Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

   

【プロが教える】ヤツデを使ったおしゃれなお庭を実現する方法!班入りの品種も観賞価値が高く人気です

橋本朝子
著者:橋本朝子 (一級建築士)

フィンランド在住。法政大学建築学科卒業。建築設計事務所、ガーデニング設計施工会社を経て独立。現在はフィンランドで個人邸宅の庭をはじめ、学校、店舗、公園など幅広い外部空間の設計を手掛ける。設計のテーマは、「毎日の暮らしがより楽しくなるガーデン」。住まいは築50年の住宅。インテリア、ガーデンともにリノベーションを重ねて家族と住む。趣味はアップサイクル。

日当たりの悪い植栽エリアは、植物の選択に困りますよね。北側玄関や北側の窓の前を目隠しもかねて植栽したい場合は、背が高くなりすぎず窓の高さにまで育ってたくさん葉を茂らせる大きめ常緑低木がおすすめ。今回はそんな日陰に耐える常緑低木の中から、最近注目を集めているヤツデをピックアップします。

ヤツデはありふれた木ですが、その独特の葉の形や花に存在感があり海外でも人気があります。この記事では海外での実例を参考に、ヤツデのアレンジが新鮮に見えるようなおしゃれな庭を実現する方法について解説します。

ヤツデを取り入れたおしゃれなガーデンを実現する方法

ヤツデの特徴とガーデニングのポイント

https://www.pinterest.jp/pin/241435230011585193/

ヤツデは関東以南の山林に自生する常緑低木。日が遮られる林床に自生している植物なので、湿り気のある日陰に強い特徴があります。カエデの葉を大きくしたような切れ込みの入った葉は厚みがあり、表面には艶があります。

葉を手に取ってみると、ちょうどうちわのような大きさです。低木ですが、人の背の高さ以上に育ちます。株立ち状に育ち、横に広がる樹形です。

https://www.pinterest.jp/pin/340866265558994704/

晩秋に白い小さな球状の花を咲かせ、その後紫~黒色の実がなります。花や実も面白いですが、ヤツデの見どころは艶のある大きな葉。常緑低木の中でここまで大きな葉はあまりないので、他の植物と合わせれば変化に富んだ植栽デザインが可能です。一方、ヤツデを単独で植栽しても印象的です。

地植えでも鉢植えでも!ヤツデでおしゃれなガーデンを実現する方法

ヤツデ×地植えの場合

https://www.pinterest.jp/pin/234116880620440851/

ヤツデは庭木として地植えで育てることの多い木です。地植えの植栽デザインでは大きな葉がふわっと広がる株立ちの樹形を生かしましょう。単独で植えて足元には砂利などをあしらいすっきりと見せるとモダンな印象にまとまります。

https://www.pinterest.jp/pin/215187688433110308/

様々な色合いや葉の大きさの葉をもつ植物を組み合わせれば、変化に富んでいるうえボリューム感のある植栽コーナーになります。ヤツデは観葉植物メインのトロピカルな雰囲気の植栽デザインにも良く似合います。低木のヤツデは、高木樹の下でも下草類の上でも存在感が抜群です。

ヤツデ×鉢植えの場合

https://www.pinterest.jp/pin/83527768076351837/

ありふれた樹木のヤツデですが、鉢植えにすると室内に飾る観葉植物のような趣になります。単独で植えればヤツデの独特の形を堪能できます。他の植物と寄せ植えすれば、大きな葉が寄せ植えの良いアクセントとなってくれます。

ヤツデと合わせて使いたい!相性が良い植物・マテリアル

ヤツデと寄植えして相性が良い植物

https://www.pinterest.jp/pin/468515167496890283/

地植えの場合、ヤツデ同様に日陰に耐える植物がおすすめです。写真のようにブルンネラ・マクロフィラ・ジャックフロストに合わせれば洋風によく似合います。またシダや地植えでも育つ観葉植物を組み合わせるとトロピカルな魅力を引き立てることができます。

https://www.pinterest.jp/pin/340584790582639525/

ヤツデの大きな葉とコントラストをなすような小さな葉や細い線のようなグラス類を合わせても素敵です。

ヤツデと相性が良い鉢

https://www.pinterest.jp/pin/985231157629448/

ヤツデはどんな鉢に植えても良く似合い、鉢に合わせて雰囲気が変わって見えます。シンプルな幾何学形の鉢に植えればモダン、つぼ型の陶器鉢なら和風やトロピカル風、テラコッタ鉢なら洋風にも見えます。大きなウッドプランターでたくさんの観葉植物を合わせたコンテナガーデンにしても素敵です。

