Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

   

【ブラウンのラグでおしゃれ上級者インテリア】モダンもナチュラルも!人気のスタイル別にコーディネート解説していきます

ブラウンのラグと聞くと、「ナチュラルな雰囲気になりそう…」「無難なインテリアになりそう…」と、感じたことはありませんか?ブラウンと一口に言っても、濃いものから淡い色合いまでさまざま。実は濃淡や素材感を意識するといった、ちょっとした工夫で様々なスタイルに馴染ませ、ワンランク上のお部屋に仕上げることができます。

今回は、そんな悩みを解消すべく、ブラウンのラグをおしゃれに取り入れるポイントを交えつつ、ナチュラルスタイルをはじめ厳選した人気のスタイル別に、ブラウンのラグコーディネートをふんだんにご紹介します。

ブラウンのラグをおしゃれに取り入れるポイント

ブラウンはブラウンでも濃淡で印象が変わってくる

ブラウンは、「中間色」「温暖色」の性質を持っています。ブラウンは赤やオレンジといった暖色に黒が加わり暗くなった色です。木や土、大地といった自然を感じさせるブラウンは温もりや居心地の良さといった安心感を与えてくれます。そして、空間の中に馴染みやすく、目立たず調和します。

例えば、淡いブラウンのラグを使ったインテリアは、柔らかく上品な印象が強いです。一方で濃い目のはっきりしたブラウンのラグだと、シックな大人の渋さを感じさせます。ブラウンといっても濃淡でお部屋の印象がガラリと変わりますので、インテリアの雰囲気に合ったブラウンのラグを選ぶようにしてください。

素材や柄を適度に組み合わせる

ブラウンは温もりや落ち着きをイメージさせる色です。組み合わせやすい色ですが、単調にもなりやすいので、 ラグを使って空間に変化を出すことも一つの方法です。

例えば、ナチュラルなブラウンを基調とした空間に、ブラウンのラグを取り入れる場合は、単色ラグにしてしまうと、ぼやっとしてしまいます。そんな時は、ラグの中に白色を加えるすことがおすすめです。ストライプ柄や幾何学柄など柄ラグだと、取り入れやすいです。ラグの一部に使われている白色は、ブラウンを引き立たせる効果もあります。また、ラグの素材で変化を出す場合は、見た目に柔らかさの伝わるシャギーを使うのは定番ですが、毛足の短い平織りのラグもおすすめです。温かみの中にスタイリッシュさを加えることができます。

床との組み合わせで印象が変わることも

ブラウンのラグを取り入れる場合、ソファやテーブルなどの家具の色と合わせることはすぐに浮かびます。しかし、床の一部分として使用されることの多いラグは、床の色との相性も考慮しないといけません。

例えば、ナチュラルな木目を感じる明るい床に、明度・彩度の高いブラウンラグにすると、明るく開放感が生まれます。一方で明度・彩度の低い暗いトーンのブラウンラグにすると、重厚感がありますが、圧迫感を感じやすいです。自分のお部屋をどういう印象にしたいかを思い描きつつ、ブラウンのラグと床の色をコーディネートすることが重要です。

人気のスタイル別ブラウンラグのコーディネートサンプル16選

モダンスタイル × グリーンラグコーディネート 4選

無機質インテリアにラグジュアリーをプラス

黒に近いダークブラウンの床、ダークグレーのソファ、コンクリート天板のテーブルと、お部屋全体のアイテムは無彩色で揃えています。そこにグレーが混ざったブラウンのループラグを組み合わせています。そうすることで、ブラウンが持つ上品なラグジュアリーさをプラスしてくれます。高級感のある大人の無機質インテリアになっています。

色のコントラストがはっきりしている空間に、ラグを中間色として取り入れる

ダークブラウンの床、インテリアは白色を基調としたお部屋に、淡いブラウンのシャギーラグをコーディネートしています。床の色が濃いと部屋が暗くなりがちですが、ソファのような大きい家具をホワイトにすることで空間を明るく開放的な印象にすることができます。色のコントラストがはっきりしてしまうので、淡いブラウンのラグを床とソファの間に取り入れることで、中間色としてバランスを整えてくれます。

ミッドセンチュリーモダンに馴染ませる

黒のレザーソファとガラステーブルが格好良いお部屋に、淡いブラウンのシャギーラグをコーディネート。彩度が低めの落ち着いたブラウンのシャギーラグは、レトロなミッドセンチュリーモダンな空間とも馴染みます。シャギーラグの優しく温かみある素材感とレザーソファやガラスなどの無機質な素材が絶妙に調和しています。

シャープでスタイリッシュな空間に柔らかさを加える

シックな色合いでまとめた空間に、淡いブラウンのラグをコーディネートしています。ナチュラルブラウンの床と合わさることで、より温かな雰囲気を演出しています。また、ソファやテーブルなどの家具を曲線的なデザインにすることで、都会的な雰囲気を出しつつ、冷たさは感じさせずフェミニンで柔らかな印象を与えてくれます。

北欧・ナチュラルスタイル × ブラウンラグコーディネート 4選

ブラウンのジュートラグで素材感を活かす

こちらのお部屋は、ブラウンのジュートラグとジュートのペンダント照明で、柔らかな風合いを演出しています。ジュートの素材感は、シャビーな色合いの床色を活かし、ひと味違った洗練されたナチュラルインテリアに仕上がっています。自然の温もりを感じられる非日常的なカフェ風インテリアが好きな方にもおすすめのコーディネート例です。

