Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

      2022/06/24

【プロが指南】庭におしゃれなパーゴラを立てよう!テラスだけじゃない、通路や玄関にも大活躍。

橋本朝子
著者:橋本朝子 (一級建築士)

フィンランド在住。法政大学建築学科卒業。建築設計事務所、ガーデニング設計施工会社を経て独立。現在はフィンランドで個人邸宅の庭をはじめ、学校、店舗、公園など幅広い外部空間の設計を手掛ける。設計のテーマは、「毎日の暮らしがより楽しくなるガーデン」。住まいは築50年の住宅。インテリア、ガーデンともにリノベーションを重ねて家族と住む。趣味はアップサイクル。

シンボルツリーを植えたけれど、お庭が今一つものたりない。もっと庭を劇的にイメージチェンジしたい。アウトドアリビングに憧れてウッドデッキを設置したけれど、実際は日がまぶしくて長い時間はいられない。それなら、パーゴラを取り入れてみたらいかがでしょう。

お庭の中で大きな要素になるパーゴラは、空間のイメージをおしゃれに変える効果があるだけでなく機能的。今回はパーゴラの機能やデザインについて詳しく解説、様々なパターンの実例もご紹介します。実現したくなる素敵なアイディアが見つかりますよ!

ガーデニング・エクステリアについてもっと詳しく知りたい方はこちら

ガーデニングが好きな方なら、書店で一度は庭に関する本を手に取ったことがあるかも知れませんね。インターネットでどんな情報も簡単に手に入ってしまう時...

来客が驚く!おしゃれなパーゴラを実現する方法を教えます。

そもそもパーゴラとは?

https://www.pinterest.jp/pin/211174971626008/

パーゴラは外部空間で植物を這わせたり日陰をつくったりする目的で組んだ、高さのある棚状の構造物のこと。木造のほか、スチール材等の異素材を組み合わせたものがあります。日本だと藤棚、欧米ならブドウ棚が古くからあるパーゴラ。パーゴラは景観のアクセントとしても使われます。

パーゴラはいわば壁や天井板のない、骨組みだけの部屋のようなものです。一般住宅の庭ではテラスや通路に用います。パーゴラにつる性植物をからませたりシェードを取り付けたりすることで強い日差しや少々の雨を遮ることができ、外部空間の居心地が格段によくなります。

お庭にパーゴラがあれば、まさに一部屋空間が増えたようなもの。庭をアウトドアリビングにしたい、庭をさらにグレードアップさせてくれるアクセントがほしいというときに取り入れたい要素です。では、実際にパーゴラにはどんなデザインがあり、我が家にふさわしいパーゴラはどんな形でしょうか!

パーゴラのデザインはどうやって選べば良いの?

https://www.pinterest.jp/pin/1407443622370243/

パーゴラには様々な形状があります。立方体に近い部屋型、直方体の通路型。フェンスと一体型。アーチ型。独立型、または建物の脇に取り付ける型。サイズも様々です。どんなデザインが良いかは、庭でのライフスタイルによって違ってきます。

ウッドデッキで食事をしたりお茶をしたりしてのんびりくつろぎたい、または芝生の庭の一部をテラスにしてバーベキューパーティーをしたいなら部屋型がおすすめです。部屋型とは、例えばタイル貼りなどで仕上げされた床、柱と天井組で部屋の形に構成されたもので、家具などをおいて時間が過ごせるデザインです。

https://www.pinterest.jp/pin/33143747245069408/

長い玄関アプローチの一部に日陰を作りたい、庭の小道や玄関アプローチにつる性植物を育てたいなら通路型を。通路型は細長い形に骨組みされたパーゴラ。ガーデンアーチを複数連続して設けても通路型のパーゴラになります。道路からもよく見えるため、家の第一印象を変える効果も大きいです。

https://www.pinterest.jp/pin/113927065563935494/

小道の入り口にガーデンアーチをつけて、こんもり育った緑豊かな庭を演出したい。そんなときは独立したアーチ自体にパーゴラの横桟がつけたようなデザインにすれば、つる性植物などを絡ませやすくなります。

https://www.pinterest.jp/pin/11188699066541111/

隣地からの視線をなるべく上のほうまで遮りたいなら、フェンスの上にパーゴラがついたタイプがおすすめです。スモールスペースでも実現可能な方法です。

パーゴラと相性の良い植物とは?

