Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

   

【書斎のおしゃれな机5選】コーディネート実例を交えて素敵な空間をご紹介

正武田 由佳
著者:正武田 由佳 (インテリアコーディネーター)

大手ハウスメーカーで営業経験後、建築設計事務所にてインテリアコーディネーターを務める。延べ100世帯以上の悩みや希望を伺ってきた経験から、「豊かな暮らし」を叶える住まいの在り方を日々考えています。インテリアコーディネーター、カラーコーディネーターの資格あり。得意なスタイルは北欧・和モダン・カフェ系で、素朴で繊細なもの・静けさを感じる空間がすき。心地よい空間づくりのアイデアをお伝えしてゆきます*゜

働き方が多様になってきた現代。カフェやご自宅でお仕事をされているという方も多いのではないでしょうか。せっかくだったら、おしゃれな書斎で気分よくお仕事したいものですよね。

書斎は長時間作業をする場所なので、どんな机を使うかで仕事のパフォーマンスにも影響してきます。今回は、心地よく機能的な書斎にするための机選びについて、事例を交えながらご紹介してゆきます。

書斎におしゃれな机を置く場合のポイントとは?

① 素材感にこだわろう

https://www.pinterest.jp/pin/788904059708474856/

机の天板は作業中常に目に入るものですし、時に肌が触れるものでもあります。実際に見て触れて、感覚的に心地よいと思う素材を選びましょう。

中でも、無垢の木を使った上質な机は、使い込むほどに味わいを増す魅力的なアイテム。革製品やデニムなどを「育てる」のがお好きな方には、特におすすめです。

② そこから見える景色を彩ろう

https://www.pinterest.jp/pin/617274692651999570/

「緑の見える大きな窓辺に机を置いて」なんて素敵ですが、なかなか誰でも叶えられるものではないですね。でも、窓から見える風景だけが、景色ではありません。

写真の事例では、地球儀や世界地図がダイナミックに飾られています。この部屋の住人は、世界中を旅するジャーナリストの方なのかもしれませんね。ここに座れば自然と、まだ見ぬ世界への想像が膨らみそうな空間です。

お気に入りの小物やアートなどを、よく見える場所に飾る。それだけで、豊かな時間が流れ出しますよ。

③ デスクライトも併せて考える

https://tabroom.jp/light/pendant-light/itm0021787/

机を選ぶ際には、ぜひデスクライトも併せて考えてみてください。器具のデザインや光の広がり方など、さまざまなライトが存在しているので、もちろん机との相性もさまざま。

シンプルなデザインの机でも、どんなライトを置くかで全く違った表情を見せるのが、インテリアの面白いところです。

書斎におしゃれな机を置くときのNGポイント

① テイストを邪魔する椅子を置いてしまう

https://www.pinterest.jp/pin/788904059708474708/

せっかく机にこだわっても、椅子選びを誤ると台無しになってしまいます。長時間作業しても疲れにくいよう、ワークチェアを選びたい場合も、「事務所感」が強くなり過ぎないように注意しましょう。

Fritz Hansen (フリッツ・ハンセン)arti (アルティ)など、デザインの優れたオフィスチェアを扱うブランドもありますので、お部屋に合うものを見つけてみてくださいね。

② 収納動線が考えられていない

https://www.pinterest.jp/pin/788904059708474374/

写真のような、カウンター1枚のすっきりした書斎って素敵ですよね。でも、用途や物の量を考慮しないで手を出すのは危険です。

手の届くところに収納がないと、使う度にどこかから道具を持ってきて、終わったらしまうという作業が発生します。もちろん、それで良い人は良いのですが、心配な方はデスク周りに収納を計画することをおすすめします。

③ 逆光になる場所に机を置く

https://www.pinterest.jp/pin/788904059708474346/

必ずしもNGというわけではないのですが、パソコンを使った作業をする方は、光の差す方向にも気をつけましょう。

太陽や照明の光が後ろから差してくると、モニターに反射してしまい作業がしづらくなる可能性があります。

コーデ実例つき!プロが考えるおしゃれな書斎の机5選

① THONET 【BAUHAUS (バウハウス)】

https://www.pinterest.jp/pin/788904059708457362

シンプルモダンなかっこいい書斎を目指すなら、BAUHAUSのTHONETがおすすめ。シャープな曲線を描くスチールのフレームが、都会的な雰囲気を醸し出します。

サイズや収納量によるデザインのバリエーションも豊富なので、お部屋に合わせて選びやすいのもポイントです。

  • 価格(税抜):¥723,000〜
  • サイズ:幅1640 × 奥行760 × 高さ730mm
  • 素材:<本体>MDF、アッシュ材、ウォールナット材、オーク材
    <フレーム>スティールパイプ(クロームメッキ仕上)

