Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

      2020/11/17

【プロが解説】ブルックリンインテリアに合わせたいカーテン実例10選!本当におしゃれな上級者コーディネートを実現する

浦辺愛美
著者:浦辺愛美 (インテリアコーディネーター)

大手インテリア販売店で10年勤務。顧客へのコーディネート提案と従業員の家具知識教育に携わる。インテリアコーディネーター・色彩検定1級だけでなく、宅地建物取引主任者を独学で取得。趣味は旅行で、旅先でのインテリアチェックは欠かせません。現在、夫と3歳の娘との3人暮らし。子供がいても散らかりにくい、シンプルで機能的なインテリアを実践。見た目だけでなく、住む人の使いやすさを考えたインテリアを提案します。

男女問わず人気のブルックリンインテリアですが、カーテン選びに意外と手こずっている方は多いのではないでしょうか。

そもそも本場ブルックリンではインテリアにファブリックをあまり使用せず、カーテンをつけるお家も多くありません。しかし、プライバシーを重んじる日本人の感覚や近隣住宅との距離が近いという住宅事情を考えると、なかなかカーテン無しというわけにもいきません。

今回はブルックリンインテリアに合うカーテンをご紹介します。カーテンの他にもブラインドやロールスクリーンなど、ブルックリンスタイルに合うものだけをピックアップしていますので、ぜひ参考にしてください。

ブルックリンインテリアとカーテンについて徹底解説!カーテンに取り入れるべき要素とは

おしゃれなブルックリンインテリアを実現するポイント

https://www.pinterest.jp/pin/47287864826801701/

ブルックリンインテリアの基本は、アンティーク感のあるレンガやコンクリート・古材など無骨で重量感のある素材使いです。お部屋の中で大きな面積を占める壁や床などに取り入れると完成度が一気に上がります。レンガやコンクリートの実物を取り入れることが難しくても、お部屋の一面だけレンガ調やコンクリート調のアクセントクロスに変えるだけでも大きく印象が変わります。

そこに合わせたいのは革やブラックアイアンを使用したアンティーク家具です。時を経て風格が増す革の上質な質感、ブラックアイアンの渋さや重量感がブルックリンインテリアを格上げしてくれます。

https://www.pinterest.jp/pin/349169777361180629/

また、お部屋全体のカラーリングも重要です。重厚感や無骨さが魅力のブルックリンスタイルでは、ダークなカラーリングが中心になります。しかし、暗くし過ぎると重くて地味な印象になるため、一部分でも明るさや抜けを作ることが重要です。上の写真では壁とラグに明るい色を入れることで暗さを感じさせません。空間の中に明暗を上手く共存させることでワンランク上のブルックリンスタイルが完成します。

おしゃれなブルックリンインテリアを実現するためにカーテンに取り入れるべき要素とは

https://www.pinterest.jp/pin/226235581267861369/

ブルックリンインテリアに合わせるカーテンは、基本的にはシンプルなものがおすすめです。ブルックリンスタイルにはレンガやコンクリート・古材や革など質感を見せたいアイテムが多く存在します。そのためカーテンはあまり主張が強くないものを選び、他を際立たせるのが良いでしょう。

細部にも注目!カーテンレールにこだわろう

https://www.rakuten.ne.jp/gold/mois/event/brooklyn.html

カーテンはシンプルが良いと述べましたが、反対にカーテンレールにはこだわりの1本をチョイスするとお部屋の雰囲気がぐっと良くなります。

ブルックリンスタイルに合うカーテンレールの筆頭格がブラックアイアンです。ブラックアイアンは家具におすすめの素材と先述しましたが、カーテンレールとして取り入れてもかっこよく味のある仕上がりになります。特にカーテンをシンプルなものにした場合は、レールに装飾性のあるブラックアイアンを取り入れるとワンランク上の印象になります。

https://www.pinterest.jp/pin/126241595792478978/

カーテンレールを極力目立たせずに空間になじませたい場合は、壁や窓枠の色と合わせた機能レールをつけるのも良いでしょう。上の写真では白い壁に白の機能レールを合わせて存在感を減らしています。レールはなじませた分、カーテンにはブラックを選んで空間を引き締めています。

細部にこだわることは、おしゃれなインテリアコーディネートには不可欠です。カーテンレールを活かしたコーディネートにするのか、他のものを活かすためにカーテンレールの存在感をなくすのかで印象が大きく変わるので、しっかりと考えて選びましょう。

さらに詳しく!カーテン以外の選択肢を徹底解説!

