Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

      2019/10/18

【赤い観葉植物特集】葉っぱや花の彩りを活かした事例10選!おすすめのスタイルも解説

宇都宮夏澄
著者:宇都宮夏澄 (リビングスタイリスト)

熊本県立大学・環境共生学部居住環境学科卒業。モダン家具を取り扱うインテリアショップに勤め、退社後は子育てをしながら在宅で、インテリアコーディネートをご提案するママです。インテリアによってライフスタイルの質を高めることができると考えており、たくさんの人のお手伝いをしたいと思っております。

観葉植物にはリラックスさせる効果や空気をきれいにする効果があると言われています。お部屋をコーディネートするさいにも観葉植物があるのとないのではだいぶイメージが変わりますね。

観葉植物の中には赤みがかった色をしていたり、赤い花を咲かせるものもあります。そんな植物をお部屋に取り入れることでワンポイントアクセントになりまた一段とおしゃれにすることができますよ。お部屋のテイストによって赤の色味に気をつけながら植物を選ぶことがポイントになってきます。

今回は赤い葉っぱや花を咲かせる観葉植物を取り入れたスタイルから、具体的なコーディネート写真までたっぷりとご紹介します。

赤い葉っぱや花の観葉植物で飾り立てるとおしゃれなスタイル

観葉植物の飾り方にはプランターを使ったものやハンギングなどいくつか方法があります。ここでは飾り方のスタイルによってどんな植物が合うのかをご紹介します。

バリエーション豊富な多肉植物で壁掛けリース

多肉植物をリース状に植え込み壁にかけるスタイルです。多肉植物は形や色のバリエーションが豊富なのでインテリアに合わせて自分好みに寄せ植えができるのも魅力です。

たとえば薄い色味をベースにしたシャビーシックやナチュラルなインテリアなら、写真のように黄緑色のエケベリアや赤と黄緑のグラデーションのセダムなどさまざまな色味を寄せ植えをしたものがよく合います。

のっぺりとした白色の壁面に赤色の多肉植物が映えそうです。バリエーション豊富な多肉植物なら壁面の色に合わせて変えて楽しむことができますよ。

モダンインテリアなら、このような赤紫っぽい色味の黒法師や真っ赤な火祭りなど濃い色味の多肉植物を使うのがおすすめです。

乾燥に強いエアプランツの花が映えるハンキング

エアプランツも花を咲かせたり、紅葉したりする種類があると知っていましたか?

ハンギングでそうした赤い植物を飾ることで何もなかった空間に彩りを与えることができます。日光にも当たりやすく、花を咲かせるのにも最適な方法です。ロープやワイヤーなど揺れる素材を使うことで、少し抜け感のある印象を作れます。

こちらは紅葉したチランジアです。花を咲かせるには、日当たりの良い場所におくようにすると良いと言われています。エアプランツなら土もいらず霧吹きで水を与えるだけなのでメンテナンスもしやすいというメリットもあります。

他にも、イオンタナのように紫色の花を咲かせるものやロリアセアのように小さな黄色い花を咲かせるものもあります。シュッとした葉っぱとは反対に丸みを帯びた花を咲かせるものもあるので、可愛らしい印象になりまた違った雰囲気が味わえますね。

エアプランツひとつでいろんな表情を楽しむことができますね。

和室にはアンスリウムのようなツルッとした赤い花でアレンジメント

アンスリウムの花と呼ばれている部分は、実は仏炎苞といい萼が変化したものです。赤やピンク、白もあり仏炎苞の色によってさまざまなインテリアに合わせることができます。上記のように細長い葉と合わせてアレンジすれば和のテイストにもぴったりです。

床の間には掛け軸をかけることもありますが、彩りを与えたいときにはこのように赤い萼を活かしたアレンジメントもおすすめです。アレンジや植物を変えて楽しむことができますよ。

葉っぱはツヤのあるはっきりとした緑色で、花が赤いアンスリウムはモダンやトロピカルなインテリアのお部屋にもよく使われています。赤みが薄いものはシャビーシックやアンティークなインテリアにも合いますよ。

ドラセナのようなリゾートテイストにぴったりな植物の植え込み

ヤシの木のように細い葉が広がるドラセナは、リゾートなテイストにぴったりな観葉植物です。丈夫で育てやすい植物なので庭に植え込んだりと屋外でも楽しめます。

ヤシの木や緑色のドラセナばかりだとフレッシュでトロピカルな印象が強くなりますが、最近人気の歴史を感じるカリフォルニアインテリアには赤紫色のドラセナがよく合います。

ドラセナの中には少しふっくらした葉っぱのものもあります。品のある紫色を帯びた赤いドラセナは、お部屋に高級感をプラスしてくれますね。

ドラセナの品種にはドットやライン状の模様が入ったものもあり、日光浴させることで葉がきれいに育ちます。

海外でも注目されるこだわりが感じられる盆栽

盆栽とは、ただ鉢に植えるだけでなく、鉢全体を仕立てデザインすることをいいます。鉢のデザインはもちろん、葉の茂り方や花の数を調節し仕立てていくのです。

盆栽に使われる赤い植物は梅や紅葉があります。たとえば畳を使う和室なら、窓の近くや座卓の上に置いて彩りをプラスしても良いですね。床の間に置いて楽しむのも良いでしょう。緑色に普段外でしか楽しめない植物をお家でもコンパクトに鑑賞できるのは嬉しいものですね。

紅葉していないもみじも紅葉したもみじも魅力的です。作り手のこだわりが感じられる盆栽に挑戦してみてはいかがでしょうか?

