Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

   

【プロが教える】憧れのカントリーガーデンを実現する方法!世界各地の田舎のお庭のエッセンスを取り入れる

橋本朝子
著者:橋本朝子 (一級建築士)

フィンランド在住。法政大学建築学科卒業。建築設計事務所、ガーデニング設計施工会社を経て独立。現在はフィンランドで個人邸宅の庭をはじめ、学校、店舗、公園など幅広い外部空間の設計を手掛ける。設計のテーマは、「毎日の暮らしがより楽しくなるガーデン」。住まいは築50年の住宅。インテリア、ガーデンともにリノベーションを重ねて家族と住む。趣味はアップサイクル。

都会の洗練された生活も良いけれど、田舎暮らしへの憧れもある・・それならお庭をカントリーガーデンにして、ちょっとした田舎暮らしの気分を味わってみませんか。我が家は忙しい毎日の中で、リラックスするための場所。カントリーガーデンなら自分にとっての心地よさが追求できるかも知れません。

でも、実際どうすればカントリーガーデンが実現できるのでしょうか。今回はカントリーガーデンを構成する要素と組み合わせ方を説明。様々な実例を通して、カントリーガーデンについて解説します。

プロが教える!憧れのカントリーガーデンを実現するポイント

カントリーガーデンとは?

https://www.pinterest.jp/pin/534098837068331836/

カントリーガーデンに厳密な定義はありません。田舎風の庭がカントリーガーデン。洗練された都会風のガーデンは素朴な田舎風の逆。ただし都会に住んでいても、カントリーガーデンは実現できます。むしろ都会だからこそ、田舎風のデザインを取り入れてお庭でリラックスするのも良いですよね。

カントリー、つまり田舎といっても様々な地域の田舎がありますが、あくまで自分が好きな田舎でよいのです。日本の農村でもヨーロッパの片田舎でも、それらのミックスでも大丈夫。大切なのは、自分にとっての心地よさ。この記事の中では、あえてカントリーガーデンと英語で言っていることから欧米のイメージよりの庭を多めにご紹介します。

日本のお庭にカントリーガーデンのエッセンスを取り入れるポイント

https://www.pinterest.jp/pin/778700591823669002/

「シャープ」で「スタイリッシュ」よりも、「ソフト」で「細かいことは気にしない」ゆるい、心地よい感じがカントリーガーデンに似合います。田舎だからこそののんびりしたライフスタイルもカントリーガーデンの雰囲気をだす大切なポイント。

またカントリーガーデンは植物・素材選びやその組み合わせ方、配置の仕方で表現できます。また田舎に似合いそうな植物やオーナメント類を合わせることでもカントリーガーデンらしさを強めることができます。カントリーガーデンを実現するには、次のポイントに留意してみてください。

さらに詳しく!カントリーガーデンをつくるポイントをパーツごとに解説

どんな植物を選ぶべき?

表現したい田舎のイメージを思い浮かべてみましょう。田舎の風景の中で育っている植物、農家の庭先に植えてあるような植物を我が家にも取り入れることで、カントリーガーデンに近づけることができます。

https://www.pinterest.jp/pin/8022105576807047/

ヨーロッパの田舎でも地域で植生が違います。南欧ならイタリアンサイプレス、オリーブ、レモン、ローズマリー、バラ、シクラメンなど。南フランスやイタリアの農家には、ゼラニウムやラベンダーが飾ってあるのを見かけます。

https://www.pinterest.jp/pin/452963675026802244/

イギリスの田舎といったらコテージガーデンを思い浮かべる人が多いかも知れませんね。イングリッシュ・コテージガーデンで見かける植物といったら、つるバラ、クレマチス、アガパンサス、アルケミラモリス、ジギタリス、ホスタなどなど。

https://www.pinterest.jp/pin/441634307215679010/

北欧ならドイツトウヒ、シラカバ、ナナカマド、リンゴ、ライラック、マーガレット、ルピナス、ポピーなど。

https://www.pinterest.jp/pin/718113103088457883/

どの田舎でもグラス類、つまり草むらは見かけますよね!オーナメンタルグラスやワイルドフラワーはカントリーガーデンにふさわしい植物といえます。また農村という意味では、畑・キッチンガーデンはカントリーガーデンにぴったりのスタイルです。

どんなマテリアル・雑貨を取り入れるべき?

https://www.pinterest.jp/pin/1196337393473828/

田舎の庭らしいマテリアルは、石材と木材。きちんとしたタイルのテラスよりはウッドデッキや敷石、砂利敷きのテラスが似合います。写真のように、不揃いな敷石と砂利の組み合わせや、花壇の中に自然石をあしらってみてください。