ブルックリンインテリア×ブラインド編

https://www.pinterest.jp/pin/68539225562619032/

ブルックリンインテリアに相性が良いのは木製ブラインドです。特にヴィンテージ感のあるものは、重厚でファッショナブルなブルックリンスタイルの世界観にぴったりです。ナチュラルなど明るい色目よりも、ミドルブラウンやダークブラウンで少しムラのあるものを選ぶと良いでしょう。

ブルックリンインテリア×ロールスクリーン編

https://roomclip.jp/photo/vFmN

ロールスクリーンはスッキリしたフォルムとモダンな雰囲気が魅力なのですが、ファブリックをあまり多用しないブルックリンスタイルにはなかなか合わせるのが難しいアイテムです。

もし、ブルックリンインテリアにロールスクリーンを合わせるのであれば、空間から浮きにくいダークカラーがおすすめです。上の写真のように、ステンシルを入れてタペストリー風にするのも良いでしょう。壁とトーンを合わせてなじませてあげると世界観を崩しません。

アイテム別おすすめのブルックリンインテリアに合わせるカーテン実例 10選

ブルックリンインテリア×カーテン実例5選

飾らなさいラフさがマッチ

https://www.pinterest.jp/pin/349803096050707000/

生成りのカーテンに施された英字プリントがブルックリンスタイルにマッチしています。カーテンはただかけるだけでなく無造作に結んでラフな雰囲気を出しています。レースはホワイトを合わせることで外の光をしっかりと取り込み、ダークトーンの室内にも明るさが感じられます。

壁紙とのメリハリが効いたコーディネート

https://www.pinterest.jp/pin/234327986851647857/

落ち着いたグレーのカーテンはマニッシュな雰囲気で、壁紙とうまく調和しています。壁紙に凝った分カーテンはシンプルな無地にする引き算のコーディネートでバランスを取っています。

かっこよすぎないリラックスダイニング

https://www.pinterest.jp/pin/170151692158139985/

薄手のタブカーテンが素朴な味わいで空間に柔らかさを足しています。窓周りの印象を引き締めるブラックのカーテンポールが、ブラックアイアン脚の家具とよく合います。ラフな印象のタブカーテンにインテリアグリーンを組み合わせることで、堅苦しさのないリラックスダイニングとなっています。

壁になじむ白で窓枠とのコントラストを強調

https://www.pinterest.jp/pin/124834220905012395/

ホワイトのレースカーテンを内付けにして存在感を極限までなくしています。結果的にコントラストのあるダークブラウンの窓枠が映えて、ブルックリンっぽさが一層際立ちます。

サッシとリンクしたカーテンレールでキリっと引き締める

https://www.pinterest.jp/pin/541980136400440744/

ウォームグレーのカーテンがブラックを多用したインダストリアル感のあるインテリアにマッチしています。ブラックのカーテンレールは細身のリングランナータイプでスマートながらも装飾性ばっちり。小窓のサッシのブラックともリンクして、窓辺をぐっと引き締めます。

ブルックリンインテリア×ブラインド実例3選

ウッドブラインドで王道コーデ

https://www.pinterest.jp/pin/163185186486503449/

相性の良いウッドブラインドを合わせた王道のコーディネートです。床材よりも少し濃い目のカラーにすることで、あたたかみがあり落ち着いた印象になっています。

ダークカラーを効かせてブルックリンに

https://www.pinterest.jp/pin/747316131889060488/

ダークカラーのウッドブラインドやウォールステッカーを組み合わせてブルックリンテイストを実現しています。壁はベーシックなホワイト、床はライトブラウンでブルックリンのイメージとは違いますが、小物を効かせることで雰囲気を変えることは可能です。賃貸でも参考にできるアイデアです。

バーティカルブラインドでワンランク上の仕上がりに

https://www.pinterest.jp/pin/723531496372429540/

フォーカルポイントとなるテレビ裏のアクセントクロスにちゃんと目が行くように、壁と同化するホワイトのバーティカルブラインドを選んでいます。シンプルな無地ですがバーティカルブラインドだからこそ出る陰影によって、独特の味があるレベルの高いコーディネートになっています。

ブルックリンインテリア×ロールスクリーン実例2選

ステンシルで世界観を表現

https://roomclip.jp/photo/vhn7

ブラックのロールスクリーンに入った英字のステンシルがおしゃれです。隣にあるウッドボードともリンクしていて、見せたい世界観がはっきりと伝わります。ダークカラーを多用すると重くなりやすいですが、壁際に照明を当てることで明暗のメリハリが生まれて雰囲気のよさにつながっています。

カーテンボックスで装飾性アップ

https://www.pinterest.jp/pin/32228953562173167/

ホワイトのロールスクリーンで明るさのあるブルックリンインテリアになっています。ポイントはロールスクリーン上部につけた古材風のカーテンボックスです。ロールスクリーンの機構部分を隠して装飾性を高めつつ、ブルックリンらしい雰囲気をプラスしています。

まとめ

ヴィンテージ家具・レンガ・アイアンなどのイメージが強いブルックリンインテリアですが、窓周りにこだわることでその完成度は格段に上がります。

カーテン・ブラインド・ロールスクリーンなどメインとなるアイテムだけでなく、カーテンレールやカーテンボックスなどにも目を向けてお部屋の雰囲気をワンランク上に引き上げましょう。