Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

      2021/08/01

【黄色インテリア徹底解説】プロがおしゃれに仕上げる方法をコーディネート実例を使って解説します

浦辺愛美
著者:浦辺愛美 (インテリアコーディネーター)

大手インテリア販売店で10年勤務。顧客へのコーディネート提案と従業員の家具知識教育に携わる。インテリアコーディネーター・色彩検定1級だけでなく、宅地建物取引主任者を独学で取得。趣味は旅行で、旅先でのインテリアチェックは欠かせません。現在、夫と3歳の娘との3人暮らし。子供がいても散らかりにくい、シンプルで機能的なインテリアを実践。見た目だけでなく、住む人の使いやすさを考えたインテリアを提案します。

光や太陽をイメージさせ、見ているだけで元気になれる黄色は嫌いな人はいないのではないでしょうか。その反面、明るくカジュアルな印象が強いのでインテリアに取り入れるのは難しいと考えている人は多いかもしれません。しかし、黄色はトーンやカラーコーディネートにこだわることで、インテリアの印象をぐっと格上げしてくれるパワーがあります。

今回はおしゃれな黄色インテリアを実現するポイントをご紹介します。黄色の基礎知識やアイテムごとの取り入れるポイント、黄色インテリアのテイスト別実例など、画像を豊富使用しながら解説していきます。

ポイントをおさえて、おしゃれでワンランク上の黄色インテリアを実現しましょう!

来客が憧れる!おしゃれな黄色インテリアを実現するポイント

改めて黄色を知り、インテリアをおしゃれに仕上げる方法をおさえよう

Pinterest

黄色使ったおしゃれなインテリアを実現するには、まず黄色とはどのような色なのかを知る必要があります。ここでは黄色の特徴や相性の良い色などの基礎知識を学びましょう。

黄色を知る

Pinterest

黄色は有彩色の中でもっとも明るい色です。ビタミンカラーであり気分を上向きにしたり、明るく楽しい雰囲気をもっています。一口に黄色といっても色の明暗や濃淡によって印象が変わるので、インテリアテイストに合ったトーンの黄色を選びましょう。

Pinterest

明るい黄色やビビッドな黄色は特に楽しい・ポップな印象が強く、カジュアル・ポップ・ミッドセンチュリーテイストにおすすめです。しかし、ビビッドであればあるほど存在感が強いためインテリアに取り入れるには難易度が高い色です。家具や壁の一部に取り入れるなど、面積を絞って使用しましょう。組み合わせる色は1~2色程度に抑えて、黄色を主役にしたコーディネートにするのがおすすめです。他の色もトーンをそろえて、ポップさを前面に出したインテリアにするのも面白いです。

Pinterest

淡い黄色はクセが少なく、どんなコーディネートにも合わせやすい色で、フェミニンやエレガント・ナチュラル・北欧風インテリアと特に相性が良いです。ホワイトとの相性が良いですが、淡い色のみだと印象がぼやけてしまうので、差し色にブラックなどを合わせて引き締めてあげるとメリハリが生まれます。

Pinterest

くすみ感のある黄色はあたたかみが強く、落ち着いた印象になります。黄色の中でも比較的重厚感がある色なので、トラッドやラグジュアリーテイストによく合います。彩度が低い黄色はカジュアルさや子供っぽさがないため大人コーディネートとの相性が良く、老若男女に好まれやすいので人が集まるリビングなどにも最適です。

黄色と相性の良い色を知る

Pinterest

黄色と相性の良い色はさまざまありますが、その中でもおすすめなのが補色であるブルーとの組み合わせです。黄色×ブルーは補色関係にあるため、お互いを引き立てあい、より鮮やかで印象的に見せてくれます。また、寒色であるブルーは冬には寒さを感じてしまいがちですが、暖色である黄色を合わせることで冷たい印象が軽減されて、オールシーズン問題なく使えるようになります。黄色の配分を増やすと明るくカジュアルに、ブルーの配分を増やすと爽やかな印象になります。