ブラウン×オレンジで温かくスタイリッシュな空間に

オレンジがかったブラウンの柄ラグを大胆にコーディネートしたお部屋。オーク材の家具やタペストリーなどがオレンジのトーンを感じさせることでブラウン×オレンジの組み合わせになり、温かくスタイリッシュな印象に仕上がっています。アクセントとして観葉植物を置くことでメリハリをつけ、ブラウンの柄ラグに入っている黒とグレーが空間がぼやっとしないように引き締めます。

柔らかな雰囲気の中にスタイリッシュさをプラス

ナチュラルな木目の床に、カフェブラウンのループラグを組み合わせています。単色のループラグもサイドのダークブラウンの縁がコントラストになり空間に映えます。お部屋全体の色味を控えめにして洗練された印象のインテリアに、毛足の短いループラグが柔らかな雰囲気のなかにスタイリッシュさをプラスで演出し、大人の北欧スタイル空間に仕上がっています。

色味・柄違いの2枚のブラウンラグで魅せる

ブラウンの濃淡でまとめた空間。同系色の組み合わせは、合わせやすく失敗の少ない定番パターンです。2色以上組み合わせても色の数が多いと感じることがなく、すっきりとまとめることができます。赤味がかったブラウンのソファに、床に敷いた色味・柄違いのブラウンラグで巧妙的な感じは出さない、リラックス感のあるナチュラルスタイルに仕上げています。

西海岸・インダストリアルスタイル × ブラウンラグコーディネート 4選

無骨で男らしい空間に合わせたブラウンのラグ

黒のスチールやアイアンで家具をまとめ、古材やレザーソファを足し、無骨で男らしい印象の空間に、ダークブラウンのループラグを組み合わせています。無骨なインダストリアルの雰囲気を崩さないように、ダークブラウンの色味とループラグの素材感が、ヴィンテージのような渋さを醸し出し、空間にマッチしています。異素材を組み合わせることで立体感のある空間を演出しています。

重い印象になりすぎないように明るめのラグでまとめた

アイアン×木材×レザーソファ×モルタルと、無骨なインダストリアルインテリアに取り入れられるアイテムが揃っています。このお部屋は、重い印象になりすぎないよう明るめのブラウンのラグを取り入れています。単色ではなく白が入った幾何学模様柄にすることで、より明るさを足すことができています。ハードさとナチュラルさを程よくミックスしたオリジナルのインダストリアルテイストを演出しています。インダストリアルに明るさや爽やかさを加えたい人におすすめのコーディネート例です。

シャビーシック×インダストリアルで深みある空間に

アンティーク感漂うシャビーシック×インダストリアルでまとめた空間に、ブラウンのラグを組み合わせています。アイテムの素材は異なりますが、全体の色合いをブラウントーンで揃えているのでまとまりのある空間に仕上がっています。また、ダーグブラウンの色味が強い印象ですが、白のクッションやガラス雑貨を置くことで圧迫感が出ないように配慮しています。

リゾート感漂う空間に馴染む、ブラウンのグラデーションラグ

リゾート感漂うインテリアに、ブラウンのグラデーションラグを取り入れています。床の古材とも馴染み、無駄なものがそぎ落とされた洗練された空間に仕上がっています。また、サボテンのような多肉植物も含めて、観葉植物は西海岸インテリアに欠かせません。大ぶりで存在感があるものと形が面白いものと高さを変えて置くことで、躍動感のあるレイアウトになっています。風や太陽の光を感じさせるようなお部屋を演出せています。

独自のスタイルを突き進むブラウンラグコーディネート 4選

ブラウン無地ラグ×ストライプ柄ラグで秋冬インテリア

無地のブラウンに、ボーダーのラグを重ねたアイデアが目を引くお部屋です。陽当たりのよい部屋と渋めのオレンジ色のファブリックソファに、平織りのブラウンのループラグがピッタリです。シンプルでスタイリッシュなナチュラルスタイルにも、ラグを上手に選べば重ね使いで雰囲気をアップさせることもできます。ワンランク上の秋冬インテリアに仕上がっています。

2枚のブラウンラグでゾーイングとお部屋のアクセントに

広いリビングダイニングは、空間が単調になりがちです。そこで、こちらのお部屋では、ブラウンの柄の異なるラグを使ってゾーニングしています。2枚のラグで仕切るだけで、空間にメリハリが生まれます。また、白を基調とした部屋はぼやっとしがちですが、ストライプのラグを敷くと引き締まって見えます。ゾーイングとしての役割とインテリアのアクセントとしてラグを使いこなしています。

無骨な空間に明るみと温もりを加える

コンクリートの床に、黒の窓とクールで無機質なお部屋。そこに、ナチュラルな木目が美しいフレームソファとダークブラウンのラグで柔らかな温かみを演出しています。無骨でひんやりとした空間に、木材とラグの素材感が、絶妙な明るみと温もりを与えた大人の寛ぎ空間となっています。

カラフルなベッドルームの引き締め役

白をベースにビビットカラーのアイテムで揃えたカラフルな寝室に、渋めのブラウンのラグを取り入れています。ナチュラルブラウンの床色とマッチし、インテリアの引き締め役になっています。カラフルだけど、落ち着く洗練された大人の空間に仕上げたい方におすすめのコーディネート例です。

まとめ

ブラウンは、インテリアでは取り入れやすい定番カラーの一つ。それ故に、ブラウンのラグは無難なインテリアになるのでは?と思われがちです。しかし実は、濃淡や素材感を意識してお部屋に取り入れると、あらゆるインテリアスタイルに馴染み、グッとおしゃれな空間を演出することができます。今回の記事を参考に、ご自身のインテリアスタイルにぴったりのブラウンのラグをぜひ見つけてくださいね。