Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

      2019/10/21

【ピンクのラグでおしゃれ上級者インテリア】モダンもナチュラルも!人気のスタイル別に解説していきます

ピンクのラグと聞くと、「ガーリー、ロマンチックになりそう…」「取り入れるのに勇気がいる…」など、感じたことはありませんか?実はトーンの使い分けを意識すると、ピンクのラグをファッショナブルに、そしてスマートに取り入ることができ、一味違ったお部屋にすることは簡単にできます。

今回は、そんな疑問を解消すべく、ピンクのラグをおしゃれに取り入れるポイントを交えつつ、厳選したスタイル別ピンクのラグコーディネートをふんだんにご紹介します。

ピンクのラグをおしゃれに取り入れるポイント

さまざまなトーンのピンクを使い分ける

空間において、ピンクのラグを上手に活用するにはどうしたらよいでしょう。ピンクはトーンを選べば、子供部屋のほか、リビングダイニングや玄関など、あらゆる空間に使える色です。

例えば、リビングや寝室、玄関などに取り入れるときは、明るめのソフトなトーンのピンクのラグを選ぶと良いです。逆に書斎やトイレといった限られてスペースには、思い切って鮮やかなピンクを取り入れるのもおすすめです。

無地?柄?デザインを決める

ピンクのラグを取り入れる場合、柄やデザインは、華やかなものよりお部屋に調和しやすいシンプルなもののほうが、お部屋の雰囲気を損ないにくいです。ちょっとお部屋に変化を出したい場合は、無地のラグでもツートンカラーやグラデーションが楽しめるものにすれば、無理なくおしゃれを演出できますよ。

例えば、平織りの柄ラグならカジュアルな素材でありながら、落ち着いたピンクの色使いがバランスのよい上品さを醸し出してくれます。北欧テイストやナチュラルテイストに合わせやすいです。

ピンクラグと組み合わせる色を考える

ピンクのラグと組み合わせる色のおすすめを紹介します。まずは、グリーンです。ピンクは暖色で、色相環の反対に位置する補色は、グリーン。この組み合わせはとてもバランスがよく、空間に大胆でハッキリしたリズムをつくり出すことができます。写真のようにグリーンのソファが鮮やかな場合は、ピンクのラグを淡いトーンにすると目が疲れることなく、洗練されたシックな空間に仕上がります。

次におすすめなのが、グレーです。特に淡いトーンのピンクのラグに合わせるのがおすすめです。モノトーンのグレーがピンクの澄んだ色味を引き立ててくれます。同時に色差の少ない配色が、繊細で現代的な印象に仕上げてくれます。ピンクのラグを取り入れる時のテクニックとして覚えておきましょう。

 

人気のスタイル別ピンクラグのコーディネートサンプル18選

ピンクのラグは、女性的でガーリーな印象を与えがちです。自分の思い描くスタイルに取り入れられるのでしょうか。それでは、人気のスタイル別にピンクラグのコーディネートを見ていきましょう。

モダンスタイル×ピンクラグコーディネート 6選

モノトーンインテリアにパステルピンクのラグが合う

モノトーンをベースにしたインテリアに中に、薄いパステルピンクのラグ使った事例です。モノトーンインテリアには、上の事例のような薄いパステルピンクだと意外なほどに馴染みます。無機質になりがちなモノトーンカラーも、淡いピンクを差し色にすると居心地のいい雰囲気を作ってくれます。

ダークな色合いでまとめたエレガントモダンスタイル

ピンクとグレーの組み合わせは、洗練されたエレガントなモダンスタイルをつくります。ソファやラグに取り入れたややダークな色合いが、甘さを抑えて全体を引き締め、大人っぽさを醸し出してくれます。

現代アートのようなミッドセンチュリーモダンスタイル

黒のレザーソファと彩度の高いピンクのカラフルなラグを組み合わせています。モノトーンカラーの味気無さをピンクラグやイエローのスタンド照明で緩和するカラーコーディネートです。斬新で自由なデザインと鮮やかな色使いが魅力の、ミッドセンチュリーモダンスタイルに仕上がっています。

スモーキーピンクのラグでシックな印象に

ピンクに少しグレーがかかったスモーキーピンクのラグは、黒のアイテムでエッジの効いた空間に、品のある落ち着いた雰囲気をプラスしてくれます。スモーキーピンク×黒の組み合わせによって穏やかでシックな印象が強調され、品格や大人っぽさが演出されています。

ピンクの平織りラグでカジュアルさを抑える

淡いピンクの平織りラグに黒の扉を上手に組み合わせ、コントラストをつけてスタイリッシュな寝室に仕上がっています。他のアイテムに有彩色を使わず、淡いピンクのラグのみで色を足しています。それによってまとまりが生まれ、洗練された空間に。

