Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

      2019/08/10

寝室を北欧風ベッドルームに?おしゃれなコーディネート参考例10選をご紹介

寝室のインテリアを変更したいと考えている方にオススメなのが、北欧スタイルをイメージしたベッドルームです。シンプルで温かみのある空間を作ることができるのが、北欧インテリアの魅力。

ですが、実際に北欧ベッドルームに挑戦しようと思っても、どのようなコーディネートにすればいいのかわからないのではないでしょうか。

そこで今回は、寝室を北欧ベッドルームにする為の3つのコツや、おすすめのコーディネートの中からさらに厳選した10個の北欧ベッドルームを紹介しながら、コーディネートのポイントをご紹介していきます。

寝室を北欧風ベッドルームに演出するコツは?

ナチュラルな木材を活かした温かい空間が特徴的な北欧インテリア。その中でも、北欧ベッドルームを作り上げる為の3つのコツをご紹介します。

①ナチュラル素材を活かしたベッドで

 

北欧ベッドルームを演出するには、骨組みにナチュラルカラーの木材を活かしたデザイン性のあるベッドがおすすめ。北欧のシンプルで温かみのあるイメージは、オークやパイン材などの木材を活かしたインテリアが多いです。

  • マホガニー
  • オーク材
  • パイン材
  • メイプル材

などの木材を使用しているベッドは、木材の木目や質感が、部屋に暖かい雰囲気を演出してくれるのでリラックスできる空間になるでしょう。

②ペンダントライトを活用して温かみのある部屋へ

 

ベッドルームでリラックスして過ごすためにも、ペンダントライトの光で暖かい空間を演出しましょう。天井から吊るすだけのペンダントライトは、デザイン性が高いものが多く、インテリアとしても非常におしゃれです。

北欧インテリアは、シンプルなお部屋になりがちなですが、ペンダントライトを設置することでお部屋のアクセントとなり、ライトの暖かい光でリラックスできるベッドルームを作り上げることができるでしょう。

ペンダントライトだけでなく

  • アッパーライト
  • ブラケットライト
  • スタンドライト
  • スポットライト

などの間接照明をお部屋に置いて、明かりをプラスするのもおすすめです。

③北欧スタイルの寝室にはグリーンカラーのインテリアを

 

ナチュラルカラーのシンプルなデザインをした北欧家具には、グリーン系の色味は相性抜群です。木製のインテリアが多いので、グリーンカラーを合わせると自然の温かみが増し、非常におすすめになります。

ワンポイントでもいいですが、写真のようにベッドカバーなどをグリーンにすると、お部屋全体の雰囲気がまた違ってくるでしょう。リラックス効果も高まるので、ぐっすりと体の疲れを癒すことができます。

寝室を北欧風ベッドルームにコーデしたおしゃれ実例集10選!

寝室を北欧ベッドルームにしている写真を紹介しながら、コーディネートのポイントをご説明していきましょう。

①木目を活かしたモダンな北欧ベッドルーム

 

木目調が綺麗なベッドや収納チェスト、サイドテーブルとホワイトカラーの相性が抜群の北欧コーディネートです。北欧インテリアの特徴である天然素材を活かした木製家具を使用することで、自然の温もりを感じられるリラックスできる空間。

シンプルになりがちな北欧ベッドルームですが、カーペットに柄を持たせることでアクセントとして活用しているのがコーディネートのポイントになります。読書をする時やスマホを扱うときでも、ベッド脇にスポットライトを置くことで、目が疲れにくくなるでしょう。

 

②ダークブラウンの木材を活かした北欧ベッドルーム

 

ダークブラウンの木材を使用したベッドが、シンプルなお部屋に高級感のある印象を与えてくれる北欧ベッドルーム。ベースカラーやベッドマッド、枕などもホワイトカラーなので、清潔感のあるコーディネートになっています。

シンプルになりすぎないように、観葉植物をおくことでお部屋のアクセントになっているのもおすすめのポイントです。北欧インテリアはシンプルなものが多いので、観葉植物やクッションなどに色味をつけて空間に強弱をつけるようにしましょう。

 

③スタイリッシュな北欧ベッドルーム

 

木材本来の味を活かした温もりのあるスタイリッシュな北欧ベッドルームになります。置くもの、置ける場所を最適化することでお部屋全体をスタイリッシュに見せているのがおすすめのポイント。天井や壁は膨張色のホワイトカラーなので、空間を広く見せることができ、開放感のあるくつろげる空間を演出しています。

