Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

      2021/10/31

LOHAS studioの評判は?メリット・デメリットも解説

藤江薫
著者:藤江薫 (二級建築士/インテリアコーディネーター)

日本女子大学住居学科卒業。二級建築士・宅地建物取引士・インテリアコーディネーター・2級FP技能士。電鉄会社の「住まいと暮らしのコンシェルジュ」として、7年間で1,000組以上の住まい相談を担当。不動産購入・売却・新築・建て替え・リフォーム・住みかえなど、相談者の住まいの問題解決のために、さまざまな選択肢を提案してきました。自宅は、ほぼセルフビルドで、築27年目にしていまだ一部未完成です。家族の歴史とともに住まいも成長することを実感しています。

近年よく耳にするSDGs(持続可能な開発目標)。リノベーション会社でもSDGsに取り組むところが増えていますが、LOHAS studioは、なんと20年前に「地球環境の原則を尊重する住宅リフォーム企業」への質的な転換を目指し、実行してきたリノベーション会社です。

そこで今回は、SDGsの先駆けであるLOHAS studioのリノベーションのメリット・デメリットをご紹介しましょう。

LOHAS studioのリノベーションとは?

https://lohas-club.jp/shop/saitama/lohasstudio/365/

LOHAS studioを運営している株式会社OKUTAは、1992年、埼玉県大宮市で従業員5名のリフォーム会社として設立されました。最初の10年間に、顧客サポートシステム「LOHAS CLUB(ロハスクラブ)」の構築、お引渡し後の住まいの修理・修繕・設備機器の交換を行う専門部隊「Handyman.jp事業部」、建材・住宅設備機器販売の「株式会社OK-DEPOT」の創業など、現在の基盤となる組織を次々に立ちあげました。

創業10周年にあたる2002年、創業者の奥田勇氏は、業界初の「脱・塩化ビニルクロス宣言」を発表して「エコリフォーム企業」へと大きな方針転換を図ります。

当時のリフォーム工事では内装材・接着剤・下地材に塩化ビニル等を使った材料が一般的で、多くのリフォーム会社は「お得3点パック」「期間限定特別値引き」などの値引きによるお買得感で訴求していたため、同社の地球環境と住む人の健康にフォーカスした「脱塩ビ宣言」は、大きな注目を浴びました。

「リノベーション工事に自然素材を使い環境負荷を軽減する」という独自の切り口で、健康や環境に関心のあるロハス層に絞り込んだ同社は、2005年にはショップ名もずばりLOHAS studioに変更しました。

近年はパッシブデザインの新築注文住宅事業「LOHASTA home(ロハスタホーム)にも力を入れ、LOHASという切り口で、新築・リフォームからインテリアまでをカバーしています。主軸となるLOHAS studioは首都圏に19店舗を展開しています。

サービス名LOHAS studio (ロハススタジオ)
URLhttps://www.okuta.com/
運営会社名株式会社OKUTA (オクタ)
本社所在地〒330-0802 埼玉県さいたま市大宮区宮町3-25 OKUTA Familyビル
問合せ電話 :0120-19-5955
メール:center@okuta.com
設立1992年1月
代表取締役代表取締役会長:奥田 イサム(おくた いさむ)
代表取締役社長:小泉 太(こいずみ ふとし)
資本金
/ 資本準備金
6,7000万円
主な株主
上場有無非上場
社員数285人
施工実績142,500件(2019年度施工実績6,210件)
対象エリア東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県(一部除く)
セミナー・相談会リノベーション相談会を毎週末首都圏各店舗で開催。詳しくは こちら
ショールーム首都圏に19店舗
OPEN HOUSEなし
試し住みなし
事例件数569件
受賞歴

・マンションの受賞歴

2020年 JERCOデザイン部門最優秀賞「猫と陽だまり~生家リノベーション~」
2020年 JERCOデザイン部門最優秀賞「ENGAWA~猫と私の理想のランドリー空間~」
2019年 JERCOデザイン部門最優秀賞「Kitchen×Bar→豊かな食卓」
2019年 JERCOデザイン部門最優秀賞「働くママの家事楽ユーティリティ」

・戸建ての受賞歴

2018年 JERCOデザイン部門最優秀賞「想いとともに蘇るエントランス」

・その他の受賞歴

2015年 グッドデザイン賞「passiv design」

SNSInstagram:フォロワー4,852人
Facebook:フォロワー5,512人
Youtube:チャンネル登録???人
Twitter:フォロワー5,858人
LINE:友だち6,276人
書籍