モダンスタイルの洗面所に美しいアクセント

はっきりしたトーンのヴィヴィッドピンクのラグは、インパクトがあって落ち着いた印象を与えます。このインパクトに釣り合う強さのある色、黒の扉や鏡、ダークブラウンの洗面台をポイントに取り入れることで、部屋全体が引き締まり、大人っぽい空間に仕上がっています。

北欧・ナチュラルスタイル×ピンクラグコーディネート 5選

色調を揃えて、垢抜けた空間に

レザーソファに、ペンダント照明、アートフレームとインテリアをブラウン系にまとめています。そこにピンクのラグを合わせる場合のポイントは「オレンジ色」です。こちらの写真のラグはオレンジが混ざったピンク色なのです。ブラウンと同じ色調のオレンジ色が入っていることで、お部屋にまとまりが生まれ、一味違った垢抜けた空間に仕上がります。

ミレニアルピンクでトレンドをおさえる

ミレニアルピンクは、淡く少しグレーがかったやさしい色味で、なじみやすさが特徴です。北欧インテリア定番のグレーソファとも相性抜群です。ミレニアルピンクのラグを取り入れる場合は、白も入れることを忘れずに。白がピンクを引き立たせるだけでなく、抜け感をつくって空間をスッキリ見せてくれます。

明度を下げて、ニュアンスカラーで組み合わせる

ピンクの反対色(補色)であるグリーンを組み合わせたコーディネート例です。ピンクのラグもグリーンのソファもどちらも明度を下げた、ニュアンスカラーにしています。どこかほっと寛げるような洗練されたおしゃれな空間に仕上がっています。

ビビットピンクで海外のハイセンスインテリアを

ナチュラルな木目の床、ブルーのソファ、北欧インテリアの王道でまとめたお部屋にビビットピンクのラグを組み合わせています。ラグのトラディショナルなデザインの中にブルーが入っていることで、前衛的なインテリアの橋渡しをしてくれているようですね。

ホワイトインテリアとも合わせやすい

白をベースにしたナチュラルスタイルに、ピンクはよく似合います。こちらは、白で統一されたパッと明るいお部屋に、ピンクのラグを取り入れています。白がかかったピンクのラグは、他のアイテムとも調和しやすいです。清潔感と開放感あふれる空間に仕上がっています。

ナチュラルダイニングに淡いピンクラグで上品さを演出

木の風合いを活かしたナチュラルなダイニングセットに、淡いピンクのモロッカンラグを組み合わせています。モロッカンラグがもたらす優しい風合いと淡いピンクが合わさることで、ぐっと上品で洗練された雰囲気になります。

西海岸・インダストリアルスタイル×ピンクラグコーディネート 3選

ブルー×ピンクで爽やかな西海岸スタイル

西海岸インテリアのキーカラーといえば、海や空を連想するブルーです。実はブルーはピンクの反対色(補色)なので、鮮やかなコントラストが生まれます。こちらのお部屋に組み合わせているのは、ピンクのグラデーションラグ。色んなニュアンスのピンクが混じっているので、主張しすぎず西海岸インテリアに優しく馴染んでいます。

スモーキーピンクで渋さの光る空間に

古材や黒でまとめた無骨なインダストリアル空間に、ピンクラグを組み合わせています。鮮やかなピンクに少しグレーを加え彩度を下げたスモーキーピンクのラグにすることで、インダストリアルな空間に馴染みやすくなります。スタイリッシュで渋さの光る空間に仕上がっています。

ラグを二重に組み合わせ、海外のような寝室に

白をメインにしたインテリアに、ピンク×黒の柄ラグを使った寝室です。単調に感じやすいラグはサイズ違いを二重に組み合わせるのが海外流。さらにラグだけではなく、ベッドカバーなどにも異なる素材を取り入れれば、それだけでハイセンスな寝室へと大変身します。

アジアンスタイル×ピンクラグコーディネート 3選

色鮮やかなピンクのモロッカンラグでアジアンスタイルを演出

ソファや床の色などナチュラルカラーをベースにしたお部屋に、色鮮やかなピンクのペルシャ絨毯が映えますね。ピンクのペルシャ絨毯を取り入れることで、一気に民族的なアジアンスタイルにグッと近づけてくれます。

エレガントなアジアンスタイルに

モロッカンラグもエレガントで異国情緒を演出できます。ピンクの幾何学模様が美しいですね。コロンとしたプフやクッションカラーもピンクと同じ暖色系でまとめています。柔らかい温かい印象のアジアンスタイルに仕上がっています。

上品で落ち着いた大人のアジアンスタイル

ダークブラウンの天然素材で作られた雑貨でまとめたアジアンスタイルの玄関に、アクセントカラーとして鮮やかなピンクのキリムラグを敷いています。伝統的な美しさや温かみを演出してくれます。リゾートホテルのような雰囲気に仕上げることができます。

まとめ

ピンクは一般的に女性的でロマンチックといったイメージが強い色ですが、色のトーンによって大人っぽいイメージにも活発なイメージにもなります。他の色との組み合わせ方によっても、印象が大きく変わります。