https://www.pinterest.jp/pin/7810999341795607/

パーゴラにぴったりの植物といったら、つる性植物です。花を観賞したいならつるバラ、クレマチス、フジなど。夏の間のみ緑陰でくつろぎたいなら葉の大きなセイヨウアサガオ、ヘンリーヅタ、ツルアジサイなど。果物や実を楽しみたいならブドウ、キウイ、ゴーヤなど。常緑ならテイカカズラ、ヘデラなどがあります。

パーゴラは庭のどこを設置場所とすれば良いのか?

https://www.pinterest.jp/pin/752523418956642588/

パーゴラは設置場所によってさまざまな機能を発揮します。建物ぞいにパーゴラを取り付ければ、部屋の延長の空間になるうえ室内への日差しを和らげる効果が。建物から離れた庭の一部に設ければ良いアイキャッチとなり庭を散策する際の目的地になります。フェンス沿いに設ければ目隠しとしての効果も期待できます。

後悔したくない!気になる情報も事前に検討しておきましょう。

パーゴラに必要な広さは?価格は?!

https://www.pinterest.jp/pin/345932815139199064/

ウッドデッキやテラスでガーデンファニチャーをおいてくつろぐスペースのパーゴラには、ある程度の広さが必要です。例えば平面で2メートル角以上のパーゴラがおすすめです。写真はタカショーの木製パーゴラキット 2.26×2.275メートル 材料のみの参考価格60,940円

https://www.ex-shop.net/index.php?action=public_item_tr_estimate_input&item_id=8921

エクステリアメーカーの木調パーゴラは、透明の屋根材やシェードなどを組み込める仕様のものもあります。写真はYKKAP サザンテラス (パーゴラ仕様) テラスタイプ 単体 サンシェードカーテン付き 3.669×2.67メートル 施工費込みで437,453円

https://www.pinterest.jp/pin/345932815139199060/

ゴーヤやブドウを育てるなら、専用のフレームが販売されています。例えば平面で1.5~2メートル角程度のサイズが適当です。写真は積水樹脂の樹脂パイプ製フルーツパーゴラ 参考価格15,900円。

パーゴラは日除けになるか?日除けにする場合に試みたいこと

https://www.pinterest.jp/pin/628744797985644872/

パーゴラは工夫すれば日除けとして有効です。パーゴラの横桟を増やすだけでも、ある程度の日陰を作ることが可能です。常緑のつる性植物をなら一年中日を遮ることができ、落葉のつる性植物なら夏のみ緑陰をつくります。植物なしでも、エクステリア用の布を使ってシェードスクリーンを取り付ければ柔らかい光のおちる心地よい日陰になります。

こんなケースに気をつけろ!失敗しがちなパターン紹介

https://www.pinterest.jp/pin/39969515432817155/

パーゴラはよく目につく要素なので、住宅全体のデザインとあまりにもかけ離れていたり、パーゴラの大きさに見合わない細い材料で組まれていたりすると逆に庭全体のイメージをそこなってしまいます。例えば落ち着いた和風住宅なのに洋風の飾りのついた白いパーゴラがついていたらちぐはぐです。

写真の住宅ではせっかく立派なパーゴラを建てたのに、住宅の色に対して濃すぎるため悪目立ちしています。パーゴラの色合いは洋風ならライトブラウンか白、モダンならナチュラルブラウンや黒、和風ならダークブラウンなどの塗装が似合います。迷ったら住宅の外壁や窓枠の色に合わせると比較的なじみやすいですよ。

