Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

   

【プロが解説】おしゃれな駐車場を実現する方法!たっぷりエクステリア実例を使って解説

橋本朝子
著者:橋本朝子 (一級建築士)

フィンランド在住。法政大学建築学科卒業。建築設計事務所、ガーデニング設計施工会社を経て独立。現在はフィンランドで個人邸宅の庭をはじめ、学校、店舗、公園など幅広い外部空間の設計を手掛ける。設計のテーマは、「毎日の暮らしがより楽しくなるガーデン」。住まいは築50年の住宅。インテリア、ガーデンともにリノベーションを重ねて家族と住む。趣味はアップサイクル。

住宅の外観イメージに大きな影響を与えるフロントガーデン。そのフロントガーデンの面積の中で、駐車スペースの占める割合は大きいものです。駐車場といったら、耐久性や使い勝手を考えて無機質なコンクリートや舗装材を敷き詰めてしまうことが多いと思います。でも、ちょっと工夫することで、駐車場も素敵なガーデンの一部にすることができるんですよ!

これから新築を予定している人も、お庭のリノベーションをご検討中の方も、ぜひご検討いただきたいおしゃれ駐車スペース。この記事を参考に、マイホームの外観の印象をぐっと良くしませんか。

来客が憧れる!おしゃれな駐車場を実現する方法

おしゃれな駐車場にするには、車を置くスペースだけでなく建物の正面全体をフロントガーデンととらえて総合的にデザインすることが大切です。

駐車スペースの床やそのまわりの緑地、新築なら住宅の壁も合わせてデザインして素敵なフロントガーデンにしましょう。

駐車場はどうしたらおしゃれになるの?

無機質になりがちな駐車場。おしゃれにするには、いくつかの方法があります。

舗装にこだわる

https://www.pinterest.jp/pin/345932815136538476/

駐車場の床は、舗装材とするのが普通です。そこで舗装部分を素敵にデザインすることで駐車場の印象をグレードアップすることができます。一面にコンクリートを敷く場合でも、緑化ブロック、レンガ、タイル、自然石または砂利と組み合わせることで、変化にとんだ舗装の表現が可能です。

緑地を増やす

https://www.pinterest.jp/pin/351912458035303/

屋根の下以外のスペース、タイヤに踏まれないスペースは緑地とすることも可能です。地被植物を取り入れて、緑の面を効果的にデザインに生かすことができます。床には緑化ブロックを、壁面にはスクリーン+つる性植物を利用する方法もあります。

スタイリッシュなカーポートを設ける

https://www.pinterest.jp/pin/345932815136539665/

カーポート自体がおしゃれなデザインなら、フロントガーデンのイメージアップが期待できます。屋根があると緑地が減りがちですが、カーポートの垂直面を利用して緑の面積を増やすこともできます。

我が家にピッタリの駐車場はどんなタイプ?

駐車スペースには大きく3つのタイプがあります。

オープンスペース

https://www.pinterest.jp/pin/5136987064624388/

屋根のない駐車場です。敷地が狭い場合、緑地のスペースをなるべく増やしたい場合、オープンな空間を多目的に使いたい場合などにおすすめです。

カーポート

https://www.pinterest.jp/pin/345932815136540532/

カーポートは柱+屋根の組み合わせの構造物。既製品から選ぶ方法、設計施工でオリジナルなデザインにする方法があります。オープンな駐車場に比べ、車を天候からの影響から守ることができます。

ビルトインガレージ

https://www.pinterest.jp/pin/305400418489655085/

ビルトインガレージとは、駐車場自体を建物の中に組み込んだものです。ビルトインガレージにすれば、フロントガーデンに必要なものは車路のみ。フロントガーデンのデザインの可能性もぐんと増えます。車は室内に駐車しますので天候の影響を受けずに車を保管でき、防犯効果も高いと言えます。

さらに詳しく!駐車場のタイプ別おしゃれな駐車場の実現方法!

それぞれのタイプの駐車場をおしゃれに実現する方法は、次のようなものがあります。

オープンスペースの場合

https://www.pinterest.jp/pin/345932815136539589/

屋根がない駐車場の場合は、駐車場をガーデンとして扱うことも可能。極端なケースでは、タイヤののる部分のみを耐久性のある無機質素材として他は緑豊かな植栽にする方法、反対に床面はすべて舗装材として緑地は最小限とし多目的に使える広いスペースとする方法があります。

オープンな駐車場はどの場合も、この2つの極端なケースの間のデザインと言えるでしょう。舗装材は1~2種類程度にしぼったほうがすっきり洗練されて見えます。2種類の舗装材でグラフィックな模様を描くようにプランするとおしゃれです。シンプルに全面石貼り、または石調のタイルを採用すると、高級感のある仕上がりになります。