ピンクのラグはトーンを使い分けることで、モダンなものからアジアンなものまで、自分の好きなイメージのお部屋に仕上げることができるでしょう。たくさんのテイストを見て、自分好みのインテリアを作り上げてください。

▼色別のラグ特集(定番カラー)

ベージュのラグは、ベースカラーやアソートカラーに向き、あらゆる場面で使いやすい万能のカラーラグですよね。しかし、いざ選ぶとなると「ナチュラルで穏...
お部屋にラグをプラスするとインテリアをグレードアップさせることができることから取り入れる人が増えてきましたね。 ですが面積の大きなラグはお部屋...
ネイビーのラグと聞いて、デニムのようなカジュアルなイメージを浮かべる方もいれば、クラシカルで上品な雰囲気をイメージを浮かべる方もいると思います。...
グレーのラグは、海外インテリアのように洗練された雰囲気が出せることと、どんなインテリアにも馴染むので、誰にでも使いやすい定番のカラーラグですよね...
ラグを選ぶ時に、人気があって取り入れやすいのがグリーンのラグ。木のフローリングとも相性がよく、男女関係なく使いやすい爽やかな印象がありますよね。...
ブラウンのラグと聞くと、「ナチュラルな雰囲気になりそう…」「無難なインテリアになりそう…」と、感じたことはありませんか?ブラウンと一口に言っても...

▼色別のラグ特集(ぜひチャレンジしたいカラー)

ラグはインテリアをグレードアップしてくれます。 ラグの色は白やベージュがよく選ばれますが、なんだか物足りないとか、もう少し温かみや遊びが欲しい...
オレンジ色のラグは、健康的な色合いで明るい雰囲気にしてくれます。インテリアとして取り入れたいけど、子供っぽい・カジュアルになりすぎないかな?とい...
ピンクのラグと聞くと、「ガーリー、ロマンチックになりそう…」「取り入れるのに勇気がいる…」など、感じたことはありませんか?実はトーンの使い分けを...
水色のラグと聞くと、「他の家具と合わせにくそう…」「取り入れるのに勇気がいる…」など、なんとなくモヤモヤを感じたことはありませんか?実は水色のラ...
黒色のラグと聞くと、「圧迫感があるような…」「殺風景な空間になるのでは…」と、感じたことはありませんか?実は素材感や柄を意識すると黒色のラグをお...
色数少なくまとめたミニマムなインテリアもおしゃれですが、ユニークな配色のカラフルなコーディネートもステキですよね。でも上級者コーディネートで難し...

▼柄別のラグ特集

チェックのラグと聞くと、「可愛い子供部屋みたいになりそう…」「取り入れるの難しそう…」など、感じたことはありませんか?チェック柄は、ギンガムチェ...
柄デザインのラグはアクセントラグにおすすめです。その中でも、ストライプ柄のラグはおしゃれで人気があるデザインです。人気がある一方でデザインが豊富...

▼形状別のラグ特集

長方形のラグではなんだかつまらなく感じるときに、円形ラグにすると雰囲気がアップして効果的な場合があります。 お部屋も家具も長方形のものが多くな...
ラグの良さを感じてインテリアに取り入れようと決めたけれど、一般的な長方形のラグだとなんだかきっちりとおさまりすぎると感じることがあります。そんな...
住まいが変わっても、暮らし方がかわっても、いろいろな使い方ができるラグは、1枚ずつお気に入りを買い足していきたいアイテムです。しかし取り入れよう...

▼敷く場所別のラグ特集

ダイニングにラグがコーディネートされているとおしゃれな雰囲気になり、グッと親密感が感じられる空間になります。さらにラグは埃がたつことをおさえたり...
近年のマンションでは和室がないことも増えてきましたが、やはり日本人にとって畳はリラックスできるスペースです。昔ながらの和室とまではいかなくて、和...
玄関のラグは家に帰ってまず目に入るものですし、靴を脱いで最初に足をのせる場所になりますね。 また来客者には家の印象をつくる重要な役割を担うこと...

▼インテリアテイスト別のラグ特集

モダンテイストのインテリアがすっきりしすぎてなにか物足りなく感じることはありませんか。 そんなときラグをプラスすると、インテリアをワンランクアッ...
ナチュラルな素材と明るいカラーが基本の北欧インテリアは、日本人の感性にもあう心地よい空間が魅力ですね。ですが、北欧インテリアを目指してチェアやテ...
海に面した温暖な気候のアメリカ西海岸をイメージした解放感のあるインテリアが人気ですね。 家具を西海岸テイストでそろえたけれど、なんだかリラック...
ラグは一枚敷くだけで、お部屋の雰囲気をガラっと変えてくれる便利なインテリアアイテムです。実は、インテリア上級者さん達が続々と取り入れているのが「...