↓ドイツ・パッシブハウス研究所よりLow Energy Buildingの認定を取得したLOHASTA homeの仕様

https://lohasta.jp/grade/

 

LOHAS studio のメリット

①自然素材+パッシブデザインで、LOHASなリノベーションを追究できる。

LOHAS studioのリノベーション第一のメリットが、自然素材と採光・通風など自然力を生かしたパッシブデザインによるサスティナブルなリノベーションが実現できることです。

同社オリジナルのEM珪藻土は、調湿効果・断熱効果・消臭効果に優れなおかつ施工性に優れた素材です。このほか、EM漆喰・無垢材の仕上に必要な自然油性塗料・EMセルロースファイバー断熱材などを自社生産しています。

プランニングにおいては、自然素材の魅力を引き出す、風通りや採光を考えたパッシブデザインや、断熱性能を向上させる断熱リフォームについて数多くの施工経験があり、プランのなかにうまく組み込んでいくことができます。リノベーション工事のなかで、DIYで珪藻土を塗りたいという希望に対しても、あらかじめ伝えておくと、必要なサポートが期待できます。

 

②高品質・高性能をリーズナブルな価格で実現する「材工分離」システム

LOHAS studioのリノベーションのもう一つの特色が「材工分離」システムです。

住宅のリノベーション工事の見積は、日本では材工一式にまとめるスタイルが一般的ですが、LOHAS studioの見積書は、資材(材)と工事(工)で明確に線引きしています。珪藻土を使う場合も、資材代金と、職人の手間賃を別々に計上するため、施主もコストについて明確に把握できます。

内装材や設備機器等は施主が直接、株式会社OK-DEPOTから仕入れて現場支給する形をとるため、中間マージンが発生しません。LOHAS studioで使う珪藻土や無垢材は、一般的な住宅資材よりも高価格ですがそれを直接仕入れすることにより「環境と健康によい資材をより安く」リーズナブルな価格で入手できる仕組みです。

また、材工分離システムの導入により、施主支給品についても可能な限り対応をしてもらえる、株式会社OK-DEPOTからの仕入れ分については、LOHAS studioの提携ローンであれば一緒に借入ができるなどのメリットもあります。

余談ですが、私自身も、コンサルティングの際に、LOHAS studioの見積書を見る機会がありましたが、一括方式の見積もりの会社と単純比較はできないので、表計算ソフトで項目ごとに整理編集して比較すると、それぞれの会社の考え方がクリアになり、参考になります。複数社の見積もりを比較するときには、最終の金額ではなくて、仮設工事・解体工事など項目ごとに、価格と数量を比較してみると、いろいろな発見ができます。この会社は安いと思ったら、大切な項目が欠落していたり、単価がやすくても数量の拾いかたが違っていたり…。材工分離システムを採用する会社の誠実さも理解できますので、ぜひチェックしてみてください。

③チーム体制で、自由度の高いリノベーションを実現できる

LOHAS studioでは、営業・デザイナー・施工監理担当者がそれぞれの専門知識・技術を活かせるチーム体制で、リフォーム&リノベーションに取り組みます。

営業担当がリノベーション工事の見積・プラン申込・契約などをとりまとめ、施工管理担当者は構造調査および、工事現場監理を担当します。工事が始まると、お客様窓口も施工監理担当者が引き継ぎ緊密に連絡を取ります。デザイナーはお客様の要望や暮らしを踏まえたプランニングを担当します。

LOHAS studioのホームページにはデザイナーの紹介ページがあり、それぞれのデザイナーが担当した施工例や受賞経歴などが紹介されています。工事予定地などの条件が許せば担当デザイナーを指名することもできるので、ぜひチェックしておきましょう。

④15,000世帯が加入するLOHAS CLUBで、長期的な住まいのメンテナンスが可能

LOHAS studioでは、引渡後、最長30年の工事保証書発行や定期点検を行っています。さらに、通常の保証とは別に、リフォーム後も生涯にわたる住まいのメンテナンスをサポートする「LOHAS CLUB」 という有償の会員制サービスを行っています。

会費は、1円=1ポイント換算で還元されて、LOHAS studioで取扱うリフォーム工事・住宅設備機器の購入、 インテリア雑貨の購入・イベントの参加費等に活用できます。言い換えれば、将来、必要となる設備機器の交換やメンテナンス工事のために、計画的にメンテナンス費用をポイントで積み立てておける、というイメージです。

