Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

   

【人気急上昇のセラミック製テーブル】高い機能・装飾性でおすすめの逸品5選をご紹介

野澤 みなみ
著者:野澤 みなみ (インテリアコーディネーター)

スペースデザインカレッジのインテリアコーディネーター科を卒業。 その後インテリアコーディネーターの個人事務所にて、コーディネート業務の他、DMやWEBページでの商品紹介に携わり製品知識を深める。転勤族の妻であり、一児の母。賃貸でも子どもがいても「素敵」で「実用的」な居心地の良い空間のご提案を心がけています。

セラミック天板のダイニングテーブルが注目され、年々商品の数も増えてきています。セラミックは主に傷に強いという特性から、床材のタイルやキッチントップなど幅広く採用されている素材です。

とはいえ、家具としてはまだまだ見慣れない素材ですよね。今回は、魅力たっぷりのセラミックダイニングテーブルについて、コーディネートのコツとおすすめの製品を紹介します。

セラミックのテーブルの魅力をおさらい

一般的にセラミックとは陶磁器のこと、また広義では無機物質の原料に人為的に熱を加えて製造される製品のことを言い、その特性から様々な分野で注目されている素材です。その中でもダイニングテーブルとして使う場合のメリットは、主に次の5つがあります。

テーブル上で直接切る、熱いものが置くなどできる

傷がつきにくく、熱に強い、さらには抗菌性もあるのがセラミックの素材の特徴です。

傷がつきにくいため、クロスや傷防止マットなどを敷かずに、テーブルの上でバケットを切ることができます。硬度はダイヤモンドに次ぐほどであり、子どもが誤って食器やカトラリーで叩いてしまっても大丈夫です。

また、耐熱性が高いため、熱したフライパンや鍋を置くこともできます。そのため、キッチンにやたらとものを置く必要がなくなり、キッチンが狭くてもテーブルと合わせて広々とスペースを使うことができます。

抗菌性も高いため、お手入れも比較的簡単です。万が一汚れてしまった場合も、アルコールスプレーを使って綺麗にすることができます。アルコール成分によって変色することもありません。

幅広い環境で効果を発揮できる、非常に高い機能性を持つのがセラミックの特徴です。

上品な質感がダイニングに落ち着いた印象を与える

焼き物であるセラミックにはガラスや金属、大理石とはまた違った独特の素材感があります。表面の細かな凹凸は肌触りが良く、落ち着いた自然な色合いは上品な印象を与えてくれます。テーブルの天板は、家具の中でも面積が大きいものの一つ。ダイニングの顔となるのにふさわしい素材ではないでしょうか。

セラミックのテーブルを使ったおしゃれコーディネート例

ここからは、慣れない素材のセラミックのテーブルをうまく取り入れてコーディネートするコツについて、例を挙げながらご説明します。

セラミックテーブル×異素材の組み合わせ

セラミックテーブルは重厚感があり部屋が狭く見えてしまうかも、という場合はクリアなダイニングチェアを組み合わせるのはいかがでしょうか。こちらの例ではポリカーボネード製の椅子を使用していますが、テーブルとは対照的な丸みを帯びたデザインと、背景や床面が見えることで圧迫感を感じさせません。

テーブルと椅子に異なる素材を使ったら、ペンダントライトも異なる素材を選びましょう。異素材の組み合わせはトーンを合わせるのが、モダンスタイルでうまくまとめるコツです。

セラミックテーブル×北欧モダン

こちらは1本脚のセラミックテーブルを使ったコーディネート。テーブル自体はシャープで存在感がありますが、周りを囲む椅子に明るい木材とファブリックを使用して、柔和な印象に仕上げています。セラミックトップはその特性から、どうしても硬いイメージになりがちなので、それを避けたい場合は周りの素材にファブリックや曲線のある木材などを取り入れると良いでしょう。

こちらでは直線的なペンダントライトを合わせていますが、丸みを帯びたものを選ぶとさらに優しくあたたかな印象になります。

セラミックテーブル×ベルベットで高級感を演出

こちらはセラミック天板のテーブルに、ベルベット生地の椅子を合わせたダイニングスペースです。装飾性の少ない壁や窓周りと、椅子以外の無彩色に近い色使いが、コンテンポラリーな印象を与えます。セラミックの持つ落ち着いた雰囲気に、ベルベットの高級感が加わった上品なコーディネートです。

無彩色だけだと少し物寂しい印象になってしまうので、椅子の張地と照明で華やかさをプラスしています。コッパーカラーはモダンでラグジュラリーな雰囲気を出すのにおすすめのトーンです。

セラミックテーブル×レザーで大人の雰囲気に

モダンな高級感を出したいなら、レザーのアイテムと合わせるのもおすすめです。こちらでは大理石調のセラミック天板に、エコレザーのダイニングチェアを合わせています。全体を黒で統一することでぐっと落ち着いた印象になり、レザーの要素が大人の雰囲気を醸し出します。

ウォルナットなど、ダークブラウンのフローリングによくマッチしますが、その場合には間にラグを挟むようにしましょう。一般的に毛足の長いラグはよりラグジュアリー感を与えますが、ダイニングセットの場合は毛足の短いラグを合わせるのがおすすめです。食べこぼしなどの掃除はもちろん、1日に何度も椅子をひくので引っかかりにくい方がストレスを与えません。

セラミックテーブル×木製家具

こちらは大理石調のセラミックトップに木製の脚を合わせたダイニングテーブルのコーディネートです。他の家具は木製が多い場合や、ナチュラルテイスト、ミッドセンチュリーテイストなど木が多く使われるスタイルの部屋を作りたい場合などにおすすめです。天板の色をダークなものにすると、男性的な印象になります。

