Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

   

【壁掛け時計にはこだわりたい】通も唸る名作デザイナーズ壁掛け時計10選

佐伯美知枝
著者:佐伯美知枝 (二級建築士/インテリアコーディネーター)

宿泊施設専門のコンサルティング会社にて、旅館やホテルのオープン・リニューアル案件を担当。その後インテリアショップ「カギロイ」勤務を経てフリーのコーディネーターに転身。小型犬+家族3人暮らし、自宅は古材家具に囲まれた和モダン風です。心身共にリラックスできる居心地良いお部屋づくりをモットーに、様々なインテリアをご提案できるよう心掛けています。

私たちの日常生活に欠かすことができない、日に何度も目にする時計。今や時計は単に時刻を確認するためだけのものではなく、デザインや機能、仕様にこだわるのが当たり前の時代になってきています。

今回ご紹介するのは、実用性とインテリア性ともに重視して選びたい壁掛け時計。なかでも、世界の著名デザイナーによってデザインされた「デザイナーズ壁掛け時計」に注目してみたいと思います。発表されてから長い歳月が経ってもなお、国や時代を超えて愛される名作の数々。ご自身のお部屋にあう壁掛け時計を探されている方にぜひ参考にして頂きたい、壁掛け時計の選び方やコーディネート例をもとに、その魅力を探ります。

大人なあなたにこだわってほしい!壁掛け時計の選び方

①世界の著名デザイナーが、壁掛け時計を手掛けている

https://www.pinterest.jp/pin/440086194838551492/

デザイナーズ壁掛け時計に興味をお持ちの方に、ここでひとつ、アメリカのデザイナー兼建築家であるジョージ・ネルソンが手がけたネルソン・クロックについてご紹介しましょう。1921年に創業した米国の時計メーカー、ハワードミラー社と、アメリカンモダンデザイン界を代表するジョージ・ネルソンは、1947年から35年以上の長きにわたり、ともに時計のデザインを考案、発表してきました。

その長い歳月のなか、ジョージ・ネルソンとハワードミラー社のスタッフは、時計を見る際の人間の日常的な行動や意識を深く研究し「人間は無意識に時計の数字より針の位置を見ている」ことを発見したのです。

そこから、時計はただ時間を知るためだけのツールではないという考え方が生まれ、インテリア性を兼ね備えたデザインについても重視されるようになりました。これが、世界中の人々を魅了するネルソン・クロックが誕生した背景です。

https://www.pinterest.jp/pin/440930619746697097/

このように、デザイナーズ壁掛け時計は時計としての機能だけではなく、見て楽しんだり、インテリア性を高めたりしてくれるアイテムとしての役目も担っていることがわかります。なかには、インデックス(文字盤にある時や分を示す目盛や数字)がない製品も多くみられますが、インテリア性と実用性のどちらを重視するかを考え、目的や用途によって選びましょう。

②部屋の広さにあったサイズ選びを。建具や家具との配置バランスを見て設置する

https://www.pinterest.jp/pin/229754018459683614/

壁掛け時計のサイズは、6~8畳のお部屋なら直径24~28センチ程度が目安です。小さめの壁掛け時計なら、遠くからでも文字盤が見やすい、視認性が高いデザインを選びましょう。直径25~30センチの大きめタイプは、最低10畳以上の広さがあるリビングなどに設置するとバランスが良くなります。

設置場所は、お部屋のどの場所からも見やすい位置がベスト。扉や窓よりもやや高い位置が良いでしょう。扉や窓といった建具の位置とのラインを揃えたり、周囲に配する家具のセンター(ちょうど真上)に合わせるのがコツです。電磁波や電気機器のノイズ等の影響を受けることがあるので、分電盤やテレビの近くはなるべく避けたほうが安心。

壁掛け時計のデザインや素材などから、お部屋のインテリアテイストに合うものをセレクトし、壁掛け時計がお部屋にうまく溶け込めているかどうか事前にイメージしてみることが重要です。

③アナログ時計とデジタル時計、その他の機能付き時計で迷っている方に

https://www.pinterest.jp/pin/440086194838551439/

デザイナーズ壁掛け時計に必ずしも備わっている機能ではありませんが、ここで、アナログ時計とデジタル時計、その他の機能を持つ時計についてご紹介します。

アナログ時計の主なメリットは、時間経過の感覚をつかみやすく、デジタル時計に比べてデザインの幅が広がること。暗闇で文字盤が発光したり、明るさを切り替えたりするタイプのほか、置時計としても使える2WAY型などもあります。

