Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

   

【折り上げ天井の照明計画】奥行きを活かしたおしゃれな配灯事例10選

折り上げ天井は通常よりも高い天井で、開放的なイメージがあり人気です。天井にこだわった部屋は照明にもこだわりたいものですが、どのように計画して良いのか分からないという人は多いです。

ここでは、折り上げ天井をおしゃれにグレードアップする手法を紹介していきます。部屋の計画をする際に、参考にしてみてください。

折り上げ天井におすすめの照明の種類

ダウンライト:天井面がすっきりまとまる

配灯位置にこだわると雰囲気が変わる

折り上げ天井の照明で、もっともよく使われるのがダウンライトです。こちらは天井に穴を開けて埋め込むタイプの器具なので、折り上げ天井の高さを生かした照明計画ができます。器具の存在感がないため、モダン、シック、アーバン調のインテリアと相性が良いでしょう。

そして、ダウンライトで計画する場合は、配灯位置によって印象が大きく異なるのがポイントとなります。たとえば、部屋に分散して配灯した場合、全体がまんべんなく明るくなります。逆に、中央に集中して配灯した場合、中央部分にスポットライトのように光が集まり、メリハリのついた大人っぽい雰囲気になります。

一般的には、家族が集まるリビングでは均等に明るくするプランが好まれることが多いです。しかし、夜にお酒を楽しんだり、ゆっくり落ち着いて過ごしたりする場合、メリハリが付いた集中プランの方がおすすめです。

予算に余裕があれば、両方のシーンが楽しめるように、分散、集中の両方を配灯し、配線を分けて切り替えられるようにしておくのがおすすめです。

コーブ照明:ふんわりと空間を照らす

手元には補助の明るさを

コーブ照明は間接照明の一種で、天井面を照らすタイプを指します。折り上げ天井の側面に隠して設置するため、空間をふんわりと上品に照らすのが特徴です。天井が高く見える効果も期待できるため、人気の手法です。モダン、ナチュラル、クラシックなど、あらゆるインテリアテイストにマッチするでしょう。

コーブ照明は自然光のようにナチュラルな灯りが取れるのがメリットですが、その分はっきりした明るさは望めません。玄関やエントランスなど、明るさがそれほど必要ではないスペースには最適ですが、リビングや書斎など細かい作業や読み物をする部屋では、明るさが足りないケースが出てきます。

その場合、手元の灯りとしてスタンドライトを併用するのがおすすめです。必要な時だけ照らせるため、省エネにも繋がるでしょう。

ペンダントライト:個性的な空間に

デザイン重視で選ぼう

ペンダントライトは、天井から吊り下げるタイプの照明です。さまざまなデザインがあり、インテリアの雰囲気を左右する重要なポイントとなります。折り上げ天井の天井の高さを生かして、器具をより目立たせることができるでしょう。北欧風から和風、モダン、ナチュラルなど、好きなテイストのデザインを選びましょう。

大型のタイプだと、1台で4~5畳程度の明るさが確保できます。ただし、器具から離れると明るさは届きにくくなるため、必要に応じて手元にスタンドライトを併用するなどの対策がおすすめです。

シャンデリア:華やかで上品

部屋の隅の明るさが足りないことも

シャンデリアは見た目が華やかで、豪華なイメージを印象付けられます。折り上げ天井の格式高いイメージと相性が良く、上品な雰囲気にまとまります。ヨーロッパ調の高級なインテリアと合うので、部屋のアクセントとしておすすめです。器具のデザインも豊富で、シャビー、クラシックなどの上品なテイストにぴったりです。

しかし、その一方で明るさに関しては注意が必要です。一般的に、電球の数が多くなるほど明るくなりますが、灯数には限界があります。12畳以上の大きな部屋になると、対応できる器具が少ないのがデメリットです。

その場合、シャンデリアを複数設置するか、暗くなりがちな部屋の隅にはダウンライトをプラスして明るさを確保する方法がおすすめです。

インテリアファン:天井の高さを生かす

圧迫感なく設置できる

折り上げ天井は通常よりも天井高さがあり、インテリアファンを設置するとおしゃれに決まります。通常の天井高さは2.7m程度ですが、折り上げ天井にすることで3m以上の高さが確保できるため、インテリアファンを圧迫感なく設置できます。

【おしゃれな配灯事例】照明を巧みに活用した折り上げ天井の部屋10選

ダウンライトを集中させてメリハリのある空間に

こちらのコーディネートでは、ダウンライトを部屋の中央に集中して配灯しています。こうすることで、テーブルの上に集中して光が集まり、ドラマチックな雰囲気を演出できるでしょう。

ダウンライトの分散配灯でしっかり明るく

こちらもダウンライトを使っていますが、先ほどとは異なり分散した配灯になっているのが特徴です。部屋全体がまんべんなく明るくなるので、家族が集まるリビングにおすすめの配灯です。

コーブ照明で天井を高く見せる

コーブ照明は、部屋全体がふんわりと上品に明るくなるのが特徴です。器具が見えないため、モダンなインテリアによく合うでしょう。折り上げ天井は通常よりも天井高がありますが、コーブ照明で照らすことでさらに高く見せる効果が期待できます。

コーブ照明とダウンライトの組み合わせプラン

コーブ照明は、空間をおしゃれに照らす人気の手法です。高級ホテルのラウンジのような上質なインテリアにぴったりですが、手元の灯はダウンライトで補助しましょう。

和風ペンダントライトで落ち着きを演出

和室の折り上げ天井の場合、ペンダントライトを吊り下げると雰囲気の良い空間になります。特に、和室は座って過ごすことが多く、中央にはローテーブルが置かれます。そのため、大型のペンダントライトを吊り下げても邪魔に感じにくいのがメリットです。

大型の器具だと1台で4~5畳程度の明るさが確保できるため、落ち着いて過ごしたい和室にはぴったりです。

ペンダントライトは北欧風にもぴったり

デザインが気に入っているペンダントライトを選ぶと、毎日の暮らしが華やかになります。こちらのコーディネートでは、北欧風のインテリアにぴったりの、温かみのあるペンダントライトが使われています。部屋全体が木目のインテリアで統一されており、ペンダントライトも木製になっているのが特徴です。

フレンチスタイルにぴったりなシャンデリア

シャンデリアというとクラシックで豪華絢爛なイメージがありますが、こちらのように可憐なタイプも多いです。折り上げ天井に設置することで、照明から出るあかりが広がって美しく見えます。

シャンデリアと間接照明でラグジュアリーに

こちらでは、シャンデリアと間接照明を組み合わせて使っています。インテリア全体がヨーロッパ調で華やかな雰囲気で、照明のデザインもマッチしています。

こちらのように、白を基調としたインテリアの場合には全体をまんべんなく照らすのがおすすめです。陰影をつけるよりも全体が華やかな雰囲気になり、おすすめです。

インテリアファンでシックな印象

こちらのインテリアファンは、木目調でシックな印象です。器具自体に照明が付いており、明るさも確保できています。インテリアファンにもさまざまなデザインがあるので、部屋のテイストに合わせて選びましょう。

シンプルな部屋にも合うインテリアファン

こちらはモダンでシンプルな部屋ですが、インテリアファンがマッチしています。羽の色が白、シルバーのタイプを選ぶと、モダンな印象にまとまるでしょう。

まとめ

ここまで、折り上げ天井のおすすめの照明計画について紹介してきました。照明の選び方ひとつで、天井が高く見えたり、インテリアテイストが違って見えたりと、大きく影響を及ぼします。

引っ越しや模様替えの際には、ぜひ照明にもこだわって計画してみてはいかがでしょうか?