カーポートの場合

https://www.pinterest.jp/pin/345932815136539718/

既製品から選ぶ場合、庭の中で大きな要素となりますのでシンプルで質の高いカーポートにしましょう。金属製で樹脂の屋根なら、フラットな片流れにすると人工的な樹脂素材が目立ちません。金属部分はピカピカしているよりは、マットな黒のほうががお庭になじみます。駐車数が一台なら片側が柱、二台なら両側が柱になった形状をおすすめします。

一方、設計施工にすれば自分ならではのオリジナルなデザインのカーポートが実現できます。建物と一体的なデザインのカーポートにすれば敷地全体の統一感が図れます。また木造の構造とし、ウッドスクリーン付きやパーゴラ風のデザインにすればナチュラルな雰囲気が出せます。

雨がまったくあたらないカーポートの屋根の下は緑地には向きませんが、舗装材を工夫しておしゃれにする方法も。例えばコンクリートの土間の中に、タイルや自然石でアクセントをつける方法があります。カーポートの柱につる性植物を這わせられるスクリーンを取り付ける等、垂直面の緑化もご検討ください。

ビルドインガレージ時の場合

https://www.pinterest.jp/pin/281543710134828/

ビルドインガレージの場合、フロントガーデンの印象に影響するのはガレージドア・ガレージシャッターの素材や車路の材質になります。ガレージドアの材質は建築物のイメージに合ったものが最適です。例えば窓枠の色に合わせたり、玄関ドアの材質にあわせるとしっくりきます。

ガレージの床は、コンクリートの土間やインターロッキングの他にタイルもおすすめです。ガレージの室内と車路を同じ素材にしたい場合は、タイルが良い選択です。タイルを選ぶ場合は下地を車路仕様で施工し、防滑性のある、厚みのあるタイルを使いましょう。

アイディア満載!おしゃれな駐車場実例15選

日本や世界のおしゃれな駐車場の実例を厳選しました。

おしゃれな駐車場 オープンスペース編 5選

枕木舗装は歩行向き。臨時の駐車場用に使えば便利

https://www.pinterest.jp/pin/70437481154067/

人気の枕木舗装、フロントガーデンに取り入れてみたい人も多いと思います。枕木は木製で柔らかい素材なので、歩行用の通路の舗装に向いています。毎日使う駐車場の床はコンクリートやインターロッキングブロックとし、平行して枕木の通路を設け、歩行用の通路や万が一の来客時の駐車用に使うのが得策です。

駐車場と緑地の境界をあいまいにしてみる

https://www.pinterest.jp/pin/504473595730785377/

コンクリート平板と芝生の組み合わせの舗装を全面道路に対して45度の角度にしてみましょう。どこからどこまでが駐車場と決めないあいまいな境界となり、まっすぐに区切った場合より汎用性の高い空間になります。三角形に切り取られた土地にはコンクリート面をふわっと隠すオーナメンタルグラスを植えて、ナチュラルな雰囲気をだすと素敵です。

自然石の舗装と雑木林を取り入れてモダン和風に

https://www.pinterest.jp/pin/821203313282231209/

御影石の舗装の駐車場なら、和の雰囲気に合う格式のあるフロントガーデンになります。玄関アプローチには株立ちのコナラやアオダモを植えると、雑木林の中に住んでいるような素敵な風景に。石灰岩の舗装とオリーブの組み合わせなら地中海風の雰囲気になりますよ。

コンクリートと砂利を繰り返してスタイリッシュに

https://www.pinterest.jp/pin/7318418131175116/

ミニマルモダンな住宅のフロントガーデンは、やはりミニマルモダンで。コンクリートの短冊状の土間を設け間に砕石を敷くと、変化のある面白い床になります。やや角ばった砕石なら散らばるのを抑えながら水はけも良くなります。砕石の代わりに、芝を敷いたりタマリュウを植えたりしても良いですね。

タイヤがあたる場所も緑化ブロックにして緑豊かな駐車場にしよう

https://www.pinterest.jp/pin/3518505948945975/

車通勤なら、日中駐車スペースは日当たり抜群。植物の生育に向いた環境なら、緑化に利用しない手はありません。タイヤが通る場所には緑化ブロックを敷き、芝の種をまきましょう。中央部分は乾燥しがちな空間になるので、植栽はセダム類がおすすめです。

おしゃれな駐車場 カーポート編 5選

舗装のデザインにこだわろう

https://www.pinterest.jp/pin/17521886039958874/

既製品のシンプルなカーポートでは、屋根の下の舗装にもこだわりましょう。コンクリート平板と砂利で格子模様を描けば美しい仕上がりに。緑地は屋根の直下を避けたエリアに設置しましょう。乾燥がちで日陰がちなスペースに比較的耐えるセンリョウ、ヤブラン、ティアレアなどがおすすめです。

