Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

      2019/08/12

【プロが伝授】リラックスできるアジアンテイストの寝室を作る方法!寝室事例12選とともに

忙しかった1日が終わり、疲れた体を癒すベッドルームは、心身ともに癒される上質な空間にしたいものです。中でもバリのリゾートなどの非日常を感じさせるアジアンテイストのインテリアは、ゆったりと落ち着いた空間で気持ちよく寛ぐことができそうですよね。

アジアをイメージした「自然」をキーワードにコーディネートするだけで、アジアンテイストの寝室はぐっと雰囲気が出ます。

この記事では、より素敵なアジアンテイストの寝室にするためのポイントや、合わせたいカーテン・壁紙・照明などのアイテムについて、コーディネート例とともにご紹介いたします。

素敵なアジアンテイストの寝室を目指す方法

https://www.pinterest.jp/pin/677158493952978703/

寝室は家の中でも特にプライベートな空間です。過ごしやすく、心地が良いアジアンテイストの寝室を作るために大切なポイントを挙げていきます。

自然素材にこだわる

https://www.pinterest.jp/pin/677158493952998363/

自然豊かなバリやインドネシアでは「ウォーターヒヤシンス(水草)」「バンブー(竹)」「ラタン(藤)」といった自然素材を用いた家具や小物が多く生産されています。見た目の素敵さだけではなく、耐久性や難燃性を併せ持っているため、古くからものづくりの材料に選ばれてきた優れた素材でもあります。

また、チークやマホガニーといった、濃いブラウンで美しい木目・ツヤのある木材も多く使用されます。希少性があり、値が張る素材でもありますので、素材そのものではなく「チーク風」「マホガニー色」のアイテムを選ぶだけでも、アジアンテイストのインテリアに近づけることができます。

アジアンテイストの寝室を目指すのであれば、メインとなるベッドや収納家具などのインテリアには、上記の素材が使用されているものを選ぶことをお勧めします。

メインのアイテムはアースカラーを選ぶ

https://www.pinterest.jp/pin/677158493952952294/

アジアンテイストのインテリアは、主にアイボリーやブラウンといった落ち着いた色味のアースカラーで統一されていることが多いです。ベッドリネンやカーテン、壁紙などの面積の大きなアイテムは、アイボリーやブラウン系の色味をベースカラーとすることで、部屋全体のイメージがまとまりやすいです。

アジアンテイストでありつつも、明るい印象の部屋にしたいか・落ち着いた印象の部屋にしたいかにより、メインカラーに選ぶ色が変わってきます。

メインカラー:ブラウン

https://www.pinterest.jp/pin/677158493952978570/

こちらは家具や建具・ベッドリネンを全てブラウンで統一している例です。カーテンやクッションの色味もベージュや落ち着いた赤系にとどめ、色数を絞ることでシックで大人っぽいアジアンテイストの寝室になっています。

メインカラー:アイボリー

https://www.pinterest.jp/pin/677158493952978651/

こちらは壁紙やベッドリネンをアイボリー・ライトグレーで統一しています。自然素材の照明や小物を使用してアジアンテイストを出しつつ、明るく爽やかな印象の部屋になっています。

また、インテリア小物などのアクセントカラーは、赤・オレンジ・ブルーがバリっぽさを引き立てます。

アクセントカラー:赤(えんじ色)

https://www.pinterest.jp/pin/677158493952978619/

アクセントカラー:オレンジ

https://www.pinterest.jp/pin/677158493952978521/

アクセントカラー:ブルー

https://www.pinterest.jp/pin/677158493952978557/

家具が茶系でも、アクセントカラーを変えるだけでイメージがガラリと変わりますよね。

アジアンテイストのインテリア雑貨を取り入れる

部屋に置くインテリア雑貨も、バリなどを感じさせるアイテムを選びたいところです。

自然素材のカゴ

https://www.pinterest.jp/pin/677158493952978853/

小物や洋服などを入れておくカゴも自然素材のものを選びましょう。ラタンや水草で編まれているカゴはデザインも豊富ですし、価格もそれほど高くないので気軽に揃えることが可能です。様々なデザインや大きさのものをたくさん並べても素敵です。

アジアンテイストの置物

https://www.pinterest.jp/pin/104779128817625560/

アジアンテイストと聞いてまず思い浮かぶバリでは、伝説やヒンドゥー教が有名です。カエルは神の使い、ガネーシャ(ヒンドゥー教の神様)は富の神様として大切にされています。