後悔したくない!気になる情報も事前に検討しておきましょう。

ヤツデは育てやすい?育て方と剪定のコツをおさえておこう

https://www.pinterest.jp/pin/15340454971758114/

ヤツデは日本の気候に合い、育てやすい庭木です。こぼれ種から増えることも多く繁殖力のある植物です。寒さには弱いため、関東以南におすすめです。西日は避け、半日陰の場所に植えましょう。水切れに弱いため、植栽してから根付くまでの間は水やりをしましょう。

ヤツデは放置すると上の葉だけが茂り、下はすかすかの状態になります。株立ちの樹形を楽しみたい場合はそれでも良いですが、数年に一回株元まで切り戻しをして更新すると再びコンパクトな樹形になります。切り戻しの適期は春~夏です。

プロがおすすめする定番ヤツデの品種3選

丈夫でもっとも育てやすい、基本のヤツデ

https://www.pinterest.jp/pin/445715694376282539/

ガーデニング初心者さんなら、最も強くて育てやすいのは品種にこだわらない普通のヤツデです。流通量の多い基本のヤツデなら、様々なサイズの苗が選べます。大苗から育てるのも基本のヤツデなら可能。

葉の美しさが魅力的な斑入りヤツデ

https://www.pinterest.jp/pin/5911043255573163/

ヤツデには様々な斑入り葉の品種があります。葉の形だけでも存在感があるのに、白やライムカラーの模様が入っているものはとても美しく観賞価値があります。洋風のお庭にも似合います。普通のヤツデでは物足りない方におすすめです。斑の入り方は個体によってさまざまなので、実際に苗を見て購入するのがおすすめです。

日影を明るく彩るヤツデ、スパイダーウェブ

https://www.pinterest.jp/pin/362328732530627021/

スパイダーウェブも斑入りヤツデの一種です。白い斑が網の目のように入り、一見ヤツデとわからないくらい特徴的です。白っぽい大きな葉は日陰を明るく見せることができます。緑がメインの植栽の中に混ぜればひときわ目立ちます。スパイダーウェブの斑の入り方も個体差があるため、できれば実物を見て決めたほうが良いです。

プロが教える!ヤツデを取り入れたおしゃれなガーデン実例12選

ヤツデ×お庭編 6選

花壇の奥に植えれば、迫力のある緑の背景になる

https://www.pinterest.jp/pin/56295064080584506/

奥行きのある花壇の後方にヤツデを植えればぐんぐんそだって大きな茂みをつくり、インパクトのある大きな葉で空間を埋めることができます。ヤツデの前にはシダやグラス類の他、ニチニチソウやニューギニアインパチェンスのような日陰につよい花がおすすすめですよ。

白い壁を背景に植えれば、ヤツデの形をアートのように楽しめる

https://www.pinterest.jp/pin/406590672617670937/

白い壁をバックにヤツデを植えれば、まるで壁に描かれたアートのようにヤツデの形を楽しむことができます。株立ちの樹形を楽しむために、足元はすっきりと見せましょう。

色や形が異なる植物を合わせると、お互いが引き立てあう

https://www.pinterest.jp/pin/5629568268872359/

ヤツデの下草にするなら、ヤツデの葉とは全く違う色や形の植物を持ってくるとお互いを引き立てあうことができます。写真では細い葉がふわっと広がるフウチソウを合わせ、ヤツデの足元を明るく彩っています。

高い位置に植栽すれば、緑陰が涼し気に見える

https://www.pinterest.jp/pin/ASSNe4j7fq9PI-lN1_ADOdxQplk48K8z9N8b9Y9x0PRE-yE0n0C_8Ys/

ヤツデの葉を下から見上げると、葉を透過する緑の光をたのしむことができます。あえて背の高い鉢の植えたり、窓のすぐ外に植えて大きな葉の裏側を観賞するのも良いものです。