対してデジタル時計は、温湿度計やカレンダー・タイマー機能付き、表示形式の切り替え機能などのほか、Bluetoothと接続できるスピーカーが内蔵されたタイプなど、機能に富む製品が多く揃います。

他にも、アナログ時計を探している方で秒針が動くカチカチ音が気になるようなら、秒針が止まることなく同じ速度で動き続けるスイープ式を選ぶと、音に対するストレスを軽減することができるのでおすすめ。常に正確な時間を求める方は、一般的に多く普及しているクォーツ式よりも、時計の精度をさらに高めた電波式時計がよいでしょう。電波式時計は、毎日1回、全国に2ヶ所ある送信所から電波を受信し、自動的に時刻修正を行う機能を搭載しているので、時刻合わせの必要がありません。

厳選名作デザイナーズ壁掛け時計10選

ここからは、世界的に著名なデザイナーが手がけた壁掛け時計について詳しくご紹介します。コーディネートサンプルとともに、その普遍的な機能美とデザイン性の高さに注目してみてくださいね。

①アメリカモダンデザインといえば、ネルソンクロック:SUNFLOWER CLOCK BLACK(サンフラワー クロック ブラック):Howard Miller(ハワードミラー)

https://www.conranshop.jp/shop/conran/item/view/shop_product_id/7943/category_id/1230

アメリカのデザイナーGeorge Nelson(ジョージ・ネルソン)が、ひまわりをモチーフにデザインした壁掛け時計です。世界で初めてプライウッド(芯材に薄くスライスした木材を積み重ねて接着した合板)を使って制作されたといわれる歴史的な作品。サイズは直径75センチと、圧倒的な存在感です。

スペック

価格(税込):¥129,600

サイズ:直径750㎜×D70㎜

素材:プライウッド、ブラス

参考コーディネート

https://www.pinterest.jp/pin/799600108814421021/

写真はカラー違いのサンフラワークロックで、時計盤の中央部がブラック色になるシリーズです。ホワイトの有孔ボードに掛けられた時計と、イームズラウンジチェア&オットマンの組み合わせは、まさにミッドセンチュリースタイルのコーディネートの定番といえますね。

②NYの国連で採用されたデンマークデザインの復刻版:Finn Juhl Clock780(フィン・ユール・クロック780):ARCHITECTMADE(アーキテクトメイド)

https://tabroom.jp/clock/wall-clock/itm0016737/

デンマークの建築家・家具デザイナーであるフィン・ユールが手がけた壁掛け時計です。ニューヨークの国連にある会議室用にデザインされたもので、主材は世界三大銘木といわれるミャンマー産チーク材を使用。針とインデックスにはアルミニウムが用いられています。

スペック

価格(税別):¥120,000

サイズ:W345㎜×D50㎜×H350㎜

素材:(本体)ミャンマー産チーク材、(針・インデックス素材)アルミニウム

備考:単三電池1本で稼働

参考コーディネート

https://www.pinterest.jp/pin/343188434083925850/

オフホワイトの壁面に、チーク材の独特な木目と風合い感が味わえる壁掛け時計です。正面からだとわかりにくいのですが、その有機的なフォルムは「家具の彫刻家」といわれるフィン・ユールならでは。インデックスや針はアルミニウム仕様でシンプルに。北欧モダンやナチュラルモダンにおすすめのウォールクロックです。

③フォルムの美しさと機能美を兼ねる:ARNE JACOBSEN Wall Clock Roman(アルネ・ヤコブセン・クロックローマン):ROSENDAHL(ローゼンダール)

https://tabroom.jp/clock/wall-clock/itm0016768/

デンマークの建築家・デザイナーであるARNE JACOBSEN(アルネ・ヤコブセン)によってデザインされた壁掛け時計。ケースと一体成型した文字盤と、湾曲したガラスにより立体感あるデザインを実現しています。

スペック

価格(税別):¥31,000~90,000

サイズ:W160㎜×D45.5㎜×H160㎜/W210㎜×D51.5㎜×H210㎜/W290㎜×D63㎜×H290㎜/W480㎜×D85.5㎜×H480㎜

素材:アルミニウム

備考:単三電池1本で稼働

参考コーディネート

https://www.pinterest.jp/pin/307441112062726921/

キッチンの壁面にローマンクロックを掛けた例です。なめらかなガラス独特の質感や、文字盤の美しいフォントから、とても上質&エレガントな印象を受けますね。サイズ展開が豊富ですが、文字盤の見やすさを考慮すると、6~8畳のお部屋は直径21センチ、広めのリビングなどには直径29センチサイズがおすすめです。

