Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

   

ロイズアンティークス の人気の秘密を探る!イギリスアンティークの魅力が満載!

おおたひろこ
著者:おおたひろこ (インテリアコーディネーター)

大学で建築を学び、建築・インテリア業界で10年以上勤務したのちライターに転身。インテリアコーディネーター資格保有。自宅はモダン+グリーン多め、子どもとペット共存のインテリアです。専門的な視点と生活者の目線で、皆さまのインテリアづくりをお手伝いします。

ロイズ・アンティークスは、イギリスのアンティークを中心とした家具を販売するショップとして知られた存在です。アンティーク家具というと、古いものの価値を判定するのは難しいと感じたり、購入するにはハードルが高い印象だったりしませんか? そんな不安を解消するはっきりとした価格設定で、買ってすぐに使える家具を販売してくれるのがロイズ・アンティークスです。

今回は、ロイズ・アンティークスの魅力と特徴について解説したあと、おすすめ商品についてもご紹介いたします。アンティークやヴィンテージ家具をお探しの方はぜひ参考にしてくださいね。

ロイズ・アンティークスがなぜ支持されるのか?インテリアのプロがその人気の秘密を紐解く

ロイズ・アンティークスの成り立ち

ロイズ・アンティークス イメージ

https://www.pinterest.jp/pin/139752394674088240/

ロイズ・アンティークスは1988年に東京広尾に創業したアンティーク家具のショップです。

通常のアンティーク家具のショップと言えば知識がないと入りづらく、値段を聞いたらすごく高かったらどうしよう…となかなか踏み込みにくい世界ですよね。

ロイズ・アンティークスはイギリスで直接買い付けた家具を輸入し、すぐに使えるように塗装や椅子の張替えなどの修理を責任をもっておこなったうえで、いつ頃の商品なのかという年代と価格をきちんと明記した札をつけて販売するというショップをつくりました。
つまりロイズ・アンティークスは、アンティークに興味があるけど詳しくないという初心者からインテリアのプロまで「誰でも」安心して購入できるショップとして認知されたのです。

現在では直営の路面店のほか百貨店にも出店しており、より多くの人に知られる存在になっています。

ロイズ・アンティークス公式ホームページ
http://www.lloyds.co.jp/

ロイズ・アンティークスの商品スタイルと特徴

ロイズ・アンティークス イメージ

https://www.pinterest.jp/pin/497577458811806001/

ヨーロッパで親から子に大切に受け継がれたアンティーク家具には、時を経た味わいがあります。また、丁寧につくられていたり、今では使えない素材が使われていたりという価値があることも。

ロイズ・アンティークスは、創業当初はイギリスのアンティークのみを扱っていましたが、現在はイギリスだけでなく北欧を含めたヨーロッパのアンティークからヴィンテージの家具まで幅広くそろえています。そのため「ミックスカルチャースタイル」をロイズ・アンティークスでは提案しています。
これは大切に使われてきた古い家具でもこてこてのクラシックだけでまとめるのではなく、さまざまな国やテイストのものを独自の世界観でコーディネートするというスタイルです。

また商品は大型の家具だけでなく、オブジェや小物、照明などもあり、お部屋全体をトータルでコーディネートすることも、ポイントとしてアンティークを少しだけプラスすることもできる商品構成になっています。

ロイズ・アンティークスの品質やこだわりについて

ロイズ・アンティークス 英国 イメージ

http://www.lloyds.co.jp/about/productflow/

創業から30年という間に、ロイズ・アンティークスの買い付けのネットワークは強固になり大きく広がっています。その分、品質と状態のよいアンティーク家具が集めやすくなっていると言えるでしょう。

買い付けた家具はイギリスと日本の修復師が修復をおこないます。
古い塗装を丁寧にはがしアンティークの風合いを残した塗装を施したり、組み立て直すことでガタツキをなくしたり、椅子の張り直しをおこない座り心地や美しさを蘇らせたりします。