住宅のプロは知っている。パーゴラを検討するときに、問合せて見てほしいメーカー

https://www.pinterest.jp/pin/345932815139200144/

木製のパーゴラを検討するなら、エクステリア専用の木材に詳しい製材店やウッドデッキ専門の施工会社に問い合わせてみましょう。例えば山一製材株式会社が運営する「SUNNY WOOD サニーウッド」のサイトでは、希望のサイズによって見積を依頼することができます。

ガーデニング・エクステリアについてもっと詳しく知りたい方はこちら

ガーデニングが好きな方なら、書店で一度は庭に関する本を手に取ったことがあるかも知れませんね。インターネットでどんな情報も簡単に手に入ってしまう時...

 

プロが教える!パーゴラを取り入れたおしゃれなガーデン実例15選

パーゴラ×テラス・デッキ編 5選

室内から出入りできる場所にテラスとパーゴラをつければ、便利に使える

https://www.pinterest.jp/pin/985231159434294/

リビングやダイニングルームから直に出入りできるテラスにパーゴラをつければ、部屋の延長として便利に使えます。パーゴラの柱にウッドフェンスを取り付ければ、近所からの目を気にしないでくつろげます。

フジを這わせれば、夏の間のみ緑陰が楽しめる

https://www.pinterest.jp/pin/448248969134852643/

住宅と芝生の庭の間のウッドデッキは、夏の間はまぶしすぎたり暑すぎたりして居心地が良いとは言えません。でもパーゴラにつる性植物を這わせれば写真のように素敵な緑陰を作ってくれます。落葉性のフジなら、夏の間だけ室内への日差しが軽減できます。

アウトドアキッチンにパーゴラをかければまとまりが生まれる

https://www.pinterest.jp/pin/420031102754583619/

人気を集めているアウトドアキッチンも、テラスに取り入れたいもの。でも室内のキッチン同様、グッズがだんだん増えてくると雑然としてしまいます。パーゴラと作業台のついたキッチンコーナーにすれば、調理器具などは一か所にまとめられるうえ、海辺のバーのような雰囲気でおしゃれです。

可動ルーバー付きのパーゴラなら日差しの遮断効果が高い

https://www.pinterest.jp/pin/143341200630568364/

パーゴラの横材が傾きのある羽根板状なら、傾き加減を調整することで真南からの太陽光線を主に遮断することができます。パーゴラで効果的に日差しを遮りたいなら、取り入れたいテクニックです。

パーゴラから照明器具を垂らせば、夜もムードたっぷりの空間に

https://www.pinterest.jp/pin/3377768462598637/

しっかりした材料で強度が高く作られたパーゴラなら、いろいろなものを吊るして楽しむことができます。照明器具を吊るせば夜はよい雰囲気に。ブランコ、ハンギングバスケット、風鈴なども吊るせます。

パーゴラ×お庭編 5選

スモールスペースもパーゴラで素敵に変身

https://www.pinterest.jp/pin/712765078514759949/

1.8×3メートル程度のウォール沿いのニッチにパーゴラを付けた例。パーゴラとウォールの隙間にはトレリスを設置、これでお隣の窓が大分隠れます。スモールスペースでもバーベキュー台とリラックスチェアのあるコージーな空間に。

庭のコーナーを利用したパーゴラなら、空間を有効利用できる

https://www.pinterest.jp/pin/633387433857178/

お庭の隅が古い庭木で埋まっていませんか?コーナーにパーゴラを取り付ければ、空間を楽しく有効利用できます。隣地や道路との境をウッドフェンスで目隠ししてプライバシーも確保しましょう。

パーゴラ付きベンチなら庭の素敵なアクセントになる

https://www.pinterest.jp/pin/62909726035755440/

パーゴラ付きベンチやパーゴラ付きスウィングなら、庭の中の素敵なアクセントになります。生垣やフェンスを背景にするといっそう引き立ちます。スモールスペースでも実現しやすいアイディアです。

