Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

   

【プロが解説】縦長窓のカーテンを考える。上げ下げ窓・FIX窓・滑り出し窓もおしゃれに!実例もたっぷり紹介

浦辺愛美
著者:浦辺愛美 (インテリアコーディネーター)

大手インテリア販売店で10年勤務。顧客へのコーディネート提案と従業員の家具知識教育に携わる。インテリアコーディネーター・色彩検定1級だけでなく、宅地建物取引主任者を独学で取得。趣味は旅行で、旅先でのインテリアチェックは欠かせません。現在、夫と3歳の娘との3人暮らし。子供がいても散らかりにくい、シンプルで機能的なインテリアを実践。見た目だけでなく、住む人の使いやすさを考えたインテリアを提案します。

デザイン性の高さと防犯面における安心感から、近年縦長窓は増加しています。採光や通風に適しているため一つの住宅でも10近くの縦長窓があることも珍しくありません。しかし、従来の窓と比べてサイズが小さく数も多いためカーテンをつけるべきなのか・どのようなものを選べば良いのかと悩む方も多いのではないでしょうか。

今回は縦長窓のカーテンはどのようなものを選べば良いのかを解説します。そもそもカーテンが必要かどうかという点から、窓の種類や求める機能性に合わせたカーテンの選び方・機器別のコーディネート実例などをたっぷりご紹介しますので、この記事を参考におしゃれで快適なお部屋づくりを進めましょう!

プロが解説。縦長窓のあるお部屋のカーテン事情。おしゃれに仕上げる方法も教えます。

縦長窓にカーテンをつけるかを考えてみる

https://www.pinterest.jp/pin/613826624199709726/

そもそも縦長窓にカーテンは必要なのでしょうか。基本的にカーテンをつける目的は室内装飾、もしくは機能面で必要なためのどちらかですが、縦長窓はデザイン性が高くカーテン等で装飾しなくても十分におしゃれです。そのため。カーテンの有無は機能面で必要かどうかという部分で判断します。具体的には、光や視線・冷気や熱の侵入を防ぐ必要がある窓かどうかがポイントになります。

その際に重要なのはガラスの種類です。透明ガラスは視線も光もダイレクトに入ってきます。気になる方はカーテン類をつけると快適性がアップします。特に、通りに面した窓や西日が差し込みやすい窓には視線・光を緩和するためにカーテンを使用するのがおすすめです。

曇りガラスは透明ガラスに比べるとプライバシーの確保がしやすいため、カーテンがなくてもかまいません。しかし、冷気の侵入や外から室内のシルエットが見えるのが気になる場合はカーテンが必要かもしれません。

窓の形状にあったものを選ぶ

縦長窓には開閉方法によっていくつかの種類があります。窓の仕様や形状に注目して選ぶと、使い勝手も見た目もよい窓周りになります。代表的な窓の種類とおすすめのカーテンなどをご紹介します。

上げ下げ窓

https://www.pinterest.jp/pin/605100899924661064/

上下に開閉する上げ下げ窓には、同じく上下に開閉できるシェード・ブラインド・ロールスクリーンがおすすめです。窓の開け具合に合わせて機器の開閉の程度を調整できるため使いやすく、オープン時は機器上部にスッキリとまとまるため、見た目もきれいです。

FIX窓

https://www.pinterest.jp/pin/5699937014423644/

採光や眺望を目的としたFIX窓には基本的にカーテンは不要です。しかし、まぶしすぎる・外からの視線が気になるなどの理由がある場合は、ある程度光を透過する生地のものを取り付けると良いでしょう。幅がせまい窓には最小10cm程度から取り付けできるロールスクリーン、冷気の侵入が気になる窓にはハニカムシェードがおすすめです。

滑り出し窓

ikkadanran

滑り出し窓はハンドルと窓の開閉方向に注意が必要です。室内側に出っ張る場合は、カーテンなどと干渉するため取り付けができない場合もあります。この場合は何もつけない、もしくは全開時にたたみ代が窓にかからないサイズのものを選ぶと良いでしょう。

窓枠内付けならスッキリ・外付けなら遮光遮熱効果アップ

https://www.pinterest.jp/pin/830280881281720761/

縦長窓に取り付けるカーテン類は、取り付け方で見た目・機能性が大きく変わります。

スマートに見せたいならブラインドやロールスクリーンなどを窓枠内付けにするのが最適です。これらは表面がフラットなのでよりスッキリして見えます。デメリットは窓枠との間に隙間が生じるため光漏れが気になる・ひと窓に1台必要になるため窓数が多ければコストアップする点です。

遮光や断熱効果を求める場合はカーテンやシェードなどを窓枠外付けしましょう。複数の窓を1組のカーテンで覆うのも良いでしょう。室内に出っ張るため存在感はありますが、比較的低コストで機能的な窓辺になります。

連窓ならシンプル&リピート

https://www.pinterest.jp/pin/522487994266958162/

縦長窓は複数の窓が並んで配置されていることが多いです。2つ以上の窓が連なっている場合は、無地などシンプルなデザインのものをリピートするとスッキリとまとまります。1台だけではインパクトが少ないものでも、繰り返し同じデザインを並べることで存在感が引き立ちます。連窓だからこそできるおしゃれ度アップのテクニックです。

