Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

   

【プロが教える】敷石を使ったおしゃれなガーデンを実現する方法!モダンからカントリーまで様々の風情を演出

橋本朝子
著者:橋本朝子 (一級建築士)

フィンランド在住。法政大学建築学科卒業。建築設計事務所、ガーデニング設計施工会社を経て独立。現在はフィンランドで個人邸宅の庭をはじめ、学校、店舗、公園など幅広い外部空間の設計を手掛ける。設計のテーマは、「毎日の暮らしがより楽しくなるガーデン」。住まいは築50年の住宅。インテリア、ガーデンともにリノベーションを重ねて家族と住む。趣味はアップサイクル。

おしゃれな庭に使われていることが多い敷石。敷石とは地面に敷くための表面が平らな石のことで、主に庭の歩行感を良くしたりガーデンファニチャーなどを置きやすくするために使います。

庭の舗装というと、インターロッキングブロック、レンガ、タイル貼りや砂利敷きなどがよく使われますが、自然素材の石の高級感には及びません。石の選び方、敷き方でミニマルモダンからヨーロッパの田舎風まで様々な印象を与えることもできデザインの可能性がたくさんあります。

大切なお庭の計画にぜひ取り入れてみたいですね。敷石を実際どのように使ったら、我が家の庭を素敵に仕上げられるでしょうか。こちらをご覧ください!

敷石を取り入れたおしゃれなガーデンを実現する方法

敷石を取り入れておしゃれなガーデンを実現するポイント

https://www.pinterest.jp/pin/345932815138115166/

石はタイルやレンガなどの工業製品とは一味違い、材料そのものの表情が豊かです。色合いや風合い、強度は石の種類によって異なります。また石の敷き方、敷石のエリアに一緒に用いる材料の選び方でも大きく印象が変わります。

敷石仕上げにしたい場所の用途に合った石を選択し、下地を含め敷き方を計画しましょう。例えば最も強度が必要な用途は駐車場です。逆に一度に数人しか歩かない庭の小道などではあまり強度は必要ありません。強度が必要なら小さなサイズで厚みのある御影石、それ以外なら大判で厚みのない石灰岩などが向いています。

敷石を取り入れる場合、石の選び方や敷き方、他のマテリアルと組み合わせたときの印象などを知っていると計画しやすいですね。そこで次に敷石の取り入れ方のポイントを詳しく解説します。

敷石の種類の選び方

https://www.pinterest.jp/pin/345932815138107564/

エクステリアで使われる石の種類には、御影石、石灰岩、砂岩、大理石などがあります。雨がかりのある空間に使うなら、ざらざらした表面の石を選びましょう。割肌、たたき仕上げ、ジェットバーナー仕上げなどなら石らしい表情が楽しめるうえに滑りにくいメリットがあります。

最も強度があり広く使われるのは御影石。グレー系、白系、黄色みや赤みのある茶系が流通しています。歩行、自家用の自転車が載る程度の路面ならピンコロ石(10センチ角の立方体にカットされた御影石)また30センチ角、30×60センチなどの規格にカットされた石がおすすめです。

ピンコロ石なら目地がまっすぐ通るように並べてもよいですが、写真のように扇型状に並べるとエレガントな仕上がり。通路、テラスどちらの場合も縁石で端部をおさえ、ぐらつかないように施工しましょう。規格の御影石をパターンを決めて敷き、面白いデザイン効果をだしても良いですね。

https://www.pinterest.jp/pin/345932815138107432/

石灰岩、砂岩、大理石は数センチ程度に薄くカットされた石材で、乱形や成形があります。いずれもベージュ系や茶系の色合いの素材が多く、洋風ガーデンの床仕上げに似合います。コンクリート下地にモルタルで貼られることも多いですが、庭のテラス程度なら砕石+砂の上に設置することも可能。

乱形ならヨーロッパの田舎風などのナチュラルな仕上がりに、成形をタイルのように敷けばモダンなイメージになります。乱形を採用する場合、縁の部分を乱形の形を生かしてジグザグに仕上げるとよりナチュラルな印象、または縁石で輪郭をはっきりさせるとすっきりとした印象になります。