スタイルの良さが引き立ったコーディネート集!赤い観葉植物が映えるおしゃれ部屋10選

ボリュームのある壁掛けに赤い観葉植物が映える

グリーンウォールにワンポイント

壁面に植え込まれたグリーンの中にツヤのある赤い花のアンスリウムが映えます。全体の1割ほどに赤みをプラスするだけでも華やかになりますね。シルバーや石などを使用したモダンなインテリアにはツヤのあるはっきりとした赤色の観葉植物がおすすめです。

壁掛けプランターにワンポイントアクセント

赤色の観葉植物を単体でコーディネートするよりも、緑色の観葉植物と合わせてコーディネートすると失敗しにくくおしゃれに飾ることができます。たくさんの植物の中にアカリファのような葉が赤色に染まる植物がちょうど良いアクセントになっていますね。

ゼブリナのように赤い花を咲かせるつる性の植物を垂らして飾っても良いでしょう。

ハンギングで涼しげな観葉植物コーディネート

多肉植物のテラリウムでリゾート気分

ガラス容器に石を入れたプランターがよく合う多肉植物のハンギングです。お部屋が一気に爽やかな印象になります。エアプランツ同様、多肉植物が赤く染まるには日光に当てると良いと言われていますから、ハンギングで日当たりの良い場所に飾るのがおすすめです。赤色の多肉植物で存在感も増しますね。

グラデーションも楽しめる!エアプランツのハンギング

エアプランツをカーテンのように宙吊りにした大胆なコーディネート。エアプランツが赤く染まっていく過程がはっきりと見え、緑と赤のグラデーションを楽しめます。写真のチランジアはヤシの木のようなシルエットでトロピカルな雰囲気に合いそうです。

プランターを使っていろんな場所に

キッチン上部に飾られているのはアナナスという観葉植物です。アナナスはパイナップルの仲間で、花も葉っぱもシュッとしたシルエットが魅力的です。モダンテイストのインテリアにアナナスを飾れば、赤い花が映えエギゾチックな要素がプラスされる効果も期待できます。

緑と赤のグラデーションが美しい葉っぱがハートの形をしたかラジウムのコーディネートです。グラデーションを堪能するには日当たりの良い窓際に置くのがおすすめです。真っ赤な色をした観葉植物はちょっと勇気がいる…という方も、かラジウムのように赤色と緑色が混ざった模様の観葉植物なら、お部屋に取り入れやすいかもしれません。

他にもドラセナやピンクの花を咲かせる観葉植物とも相性が良いので、他と差をつけたい方は赤色やピンク色の植物を使ったボタニカルインテリアに挑戦するのはいかがでしょうか?

単一カラーの上級コーディネート

ボルドーの葉が美しいユーフォルビアと家具の色を統一したコーディネート。家具と植物の色を合わせることがポイントになってきます。マッチした組み合わせはとても大人っぽい上品なお部屋にしてくれます。

白を基調としたインテリアに合わせたいグラデーションのドラセナ

グラデーションカラーは単一のカラーで揃えたインテリアにもおすすめです。写真は白色を基調としたインテリアですが、種類によってはインテリアよりも植物が目立ってしまう恐れがあります。はっきりとした緑色や赤色の植物は浮きそうで普通だとつまらないという方は、グラデーションに色づく観葉植物をセレクトしてみてはいかがでしょうか。

西海岸インテリアのお庭におすすめ!赤紫色のドラセナ

赤紫色のドラセナは西海岸テイストのインテリアにもおすすめです。ドラセナを植え込むだけでリゾート感がうんとアップしますね。

上級者におすすめ。紅葉の盆栽

盆栽が合うのは和室だけだと思っていませんか?実は盆栽が合うのは和室だけではありません。モダンテイストに合わせると高級感もアップするのでおすすめですよ。赤い紅葉はおしゃれに印象付けてくれます。

まとめ

いかがでしたか?意外にも赤色の観葉植物はたくさんあります。赤い花の植物は花を咲かせやすいような環境で飾ってあげましょう。お部屋のテイストによって濃い赤や薄い赤、紫がかった赤やグラデーションの赤など、色味を考慮して植物を選ぶのがポイントです。

今回は具体的な植物を用いて赤い観葉植物を取り入れたスタイルをご紹介しました。この記事を参考にぜひ挑戦してみてくださいね。