Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

      2019/10/20

【プロが伝授】ブラケット照明でインテリアをおしゃれにする方法を教えます。インテリアのアクセントに!

おおたひろこ
著者:おおたひろこ (インテリアコーディネーター)

大学で建築を学び、建築・インテリア業界で10年以上勤務したのちライターに転身。インテリアコーディネーター資格保有。自宅はモダン+グリーン多め、子どもとペット共存のインテリアです。専門的な視点と生活者の目線で、皆さまのインテリアづくりをお手伝いします。

みなさんは壁付けの「ブラケット照明」を自宅で使用していますか?
新築でも、天井に取り付けるシーリングライトやダイニングテーブルの上のペンダントライトは検討したけれど、ブラケット照明についてはあまりきちんと考えなかったというかたも。

ですが壁にブラケット照明を取り付けると、空間に立体感が生まれおしゃれな感じが一気にアップすることがありますので検討しないのはもったいないです。

今回はおしゃれなインテリアをつくるブラケット照明の利用方法と、取り付けに関する注意点、設置場所別おすすめコーディネートまで一挙に解説します!
この記事を参考に、ぜひ効果的にブラケット照明を取り入れてみてくださいね。

友人が憧れる!ブラケット照明でおしゃれなインテリアを実現する方法

実現方法① インテリアスタイルにあったブラケット照明を選んで雰囲気アップ

ブラケット照明 コーディネート例

https://www.pinterest.jp/pin/766737905281161511/

ブラケット照明はウォールライトと呼ばれることもあり、国内・海外照明メーカーのさまざまなデザインの器具があります。
シンプルなものやアートのようなもの、アンティークなど豊富にそろい、壁面から出っ張ってくることもありデザインがとても目立ちます。ゆえに、インテリアのテイストにあったブラケット照明を選ぶことが、おしゃれなインテリアコーディネートにはかかせません。

たとえば、写真のようなモノトーンでまとめたスタイリッシュなモダンスタイルなら、ブラケットもブラックのモダンタイプを選ぶことでインテリアに統一感が生まれます。

実現方法② 光の出方を必ずチェック

ブラケット照明 光の出方

https://www.pinterest.jp/pin/701365341947306887/

器具そのものデザインだけでなく、光のデザインにも注目します。
ブラケット照明は壁面に陰影をつくります。それが表情になり豊かな空間をつくるので、壁にどんな光が欲しいのかを検討する必要があります。

たとえばこちらの写真のブラケット照明は、器具自体は明るく光りません。器具から出る光が壁にラインをつくるタイプです。下部はぼんやり照らしながら、上部ははっきりしたラインをつくっていますね。
光の形だけでなく、器具によっては上部だけだったり下部だけだったりを照らすものもあります。
器具そのものが光らず壁を照らすタイプは、ブラケットの中でも間接照明タイプになります。

対して、器具そのものが明るく光るタイプは直接照明タイプです。
直接照明タイプの方が明るく感じますが、どちらにしてもメインの全般照明という役割ではなく、補助的な役割として使うことが多くなりますので、光のオブジェを置く感覚で器具を選択しましょう。

実現方法③ 取付高さは建具や家具とのバランスが重要

ブラケット照明 コーディネート例

https://www.pinterest.jp/pin/574771971192718387/

ブラケット照明は、壁全体のどの場所に取り付けるかをよく検討する必要があります。
平面的な横位置だけでなく高さも重要です。ですが図面だけでは高さが想像しにくいので、ブラケットライトがつく壁については展開図をつくってもらいましょう。

たとえば壁に絵を飾る、テレビを置く、ブラケットの下にソファを置く、チェストやコンソールテーブルを置くなども加味しながら、壁面として残る面の中のどこにブラケット照明を配置すればバランスがよくなるかを考えます。

またバランスだけでなく、邪魔にならない位置も意識しましょう。ブラケットの前を歩くときに邪魔に感じるなんていうことはもちろんさけますが、ブラケットの近くに扉がある場合は扉の開きの向きや高さも確認します。扉がぶつかってしまわないようにという以外に、あけたらときに陰ができないような高さと位置を検討します。

ブラケット照明の取り付け方

ブラケット照明 コーディネート例

https://i.pinimg.com/564x/72/d4/10/72d4105ca5196955b94a94361e056378.jpg

取り付け工事の進め方

新築時にブラケット照明を取り付ける場合

もしも、新築でブラケット照明を効果的に取り入れたい…と考えたら、すぐに設計者に相談してください。遅くて対応できないことはあっても早すぎるということはありません。

具体的な時期としては、住宅内の平面図ができてから、照明プランを決めるころです。
通常、照明の配置と使う器具の写真が入った図面をもらって確認するときがあると思います。
盛り込んでもらえるように図面ができる前に伝えておきましょう。
遅くても、照明プランをもらってそれを承認する前に希望を伝えることができればOKです。