おしゃれな縦長窓カーテンコーディネート実例12選

カーテンのコーディネート3選

枠内・枠外に分割してスッキリと

https://www.pinterest.jp/pin/589690144945446070/

繊細なレース生地のシェードを窓枠内付けに、ドレープカーテンを窓枠外付けにして組み合わせています。別々に取り付けることでそれぞれの厚みも少なく、スッキリした見た目になっています。日中はカーテンを開放してレースシェードの美しいデザインを堪能し、夜はカーテンを閉めてプライベートの確保と冷気の侵入防止ができます。

シンプルデザインのリピートで印象的に

https://www.pinterest.jp/pin/7881368084901077/

ホワイトのレースカーテンをリボンでまとめたシンプルなデザインですが、4連でリピートすることで印象的な窓周りになっています。レールとリボンのブラックがアンティーク感のあるインテリアにぴったりです。

採光窓はカーテンのみでシンプルに

https://vesta-shop.jp/blog/544-2019-10-17-00-43-28.html

採光用の5連の窓にまとめてカーテンをつけています。日中はカーテンを開けて各窓からしっかりと採光できて、夜間カーテンを閉めているときは視線や光をカットできます。カーテンレールを窓よりも長めにしてたたみ代が窓にかぶらないようにするとさらにスッキリと見えます。

シェードのコーディネート3選

名脇役のホワイトシェードで開放感を

https://www.pinterest.jp/pin/264234703125143966/

断熱効果も期待できるハニカムシェードが明るい光を取り込みます。「縦長窓に目隠しが欲しいけれどできるだけ存在感を抑えたい」という方には、このように空間に溶け込むホワイトのシェードがおすすめです。ホワイトカラーは光をしっかりと反射するため、昼夜関係なくお部屋全体が明るくなり開放感が感じられます。

操作方法を考慮してスマートに

https://www.pinterest.jp/pin/264234703120772920/

シャープシェードならではの直線的な印象と曲線柄のアンマッチがユニークで印象的な窓辺です。シェードは操作方法による細部のデザインの違いを考慮して選ぶとおしゃれ度がぐっと上がります。こちらはバーについたハンドルで操作するプルハンドル式です。サイドにチェーンやコードがないため、見た目がとてもスマートです。

シンメトリーが美しさを引き立てる

https://www.pinterest.jp/pin/776941373207180793/

中央に入った刺繍がエレガントな印象のダブルシェードです。レースの豊かなヒダ感とドレープの裾のトリムがエレガントで、シンメトリーの配置が美しさを際立たせています。

ロールスクリーン・プリーツスクリーンのコーディネート3選

スリット窓タイプなら幅がせまくても取り付け可能

https://www.pinterest.jp/pin/353814114471073545/

ホワイトの壁にイエローのロールスクリーンがよいアクセントになっています。インパクトのあるカラーですが光を透過するため色の濃さが軽減され、各窓内側に設置することでよりスマートに見えます。

幅が狭く縦に長いスリット窓は巻きずれが起こりやすく、通常のロールスクリーンでは作成できないケースが多いです。メーカーによっては「スリット窓タイプ」「小窓タイプ」などの名称で幅10cm程度から作成できる商品がありますので、気になる方は確認してみましょう。

フリルレースでやわらかさをプラス

https://www.pinterest.jp/pin/790241065849801813/

お部屋のテーマカラーであるレッドのロールスクリーンが光を遮り、全体を覆うレースカーテンはやわらかく光を取り入れてくれます。5段フリルのレースカーテンはフェミニンな印象をプラスするだけでなく、生地の重なり具合によって陰影に変化が現れるのも面白いところです。はっきりとした色使いのインテリアに抜け感を与えてくれます。

プリーツスクリーンで現代的な和室にアップデート

リフォペディア

和室にぴったりのプリーツスクリーンで和モダンスタイルを格上げしています。和紙ならではのあたたかみと直線的なデザインは昔からの日本建築を踏襲していて、しっくりとなじんでくれます。傍らに置かれた和紙のランプとの相性もばっちりです。

ブラインドのコーディネート3選

4連のウッドブラインドでよりナチュラルに

https://www.pinterest.jp/pin/350366046002359595/

ウッドとブルーを組み合わせたさわやかなミックススタイルです。シンプルなウッドブラインドですが、4つ並べるとインパクトが出ます。観葉植物との相性も良く、老若男女問わずリラックスできる空間づくりに一役買っています。

ウッド調ならアジアンにもマッチ

https://blind-mart.com/guide/2061/

ウッド調のブラインドがアジアンリゾート風のインテリアによくマッチします。床やテーブルなどウッド部分の色味を合わせているため一体感がアップし、まとまりのあるコーディネートになっています。

視線カットと採光を同時に叶える

http://ungehouse.blog.fc2.com/blog-entry-98.html

幅が狭いスリット窓にはブラインドはつけられないと思いがちですが、ニチベイのセレーノフィット25スリット窓タイプなら幅10cmから作成できます。他の機器と違い、スラットの角度次第で視線はカットしながら光を取り入れることもできるため使い勝手も良好です。

まとめ

縦長窓のカーテンは通常の窓よりも難しく考えがちですが、ポイントをおさえれば誰でも問題なく選べます。何も取り付けずに縦長窓の優れたデザイン性をそのまま活かすのも良いですし、カーテンなどを取り付けてより機能的に・おしゃれにするのも良いでしょう。おしゃれさと機能性のどちらもあきらめる必要はありません。必要に応じて、お部屋に合った縦長窓の装飾を楽しみましょう!