会員になると、水漏れや詰まり、庭の草刈りや枝剪定などの作業、出張費一律3,300円の負担だけで利用できます。また、キッチンやユニットバスなど住宅設備機器の保証を最長10年間に延長保証、水廻りの床下や内装・設備等をチェックする「お家まるごと診断」などの特典が利用できます。1996年のサービス開始より着実に会員数を増やし、2020年には15,000世帯が加入しています。

⑤自然素材を使うことによって、施主もSDGsに貢献できる

LOHAS studioでは、リノベーション工事にとどまらず、環境保全のために次のような活動にも取り組んでいます。

「1% for the Planet」
LOHAS studioで開発した珪藻土や自然塗料等の売上の1%を地域の環境保全団体へ寄付しています。つまり、オリジナルの自然素材を採用することによって、依頼主もSDGsに間接的に貢献できる仕組みです。

• 「OKUTA こめまめプロジェクト」
2009年より継続中の、埼玉県小川町の提携地区の有機米を全量買取り、有機農家を支援する活動。LOHAS studioの従業員は研修の一環として、田植え・草取り・稲刈り作業に参加します。

そもそも既存住宅をリノベーションして住み続けること自体が環境負荷軽減に結びつきますが、その上さらに、使用する資材も健康や環境に負荷のかからない自然素材であれば、より一層SDGsに貢献できることになります。

⑥新築注文住宅からインテリア相談まで、幅広く対応できる

LOHAS studioの母体である株式会社OKUTAは、現在、戸建て・マンションのリノベーションに限らず、新築の注文住宅・中古マンションの購入+リノベーション、さらに、北欧を中心に海外の家具・インテリアの紹介や造作家具のオーダーなど、住まいづくりのさまざまな領域に、健康と環境に配慮した自然素材と自然エネルギーを活用した企業として、着実に実績を上げています。

IKEA(イケア)などの商品やlouis poulsen(ルイスポールセン)社の照明器具の販売および、北欧のデザイナーズ家具メーカーとコラボレーションした家具の制作や、インテリアコーディネイションの提案等も行っています。都内17か所のLOHAS studioでは、それぞれテーマをきめたLOHAS空間を提案しており、家具の展示もあるので、ぜひ立ち寄ってみてください。

LOHAS studio のデメリット

①「一円でも安く」価格訴求の企業ではない

ビニルクロスの壁も珪藻土の壁も写真でみると同じように見えますが、素材も工事の工程も異なります。環境負荷軽減となる自然素材を使えば、価格的にはどうしてもビニルクロスよりも高くなります。安さが最優先の場合は、価格で訴求するリフォーム会社に相談してみましょう。

②そもそもLOHASに興味がない人には不向き

環境や生態系に負荷のかかる製品は使わないという、LOHASの考え方に興味・関心がなければLOHAS studjio のリノベーションはおすすめできません。

③複数のリノベーション会社を比較したい人には合わない

LOHAS studjioでリノベーションの相談をすると、ご要望の確認と現地調査後に、ファーストプランニングと概算見積書の提示があります。この段階までは無償ですすめられますが、その次のステップに進むには、概算見積金額の1割(提携ローンを組む場合は申込金額の料率が変わります)を支払い、プラン申込の手続きを行います。(その代わり契約時の着手金は不要となります)そのため、複数のリノベーション会社と何回もプランをやりとりしながら進めていきたい場合には、合わない会社と言えるでしょう。

 

LOHAS studio の評判・口コミ

LOHAS studioで実際にリノベーションした人の声を紹介します。

 リフォーム会社の方とは、昨年秋から何度も打ち合わせして、こちらの要望も沢山聞いていただき、要望以上の素敵な提案を沢山していただきました。
安い金額ではなかった。
でも、それでも、会社さん、利益ちゃんと取れてます?と思うぐらいきちんとしたお仕事でした。

https://www.instagram.com/p/CMug3CnDms0/?utm_source=ig_web_copy_link

最初の打ち合わせに何気なく持って行ったイメージを見て、二回目の打ち合わせでこのタイルを用意してくれたデザイナーさん♪ 最後までこれ以上のものは考えられなかった! 二回目で私の好みにどんぴしゃなものを持ってくるなんて私にとって最初から最後まで最高のデザイナーさん♪

https://www.instagram.com/p/B3dPisHjr2i/?utm_source=ig_web_copy_link

監督が細やかな気遣いで何かあればすぐ連絡下さったり、担当者さんには恵まれていたなぁと思います🥺✨💕


大工さんのミスの連絡があった時は思い入れある箇所でヒヤヒヤしたけど、こちらから言う前に修正を申し出てくださって、無事修正していただきました。
(写真じゃ分かりにくいけど頭上までの靴棚になってた。希望は腰までの高さ。直ってよかった…!)