なぜそのタイミングなのかというと、壁の中にブラケット照明用の電気配線が必要になるからです。

新築であれば、配線はできるだけむき出しの状態ではなく壁の中におさめたいですよね。
ですが、壁ができあがってしまうと壁の中に電気配線を通すことが難しくなります。
つまり、壁が立ち上がってしまう前に電気配線が必要な位置を決めておく必要があるのです。

リフォームでブラケット照明を取り付ける場合

リフォームの場合は、リフォームの規模によってブラケット照明をつける工事ができるかできないかが決まります。

もしも、既存の壁を一度全部取り払って新しい壁をつける場合は、比較的自由な位置にブラケット照明をつけることができます。
その場合は、新築と同じように照明プランが出てくるころまでにブラケットをつけたい位置を伝えましょう。

壁をそのまま使うようなリフォームの場合も、できるだけ早くブラケット照明の希望を伝えます。
既存の壁をそのまま利用するときは、もともと照明のない位置に電気配線を持って行くことは難しくなります。そのためブラケット照明をどうしても設置したい場合は、電気配線を露出して取り付けることが多くなります。
電気配線は、そのまま露出することも電気配管に入れることもあります。どちらにしてもどこから電源をとるか、スイッチはどうするかも考えなくてはいけません。

後付け工事不要のブラケット照明もある!

ブラケット照明 コンセントタイプ コーディネート例

https://www.pinterest.jp/pin/11681280271468119/

新築でもリフォームでもないけれどブラケットを追加したいというときも、諦めるのはちょっと待ってください。
ブラケット照明でもコンセントタイプなら、コンセントから電気をとりコードを露出して取り付けることができます。

その場合の注意点は、壁の強度です。
選ぶ器具が大きかったり、ガラスや陶器などで重かったりすると、ブラケット照明がきちんと取り付けられずにグラグラしたり、壁が壊れてしまうということも考えられます。
できるだけ軽い器具を、壁が薄くない場所に取り付けると安心です。

電気工事士などの有資格者の工事が必要なブラケット照明とは

コンセントをさして電源をとるブラケット照明以外を取り付ける場合には、電気工事士の資格者が工事をしなくてはいけません。

新築の場合には必ず電気工事が入りますからあわせて配線・取り付けをしてもらいます。
リフォームの場合は、電気工事が入るか入らないかは工事範囲にもよりますので、リフォーム業者に相談しましょう。

新築・リフォームのどちらでもない場合は、電気工事が必要なブラケット照明をつけるならコンセントプレートから露出配管で有資格者が取り付けるのが一般的です。専門店・工務店・電気工事店などに相談してみてください。

取り付け場所別おしゃれなブラケット照明コーディネートサンプル15選

リビング

棚に飾ったお気に入り小物を魅せる

ブラケット照明 コーディネート例

https://www.lightstyle.jp/?cn=100026&shc=10084116

こちらはブラケット照明を木製棚としてつかうことのできるタイプです。
通常の天井照明では壁面の棚の上まで光が回りにくいですが、このブラケット照明を使うことでショップのようにしっかりとお気に入り小物を照らすことができて、飾ったもののシルエットがしっかり出るのでおすすめです。

アートや写真を照らすブラケットでギャラリーコーナーをつくる

ブラケット照明 コーディネート例

https://www.pinterest.jp/pin/3448137201752416/

リビングの一角にアートや写真を飾るコーナーをつくり、ピクチャーライトで照らすコーディネートです。
ピクチャーライトは光源が見えずまぶしさを感じることなく、壁面アートを照らせるように作られています。

余白をつくって壁面に陰影を演出

ブラケット照明 コーディネート例

https://www.pinterest.jp/pin/635640934888206702/

シンメトリーにブラケット照明を配置すると落ち着きが感じられるコーディネートになりますが、あえて1灯を中央をさけて配置することで陰影が感じられる動きのあるプランニングにすることができます。

また天井を照らすタイプは、リビングにくつろぎとおしゃれな雰囲気を演出できます。

個性的な器具を奥の壁に配置してお部屋を広く感じる

ブラケット照明 リビング コーディネート例

https://www.pinterest.jp/pin/89649848817146949/

インパクトのある個性的なブラケット照明ならひとつあるだけで壁面に表情をつくってくれます。
お部屋のテイストに合わせて、クラシックなシャンデリアタイプでもモダンなスタイリッシュなタイプでもいいですね。