Pinterest

もう一つのおすすめの配色が黄色×グレーです。カジュアルであたたかみのある黄色と洗練されていて上品な印象のグレーは、組み合わせることで堅苦しくないけれどスタイリッシュな雰囲気を生み出します。淡い色同士で合わせる場合は、小さな面積で良いのでダークグレーやブラックを入れて引き締めると、さらにスマートさがアップします。

また、黄色×グレーのコーディネートは木目と合わせると、より上品な印象が引き立ちます。ダークブラウンだと上品さの中に重厚感がプラスされ、ミドルブラウンだとフェミニンな雰囲気が感じられます。

さらに詳しく!黄色を取り入れる対象別おしゃれに仕上げるポイント

壁紙に黄色を取り入れるときのポイント

Pinterest

黄色はインパクトの強い色なので、壁紙に取り入れる場合はお部屋全体ではなくポイントで取り入れるのがおすすめです。アクセントクロスとして1面のみを黄色にする・腰壁や柄の一部を黄色にするなど、面積を絞って採用しましょう。また、黄色の中でもソフトな色合いやくすみ感のあるトーンを選ぶと他のインテリアとの調和を取りやすいです。

▼黄色の壁紙についてはこちらもチェック!

有彩色のなかで最も明るい黄色は、太陽や光を連想させ、幸福感や高揚感を与える色。見た者に強い印象を残すことから、古代中国では「皇帝の色」とされ、風...

ソファやテーブル等大物の家具に黄色を取り入れるときのポイント

Pinterest

大きな家具に黄色を取り入れる場合は、色のトーンに注意しましょう。色は面積が大きいほど濃く・鮮やかに見えるという特徴があります。原色よりも彩度や明度が低い色を選ぶことで「思ったよりも派手になってしまった」という失敗を減らせます。実現したいイメージよりも少し落ち着いた色合いの黄色のアイテムを選ぶように心がけて、全体のバランスをしっかりとチェックしましょう。

カーテンに黄色を取り入れるときのポイント

Pinterest

黄色のカーテンは色のトーンによってイメージが大きく変わります。明るい黄色やビビッドな黄色は存在感が大きくてお部屋のフォーカルポイントになり、インテリアに明るく元気な印象を足してくれます。インパクトが強いため小窓や柄の一部に取り入れるのが使いやすいです。また、シアーカーテンに取り入れて色のインパクトをやわらげるのもおすすめです。

Pinterest

反対に、淡い黄色のカーテンはクセが少なく、カラーコーディネートが苦手な方でも取り入れやすい色です。膨張色なので空間を広く見せるのにも有効で、面積が大きな掃き出し窓にもぴったりです。フェミニンやエレガントなどやさしい雰囲気を出したい場合におすすめです。

▼黄色のカーテンについてはこちらもチェック!

黄色のカーテンは「奇抜になりそうで採用しづらい」「お部屋で浮きそう」と不安に思っていませんか。遮光の程度は?他のインテリアの色は?など気になる部...

ラグに黄色を取り入れるときのポイント

Pinterest

黄色のラグはお部屋に明るさと開放感をプラスしてくれます。フローリングの色と似通ってしまうとぼんやりとした印象になるので、濃い色のフローリング×明るい・淡い黄色のラグや、明るい色のフローリング×暗い・くすんだ黄色のラグなど、メリハリを意識して選びましょう。

雑貨・小物に黄色を取り入れるときのポイント

Pinterest

面積が小さい雑貨・小物には、原色に近いビビッドな黄色を取り入れると良いスパイスになります。あまり分量が多いと雑多な印象になってしまうので、全体の5%程度を目安にアクセントカラーとして採用するとバランスがとりやすくなります。

 

後悔したくない!失敗しがちなパターン紹介

Pinterest

黄色は道路標識や工事現場などにも使われるように注意喚起をしたり、注目を集める効果があります。特にビビッドな黄色には注意を促す色であるというイメージが強く、多用すると落ち着かない空間になってしまいます。ビビッドな黄色を取り入れる際は小物や柄の一部に取り入れるなど使用する面積を絞ってあげましょう。