現場判断で段差ナシに仕上げていただいた玄関土間の床も、コンクリートも、PSパイプスペース小さくして作っていただいた棚も、解体するまでなかった案で、提案していただけて本当に嬉しかったです🥺

https://www.instagram.com/p/CUBRex6hiSU/?utm_source=ig_web_copy_link

80平米無い我が家、かつては狭い狭いと思っていたのに、自分達に最適な間取りやテイストに変えてもらうだけで、こんなにも広く、こんなにもウチが大好きになるなんて思ってもみませんでした。
家族5人、この広さで充分というか、逆に全然広いね!と思える不思議…びっくりです…

https://www.instagram.com/p/CNAgf1aDBya/?utm_source=ig_web_copy_link

リノベーションをお願いした会社さんの企画で稲刈りをしてきました。
稲刈りは田んぼに足を突っ込むわけではないので、わが子はノリノリ。このチャキチャキ動く姿、家でも発揮してほしい。
有機農法で作られたお米を、リフォーム会社さんで全量買い取りをして、希望する社員に販売する仕組みを構築されたそうで、農家の方が安心して米つくりに携われるのが素晴らしい。
そしてこういう機会を私たちにも提供いただけるのが何よりありがたいです。

https://www.instagram.com/p/CUkMQn7pHdb/?utm_source=ig_web_copy_link

LOHAS  studioで実際に家を建てた人たちの体験記事に共通するのが、工事がはじまってからの、施工担当者や担当デザイナーへの感謝とねぎらいの気持ちです。解体後に「この部分にスペースがあるのでニッチや棚ができますね」という嬉しい提案や、施主がDIYで床にワックスを塗る手伝いをしたり、引渡の時に、担当スタッフからのお祝いが届いたり、手違いで工事に支障が起きたときにも直ちに報告して対応策を講じたり…

これからリノベーション工事を始める時に最も気になる、工事現場の状況や担当スタッフの活躍がよく伝わってきますね。

なかでも @lisa_re.life さんのリノベーション体験記 は、これからリノベーションを考える人必見です。なかなか現場に足を運べない状況でも現場監督さんから工事進捗写真と報告があると心強いですね。@lisa_re.lifeさんは、引渡後に、家族で漆喰のDIYに挑戦中です。ぜひチェックしてみてください。

 

LOHAS studio のおすすめ実例6選

LOHAS studio のスパニッシュスタイルの実例

https://www.renovation.or.jp/app/oftheyear/2021/1284

以前は医院だったご実家の1階部分を改修して、2階のお母さま世帯との2世帯住宅にリノベーションした事例。既存建物はRC造だったので、レイアウトは既存のプランをそのまま活かしています。また、断熱性能向上のために、インナーサッシ・二重床などの断熱対策をとりました。スペインから持ち帰ったアンティーク家具や、こども時代の思い出が詰まる病院用家具を活かしたインテリアがアクセントになっています。広々としたエントランス空間に負けない存在感のあるバーンドア(アイアンレールで吊る納屋スタイルの建具)が印象的なエントランスホールには、時を重ねた美しさがありますね。

所在地埼玉県
築年数45年
広さ150.00㎡
リノベーション工事費980万
コンセプト名思い出医院から 趣味を愉しむ土間空間LDKへ

LOHAS studio の北欧スタイルの実例(戸建て)

https://www.okuta.com/jirei/jirei/201404/151043.html

築39年のご実家をリノベーションした住まい。寒さ対策でインナーサッシに床暖房をいれて、冬も快適な住まいになりました。LDKの壁と天井は漆喰の磨き仕上げで光沢を出し、圧迫感を軽減するよう工夫しています。太陽や照明の光によって白壁が艶やかに光り、インテリアとの相性も抜群とのことです。お施主様の一番のお気に入りは、窓辺を彩る白いウッドシャッターで、この提案が決め手となって、LOHAS studioに依頼することになったそうです。