コーディネート例

https://www.pinterest.jp/pin/788904059708431549/

モノトーンのアートフレームが並ぶ壁面に馴染む、ブラックのTHONET。躯体がスチールなので、ブラックでも軽やかな印象です。

背面がベージュのメッシュ地になっている椅子を選んでいることで、モノトーン空間も無機質になり過ぎません。

② 2334 treviso desk【ercol (アーコール)】

https://tabroom.jp/desk/pc-desk/itm0012646/

素朴さの中にもエレガントな装いのあるイギリス ercol の家具は、品のある雰囲気にしたい方におすすめ。

この treviso desk は、両側に小さな引き出しがついており、文具など細かなものがすっきり収まるようになっています。

  • 価格(税抜):¥330,000〜
  • サイズ:幅1220 × 奥行590 × 高さ860mm
  • 素材:solid oak

コーディネート例

https://tabroom.jp/desk/pc-desk/itm0012646/

爽やかなミントグリーンの壁に、ナチュラルで品のある佇まいのデスク。

あえてメカニカルなデザインのスタンドライトを合わせることで、同じくメカニカルなオフィスチェアも違和感なく置くことができています。

③インダストリアル・メタル デスク【LOFT STYLE (ロフトスタイル)】

https://tabroom.jp/desk/desk-other/itm0016687/

無骨な男の隠れ家的空間をつくりたい方におすすめなのが、このインダストリアル・メタルデスク。

エイジング加工されたメタルの質感が、味のある空間を演出してくれます。ブルックリンスタイルのインテリア等と相性が良いアイテムです。

  • 価格(税抜):¥150,000
  • サイズ:幅1650 × 奥行650 × 高さ765mm
  • 素材:Metal & Rubber

コーディネート例

https://tabroom.jp/room/soho/cdt000498/

アンティークレンガの壁にも負けない、この存在感。

合わせる家具も、粗野なユーズド感のあるものが選ばれ、どこか古い時代を思わせるような雰囲気に仕上がっています。

④ KANT Book Shelf Desk【Nils Holger Moormann (ニルス・ホルガー・モーマン)】

https://tabroom.jp/desk/office-desk/itm0000860/

この不思議な形のデスク。”デザイン界におけるオスカー賞” ともいわれる iF DESIGN AWARD(iFデザイン賞) を受賞しています。

奥の凹んだ部分に本が置けるように設計されているので、いつも手元に書籍を置いておきたい方におすすめです。

  • 価格(税抜):¥320,000
  • サイズ:幅1600 × 奥行1050 × 高さ740mm(天板部奥行700mm)
  • 素材:<天板>バーチ合板リノリウム仕上 <脚>無垢メイプル材

コーディネート例

https://www.pinterest.jp/pin/345721708874106823/

壁に付けなくても本が置けるので、こんな風に大きな窓の前にも配置できてしまいます。

お部屋の真ん中に置けば、開放的な気分で作業も捗りそう!

⑤ string system BASIC SOHO STYLE【string (ストリング)】

https://tabroom.jp/storage/shelf/itm0016359/

北欧スウェーデンで生まれ、70年もの歴史がある string は、規格化されたパーツを組み合わせてつくる壁面収納。写真のように、デスクカウンター用のパーツもあります。

シンプルな構造で、組み替えたり買い足したりと、自由にカスタマイズできるのが大きな魅力。自分の使いやすいようにカスタムしたい方におすすめです。

  • 価格(税抜):¥124,700〜
  • サイズ:幅1600 × 奥行580 × 高さ2000mm
  • 素材:ウォルナット/ブラック(ホワイト)、オーク/ブラック(ホワイト)
    ホワイト/ホワイト

コーディネート例

https://tabroom.jp/storage/shelf/itm0016359/

すべてオープンな棚で構成されたデスクコーナーは、すっきり軽やかな印象。机の脚がないので、空間的にもゆったりと使うことができます。

扉付きのユニットも豊富なので、あとから隠したいものが増えてきても対応できるのが助かりますね。

最後に

お仕事や勉強のための書斎は、作業しやすい環境を整えることも大事ですが、そこで長時間心地よく過ごせるかどうかも重要です。

自分好みのおしゃれな空間で、いきいきとお仕事を楽しんでくださいね!