お部屋に入ったときに見える一番奥の壁に配置すると、視線がそこに向いてお部屋が広く感じる効果もあります。

寝室

ベッドサイドのブラケット照明はコンセントタイプでグレードアップ

寝室 ブラケット照明 コーディネート例

https://www.pinterest.jp/pin/766174955338260166/

ベッド横のナイトテーブルを照らすブラケット照明は、あとからコンセントタイプを取り付けやすい場所です。
寝室にはベッドスペースの両側にコンセントが用意されていることが多く、低い位置にブラケット照明を設置することから配線を露出しても目立ちにくいからです。

間接照明タイプを選んで落ち着きのある寝室を演出する

寝室 ブラケット照明 コーディネート例

https://www.pinterest.jp/pin/742742163526050966/

ブラケット照明そのものは光らず、壁を照らす間接照明タイプはまぶしさがおさえられて睡眠前にゆったりとした時間を過ごす寝室にぴったりです。
さらに調光機能がついたタイプにするとくつろぎ感がアップしますよ。

長いアームで必要な場所に光を届ける

寝室 ブラケット照明 コーディネート例

https://www.pinterest.jp/pin/355221489354702941/

長いアームのブラケット照明は、ベッドの上で読書をすることが多い方におすすめしたいライトです。
写真のように光の方向をある程度限定できるタイプなら、隣に眠る人がいても必要な場所に光を届けることができますね。

階段

シンプルな薄い器具を低めに配置で実用的に

ブラケット照明 階段 コーディネート例

https://www.pinterest.jp/pin/800233427517523067/

薄めの器具を選べば階段幅があまりない場合も邪魔になりません。
階段では特に足元の明かりが必要ですから、器具は低めの位置に設置すると実用的でおしゃれな階段にすることができます。
また、電球の交換などのメンテナンスも低い位置ならしやすいのもポイントです。

階段角をラインで照らして階段室の高さを強調する

階段 ブラケット照明 コーディネート例

https://www.pinterest.jp/pin/331718328789512669/

階段の踊り場などの角を明るくすると、ほかの場所を照らした時よりも明るく感じます。
縦にのびるラインは高さも強調されてのびやかなインテリアにしてくれます。

散乱させずにまとめて配置がおしゃれ

階段 ブラケット照明 コーディネート例

https://www.pinterest.jp/pin/157766793182658794/

階段全体を均一に明るくすることを考えると、ブラケット照明がたくさん並んでしまうことに…
階段の照明の位置決めは実は難しいので、思い切ってまとめてしまう方法が簡単におしゃれにできます。

玄関

ブラケット照明で家の顔をつくる

玄関 ブラケット照明 コーディネート例

https://www.pinterest.jp/pin/233202086941088805/

玄関はお客様を迎える大切な顔ですし、家に帰ったと安心できるようなあたたかくオシャレなブラケット照明をつけましょう。
外壁の素材や玄関扉のデザインなどからピッタリの屋外用(防水仕様)の器具を選びます。
船舶用など電球保護の金具がついているタイプも人気です。

下駄箱の上部やベンチの上などにもお気に入りを

玄関 ブラケット照明 コーディネート例

https://www.pinterest.jp/pin/789255903424461912/

玄関照明として王道ですが、下駄箱や飾り棚などの奥まった暗く沈みがちな場所をブラケット照明で照らせば人を迎える雰囲気の玄関にすることができます。

写真のガラスとゴールドのシンプルなブラケット照明は、ナチュラルとホワイトの玄関にぴったりフィットしていますね。このように玄関のインテリアテイストにブラケット照明を必ず合わせてくださいね。

変わり種ブラケットコーディネート

ミラーのうしろを照らすライトでゴージャスな雰囲気に

変わり種 ブラケット照明 コーディネート例

https://www.pinterest.jp/pin/694258098788278921/

ブラケット照明という分類から少し外れるのですが、壁面につける照明ということで変わり種としてご紹介します。
ミラーのうしろに専用LEDライトをいれて光らせるライトは、ミラー効果で広くゴージャスな雰囲気をつくります。

趣味の道具でオリジナルブラケット照明をDIY

ブラケット照明例

https://www.pinterest.jp/pin/4785143335230669/

趣味の道具や小物にシンプルなコンセントタイプのブラケットライトを取り付けて照明をDIYして、同じものは存在しないオリジナル照明をつくってみては。

ギターなどの楽器や木の器などでもいいですね。
電球は熱の発生が少ないLEDを選びましょう。

露出配管も器具デザインだと思ってこだわる

ブラケット照明 コーディネート例

https://www.pinterest.jp/pin/600175087822343384/

露出配管をデザインするのもおしゃれです。
配管もさまざまな材質・直径のものがあるので、お部屋にあわせて選びましょう。

写真ではエスプレッソマシンやコーヒーメーカーへの配線も配管に入れてデザインされていますね。
センスが必要ですが、露出配管にするなら挑戦してみては。

まとめ

ブラケット照明をお部屋に取り入れると、空間に立体感が生まれてオシャレなお部屋がつくれることを理解していただけましたか。
この記事でヒントが見つけられたら、アートや雑貨を飾るようにブラケット照明で壁面をコーディネートしてみてくださいね!

