Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

   

【アルネ・ヤコブセンの名作チェア】デザインした椅子の歴史と商品の魅力を徹底解説します

デンマークの建築家「アルネ・ヤコブセン」はモダン建築と、多くの優れた椅子や他の家具を設計したことで有名な人物です。「エッグチェア」や「セブンチェア」など数々の名作を残しており、ヤコブセンの名前を知らない方でも、どこかで彼がデザインした椅子を見たことがあるでしょう。シンプルながらユニークなシルエットをした椅子の数々は、その座り心地や使い勝手の良いことでも知られています。

今回はそんなアルネ・ヤコブセンのデザインした、名作チェアの数々をご紹介していきたいと思います。シンプルで機能的なデニッシュモダンスタイルのチェアをお探しの方や、ダイニングチェア、オフィスチェア、リビングで一人くつろぐためのラウンジチェアをお探しの方まで、幅広く使用できるヤコブセンの名作チェアについて知って、ぜひインテリアスタイルに取り入れてみてください。

アルネ・ヤコブセンのチェア、その歴史を紐解く

1902年、デンマーク、コペンハーゲンで貿易商を営むユダヤ系デンマーク人の家庭に生まれた「アルネ・ヤコブセン」は、1921年画家を目指して父親の反対を押し切り家を飛び出します。その後、友人の建築家、「フレミング・ラッセン」に絵の才能をいかせる建築の道を勧められ、1924年にデンマーク王立芸術アカデミーに入学します。

在学中に「カイ・フィスカー」の下で1925年のパリ万博・デンマーク・パヴィリオンの椅子の設計に参加。1927年に同校を卒業した後、「パウル・ホルセー」の事務所に入所します。同じ頃、「マリー・イストラップ・ホルム」と結婚し、マリーの紹介で「ポール・ヘニングセン」と知り合います。

1929年、フレミング・ラッセンと共に、コンペに向けてモダニズムの形式の未来の家を発表すると、一躍注目を集めることとなります。有名になり住宅設計の依頼が増え始めたため、事務所を設立。1930年代には、コペンハーゲンの北に位置するクランペンボーの海岸沿いのベルヴュー地区に、レストランや劇場の隣接するリゾート型複合住宅を建設するコンペに当選し、「ベラヴィスタ集合住宅」をはじめとする大規模リゾート計画を手がけました。

1940年、デンマークがナチス・ドイツによって占領されると、ユダヤ人であったヤコブセンはナチスによる迫害を恐れ、ポール・ヘニングセンと共に当時の中立国であったスウェーデンへ亡命します。亡命中は建築設計は殆ど行われず、二人目の妻ヨハナとテキスタイル・デザインを手がけるなどして過ごしたそうです。

第2次世界大戦が終了するとデンマークへ帰国し、1946年から手がけた「スーホルム集合住宅」では非対称の屋根を採用するなど新しい概念を持ち込んだテラスハウスを発表しました。そして1950年代初め頃からは、家具デザインも手掛けるようになります。家具デザインのスタイルは1952年の「アント(蟻)チェア」によって確立され、その後も「スワンチェア」「エッグチェア」「セブンチェア」などの家具作品を続けて発表しました。

1956年には、デンマーク国内初の高層ビルである「SASロイヤルホテル」(現・ラディソンブルーロイヤルホテル)の建物設計からインテリアデザイン、照明やドアノブ、食器類などの細部までを一貫して手がけました。1964年の「オックスフォード大学セント・キャサリン・カレッジ」では加えてランドスケープデザインも手がけるなど、建築に関わるすべてのもののデザインに携わる姿勢はヤコブセンの特徴の一つと言われています。

1971年に着工した「デンマーク国立銀行」はヤコブセン最初の国家レベルでの仕事であると同時に、彼の遺作でもあります。ヤコブセンは同年、その竣工を見ることなく逝去しました。

ヤコブセンは子供の頃、自分の寝室のビクトリア朝の壁紙を白く塗りつぶしたと言われています。20世紀初頭の当時には白い壁はまだ流行していませんでしたが、幼かったヤコブセンは壁をよくあるような幼稚な絵で埋め尽くすことや、華やかな壁紙を子供っぽい青色で塗ったりはせず、部屋の壁全体を白く塗ることに決め、実行したといいます。そんな彼のエピソードを聞くと、そんな子供の頃から彼が時代を先取るセンスの片鱗を見せていたように感じられます。