スタイル別おしゃれな黄色インテリア実例サンプル15選

モダンスタイルの黄色インテリア実例 4選

黄色×グレーの王道コーデはブラックで引き締める

Pinterest

王道の黄色×グレーの組み合わせです。グレーとトーンをそろえて、少しくすみ感のある黄色を選ぶと違和感なく馴染みます。淡い色ばかりでは印象がぼやけてしまうので、ライトやテーブル・アートなどポイントでブラックを取り入れてスタイリッシュに仕上げましょう。

広い面積には彩度低めの黄色で大人っぽく

Pinterest

トーンを落とした黄色を壁紙に取り入れて、大人っぽい黄色インテリアを実現しています。広い面積に黄色を取り入れると派手な印象になりやすいですが、彩度の低い黄色を選ぶことで落ち着きと明るさを両立させています。インテリアには黄色と相性の良いモノトーンをベースカラーに用いているため、シックでクールな仕上がりになっています。ソファやチェアに取り入れた明るい黄色が良いアクセントになっています。

無地カーテンは仕立てにこだわって選ぶ

Pinterest

ブラックでクールにまとめたインテリアに、ソフトカラーの黄色のカーテンが明るさとやわらかさをプラスします。無地のシンプルなカーテンの場合、仕立てが印象を左右します。豊かなドレープ感が魅力の2倍ヒダ+形状記憶加工を選ぶとドレープの美しさが際立ち、コーディネートをより上質に見せてくれます。

ナチュラルカラーコーデで落ち着きの空間に

Pinterest

渋い黄色を壁とベッドリネンに取り入れた和モダンベッドルームです。黄土色に近いようなくすみの強い黄色は和のインテリアとの相性が良く、くせがないため取り入れやすい色です。茶色や緑色などのナチュラルカラーとの組み合わせがおすすめです。

北欧・ナチュラルスタイルの黄色インテリア実例 4選

類似色でまとめてやわらかな雰囲気に

Pinterest

ホワイトベースのナチュラルリビングに、やわらかな色合いの黄色のソファがよく映えます。クッションやアートに取り入れたグレー・ブラックが淡色コーディネートのスパイスになっています。類似色でまとめているため、やさしくフェミニンな雰囲気が感じられます。

アイテムごとにトーンを変えてメリハリを

Pinterest

黄色と水色のノルディックなカラーリングが美しい王道北欧コーディネートです。家具にはソフトで明るいカラーを、壁や床には落ち着いたトーンを取り入れることで、カジュアルすぎずメリハリが効いた仕上がりになっています。ラグは明るく淡い色を選ぶことで、濃い色の床・壁と明るい色の家具の懸け橋となり、コーディネートに一体感が生まれます。

単色ベッドリネンを主役にしたナチュラルベッドルーム

Pinterest

ベッドリネンを黄色一色でまとめたナチュラルモダンなベッドルームです。麻やワッフル織りなどファブリックごとに風合いが異なるため、同じ色でも印象に変化が生まれます。ベッドを主役にするため他のインテリアはニュートラルカラーでまとめて、スッキリとさせています。

質感で魅せるワンランク上の洗練リビング

Pinterest

淡い黄色をふんだんに取り入れたフェミニンなナチュラルコーディネートです。やわらかな色合いの黄色は存在感が大きすぎず、色を取り入れたコーディネートが苦手な方でも取り入れやすいです。シアーなレースや毛足の長いカバーリングなど、質感で遊ぶことでワンランク上のインテリアを実現できます。

西海岸・インダストリアルスタイルの黄色インテリア実例 4選

モノトーンのスパイスに黄色を効かせる

Pinterest

インダストリアルインテリアの中に、明るい黄色のテーブルとチェアを組み合わせた意外性のあるコーディネートです。他のインテリアとは色のトーンも質感も全く異なりますが、小さな面積で複数のアイテムを取り入れることで浮くことなくオリジナリティをプラスできます。シックなコーディネートのスパイス取り入れると遊び心が感じられます。