所在地東京都
築年数39年
広さ120.00㎡
リノベーション工事費2,500万
コンセプト名インテリアを愉しむ。北欧ヴィンテージテイストのシンプルな住まい

LOHAS studio のモダンポップスタイルの実例

https://www.okuta.com/jirei/jirei/201404/151147.html

「無難な感じにはしたくなかったので、海外のサイトやインスタをたくさん見て、色を取り入れた部屋づくりを目指しました」というS様のお住まいは、鮮やかな色とタイルワークの組み合わせが絶妙なポップなお住まいです。眺望の良い広々としたLDKの一番長めのよい位置にキッチンをレイアウト、ビビッドカラーの梁がキッチン背面の赤いモザイクタイルと連動して、魅力的なステージキッチンとなっています。

所在地不明(記載なし)
築年数不明(記載なし)
広さ79.00㎡
リノベーション工事費1,320万円
コンセプト名カラフルで気分もアガる!自分好みをちりばめたステージキッチン

LOHAS studio のブルックリンスタイルの実例

https://www.okuta.com/jirei/jirei/201404/151135.html

室内なのに、外にいるのでは?と錯覚しそうな遊び心あふれたインナーガレージは、依頼者の趣味の自転車のためのスペースです。ブルックリンの街角に無造作にたてかけられた自転車をイメージした男前なガレージの室内窓を開けると、風が通り、作業もスムーズに。窓際のブラケット照明が、街灯のように、愛用の自転車を照らしだします。収納は、お気に入りの古着屋さんを手本にして、Tシャツや本を見せる収納に。

所在地東京都
築年数1981年
広さ58.00㎡
リノベーション工事費1,200万円
コンセプト名築40年 インナーガレージのある男前ブルックリン

LOHAS studio のパッシブスタイルの実例

https://www.okuta.com/jirei/jirei/201404/142240.html

夏は暑く冬は底冷えのする築22年の戸建てが、冬の朝でも室温20度を維持できる快適な住まいに生まれ変わりました。自然素材の断熱材セルロースファイバーによる床・壁・天井の高断熱化、熱効率のよい窓への交換、室温を変えずに換気できる全熱交換換気システムの導入、強い日差しの遮蔽に有効な外付け可動式ブラインドシャッターなど。自然素材と風や日光などの自然力を活用する設備機器の導入で実現したパッシブハウスです。冬も暖かい住まいは、一緒に暮らす猫さんたちにも大好評だそうです。

所在地埼玉県
築年数22年
広さ155.00㎡
リノベーション工事費不明(記載なし)
コンセプト名真冬に20度を下回らない家-光と風と断熱のデザイン

LOHAS studio のモダンスタイルの実例

https://www.okuta.com/jirei/jirei/201301/291820.html

夫はモダンで広がりある空間を、妻は安心の自然素材を使いたいというそれぞれの希望を織り込んで完成した、無垢材・珪藻土など自然素材をつかったクールモダンな空間。キッチンとダイニングの間のモザイクタイルの壁がクールな印象を引き立てます。クールなインテリアにマッチするように、珪藻土をコテ跡を残さないフラット仕上げで塗っているのも注目です。

所在地東京都中野区
築年数18年
広さ不明(施工床面積33㎡)
リノベーション工事費不明(記載なし)
コンセプト名モダンスタイルのシンプルリビング

 

LOHAS studio のリノベーションが向いている人

ずばり、LOHASに暮らしたい人にはピッタリのリノベーション会社です。また、工事終了後も、住まいのホームドクターとしてリノベーション会社と長く付き合いたい人、調湿効果の高い珪藻土の塗り壁でリノベーションしたい人、風通りや採光を考えたパッシブデザインを取り入れたリノベーションを希望する人におすすめのリノベーション会社です。

 

まとめ

LOHASというキーワードを切り口に、リノベーション業界に確固とした地位を確立したLOHAS studioは、お客様にLOHASな空間やライフスタイルを提案するにとどまらず、企業文化としてLOHASを取り込んでいます。すでにに紹介した「1% for the Planet」や「米豆プロジェクト」にとどまらず、従業員の昼寝制度・業界一休みを増やすという働き方改革にもコロナ禍以前から取り組んできた、筋金入りのLOHASな会社です。

リノベーションを考えるときに、家族の健康や、環境・自然を大切にした住まいを考えたいと思ったら、ぜひ一度LOHAS studioを訪ねてみてください。

Hello Interior LETTER

インテリアのヒントがメールで届く!!