フローリングや同系色のタイル床に合わせる場合は、テーブルのデザインを際立たせるために、ラグを間に挟むかワントーン以上異なる脚の色を選ぶようにしましょう。

セラミックテーブル×ファブリックの張地

セラミックテーブルのトップの色は落ち着いた色が多く、柄の入ったファブリックの張地の椅子を複数組み合わせるのにも向いています。張地のカラーに少し彩度の低いものを選ぶと、ポップになりすぎません。こちらでは椅子の形が異なっても、背面の高さに差を出さず、脚をナチュラル色の木で統一しているため、ごちゃごちゃした印象にならずうまくまとまっています。

ダイニングテーブルの上にペンダントライトを付けるのが一般的ですが、配線の関係などで難しい場合、こちらのように動線の邪魔にならない位置にフロアスタンドを置くのもアイデアです。その場合は、まぶしかったり熱くならないように、光源と電球の種類に注意しましょう。

セラミックテーブル×ウッドテラス

前述の通り、セラミックは紫外線で劣化しにくく、水や汚れにも強いため、屋外用の家具にも使用されています(セラミックテーブルの全てが屋外使用可ではないのでよく確認してくださいね)。こちらはウッドテラスの色に茶味が少なく、はっきりした木目が光を反射するので、ホワイトで統一されたダイニングセットが良く馴染んでいます。

ここでは庭のグリーンがいかに映えるか、がポイントになるので、主張の少ないシンプルなフォルムと色のものを選びましょう。但し、色鮮やかな花がある場合は、その色に合わせたファブリックをアクセントとして合わせるのもOKです。

【絶対に外したくない方に】プロが選ぶ至高のセラミックダイニングテーブル5選をご紹介

ここからはダイニングの顔にぴったりの、デザイン性に富んだテーブルをご紹介します。

木製脚で空間に馴染みやすい:OMNIA:Calligaris

セラミックの天板に木製の脚がつけられた伸長式のダイニングテーブルです。セラミック天板には興味があるけれど、素材感が部屋で浮いてしまわないか不安、という人にもおすすめのテーブルです。天板、脚ともに5色展開なのでリビングダイニングの雰囲気に合った製品を選ぶことが出来ます。

フレームから1cm程浮いた状態で固定された天板がとてもスタイリッシュ。女性の力でも簡単に引き出して伸長することができ、傷や汚れにも強いので、ホームパーティなど来客が多い場合にも使い勝手の良いテーブルです。

価格:¥374,880(税込)~
寸法:W1600/2200 x D900 x H750-mm

コンテンポラリーな1本脚:MILANO:Boconcept

 

こちらのダイニングテーブルは無駄をそぎ落としていったようなシャープなデザイン。セラミック、メラミン、スチールの異素材を絶妙なバランスで組み合わせ、コンテンポラリーな印象を与えます。伸長式かつ、どこからでも座れる1本脚なので、来客が多い場合にも十分対応できます。

存在感がありながら主張が少ないので、様々なタイプのデザイナーズチェアを組み合わせても、うまくまとまります。

価格:¥428,900(税込)~
寸法:W1400/1900 x D1000 x H745-mm

高級感漂うマーブルフィニッシュ:ムルティプロオーバルマーブルトップ:Kartell

大理石は酸に弱く、飲み物などをこぼしたままでいると汚れがシミになる場合があります。セラミックは酸に強いので、こちらのテーブルは大理石のデメリットを克服しつつ、高級感を維持した製品といえるでしょう。

アルミ製の2本の脚は、まるで鳥の足のようなユニークなデザイン。大理石柄のもつ重厚感に、モダンな要素をプラスして、シンプルからエレガントまで、幅広いインテリアスタイルにマッチします。

価格:¥611,380(税込)~
寸法:W1920 x D1180 x H750-mm

スリムで機能的なミニマルモダン:PIPAセラミックテーブル:moda en casa

セラミックトップはその重さからどうしても重厚感漂うデザインが多い中、こちらの製品はミニマルですっきりしたフォルムになっています。天板は伸長式ではありませんが、脚をスライドして好きな位置に設置することができます。やや真ん中に寄せると短手方向からも座りやすくなったりと、人数やレイアウトに応じて変えられるのが嬉しいですね。

シンプルゆえに、天板の素材感が際立ちます。テーブルに落とす照明も、主張の少ないミニマルなものを合わせ、セラミック独特の風合いを味わってみてはいかがでしょうか。

価格:¥124,300(税込)~
寸法:W1400 x D800 x H720-mm

クールなデザインで男前インテリアにもぴったり:NEOTH:綾野製作所

こちらのテーブルの天板は、スペインから輸入したセラミック素材を国内の自社工場で加工し、より耐久性に優れるものに仕上げられており、キッチントップ代わりにも作業台としても十分使用できます。スクエア型のアイアンの脚を取り付けると、直線的なデザインに。インダストリアルスタイルやヴィンテージスタイルなど、男前インテリアにマッチします。

価格:¥205,700(税込)~
寸法:W1350・1500・1650・1800・2000 ×D850 ×H720mm

まとめ

セラミックテーブルは、上品な見た目に耐久性などの機能性が加わった、インテリアとしても実用的にも優れた製品です。ホームパーティの中心としても作業机としても、子どものお絵かきや宿題の場としても、傷や汚れの不安から解放され、ダイニングを心落ち着く居心地の良い場所にしてくれるでしょう。

ぜひ一度、その素材感を実際に見て触って、確かめてみてください。