2本のペンダントライトが空間に暖かい光を届けているのでリラックス効果も高まるでしょう。

④ローベッドを活用した北欧ベッドルーム

 

ローベッドを活かした北欧ベッドルーム。ベッドの高さが低いのでお部屋が広く見え、開放感があるのでリラックスしてくつろぐことができるでしょう。

おすすめのポイントは、和紙で作られているベッド脇の間接照明。和紙を通した光は非常に温かみがあるので、リラックス効果があり、お部屋の印象も変えてくれます。北欧ベッドルームは、ナチュラルカラーの木材を生かすコーディネートが多いですが、色味を抑えてシックでモダンなお部屋にするのもおすすめです。

 

⑤照明を活かした北欧ベッドルーム

 

照明の暖かい光がベッドルームに癒しを与えてくれている北欧ベッドルームです。ベッドのファブリックを白に統一することで、清潔感のあるリッチな空間を演出しているのもおすすめのポイント。シンプルすぎる部屋にならないように間接照明のオレンジライトが非常にインテリアを映えさせおり、ベッド横や窓際に植物を置くことで、癒しの効果も高まります。

⑥ シックなデザインで統一された北欧ベッドルーム

 

全体的にグレーの色味を用いたインテリアを配置した北欧コーディネートになります。北欧はカジュアル感が出るベッドルームが多い印象ですが、写真のように高級感のある北欧ベッドルームもおすすめ。北欧ならではのカラーであるグレイッシュトーンを使用することで、お部屋がエレガントな雰囲気になります。

寒色系のカラーばかりを用いると全体的に落ち着いた雰囲気になりがちなので、観葉植物をアクセントとして配置するのもコーディネートのポイントです。

⑦高級感のあるホテルのような北欧ベッドルーム

 

まるでホテルの1室のような雰囲気が漂う北欧ベッドルームのコーディネートになります。お部屋のインテリアをブラックカラーのシックなものにすることで、高級感を演出しているのがおすすめのポイント。シックで大人のベッドルームという印象を受けます。

間接照明の光を壁に反射させることで、落ち着いた雰囲気の中に温もりを感じることができるので、よりリックスしてくつろげるコーディネートでしょう。

⑧モダンテイストの北欧ベッドルーム

 

ナチュラルカラーを多く取り入れたモダンテイストの北欧ベッドルームになります。木目が美しいクローゼットやデスクはお部屋に高級感を与える働きをしてるのが特徴的。ホワイトとブラウンの色の相性も良く、色の比率も同じぐらいで調和が取れており部屋がまとまって見えます。

ペンダントライトのデザインとサイドテーブルの観葉植物が単調なお部屋のアクセントとなっているのもおすすめのポイントです。

⑨ホワイトを基調とした清潔感が漂う北欧ベッドルーム

 

ブルーのフットレストの高級感がワンポイントになり高級感を演出している北欧コーディネートになります。ベッドエンドにチェアを置いているのが北欧らしい演出をするおすすめのコーディネート。部屋全体が解放的になっているので、リラックスできるベッドルームになっています。

落ち着いた色味をした柄入りクッションやカーペットを配置しているので、お部屋がシンプルになりすぎていないのもコーディネートのポイントです。

⑩独立した特別な空間を楽しめる北欧ベッドルーム

 

フォーポスターベッドを使用した特徴的な北欧スタイルのベッドルームになります。日本では中々見ませんが、北欧近辺では人気のスタイルです。天然素材を活かしたフォーポスターベッドは、周りと一味違った北欧スタイルにしたい方におすすめするコーディネート。

フォーポスタベッドの柱によって寝室の中でもベッドだけ独立しており、特別な空間を味わうことができるのがおすすめのポイントです。木材を活かした作りと間接照明の暖かい光により、リラックス効果の高いベッドルームになっています。

最後に

北欧の雰囲気は温かみがあり、心も体もリラックスできます。難しいと思われがちな北欧コーディネートですが、少しの工夫をするだけで簡単におしゃれな北欧ベッドルームを作ることが可能です。

記事を参考に、ナチュラルで落ち着ける雰囲気にお部屋をコーディネートしてみてはいかがでしょうか。