パーゴラを庭の中心にすれば、緑につつまれた癒しの空間ができる

https://www.pinterest.jp/pin/345932815138318693/

芝生の広い庭も良いけれど、庭の中心にパーゴラのあるテラスを配置して周りをすべて植栽にすれば、360度緑に囲まれた癒しの空間が出来上がります。住宅からテラスに通じる小道も歩くのが楽しくなります。

パーゴラの横桟を増やせば、日除け効果が高まる

https://www.pinterest.jp/pin/2885187252536130/

パーゴラの横桟が多いほど、日陰を多くつくります。ストライプ模様に落ちる影も美しいものです。暗くなりすぎるのが気になるなら、白を選択しましょう。日は遮りながらも明るいイメージになります。

パーゴラ×玄関・アプローチ編 3選

門柱+パーゴラなら、ワンランクアップした門構えに

https://www.pinterest.jp/pin/14988611250570488/

フロントガーデンに門柱やゲート、ウッドフェンスを設置するなら、パーゴラもご検討ください。門構えがさらに立派にみえるうえ、つる性植物などを這わせればやわらかい雰囲気を与えることができます。

せまい玄関アプローチもパーゴラでイメージアップできる

https://www.pinterest.jp/pin/90846117466921413/

玄関ドアが住宅の外壁と隣地との間の細長い空間にあるなら、パーゴラでアプローチ空間を素敵に演出できますよ!隣地側にはフェンスやウォールを設置して、住宅の外壁との間をパーゴラにすれば質の高い空間に。

玄関ドア前にパーゴラをつければ、立体的な緑が演出できる

https://www.pinterest.jp/pin/14988611250066305/

道路と玄関が近くても、玄関ドアの前にパーゴラを設けてつるバラやフジを育ててみましょう。奥行きの少ない空間でも緑が立体的に見え、豊かな玄関まわりになります。

パーゴラ×バルコニー編 2選

ウッドプランターを利用すれば、バルコニーでもパーゴラが可能

https://www.pinterest.jp/pin/283726845251971815/

マンションは分譲でも賃貸でもベランダに緑を置いてよいか管理会社に確認が必要。もしOKなら、ウッドプランターに取り付ければパーゴラが可能です。アマゾンでもパーゴラ付きプランターが販売中です。

ルーフバルコニーもパーゴラでさらにイメージアップできる

https://www.pinterest.jp/pin/10625749104365309/

持ち家のルーフバルコニーなら、パーゴラ付きのガーデンにすれば気持ちのよい日陰でのんびりできる庭ができますよ!パーゴラの柱にウッドスクリーンやエクステリアカーテンを取り付ければ、周囲の目を気にせずお昼寝も夢ではありません。

まとめ

パーゴラで日差しをほどよく和らげたり、つる性植物を這わせて緑豊かな空間を演出することができます。庭の構造物としては大きいほうなので、効果的にイメージアップができます。パーゴラはテラス空間に取り入れることが多いですが、通路やフェンスぞいに取り付けるとまたおしゃれです。

植物は這わせなくても、パーゴラの天井部分の横桟を多くすればするほど日差しを遮る効果が高くなります。エクステリア用の布のシェードを取り付ければ柔らかい光の降り注ぐ空間になり素敵です。我が家にふさわしいパーゴラのアイディア、ぜひ取り入れてくださいね!

ガーデニング・エクステリアについてもっと詳しく知りたい方はこちら

ガーデニングが好きな方なら、書店で一度は庭に関する本を手に取ったことがあるかも知れませんね。インターネットでどんな情報も簡単に手に入ってしまう時...

Hello Interior LETTER

"こだわりのある大人" のための
インテリアのヒントをメールでお届け

インテリアのプロが毎月2通配信♪