④羽ばたく蝶をモチーフにした幾何学的な美しさ:Wall Clock Flock of Butterflies(ウォールクロック フロック オブ バタフライズ):Vitra(ヴィトラ)

https://tabroom.jp/clock/wall-clock/itm0019824/

ミッドセンチュリーの巨匠といわれるGeorge Nelson(ジョージ・ネルソン)によってデザインされたクオーツ式掛け時計です。ムーブメントは、ドイツ最大の時計メーカーといわれるJUNGHANS(ユンハンス)社によるもの。アート性が高いポップなデザインが特徴です。

スペック

価格(税別):¥88,000

サイズ:直径610㎜

素材:(本体)木・鉄

備考:クォーツ式、単三電池1ヶ附属

参考コーディネート

https://www.pinterest.jp/pin/433260426650991717/

白を基調とした壁面に、シルバーカラーのネルソン・クロックを配したコーディネートです。幾何学的に輝くそのデザインはかなり目を引きますが、ローテーブルやスタンドライトなど周囲に配した家具と統一感を持たせてスタイリッシュな雰囲気に。ミッドセンチュリーやモダンスタイルにもおすすめしたい壁掛け時計です。

⑤メタリック&ミニマルの、新しい北欧デザイン:Norm Wall Clock(ノームウォールクロック):Menu(メニュー)

https://www.pinterest.jp/pin/547750373417732971/

デンマークのデザインメーカーmenuと、2人組の建築家ユニットNORM.ARCHITECTSのコラボによってデザインされた壁掛け時計。必要最低限のパーツで構成されたブラッシュドステンレス製で、シルバーカラーも揃います。

スペック

価格(税込):¥47,520~61,560

サイズ:W300㎜×D27㎜×H300㎜

素材:ステンレス、真鍮(メッキ加工)

参考コーディネート

https://www.pinterest.jp/pin/703757879249565088/

ウォームベージュカラーの壁面に、メタリック仕様のNormWallClockを配したディスプレイです。針のみで構成されたシンプルなフォルムが、オブジェのようにも見えますね。真新しさや軽やかなテイストが特徴の、ニューノルディックスタイルにおすすめしたいデザインです。

⑥マット&ポリッシュ仕上げのシャープなデザイン:JUNGHANS Max Bill(ユンハンス マックスビル)367/6048:junghans(ユンハンス)

https://www.j-tajima.com/SHOP/3676048.html

ドイツ・バウハウス最後の巨匠といわれる、スイス出身のデザイナー、マックス・ビルによってデザインされた掛け時計です。短針は内側、長針は外側の時間軸を差し示すデザインで、時間が読み取りやすさも人気の理由。

ムーブメントは電池を動力として動くクォーツ式です。アルミケースのマットな質感のサイド部分と、ポリッシュ仕上げによる輝きが見事なフロント部分のコントラストが美しい壁掛け時計です。

スペック

価格(税込):¥52,920

サイズ:W220㎜×D40㎜

素材:ミネラルガラス

参考コーディネート

https://www.pinterest.jp/pin/658088564274864708/

漆喰のような質感の壁に、直径22センチのマックス・ビルを掛けた例です。こちらのシリーズには「367/6047」の直径30センチ仕様もありますが、6~8畳ほどのお部屋には、直径22センチのタイプがおすすめ。

シンプルなデザインなので、周囲のインテリアを邪魔することなく空間に溶け込んでいます。さまざまなスタイルのお部屋に重宝しそうですが、特にモダンやミニマルスタイルの空間などにしっくりきそうです。

⑦フォントや針のデザインが女性的なガラス盤クォーツ:Viso(リナズフェイス):FORNASETTI(フォルナゼッティ)

https://tabroom.jp/clock/wall-clock/itm0021035/

FORNASETTI(フォルナゼッティ)は、イタリア・ミラノ出身のデザイナー。19世紀に活躍した「世界で最も美しい女性」といわれるイタリア人オペラ歌手、リナ・カヴァリエリにインスピレーションを受けた作品を多く生み出しました。

このVisoもリナをモチーフにつくられた壁掛け時計で、文字盤はガラス製。時刻のズレが少なく、高い精度を持つクォーツ式が採用されています。

スペック

価格(税別):¥47,000

サイズ:W350㎜×D350㎜

参考コーディネート

https://www.pinterest.jp/pin/521854675567329167/

シンメトリーなインテリアで構成されたお部屋の中心にVisoを配し、お部屋のフォーカルポイントとして見せたディスプレイです。ブラックカラーのアクセントウォールとのコントラストも見事で、お部屋の主役といえるような存在感がありますね。