20世紀において、ヤコブセンのアイデアの数々は半世紀以上もの間デンマークのデザインシーンを形作り、スカンジナビアから波及して世界中の建築家やデザイナーに影響を与えたと言います。彼は、デンマーク国立銀行のような複雑な建物からカトラリーセットのティースプーンといった細やかなアイテムに至るまで、様々なプロジェクトを指揮していました。

また彼は、創造することへの飽くなきニーズに駆り立てられながらも、比較的小規模なスタジオのスタッフと共に仕事をしていました。また、ヤコブセンの創作プロセスの中心には、細部への徹底した配慮がありました。彼は自身のアイデアを綿密な手描きの水彩画で生き生きとしたものにし、後援者や建設業者に示したと言います。

これらのエピソードを聞くと、アルネ・ヤコブセンという人物がデザインや作品、仕事に対してとても丁寧な人物であることが感じられます。先進的で挑戦的な元来の資質と、建築家としての実績からくる丁寧な仕事ぶりが、彼のデザインしたチェアにも生きていると感じます。

シンプルでありながら洗練されたデザインと、機能的で無駄がなく快適で使いやすいチェアをデザインし続けたヤコブセン。名作チェアに触れることでデザイナーの性格や資質に触れられるような、そんな魅力もデザイナーズチェアにはあるのかもしれません。

アルネ・ヤコブセンのチェアの魅力

背と座が一体となった身体にフィットする心地よい座り心地

アルネ・ヤコブセンのチェアといえば、背と座が一体となった成型合板のシェルにスチールの細い脚のスッキリとした印象のフォルムのものが多くあります。天然木の薄い板を重ねて作られた積層合板は、3Dプレスマシーンにて加圧・加熱し椅子の形に立体成形されており、身体に沿うような緩やかな曲線を描くことで背中が当たっても痛くなりにくい構造となっています。

また背と座が一体となった成形合板が体の重みに合わせて程よくしなるため、快適な座り心地となるのです。長時間座っても疲れにくく、食事やデスクワークにも、そしてリラックスしたいときにも、快適な心地よさを提供してくれるのが、ヤコブセンのチェアなのです。

見た目だけに留まらない高い機能デザイン性

ヤコブセンのチェアには高い機能性があり、それは例えばこのあと紹介する「アントチェア」「セブンチェア」「グランプリチェア」「エイトチェア」などには、ノーマルのクローム脚タイプの場合、椅子を使っていないときに重ねておける「スタッキング」が可能であったり。

もしくは、脚部がキャスターのバージョンの用意や、アーム付きのもなど、使用用途に合わせて好みの形態のチェアを選択できることもポイントの一つです。

また、身体に沿うように湾曲した成型合板のチェアの背は、椅子を引き出す時などにもちょうど良く、軽くて持ち運びが簡単なのも女性やお子さんのいるご家庭には地味に嬉しい部分です。

豊富なバリエーションと柔らかな曲線美がインテリアに取り入れやすい

ご紹介してきたように、ヤコブセンのチェアには色々な脚部のバリエーションやアーム付きなど機能的なバリエーションも豊富ですが、それともう一つ表面の仕上げの種類も多く取り扱われています。木目をそのまま生かした仕上げや、木目の見えないラッカー仕上げ、場合によっては表面がファブリックに覆われたものや、レザータイプなどもラインナップにあります。

また、カラーバリエーションも豊富であり、ポップなカラーリングから、落ち着いたシックなカラーまで幅広く扱っているものがほとんどです。

こういった幅広いバリエーションを備えながらも、インテリアの邪魔になりにくいのがヤコブセンのチェアの面白いところです。シンプルで曲線的なシルエットのチェアが多いため、どんなに強い色を選んだとしても意外とインテリアに馴染んでしまうのです。

また本体が薄く脚部も華奢であるため、存在感の主張が強くなく、複数同色、あるいは複数の色とりどりのチェアを部屋においても、なんとなく格好がついてしまいます。あるいは「セブンチェア」と「アリンコチェア」など異なるシリーズを組み合わせて配置しても違和感がなく、むしろちょっとした変化によるアクセントになってしまったりと、本当に幅広い組み合わせが楽しめてしまうのが、ヤコブセンのデザインしたチェアの魅力といえます。

アルネ・ヤコブセンがデザインした代表的な名作チェア8選

アントチェア:Fritz Hansen

「AntChair」アント=アリンコチェアは、1952年ヤコブセンが建築した製薬会社「NovoNordiskA/S(ノボノルディスク社)」の社員食堂のためにデザインされたチェアです。丸い大きなテーブルに、できるだけたくさん並べられるように、当初は前が1本後ろが2本という3本脚で設計されていましたが、1980年に安定性が考慮された4本脚のタイプが発売されるようになりました。