敷石の敷き方

https://www.pinterest.jp/pin/345932815138107419/

敷石は一般的にモルタルなどを使わずに、十分転圧された砕石などの下地に砂を使って設置します。規格にカットされた石の敷き方には目地をそろえたりずらしたりして敷く方法、乱尺貼り、パターン貼りなどがあります。乱形の石は乱貼りにします。

https://www.pinterest.jp/pin/345932815138107436/

目地は小さくとれば均一な路面となり、歩きやすくなります。逆に目地を大きくとって、目地に砂利や芝などの別素材を用いても面白いですね。往来が多めの玄関アプローチなら歩行感重視で目地は小さめに、庭での時間を過ごすテラスや景観重視のお庭なら目地を太めにしたり様々な素材を組み合わせたりして変化に富んだデザインを楽しみましょう。

https://www.pinterest.jp/pin/345932815138107453/

小道や芝生の庭でよく歩く部分なら飛び石にすると歩きやすくなります。和風の飛び石なら造園資材としての御影石や自然石を利用、洋風なら石灰岩の乱貼りの小道にする方法があります。モダンな庭なら規格サイズの石や短冊型や円形などの幾何学形状にカットされたものもご検討ください。

さらに詳しく!敷石と様々なマテリアルの合わせ方を解説

敷石を様々なマテリアルと組み合わせ、よりデザイン性の高い庭にしましょう!

敷石ガーデニング×芝生

https://www.pinterest.jp/pin/345932815138107486/

芝生の庭の一部を飛び石状に仕上げると歩行感が格段に良くなるうえ、芝が踏まれて変色することも防げます。敷石の通路は、目地に芝が育たないように縁をつけて石と芝をきっちり分ける方法、目地を大きくとって石の間にも芝をはやす方法があります。目地の取り方によっては面白いパターンになり庭に表情がでます。

目地の中に芝をはやす場合は目地は5センチ以上とり、しっかり芝の存在感を主張させましょう。写真のようにナチュラルな目地の他、ストライプ状、ひし形などのパターンにしても素敵です。

敷石ガーデニング×砂利

https://www.pinterest.jp/pin/166773992440160348/

成型や乱形の石の目地を大きくとって、間に砂利を敷く仕上げ方法もあります。植物の管理より少なくなりローメンテナンスな仕上げです。選ぶ石や砂利の種類によってさまざまなイメージにすることができます。

例えばベージュ系の石灰岩にベージュ・茶系の細かい砂利を使うとヨーロッパの田舎風に。成型のグレーの御影石に黒い丸砂利を合わせるとモダンやモダン和風のイメージになります。和風庭園に見ることのできる延段のように大きな自然石で輪郭をとり、中に小さめの自然石を敷いて仕上げる方法もあります。

石の間に敷く砂利は、粒径の小さなものなら角ばっているもののほうが動きにくいため石の上に散らばってしまうことは少なめです。また大きめの自然石も蹴って動いてしまうリスクが少なめです。砂利の下には不織布を敷き、砂利の仕上げ面は石の面よりも1センチ程度低くするのがポイントです。

敷石ガーデニング×ウッドデッキ

https://www.pinterest.jp/pin/345932815138134493/

ウッドデッキのテラスを作りたいけれどデッキ以外の部分をどうしようか迷っている場合、敷石をご検討ください。柔らかく温かみの素材感の木と、硬く冷たい素材感の石のコントラストがきいて、よりデザイン性の高い空間になります。ウッドデッキから1~2段降りたところに目地に芝や砂利を敷いた敷石空間にすれば、水はけが良くなります。

プロが教える!敷石を取り入れたおしゃれなガーデン実例10選

敷石を使って、様々な表現ができます。世界のおしゃれガーデンの実例をご覧ください。

敷石×お庭編 5選

御影石と芝のストライプならモダンなイメージに

https://www.pinterest.jp/pin/345932815138109122/

住宅まわりのテラスと芝をくっきりと分けるとどこかそっけない感じですが、敷石のストライプのパターンを使うと自然に芝とテラスのエリアを分けることができます。ストライプの端部をあえて不規則にするとナチュラルな仕上がりになります。

乱貼りのテラスなら自然の風景にすっと溶け込む

https://www.pinterest.jp/pin/65654107050062082/

ベージュや茶系の石灰岩などの乱貼りのテラスは洋風によく似合います。家具などを置きたい場合、目地は小さくとって全体が平らになるよう施工します。目地の幅をなるべく均一にするとより高級感のある仕上がりに。目地をやや大きめにとりクリーピングタイムやメキシコマンネングサを植えるとコテージガーデン風に。