時計盤の数字はモダン・ローマン体といわれる書体に近く、とても女性的で優美なイメージ。特に、イタリアモダンのコーディネートにおすすめしたい壁掛け時計です。

⑧不規則に折れ曲がったラインが美しい、建築的なフォルム:Time Maze(シロッコの部屋)DL01R:ALESSI(アレッシィ)

https://www.clock-tsuhan.com/SHOP/DL01R.html

イタリアを代表するキッチンウェアブランドとして名高いALESSI(アレッシィ)が、ポーランド出身の建築家・デザイナーであるDaniel Libeskibnd(ダニエル・リベスキンド)とのコラボにより発表した壁掛け時計です。

不規則に折れ曲がった形状が特徴的で、2本の黒い針が通り過ぎるたびに、赤いラインを隠す動きを楽しむことができます。

スペック

価格(税込):¥38,880

サイズ:W500㎜×D30㎜×H470㎜

素材:(本体)ミャンマー産チーク材、(針・インデックス素材)アルミニウム

備考:単三電池1本で稼働

参考コーディネート

https://www.pinterest.jp/pin/534239574540029392/

くすんだシルバーカラーの壁面に、Time Mazeを掛けたディスプレイです。一見文字盤がないようにみえますが、赤いライン上にある小さい穴が時間を知らせる役割を担っています。

黒でエキポシ塗装されたアルミ製の針とジグザグの赤いラインのコントラストが、いかにもALESSIならではの遊び心あふれるデザインといえるでしょう。モダンスタイルの空間にあわせてみたい時計です。

⑨:Wall clock(ウォールクロック)JJ320:JACOB JENSEN(ヤコブ・イェンセン)

https://www.pinterest.jp/pin/406661041347770222/

デンマーク出身のプロダクトデザイナーJacob Jensen(ヤコブ・イェンセン)の息子、ティモシーらが手がけた壁掛け時計です。数字やインデックスを省いた無駄のないデザインで、時針と比べて長く取られた分針のデザイン性の高さにこだわりが見てとれます。

スペック

価格(税込):¥32,400

サイズ:W350㎜×D40㎜×H350㎜

素材:MDF、アルミニウム

備考:単三電池1本使用

参考コーディネート

https://www.pinterest.jp/pin/165225880057665560/

白を基調にしたお部屋のデスク前に、JJ320を掛けたディスプレイです。正方形フレームと円形フェイスの組み合わせはヤコブ・イェンセンデザインの特徴のひとつ。

正方形と円を重ねたシンプルなフォルムは、モノトーンカラーを基調とするモダンやミニマルスタイルのお部屋にフィットしやすいでしょう。同じくインテリア性が高い、ヤコブ・イェンセンデザインの電話機との相性も抜群ですね。

⑩装飾を排した、ローマ数字の直線構成的な美しさ:リキ ローマンクロックWR17-12:Lemnos(レムノス)

https://metrocs.jp/products/detail/3683

日本のデザイン界を牽引するパイオニア的な存在、渡辺力(わたなべりき)が1977年にデザインした壁掛け時計です。

クラシカルなローマ数字の直線的な書体を生かし、装飾性を排除したミニマムなデザインが特徴。その分、ゴールド色で彩られた細いアルミニウム製の枠が目を引きます。スイープセコンド式(連続秒針)なので、運針音は静かめ。時計のチクタク音が気になりやすい方におすすめです。

スペック

価格(税別):¥20,000

サイズ:直径251㎜×D60㎜

素材:アルミニウム、ガラス

参考コーディネート

https://www.pinterest.jp/pin/459507968226128225/

濃いネイビーブルーの壁面にローマンクロックを掛けたディスプレイです。ゴールド塗装された時計の繊細なフォルムと、周囲に配したアートフレームが絶妙にマッチしていますね。ローマ数字のシンプルなデザインが、主張しすぎることなくアートのひとつのようにおさまっています。ヴィンテージやクラシカルスタイルにぜひ合わせて頂きたい壁掛け時計です。

まとめ

今回は、デザイナーが壁掛け時計をデザインした際の1ストーリーを交え、壁掛け時計のデザイン性の高さと機能的な美しさに触れて頂きました。お部屋のスタイルに合った壁掛け時計を配するだけで、その空間のイメージが大きく変わってきます。それが、デザイナーズ壁掛け時計が持つ奥深い魅力のひとつで、そのドラマティックなデザインに私たちは惹きつけられるのでしょう。

壁掛け時計に限らず、普遍的な価値を持つプロダクトには、そのデザイナーが追求するこだわりやコンセプトが盛り込まれています。その製品がデザインされた背景を知るとさらに愛着心が湧き、お部屋で過ごす時間が一層特別なものに感じられるかもしれません。