アントチェアはアルネ・ヤコブセンが手がけた最初の成形合板の製品で、背と座を一体化させたその構造の製作は、当初試作の過程で背と座の境部分にヒビや歪みが生じるなどの欠点がありました。その箇所を左右から取り除いていくうちに、くびれのある蟻のような姿になっていき、そのくびれのおかげで程よい弾力を生まれ、身体の形状や動きに柔軟に適応するとても座り心地の良いチェアが誕生したのです。

蟻に似ていることからアントチェアと名付けられたこのチェアは、世界で初めて実現された背と座を一体にした構造の椅子であり、座面は薄い9枚の積層合板で構成され、一番外側は美しい木目の仕上げ材、内側の7枚はバーチ材で縦目と横目を組み合わせることで、強度を高めています。

また補強のため外側2枚の仕上げ材の裏にはインド綿が貼り込まれており、それらを合わせて3Dプレスマシーンにて加圧・加熱し椅子の形に立体成形していくことで三次元曲面に成形され、軽くて強く、断面さえも美しいプライウッド製品ができ上がるのです。

この技術はフリッツハンセン社が確立したとても高度な技術であり、この技術によって薄い成型合板と細いスチール製の脚部を持った、軽快でミニマルなアントチェアは作られています。

価格:¥38,000〜88,000
サイズ:W51×D48×H80.5cm

タンチェア:HOWE

1955年にヤコブセンが設計した「The Tongue Chair」は、その名の通り「舌」のような背の形をしたシンプルなチェアです。

このタンチェアは、デンマークのムンケゴー小学校のために「モスキートチェア」とともにデザインされ、のちにコペンハーゲンの「SASロイヤルホテル」にも使用されます。デザインされた当時の生産は短期間でしたが、ヤコブセンの設計の美しさ、強度、高品質素材が、正確なハウ社の技術で実現し、2013年より再生産が開始されました。

小学校のためにデザインされた椅子なだけあり、シンプルで軽快かつ扱いやすいチェアで、数多く並べても圧迫感や鬱陶しさがなく、滑らかな曲線が柔らかく優しげな印象になっています。本体はビーチ、オーク、ウォールナットの成型合板、ステインドオーク(カラー塗装)と総張りがあり、空間のイメージに合わせて様々に表情を変えることができます。シャープな印象を持つレザー総張りもあれば、柔らかいカラーのファブリックで包まれた優しげな印象にもできます。

価格:¥97,000〜99,000
サイズ:W45.3×D45×H79.1cm

セブンチェア:Fritz Hansen

1952年にフリッツハンセン社と協働で開発した3本脚のアントチェアは、成形合板の大きな可能性を見出しましたが、当時多くの顧客からは「4本脚・アームレスト付・パディング(布張り)仕様のもの・回転式」などの要望が出ていました。

こうした様々な希望をを受け、アントチェア開発から3年後の1955年に、アントチェアの不足している部分を補う後継モデルとして「SERIES 7」=「セブンチェア」がが発表されました。アントチェアより一回り大きな背と座を持ち、より座り心地が追求されたセブンチェアは、ミッドセンチュリーデザインの名作の1つとなりました。

当初セブンチェアはブラックのカラーのみでしたが、1968年にヤコブセンが8色のカラーバリエーションを選定。その後建築家の「ヴァーナー・パントン」画家の「ポール・ゲアネス」などの手によって何度もカラーのバリエーションが移り変わり、2012年、ヤコブセン生誕110周年を記念して現在の9色になりました。

また9種類の樹種違いのモデルも発表され、今日ではシート・レッグ・レッグキャップまですべてを同色に仕上げた「モノクロームシリーズ」や、背と座を布や革で覆った「パディングシリーズ」など、幅広いバリエーションを持つようになりました。

カウンターチェアからアームチェア、キャスター付き、子供用タイプまで、豊富なカラーバリエーションやマテリアルなど、ヤコブセンのチェアの中でもかなり豊富な選択肢を持つチェアとなっています。

価格:¥54,000〜258,000
サイズ:W52×D52×H80.5cm

グランプリチェア:Fritz Hansen

1957年、コペンハーゲンのデンマーク工芸博物館の春の展示会にて初公開されたこのチェアは、当初は「3130モデル」という名称で発表されていました。同年にミラノ・トリエンナーレに出品され、この展覧会の最高賞であるグランプリを獲得したことから「GRAND PRIX CHAIR(グランプリチェア)」と新たに呼ばれるようになりました。世界で高い評価を受けたグランプリチェアでしたが、当時の技術では成型が難しく耐久性の問題もあり、数年で廃盤となりました。