カエルやガネーシャなどの置物はユニークな見た目のものも多く、アジアン気分を盛り上げてくれるアイテムの一つとしてオススメです。

アロマやお香

https://www.pinterest.jp/pin/677158493952998123/

アロマやお香の香りに癒される人は多いと思います。パーソナルスペースである寝室で素敵な香りに包まれれば、よりリラックスできる空間になりますよね。

実際にお香を炊かなくても、置いてあるだけでほんのりと良い香りがします。見た目が素敵なデザインのものも多いので、お気に入りの香りを見つけてぜひ取り入れてみてください。

素敵なアジアンテイストの寝室にするためのアイテムごとの選び方

次に、アジアンインテリアを作るのに重要なアイテムの選び方をご紹介します。

カーテン

https://www.pinterest.jp/pin/677158493952998467/

防犯面や夜ぐっすり眠りたいなどの理由から遮光カーテンを選ぶ方も多いと思いますが、リゾートを感じさせるような部屋づくりでは、多少光を通す素材の方が開放感も増し、より素敵なインテリアになります。

また遮光カーテンにこだわらなければ、より素材感にフォーカスしたアジアンテイストのカーテン選びができます。

やわらかい綿ガーゼや麻のカーテン

https://www.pinterest.jp/pin/177962622754703541/

やわらかく自然の風にたなびくような素材感のあるカーテンです。1枚だけではなく2枚3枚と重ねて、また組み合わせる色次第で何通りものイメージを楽しむことができます。

竹のカーテン・スクリーン

https://www.pinterest.jp/pin/677158493952998890/

ここでも自然素材のものを取り入れることで、アジアンテイストらしさを加えることができます。竹製のカーテンやスクリーン、ウッドブラインドも手入れしやすくオススメです。適度に光を通しつつ、人目をシャットダウンしてくれます。風通しも良いので、夏場には夜風を感じながら過ごすのも素敵ですね。

ペイズリーや草花のボタニカル柄

https://www.pinterest.jp/pin/349803096038184978/

アジアを感じさせるようなボタニカル柄のカーテンは、オリエンタルなイメージになります。上の写真はエレガントで女性らしいイメージですが、色味や柄のイメージによってナチュラルやメンズライクな印象にも変わります。

ベッドまわりの天蓋カーテン

https://www.pinterest.jp/pin/447474912960646446/

余談ですが、窓にかけるカーテンではなく、ベッドの天蓋カーテンもアジアンリゾートらしさを盛り上げます。バリなどのリゾートホテルにあるようなベッドをぐるっと囲うデザインは難しくても、写真のようにレースカーテンを一部かけるだけでもぐっと雰囲気が増します。

壁紙

https://www.pinterest.jp/pin/421649583862740743/

部屋の中でもカーテンと同様に大きな部分を締めるのが壁面です。壁紙を変えるだけで部屋の印象はガラリと変化します。

アジアンテイストのボタニカル柄

https://www.pinterest.jp/pin/677158493952978781/

南国を感じさせるような色鮮やかなものからシックな色合いのものまで、部屋のイメージに合わせて選べます。ボタニカル柄はインパクトが強いので、部屋全体に貼るとどうしても圧迫感が出てきます。寝室であればアクセントクロスとして1面のみ、また写真のように壁の1部分のみに貼るのも良いでしょう。

織物調のパターン

https://www.pinterest.jp/pin/677158493952978705/

伝統的な織物のようなパターン柄のクロスです。こちらも植物柄が多いですが、よりエキゾチックな印象になります。大人っぽく艶っぽいイメージがお好みの方にオススメです。

アースカラーや素材感のあるもの

https://www.pinterest.jp/pin/607563805958475391/

より落ち着いたイメージの寝室にしたい場合は、アースカラーや木目調の壁紙を。ベッドリネンや小物と色味を合わせることで、品があり大人っぽいインテリアになります。

照明

https://www.pinterest.jp/pin/346284658824705131/

アジアンテイストの寝室でも特にこだわりたいのが照明。せっかく家具や小物をアジアンテイストに揃えたとしても、照明が備え付けのLEDのシーリングライトでは雰囲気が台無しです。

リラックスして心身を休ませる場所ですから、照度を落とし、アジアンリゾートを感じさせるような素材感のあるものを選びましょう。

シーリングライト

https://www.pinterest.jp/pin/801077852450745888/

リビングなどの明るい照明とは趣を変え、穏やかで落ち着いた照明の寝室は、眠る前の気持ちをさらに落ち着かせてくれます。ラタンなどの自然素材で透かし編みされたシェードは、灯りをともした時に照らし出される影も美しいです。