カーポート+つる性植物でまるでパーゴラのあるテラスのように演出しよう

https://www.pinterest.jp/pin/1407443623159832/

天井に波型のポリカーボネート板を貼った木造のカーポートなら、つる性植物を這わせて緑豊かな空間にすることができます。柱と柱の間に木を格子状に組んだトレリスを設置したり、天井にワイヤーをはると、つるを誘引しやすくなります。

既存住宅にマッチするホームヤードルーフで住宅のイメージを格上げしよう

https://www.pinterest.jp/pin/610097080767462658/

2台の車が余裕で入る、広々とした屋根のついたカーポート。既製品から選ぶ場合、四か所に柱のある、耐風圧設計のフラットな屋根のモダンデザインがおすすめです。タカショーの「ホームヤードルーフ」シリーズなら、屋根に木調パネルや照明器具を仕込む仕様も選べ、外観イメージのさらなる格上げができますよ。

住宅と一体となったカーポートならおしゃれ度ナンバーワン

https://www.pinterest.jp/pin/1266706134398179/

住宅の一階部分と駐車場の屋根が一体となった独自のデザインなら、ワンランク上のカーポートになります。木造のカーポートなら、一階の壁のカーポートの中に見える壁仕上げもすべて木パネルにしましょう。住宅の外壁とのコントラストが効いた、おしゃれな外観が得られます。

憧れの緑の屋根も、カーポートなら取り入れやすい

https://www.pinterest.jp/pin/40813940351474801/

我が家の庭を緑でいっぱいにしたい、という場合は屋上緑化されたカーポートはいかがでしょう。しっかりした構造、防水仕様の床、防水シートの上に軽量土壌を敷けば緑の屋根ができます。屋根に降った雨水は片側に流れるようにしましょう。植栽はワイルドフラワーの他、セダム類がおすすめです。

おしゃれな駐車場 ビルドインガレージ編 5選

扉のないビルトインガレージなら、フロントガーデンが広々する

https://www.pinterest.jp/pin/515169644879560125/

扉のないビルトインガレージなら、フロントガーデンに奥行き感が出て広々と見えます。隣地側の壁に明り取りを設けると、奥まった空間も使いやすくなります。ビルトインガレージの屋根の部分を、2階からのバルコニーとして利用できる可能性もぜひご検討ください。

黒い窓付きのガレージドアでインダストリアル風に

https://www.pinterest.jp/pin/351912461015548/

車一台分のガレージドアなら、ガラス窓つきの木造の両開扉はいかがでしょう。欧米で一般的なスタイルで、洋風の庭に似合います。扉は好きな色に塗装することが可能です。写真では住宅窓枠の色に合わせて黒く塗装してあります。古い工場のような、どこかインダストリアルな雰囲気になり素敵です。

ガレージドアの表面素材で壁面を統一すると、ミニマルモダンに

https://www.pinterest.jp/pin/12736811435967934/

跳ね上げ式のガレージドアにすると、扉の開きがってを気にする事なく広々と空間を使うことができます。扉の素材と一階の壁の素材を統一させると、ミニマルな印象になりスタイリッシュです。舗装材も石調タイルと砂利の2つにしぼって、ミニマルな表現にしましょう。

ガラスのガレージドアで、車も「見せる収納」

https://www.pinterest.jp/pin/1900024832455515/

こだわりの車やバイクを所有しているなら、透明ガラスを組み込んだガレージドアにすれば「見せる収納」にすることができます。中を見せたくない場合は、フロストグラスやミラーガラス、または乳白色のガラスにする手もありますよ!中に照明器具を仕込んで、ガレージドア自体がほんのり光るのもきれいです。

スペースに余裕があれば、ビルトインガレージの後付けも可能

https://www.pinterest.jp/pin/548594798365835387/

ビルトインガレージは、敷地と建ぺい率に余裕があれば後付けも可能です。フロントガーデンの一部にガレージを設ける場合、既存建物の仕上げの色に合わせると統一感がでます。ガレージの屋根の素材が建物と同じにならない場合、屋根素材が通りから見えないよう上部に壁をまわすと後付けした感じが出ず、高級感のある仕上がりに。

まとめ

駐車場は建物の外観の印象を決める、重要な空間。戸建て住宅の小さな敷地の中ではなおさら、駐車スペースは大きなエリアを占めます。舗装面の仕上げ、カーポートやガレージドアの素材を厳選して、おしゃれに仕上げれば外観の印象がアップ、しいては資産価値だって上がるかも知れません。

機能的や耐久性に加え美観にも気を使って、素敵な駐車場のあるフロントガーデンを実現してくださいね。