しかし2008年、技術的な進歩と生産工程の改良によって、復刻されることになります。当時のオリジナルデザインのまま、脚部と座面のジョイント部分を最新技術で改良し、椅子としての機能性や実用性と高めグランプリチェアは復刻されました。

このチェアを象徴するY字型のフォルムは、彫刻的な威風堂々とした存在感を放ち、素材の持ち味を活かした高いデザイン性は、置く場所や用途に縛られないフレキシブルな使い方が可能です。

価格:¥55,000〜147,000
サイズ:W50×D51×H80.5cm

エッグチェア:Fritz Hansen

1958年、コペンハーゲンの「SASロイヤルホテル」のロビーとレセプションエリアのためにエッグチェアはデザインされました。ヤコブセンがデザインした、ほぼすべてが垂直または水平な面で構成されたホテルの建物とコントラストをなす、曲線的で彫刻のようなデザインのチェア。

発砲ウレタンを加工した画期的な手法と独特のフォルム、 カラダをすっぽり包み込む、卵を思わせるその形状から「エッグ」と名付けられた作品です。これまでのヤコブセンのチェアとはまた違った印象のチェアですが、曲線的なシルエットと、背のカーブなどがヤコブセンらしいデザインに感じられます。

エッグチェアの独特なフォルムを生み出すために、ヤコブセンは彫刻家のように粘土を使ってシェルのフォルムを追求したと言います。当時ヤコブセンが初めて使用した新素材、硬質発泡ウレタンをインナーシェルに使用し、表面にレザー張りを施す画期的な手法はエッグチェアの斬新なデザインを実現させました。

エッグチェアの全身を包み込むようなフォルムは、公共の場でもプライベートな空間を作ることができ、現在でも世界中の公共施設や一般のご家庭で広く愛されているチェアです。シェルの張地は幅広いバリエーションのファブリック、革から選択可能であり、 ベースはアルミ製の台座とサテン仕上げのスチール脚からなるスターベースから選択できます。

価格:¥782,000〜1,356,000
サイズ:W86×D79(95)×H107cm

スワンチェア:Fritz Hansen

1958年にコペンハーゲンの「SASロイヤルホテル」のロビーやラウンジのために「エッグチェア」と共にデザインされた「スワンチェア」は、当時の製造技術では直線を持たせず曲線のみで表した形状は革新的なデザインでした。

名前の由来は、白鳥の羽を思わせる左右の対立的なアームと、全体を支える中央と先端がフラットなスターベースが、まさに羽を広げようかとする白鳥の姿に似ていることから付けられたと言われています。

大型のエッグチェアに対し、よりコンパクトな小型版としてデザインされたスワンチェアは、 小型ながらゆったりと寛ぐことができ、一人掛けからソファタイプまで、幅広いカラー、ファブリックが展開されています。コンパクトでありながらエレガントで上品な存在感のあるスワンチェアですが、張地の種類やカラーによってはそのコロンとした見た目がポップ印象となり、インテリアに可愛らしさや変化をプラスすることもできます。

エッグチェアよりも小型であるため、気軽に取り入れやすいサイズのラウンジチェアとなっています。

価格:¥442,000〜792,000
サイズ:W74×D68×H77cm

オックスフォード:Fritz Hansen

1965年に英国の「オックスフォード大学セント・キャサリンズ・カレッジ」の教授用チェアとしてデザインされた「Oxford Chair」は、特徴的な高い背もたれが独自の空間と、威信のシンボルを象徴する特別な存在感のある椅子です。

大学の拡張工事において、造園や家具シリーズのデザインプロジェクトを委任されたヤコブセンは、このプロジェクトの完成によりオックスフォード大学から名誉博士号を授与されました。このトータルデザインという画期的な事例は、ヤコブセンが手がけた数々の仕事の中でも傑出したプロジェクトの一つだと言われています。

デザイン当初は板座タイプでしたが現在は生産されておらず、「フルパッティング仕様」のクッション性のある座り心地のシートに、張地にファブリック・レザーから幅広く選択可能おなっています。また、背もたれの高さの選択肢が広がり、ミドルバックやローバックなども加わって、オックスフォードシリーズとして製品化されています。

さらにそれぞれアームなしかアーム付を選ぶことができ、脚部も2種類用意されており、高さ固定タイプ(スプリング機能付き、5スターベース)もしくは高さ調節タイプ(キャスター、チルト機能付き)から選択が可能です。