爽やかコーディネートにワクワク感をプラス

Pinterest

ブルー×ホワイトの爽やかな西海岸風コーディネートは黄色との相性抜群です。クッションやアートなどの小物にポイントづかいするだけでも素敵ですが、ソファなどの大物家具にも黄色を取り入れることで存在感がアップして、非日常感やワクワク感が感じられます。黄色と相性の良いグレーも合わせて使うことで色のまとまりが感じられます。

ヴィンテージ感をプラスして世界観を確立させる

Pinterest

インダストリアルインテリアに多いモノトーンは黄色との相性抜群です。こちらではリビングの一角にヴィンテージ感のある黄色い壁を合わせています。くすみ感のあるシンプルな黄色の壁でも素敵ですが、お部屋の世界観に合わせてユーズド加工された黄色の壁にすることでコーディネートの説得力がアップします。反対に、キッチン側の壁はストライプ柄で遊びを入れることで、抜け感のある個性的なコーディネートになっています。

ホワイト×黄色でインダストリアルテイストに明るさを

Pinterest

モノトーン×黄色の王道コーディネートですが、ホワイトの分量を多くすることでインダストリアルインテリアがもつ無骨さがやわらぎ、リラックス感のあるコーディネートになります。キッチンやソファなどの大物家具はシンプルなデザインにすることで、毛足の長いファークッションやデザイン性の高いセンターテーブルなどのおしゃれアイテムがよく引き立ちます。

独自のスタイルを突き進む黄色インテリア実例 3選

黄色のトーンを変えてメリハリを生み出す

Pinterest

黄色・円形をテーマにしたポップでレトロな雰囲気のミッドセンチュリーコーディネートです。面積の大きい壁や天井・ラグに黄色を取り入れていますが、それぞれのトーンを変えることで変化が感じられます。黄色のインパクトが大きいので他のアイテムはモノトーンでまとめることで、スッキリとした印象になります。

また、随所に取り入れたインテリアグリーンもお部屋のポイントになっています。緑が濃いものを選ぶことで黄色い壁とのコントラストが際立ち、鮮やかで生き生きとした印象になります。

トーンをそろえて色数が多くてもごちゃごちゃさせない

Pinterest

色鮮やかな3台のソファが目を引くポップでカラフルなリビングです。色の三原色を用いたインパクトのある配色ですが、色のトーンを抑えているためいやらしい派手さは感じられません。

クッションはホワイトをベースにして柄に鮮やかな原色を・アートはソフトカラーでやわらかな印象を使用していますが、アイテムごとにトーンをそろえているため、色の種類が多くてもごちゃごちゃ感が少ないです。壁・床はニュートラルカラーにすることで、カラフルなインテリアが映える良いキャンバスになっています。

黄色が主役の上質キッチン

Pinterest

ビビッドな黄色とホワイトでまとめた個性の光るキッチンです。インパクトのある鮮やかな黄色を引き立てるため、他の色は類似色であるブラウンやゴールドに絞ってスッキリとさせています。濃い黄色はのっぺりとした印象になりやすいですが、一部に框扉を取り入れたり取っ手をつけることで陰影が生まれて変化が感じられます。

まとめ

黄色はトーンによって大きく印象が変わり、モダン・ナチュラル・インダストリアルなどの幅広いテイストに合わせられます。お部屋のポイントだけではなくベースカラーに取り入れることもできて、お部屋を明るくさせる効果もあるので、おうち時間を楽しく過ごしたい方には特におすすめです。

黄色の特徴やコーディネートのポイントを理解して上手にインテリアに取り入れて、おしゃれで洗練されたお部屋を実現しましょう!

Hello Interior LETTER

インテリアのヒントがメールで届く!!