイドテーブルとしても使いやすさが良いアイテムです。

<スペック>

価格:$775

寸法:φ400 x H420-mm

素材:マホガニー,チーク

写真付きコーディネート実例

引用:https://www.satara.com.au/furniture-1/indoor-furniture/low-stools-and-benches/gbs320-cone-stump-stool

削りだされた形状は複数のデザインがあり、素材、色の組み合わせはそれぞれ異なっています。無垢材特有の割れの部分にゴールドの”ちぎり”が入れられているのもデザインのポイントが高いです。素材感のある表情のものには素材感のある仕上げが相性が良いですね。この場合は木 x コンクリート x デッキ材が上手く共存しています。色の構成は様々ながらも質感が近いもので形状に現代性が加わる場合はこのようにコンテンポラリーでもありクラシックな印象になります。

最後に

切り株イスと聞いただけの印象よりも思ったよりコーディネートに目を奪われるイメージも中には見つかった方もいるのではないでしょうか。少し軽く見ていた家具でも素材の見せ方や組み合わせるコーディネートによって今までとはガラッと印象を変えて見せられるんです。

切り株イスのコーディネートを参考に、今持っている家具でも似たようなアレンジができるかもしれませんのでぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。