価格:¥274,000〜596,000
サイズ:W50×D60×H104cm(オックスフォードクラシックシリーズミドルバック)

エイトチェア:Fritz Hansen

1969年にデンマーク国立銀行のためにデザインされた「リリー」という愛称を持つエイトチェアは、1970年のデンマーク国際家具見本市で製品として初公開されました。しかし当時の成形合板の技術では、エイトチェアの深い三次局面の成形が難しく、3/4の材料がクォリティコントロールで認められず、 数年で廃版商品となってしまいます。

しかしながら2007年に、現代の技術でこの完璧なフォルムを実現することに成功。復刻された「3208モデル」は、現代人の体格に合わせてオリジナルより一回り大きいサイズに改良されました。

最初のモデルである3108 は1968 年に誕生し、1970年のデンマーク国際家具見本市でアーム付きの3208 モデルが初公開されました。完璧な曲線を持ち、快適な座り心地を提供する成形合板のリリーは、最先端の製造技術の賜物といえます。

1952年のアントチェアに始まり、このエイトチェアがアルネ・ヤコブセンの最後の成形合板の作品となっています。

価格:¥143,000〜337,000
サイズ:W50×D52×H82.5cm

アルネ・ヤコブセンのチェアを使ったおしゃれコーディネート3選

空間を作り出すエッグチェアで、互いに気兼ねすることなく読書に集中できる部屋

ダークグレーやブラックのアイテム使用した落ち着いた印象のライブラリー。

エッグチェアは体をすっぽりと包み込むような大きめのラウンジチェアであるため、部屋の中でさらに一人で集中する空間を作り出すのにおすすめのアイテムになります。同じ室内にいながらそれぞれ別の作業を行うことが多い人や、家族の集まるリビングの中で自分の空間が欲しい時などにも便利で、特に読書など人と共有して行わない作業をするときに重宝します。

互いに向き合うような配置で、ふと声を掛けてコミュニケーションも取ることができるレイアウトでありながら、個人のプライベート空間も守られる程よい距離感の保てる、安心感のあるコーディネートです。部屋全体の色味も落ち着いた色で統一されており、ファブリック地の柔らかな印象のエッグチェアも寛いだ印象になっています。

「教授の椅子」で演出する知的なナチュラルモダンの書斎

ライトブラウンを中心としてニュートラルカラーでまとめられたスッキリとした印象の書斎です。

ハイバックのレザー張りのオックスフォードアームチェアが、洗練された美しいスタイルと理知的な佇まいで、書斎の印象を一段とシックでインテリジェンスな雰囲気にしています。収納やファイル、ボックスに加え、色も統一されたカラーコーディネートがされています。

装飾性のないミニマルなデザインのオックスフォードチェアなどのアイテムが清潔感のある洗練された印象を演出し、非常に無駄のない上手な書斎のコーディネートとなっています。

カラバリ豊富なセブンチェアでホワイト×ブラウンな2色コーデのダイニングルーム

ホワイトとブラウンで統一されたキッチンダイニングルーム。シンプルでありながら、バイカラー配色によるメリハリのある色使いと、一つ一つのアイテムのミニマルなデザインが、主張しすぎず調和するモダンスタイルのインテリアになります。

成型合板を使ったヤコブセンのチェアは、本体も足もスッキリとした軽快な印象であるため、複数の椅子を配置する時などに部屋に圧迫感や散らかった印象を与えることなく使用できるのが魅力。中でも豊富なバリエーションとカラーを誇るセブンチェアは、ロングセラーアイテムらしい馴染みのあるシンプルでいながら洗練されたフォルムが、あらゆるシチュエーションのインテリアにもマッチする万能アイテムです。

木目を生かした仕上げとマットなホワイトカラーの仕上げの2タイプを交互に配置することで、インテリア全体にリズム感ができ、単純な2色使いのカラーコーディネートではなく、ワンランク上のおしゃれなコーディネートとなっています。

まとめ

アルネ・ヤコブセンのチェアはシンプルでありながら、どこか洗練された印象であり、またとても使い勝手が良いのが最大の魅力です。ダイニングやリビング、書斎や寝室など、一脚そこにおいておくだけでも、なんとなく部屋が格上げされる独特のオーラがあります。決して華美でも装飾的でもないのに、何か惹かれるものがある有機的なデザイン。

お部屋のアクセントや、日常的なライフシーンにも活用できるヤコブセンの名作チェアを、ぜひインテリアに取り入れてみてはいかがでしょう。