フェンスやゲートは角のとれた丸みのあるデザインが理想です。塗装は無色の防腐塗装、もしくは白、ラスティックブルーやオリーブグリーンの塗装が似合います。表面仕上げが均一ではなくても気にしないのが田舎風。

https://www.pinterest.jp/pin/487373990926574913/

不ぞろいな自然石を無造作に積んだような花壇の立ち上がりもカントリーガーデンにぴったり。立ち上がりは垂直にせずに、上に行くにしたがって後退するように積むのがポイントです。

https://www.pinterest.jp/pin/409686897356826939/

田舎ならではの風景といったら、自家消費用の裏庭の畑。野うさぎに食べられないようにウッドフェンスに囲われているのが本物のカントリーガーデン。ウッドフェンスにはローズアーチやゲートをつけて、つるバラを這わせましょう。

https://www.pinterest.jp/pin/687995280552467956/

都市型の住宅やマンションで実現したいときは広い花壇や畑は難しいですよね。でも大丈夫、ファニチャー類、雑貨類の中でカントリーライフで実際に使われていそうなものを組合せたコーナーをつくって、少しの植物を取り入れるだけでも十分雰囲気がでます。

https://www.pinterest.jp/pin/38210296814449258/

木製や金属製のアンティーク風の椅子やテーブル。塗装がちょっとはげているとラスティックでよいですね。白の上にオリーブグリーンで塗装して、角の塗装をサンドペーパーで削りとる方法もあります。木製のはしごや踏み台、木の箱はハーブ類、一年草類を高さを変えてディスプレイでき便利。

https://www.pinterest.jp/pin/387872586640143239/

植物を入れる鉢も、テラコッタポットのほかミルク缶、ブリキ(亜鉛メッキ)のバケツ、オーク樽などが似合います。鉢植えに合わせて飾りたいのは金属製のキャンドルホルダー、古びたじょうろや水差し、木製のサイン、農具、古井戸、手押し車、車輪などの古道具類。

https://www.pinterest.jp/pin/394768723591594432/

田舎といえば、家畜や小動物がいるのが普通。都会では本物の動物は難しいかもしれませんが、オーナメントならカントリーガーデンの雰囲気を簡単にだすことができます。小鳥なら都会にもいますね!バードハウスやバードフィーダーもカントリーガーデンのよいアクセントになります。

こんなケースに気をつけろ!失敗しがちなパターン紹介

https://www.pinterest.jp/pin/5699937017884729/

カントリーガーデンには田舎の生活で使われそうな様々なグッズが似合います。ただオーナメント類を過剰に並べてしまったのでは、古道具屋さんの裏庭、ジャンクガーデンになってしまいます。オーナメント類はあくまでアクセント。オーナメントはお庭の植物と上手に組み合わせながら、風景に溶け込ませましょう。

おしゃれカントリーガーデン実例12選

様々な地域のカントリーガーデンと、そのデコレーションの実例をご覧ください。

カントリーガーデン実例 6選

敷石のテラスとマーガレットの鉢植えでフランスの田舎のテラス風に

https://www.pinterest.jp/pin/147915168988203353/

敷石やゴロタ石、砂利敷きのテラスなら、飾らない田舎の雰囲気がでます。テラスの一角には、素朴な木のベンチを置きましょう。亜鉛メッキのバケツを鉢カバーにマーガレット、樽を鉢カバーにスタンダード仕立てのバラを。パーゴラやトレリスにフジが絡んでいたら、フランスの農家のようです。

芝生にウッドテーブルを直接置けば北欧風のカントリーガーデンに

https://www.pinterest.jp/pin/27514247700144682/

リンゴの木のある広い芝生の庭が北欧の典型的なカントリーガーデン。芝生にはどっしりした木製のテーブルとベンチをおいて、バーベキューをしながらのんびり食事を楽しむのが北欧のライフスタイル。テーブルのまわりには季節の花を飾りましょう。家庭用品のバケツやたらいを鉢カバーに流用するのが田舎風です。

バードハウスとガーデンアーチを組み合わせて、鳥をよぼう

https://www.pinterest.jp/pin/578008933421212859/

郊外の庭や森ではよくバードハウスを見かけます。小鳥を意識した庭づくりで、カントリーガーデンにしてみましょう。丸太の上にバードフィーダーを取り付ければ、小鳥に人気のあるスポットができますよ!また写真のようにガーデンアーチの上に様々な形のバードハウスを取り付けるのも素敵です。

一輪車に一年草を植えれば、素朴なコンテナガーデンに

https://www.pinterest.jp/pin/65020788359877078/

古道具×花の組み合わせは田舎でよく見る光景です。使わなくなった木製の一輪車に一年草をたくさん植え付けると、素敵なコンテナガーデンになります。木製はなかなか手に入らないかもしれませんが、土木運搬用の錆びたスチール製の一輪車に植えこんでも思いのほか良い仕上がりになりますよ!