▼部屋別の照明特集

もしあなたが新しい部屋に引っ越すなら、この機会に照明器具も買いかえてみませんか。 照明ひとつでお部屋の雰囲気はだいぶ違ってみえるので、そこが証...
近年はリビング・ダイニング・キッチンが一室で設計されることが多く、ダイニングテーブルの上におしゃれな照明器具を選ばれる方が増えました。 毎日利...
マットレスと枕さえよければ、日々の疲れが取れると考えていませんか? 実は寝具だけでなく照明のプランニングが、寝る前のリラックス&寝付きのよい寝...
寝転んでくつろいだり、子どもと一緒に遊んだり、来客をもてなしたり、用途に合わせてフレキシブルな使い方ができる和室。しかし洋室と比べると、インテリ...
近年は、リビングやダイニングから続くおしゃれなオープンキッチンを選ぶ人が増えています。 オープンキッチンは広さが感じられるほか、家族と会話をし...
玄関は住人をあたたかく迎えてくれる場所であり、お客様が来たときには初めて目にふれる家の顔になる場所ですからおしゃれにこだわりたいですね。 ...
リビングやキッチンのインテリアにこだわる方は多いですが、インテリア好きならトイレにもぜひこだわっていただきたいです。 なぜならトイレは1日に何...
せっかく新築で家を建てるなら、照明にもこだわりたいものですよね。リビングや寝室だけでなく、階段や廊下のちょっとした空間もおしゃれに演出することで...
リビングやダイニングキッチンのインテリアをおしゃれにしたいと考えるのは一般的ですが、廊下のインテリアはどうでしょうか。 廊下のインテリアはつい...
屋外を雰囲気良く演出した海外の大きなお庭に、憧れが強い方も多いかと思います。実際に見栄え良く作ろうにも、何から手を始めれば良いのか難しく考えてし...
暗くなってから外を歩いていると、ステキな外灯の家をみつけることがありませんか? 外灯は、暗くなってからの家の表情。遠くから家を見ながら歩く帰路...

▼インテリアテイスト別の照明特集

北欧系で揃えた家具にぴったりの照明を見つけたい、とお考えでしょうか。 北欧インテリアに照明を合わせるなら、どんな用途のお部屋にどんな照明を入れ...
かつてアメリカで大量生産がはじまったころ工場や学校・事務所などで使われてきたレトロな雰囲気の家具を使って、落ち着いた空間をつくるインダストリアル...
生活の中で自分のプライベートな空間に癒しを求める方も多いでのではないでしょうか。日々の仕事や都会の喧騒で生活していると、非日常を感じることができ...
アンティークの照明は、「時間の流れ」をインテリアに演出できるおしゃれなアイテムです。 実際にアンティーク照明を欲しいと思ってもどこで購入す...

▼照明の種類別の照明特集

シーリングライトは、天井に取り付けてお部屋全体を明るくするメインの照明器具をさします。 一昔前は、天井の中央に取り付ける1室1灯の蛍光灯の...
ペンダントライトはデザイン性の高い器具が多く選ぶ楽しみがあります。実際にペンダントライトを選ぶ際には、デザインだけでなく器具の特徴を理解すること...
こだわりの家具でそろえたお気に入りのインテリアに、なにかもう一つスパイスが欲しいということはありませんか。 そんなときに取り入れていただきたい...
リズムよく照明を配置すると、光や影ができて、ホテルのようなリラックス空間がつくれます。 くつろぎの時間を目指して新たに照明をプラスするなら、フ...
テーブルライトは、サイドテーブルや出窓、シェルフ、コンソールテーブルなどに置くスタンド型のライトです。お部屋全体を明るく照らすよりも、明かりのス...
新しい部屋に引っ越すタイミングなら、家具も入れ替えておしゃれな部屋にしたい!でも、どうすればオシャレになるのかわからない…。 家具を総入れ替え...
みなさんは壁付けの「ブラケット照明」を自宅で使用していますか? 新築でも、天井に取り付けるシーリングライトやダイニングテーブルの上のペンダント...