修復については、ロイズ・アンティークスのこだわりでもあるので責任をもっておこなわれます。また、購入後のメンテナンスや修理にも応じています。

ロイズ・アンティークスの商品傾向やランクについて

ロイズ・アンティークス ミックススタイル イメージ

http://www.lloyds.co.jp/about/

現在でもイギリスのアンティークが商品数としては多くなりますが、ヨーロッパ全土から買い付けをおこなうようになっているため取り扱い商品の幅がとても広くなっています。
いわゆる正統派クラシックのアンティークからモダン・コンテンポラリーのヴィンテージ、イギリスやフランスの使い込まれたパイン材を主としたカントリー、そしてインダストリアルまでそろいます。カテゴリーに関係なくアンティークやヴィンテージを探されているとうことなら、一度チェックしてみるとよいでしょう。

商品のランクについてはチープなものはありませんが高級なものしかないという訳でもなく、アンティークであっても比較的買いやすい価格帯のものから高級アンティーク家具まで用意されているという印象です。オンラインショップも展開していますので、まずはどんなものがどの程度の価格で販売されているかをチェックしてみると安心ですね。

ただし、欲しい商品がオンラインショップになくても諦めないで。
古い家具は同じものはありません。これから入荷する可能性もありますので、まずはお店でこんなものを探していると相談されることをおすすめします。

ロイズ・アンティークスのショップについて

ロイズ・アンティークス エゴイスト ショップ イメージ

http://www.lloyds.co.jp/shop/

ロイズ・アンティークスのショップは全国に11店舗あります(2019年11月現在)。
東京を中心に名古屋や神戸、福岡などに店舗展開されています。

その中で特徴的な店舗が東京・碑文谷の「エゴイスト」店です。
ヨーロッパ各地で買い付けをするバイヤー自らセレクトしたコンセプトショップ「Buyer’s Select」があり、こちらはエゴイスト店限定アイテムになっていてディプレイもオリジナルで魅力的です。

またショップごとに特集展示がされるのにも注目しましょう。欲しいジャンルの商品がまとめて見れるチャンスです。

プロが選ぶ!ロイズアンティークスの代表的なおすすめアイテム10選

ロイズ・アンティークスのおすすめテーブル

ダイニングテーブルとして人気のドローリーテーブル「Item ID:TV001217」

ドローリーテーブル ロイズ・アンティークス

http://www.lloyds.co.jp/eshop/detail.php?id=TV001217

イギリスのアンティークといえば人気のドローリーテーブル。ロイズ・アンティークスでも人気です。
ドローリーテーブルは伸長式のテーブルで、テーブルの両側から板が引き出せるようになっています。

脚の部分にも特徴があり、写真のように装飾が施された球体のバルボスレッグという飾りがついたものと、ツイストのような脚があります。

サイズも脚のデザインもさまざまなものが出てきますので、好みのものが出てくるのを待つ楽しみも味わってください。

脚がツイストタイプのドローリーテーブル「Item ID: TV001239」

ドローリーテーブル ロイズ・アンティークス

http://www.lloyds.co.jp/eshop/detail.php?id=TV001239

ドローリーテーブルの便利なところは、片側だけ板を出してもつかえることです。天板の裏には木でつくられた仕掛けがあり出したりしまったりも簡単でスムーズです。

脚がツイストのタイプは、写真のような4本足が多くなります。

オンラインショップには、推定にはなりますが国、年代、素材が記載されていますので参考にしましょう。

お部屋のポイントに導入しやすいオケージョンテーブル「Item ID: TV003028」

オケージョンテーブル ロイズ・アンティークス

http://www.lloyds.co.jp/eshop/detail.php?id=TV003028

アンティークらしいデザインで、さまざまに利用できるオケージョンテーブル。ソファの前やサイドに補助テーブルとして置いても、エントランスやお部屋の一角に飾り用のテーブルとしてコーディネートしてもよいでしょう。

こちらもサイズや脚のデザインにバリエーションがありますのでお気に入りを見つけてくださいね。

便利でつかいやすいネストテーブル「Item ID: TW009005」

ネストテーブル ロイズ・アンティークス

http://www.lloyds.co.jp/eshop/detail.php?id=TW009005

猫脚がエレガントなネストテーブルは、入れ子式で3個セットが多いテーブルです。
ソファのサイドに配置して、つかうときには小さいテーブルを手元まで引き出して飲み物や読みかけの本などを置くことができ、つかわないときにはコンパクトに片付けることができます。また写真のように少しずつずらして出した姿もきれいで印象的なコーディネートが可能になるアイテムです。