花壇に車輪を飾るだけでもカントリーガーデンに

https://www.pinterest.jp/pin/345932815138483199/

馬車や台車に使われていた木製の古い車輪をガーデニングの飾りに使ってみませんか。花壇の中に取り入れると、ヨーロッパの田舎の庭をイメージしたディスプレイになります。ミルク缶や樽を再利用した鉢、大小の自然石を組み合わせても。古道具が入手しにくい場合は自転車のホイールで試してみてください。

オーナメンタルグラスでダイナミックなカントリーガーデン

https://www.pinterest.jp/pin/18858892181004090/

隙間にクリーピングタイムの生えた大きな敷石、砂利の小道、背景は様々な種類の宿根草とオーナメンタルグラス。古道具やオーナメントがなくても、建材と植物のみでもカントリーガーデンが実現できます。テラスの周辺には低いグラスを、奥に行くにしたがって背の高いグラスを植えるのがポイント。

玄関まわりのカントリーガーデン実例 3選

自然石を利用した花壇なら堂々としたカントリーガーデンに

https://www.pinterest.jp/pin/844493666757597/

玄関まわりを思い切って一面ロックガーデンにすると、ダイナミックなカントリーガーデンになります。大きな自然石を組み合わせ、石の間には低木や草花類、グラス類を植えこみましょう。高低差のあるフロントガーデンにおすすめです。

ポストまわりにこだわって田舎風に

https://www.pinterest.jp/pin/350928995968867143/

カントリーガーデンらしさを玄関まわりでアピールするなら、ポストにもこだわってみましょう。ぴかぴかのステンレス製のポストよりも、塗装がはげそうな古びたスチール製のポストのほうがカントリーガーデンに似合います。丸太の上にポストを設置し、草花と共に木の板の表札をあしらえば雰囲気抜群です。

ウッドフェンスとゲート、砂利のアプローチならイングリッシュ・コテージガーデン風

https://www.pinterest.jp/pin/59320920081613168/

ウッドフェンスとアーチを描いたゲートをつけ、玄関までの間は砂利+敷石に。ゲートの両脇にはテラコッタポットに植えたニオイヒバを配置。アプローチ通路のまわりにはアルケミラモリスを植栽。ところどころに季節の花を植えたコンテナガーデンを飾ると、素朴なコテージガーデン風に。

ベランダのカントリーガーデン実例 3選

ラスティックなはしごを利用して、花を飾ろう

https://www.pinterest.jp/pin/8725793014648693/

ベランダにはしごをつかってガーデニングのディスプレイをしましょう。はしごは新品よりも古いものか廃材でつくられたものがカントリーガーデンに似合います。それぞれの段にハーブ類や一年草、じょうろや水差しを並べると可愛らしいコーナーになりますよ。古いやかん、コーヒーカップなどに植えるとより田舎風。

雑貨のデコレーション中心にすれば、植物が少なめでも大丈夫!

https://www.pinterest.jp/pin/341007003045548397/

植物の生育に適した場所でなくてもカントリー風が実現できます。必要なのはいくつかの子道具。古い椅子、木製の踏み台、じょうろなどがあると雰囲気がでます。高さに変化がでるように、植物の入った鉢やオーナメントを配置しましょう。写真のように淡いグリーンとホワイトでまとめるとフレンチシックに。

ウッドパネルとウッドベンチ、薪ディスプレイで北欧風のカントリーガーデンも可能

https://www.pinterest.jp/pin/205195326763203454/

バルコニーで北欧の飾らない田舎風ガーデンを実現したい場合は、写真のサウナ小屋を参考に。床にはグレーに塗装されたウッドパネルを敷き、背もたれのない木のベンチを置きましょう。ベンチにはムートンのマットを置いて温かみを。大きめのミルク缶に季節の花を飾りましょう。一角に薪が積んであれば完璧です。

まとめ

カントリーガーデンの実現方法は様々。それもそのはず、世界各地に「田舎」が存在し、地域によって庭の構成様子もちょっとずつ変わってきます。共通しているのは、地域の植栽が背景となり、地域でとれた建材がふんだんに使われていること。敷石と砂利の組み合わせはカントリーガーデンを表現しやすい舗装材です。

植物や建材がふんだんに使えないようなバルコニーのようなスペースなら、ファニチャーや古道具類、鉢カバーにこだわるとカントリーガーデン風が実現できます。つやつやぴかぴかの新品よりも、古びたものを飾っていくのがポイントです。素敵なカントリーガーデンを取り入れて、お庭でさらにリラックスしましょう!

Hello Interior LETTER

インテリアのヒントがメールで届く!!