ウッドデッキと砂利、敷石の庭ならコンパクトにまとめられる

https://www.pinterest.jp/pin/147492956516620487/

スモールスペースならウッドデッキと砂利+敷石を使ってコンパクトにまとめることができます。ウッドデッキにはテーブルやソファセット、砂利エリアにはベンチなどを置いて生活スペースを最大限に利用しましょう。写真ではコンクリート製の丸い飛び石をつかって砂利エリアに楽しそうなリズム感をだしています。

敷石の通路なら芝と植栽エリアを分けられる

https://www.pinterest.jp/pin/345932815138134465/

住宅の周りに敷石の通路を設け、芝エリアと壁沿いの植栽エリアを分けた例。これなら通行のしやすさとエリア分けがおしゃれに両立します。

石灰岩のコバを並べるとアート性の高い空間に

https://www.pinterest.jp/pin/345932815138134513/

敷石の通路以外の部分に砂利を敷く代わりに、同じ敷石を厚み部分(コバ)が上になるようにに並べると、アーティスティックになります。写真の庭は角張った乱形の自然石をつかって、モダンかつワイルドな雰囲気に仕上げています。石の方向をそろえて、緩やかなカーブを描くように並べるのがポイント。

敷石×玄関・アプローチ編 5選

石灰石のパターン貼りなら洋風×高級感のあるアプローチに

https://www.pinterest.jp/pin/12314598972594755/

正面玄関へのアプローチに石灰岩のパターン貼りを取り入れると、温かみがあり上品できちんとした印象の玄関になります。都市型住宅のフロントガーデンなら駐車場をコンクリートに、玄関アプローチを写真のような石灰岩のパターン貼りにわけて施工すると変化がでておしゃれです。

大きな切り石と乱形を組み合わせればモダン和風に

https://www.pinterest.jp/pin/345932815138145003/

伝統的な日本庭園に見られる延段は、モダン和風のアプローチ空間に取り入れることができます。短冊状の大きな切り石と乱形の平石を組み合わせてリズム感のある敷石にしましょう。延べ段と植栽エリアの間には砂利エリアを設けると、通路をより広々と見せることができます。

乱貼りの目地を大きくとり植栽すればコテージガーデン風に

https://www.pinterest.jp/pin/345932815138107470/

小道風の玄関アプローチを取り入れたい場合、石灰岩の敷石にしてみましょう。石はあえてランダムに敷きそれとない飛び石状に。間には細かい砂利を敷き、ところどころに小さな植物を植栽すればイングリッシュガーデン、コテージガーデン風。写真では縁材を効果的につかって、他のエリアと仕上げ材を分けています。

芝生の中に敷石を取り入れれば面白いパターンが描ける

https://www.pinterest.jp/pin/345932815138107502/

フロントガーデンの床を緑の芝生にしたい、でも歩行感も良くしたい。そんな場合は50センチ角の正方形の石を格子型に敷きアプローチ通路を設けましょう。目地を10センチ程度とって芝をしきつめれば目を引くパターンが出来上がります。

敷石×グラウンドカバープランツなら日陰の玄関アプローチが豊かな空間に

https://www.pinterest.jp/pin/345932815138115173/

玄関アプローチの日当たりが悪い、でも緑の空間にしたいという場合は、敷石や飛び石と日陰に強いグラウンドカバープランツの組み合わせはいかがでしょう。大きめの平たい石をランダムな飛び石状に敷いて、周りをヒメツルニチニチソウやリシマキアなどで緑一色にすれば緑あふれるアプローチになります。

まとめ

風合いのある自然石の敷石で仕上げられているテラスや玄関アプローチは、誰もがはっとするほど高級感がありスタイリッシュな空間になります。モルタルを使わず砂ぎめ、土ぎめで施工する敷石仕上げなら、将来またリノベーションをしたい場合に動かすこともできます。

ナチュラル、モダン、洋風、和風問わずにどんな表現も可能な敷石。場所や用途に適した石や貼り方を選んで効果的に庭を演出しましょう!

Hello Interior LETTER

インテリアのヒントがメールで届く!!