間接照明

https://www.pinterest.jp/pin/677158493952978928/

どんなお部屋でも、間接照明をいれると空間に奥行きが増し、雰囲気が出てきます。アジアンテイストの部屋、それも寝室であればなおさら、間接照明はぜひ取り入れたいアイテムです。眠る前の静かな時間を間接照明のみで過ごすのもオススメです。

スタイル別アジアンテイストの寝室サンプル12選

一言でアジアンテイストと言っても、様々なスタイルのコーディネートがあります。ここからはスタイル別にコーディネート例をご紹介します。

アジアンモダンスタイル

壁で魅せる、シンプルなアジアンモダンスタイル

https://www.pinterest.jp/pin/574771971187599329/

サイドテーブルや照明をはじめ、全体的にシンプルモダンな印象の家具で揃えてありますが、アクセントウォールに自然素材をもってくることでアジアンリゾート感が出ています。壁一面ではなく、ウッドレリーフを飾るだけでもアジアンな雰囲気が出ます。

海辺のリゾートを感じるアジアンモダンスタイル

https://www.pinterest.jp/pin/677158493952978730/

リゾート感のある家具や小物にターコイズブルーの幾何学模様を合わせることで、明るくモダンなコーディネートになっています。

アジアンレトロスタイル

カラフルなアジアンレトロスタイル

https://www.pinterest.jp/pin/677158493952952228/

間接照明の多灯づかいでとても雰囲気のあるコーディネートです。タベストリーやファブリックに伝統的な柄を取り入れたり、重厚感のあるデザインのインテリアアイテムをうまく合わせています。色味のチョイスもカラフルですがうまく調和しています。

落ち着きのある癒しレトロスタイル

https://www.pinterest.jp/pin/491947959268764653/

チーク材のようなベッドフレームやチェストやチェア、細部の小物に至るまで昔ながらのアジアンインテリアを取り入れています。椅子に座って寝る前の読書を楽しめそうですね。差し色に明るいパープルを使い、重くなりすぎないコーディネートになっています。

アジアンカジュアルスタイル

ブルーがメインのアジアンカジュアルスタイル

https://www.pinterest.jp/pin/677158493953000808/

ネイビーやグレーの壁紙やファブリック類に、照明などの小物や植物でアジアンテイストをうまくミックスさせています。手持ちのインテリアに少し何かを加えてアジアンテイストにしたい、という方にも良い参考になりそうなコーディネートです。

ポップな色味のアジアンカジュアルスタイル

https://www.pinterest.jp/pin/677158493953000562/

ラグや間接照明、鉢カバーにラタンなど素材感のあるアイテムを選んでいます。南国を感じさせる色合いのファブリックやボタニカル柄のクッション、アートの組み合わせも素敵です。

アジアンミックススタイル

アジアン×北欧ミックススタイル

https://www.pinterest.jp/pin/398850110749535397/

家具やシェードにウォーターヒヤシンスやラタンを用いてアジアのリゾート感を演出。サイドテーブルや間接照明は軽やかな北欧デザインのアイテムを、家具に色味を合わせることでナチュラルに溶け込ませています。

https://www.pinterest.jp/pin/677158493953000563/

アルテックのスツールやデスクライトといった北欧系アイテムに、カゴやランプシェードは天然素材のものを合わせています。モノトーンのクッションやファブリック類で、シンプルな色味ながらリラックスした北欧ミックススタイルに仕上がっています。

アジアン×ブルックリンミックススタイル

https://www.pinterest.jp/pin/677158493953000883/

ブルックリンスタイルといえばレンガの壁やヴィンテージ家具をミックスさせたインテリアです。一見アジアンテイストとは遠いイメージですが、写真のようなラタンのスツールなどは色味も似ていて良くマッチしています。

https://www.pinterest.jp/pin/677158493953000951/

シックなブルックリンスタイルでも、カゴなど小物から合わせていくと違和感なくまとまります。

アジアン×和風ミックススタイル

https://www.pinterest.jp/pin/677158493952998849/

透かし編みのシェードと、オリエンタルな柄のベッドリネンが印象的なコーディネート。日本ならではの障子や壁の一輪挿しが、差し色の赤と相まってアジアンテイストと良くマッチしています。

https://www.pinterest.jp/pin/677158493952978577/

日本家屋を想像させる円形の明かりとりとローベッドの組み合わせです。透し模様の間接照明とシェードで、さりげなくアジアンテイストをまとっています。

まとめ

いかがでしたか?アジアンテイストの寝室にも、色々なコーディネートがありましたね。まずは取り入れやすい小物などから取り入れてみてはいかがでしょうか。リラックスできるアジアンリゾートのような寝室で、ゆったりとした時間を過ごせたら良いですね。