鉢植えのヤツデなら、どんな場所でも移動させて楽しめる

 

https://www.pinterest.jp/pin/624804148297762284/

鉢植えにしたヤツデは、庭木というよりは室内を飾る観葉植物のようです。玄関ポーチやテラス、テーブルやガーデンラックの上など、どこにでもおいて楽しむことができます。

観葉植物を寄せ鉢する場合にヤツデを加えると、変化を出すことができる

https://www.pinterest.jp/pin/624804148297762284/

たくさんの植物を育てるなら、目を引く寄せ鉢コーナーにしてみませんか。おしゃれに見せるコツは、鉢の色のトーンをそろえた大中小の鉢を用意し、立体的に緑を見せること。テーブルなども使えば小さな鉢を高い位置で見せることもできますね。ヤツデの印象的は葉は寄せ鉢コーナーのアクセントにぴったりです。

ヤツデ×玄関・アプローチ編 3選

カラーリーフプランツと寄せ植えすれば、彩り豊かに玄関先を飾れる

https://www.pinterest.jp/pin/178736678953045731/

一日2、3時間程度しか日がささない玄関ポーチでも、ヤツデならインパクトのある寄せ植えにして入口まわりを引き立てることができます。ヤツデを鉢の後方に植栽し、手前にはトラディスカンチア、モミジバゼラニウムをあしらうと彩り豊かでトロピカルな印象の一鉢になります。

斑入りのヤツデなら、うす暗い場所を一気に明るく見せることができる

https://www.pinterest.jp/pin/299770918959526064/

暗くなりがちな北側玄関に植栽コーナーがあるなら、ヤツデ・スパイダーウェブをご検討ください。網の目のような白い斑の入った大きな葉がふわっと広がり、玄関前を明るい印象にしてくれますよ。ダークカラーのフェンスやウォールの前に植えるとひときわ目立ちます。

ヤツデの姿形は、モダン住宅のミニマムな壁と好相性

https://www.pinterest.jp/pin/55169164172407487/

モダン住宅の玄関まわりにもヤツデがよく似合います。メンテナンスの手間は少なめで常に変わらない緑を楽しめるうえ、ミニマルな白い壁と幾何学模様のような葉がコントラストをなして素敵です。

ヤツデ×ベランダ・インドア編 3選

ヤツデの小苗×木箱なら様々な高さに置いて、緑を立体的に見せることができる

https://www.pinterest.jp/pin/345932815140545629

小さなヤツデを複数飾ってみましょう。木箱やガーデンラックなど、緑を立体的に配置できるものがあると便利です。マンションのベランダで、室内から見たときにより変化のある風景が作れます。

鉢植えのヤツデなら、日の当たらないベランダでも育てられる

https://www.pinterest.jp/pin/521291725632129780/

マンションのベランダやルーフテラスなら鉢植えでヤツデを育てることができます。ヤツデを1本だけ育てるなら、高級感のある鉢を選びましょう。厚みのあるテラコッタ鉢、塗装したウッドプランター、コンクリートの質感のある鉢などこだわりのある鉢に植えると、ありふれたヤツデが新鮮に見えます。

葉の美しいヤツデなら、観葉植物として室内で楽しむこともできる

https://www.pinterest.jp/pin/857654322797451153/

斑入りのヤツデなら、室内観葉として楽しんでも良いですね。写真のようにミニ観葉をまわりにあしらって観葉の寄せ鉢コーナーをつくれば、室内で緑のジャングルを楽しむことができますよ。

まとめ

一日数時間しか日のあたらない場所でも育つ庭木として、ヤツデをおすすめします。切れ込みの入った大きな葉のインパクトは他の常緑低木の中でも際立っています。明るい緑の葉のヤツデは和風、洋風、モダン、トロピカル風とどんなイメージにも合わせられるフレキシブルさももってきます。

ヤツデの中には斑入りの品種のものがあります。斑入りの葉はそれだけで美しく観賞価値が高くなります。斑の入り方は個体によって違うことが多いので、できれば実物を見て決めると良いでしょう。ヤツデを取り入れて、人目をひくおしゃれな庭にしてみませんか!

Hello Interior LETTER

"こだわりのある大人" のための
インテリアのヒントをメールでお届け

インテリアのプロが毎月2通配信♪