ロイズ・アンティークスのおすすめチェア

1脚でもセットでもダイニングチェア「Item ID: TV000011」

ダイニングチェア ロイズ・アンティークス

http://www.lloyds.co.jp/eshop/detail.php?id=TV000011

ロイズ・アンティークスにはさまざまなデザインのダイニングチェアが用意されています。ある程度数がそろっているものも多いので同じものをセットで購入できます。(もちろん単体購入も可能です)

ほとんどが再塗装されて、シートは張り替えられていますので、気持ちよくつかうことができます。

曲木がエレガントなチェア「Item ID: TV000030」

ロイズ・アンティークス ベンドウッドチェア

http://www.lloyds.co.jp/eshop/detail.php?id=TV000030

木の曲線が美しいベンドウッドチェアもアンティーク家具の中で人気のアイテムです。写真のようなタイプのほかデザインも豊富で、アームもあるものないものがあります。また、軽いものが多くて扱いやすいのも特徴です。

ロイズ・アンティークスのおすすめソファ

インダストリアルでも人気のチェスターフィールドソファ「Item ID: TV003009」

チェスターフィールドソファ ロイズ・アンティークス

http://www.lloyds.co.jp/eshop/detail.php?id=TV003009

チェスターフィールドソファは写真のように総革張りで革はボタン止めされており、背もたれとひじ掛けが同じ高さのソファです。写真のソファにはありませんが、革が鋲で留められているタイプもあります。
イギリスのヴィンテージが多く、クラシックなスタイルのほかインダストリアルスタイルにも人気のソファですね。

ロイズ・アンティークスではリプロダクトのチェスターフィールドソファも用意しています。

優雅なサロンチェアをインテリアのポイントに「Item ID: TV002018」

サロンチェア ロイズ・アンティークス

http://www.lloyds.co.jp/eshop/detail.php?id=TV002018

サロンチェアは応接などにつかわれていたチェアです。当時はテーブルなどとセットでつかわれ、英国式ティーでおもてなししたであろうエレガントさがあります。
こちらのチェアは鮮やかなグリーンの光沢のあるファブリックがはられ、特徴ある細工の脚がとても印象的なので、インテリアのポイントに1脚コーディネートがおすすめです。

ロイズアンティークスのおすすめサイドボード

小ぶりで木目が美しいサイドボード「Item ID: TT001076」

サイドボード ロイズ・アンティークス

http://www.lloyds.co.jp/eshop/detail.php?id=TT001076

カーブした引き出しや扉のデザインがとてもエレガントなサイドボードです。飾り棚としてコーディネートしやすいコンパクトサイズなのもうれしいですね。

アンティークのテーブルランプを置いてリビングや寝室のほか、玄関や廊下の先などにコーディネートしてもステキです。

こちらのようなサイドボードなどのほかにも、ロイズ・アンティークスにはチェストやカップボード、キャビネットなどの収納家具も多彩にそろっています。

ロイズ・アンティークスのその他のおすすめ

仕上げのシャンデリアなどの照明やデコレーションアイテムも「Item ID: TD009134」

シャンデリア 照明 ロイズ・アンティークス

http://www.lloyds.co.jp/eshop/detail.php?id=TD009134

ロイズ・アンティークスはアンティーク照明の種類も多く用意しています。
写真のようなシャンデリアはもちろん、テーブルランプやスタンドライトなどがあり、アンティークからヴィンテージと年代もテイストも多彩です。

インテリアをアンティークにそろえたら、ぜひ照明までしっかりとコーディネートしてくださいね。

また、照明だけでなくミラーや花瓶、オブジェなどのデコレーションアイテムも多くそろっています。
アンティークなお部屋でなくてもポイントにつかえるような単体で存在感のあるおしゃれなアイテムもあります。お部屋にデコレーションに役に立つアイテムを探してみるのもおすすめです。

まとめ

今回ご紹介した商品は、どれもほとんど1点物です。そのため欲しいと思ってもすでにない可能性がありますが、アンティーク家具として人気でつかいやすいタイプをご紹介しましたので、同じようなデザインのものがまた入荷してくると思いますのでオンラインショップをチェックしてみてください。

またロイズ・アンティークスは仕入れから修復まで一貫しておこなっているので、価格設定もパターンがあり欲しい商品のおおよその値段が把握しやすいのも利用しやすいポイントでしょう。
まずは、希望のデザインとサイズを決めて問い合わせをしてみてくださいね!